花組『MESSIAH』のコメント返しです♪②Q2-『MESSIAH』の一番心に残ったこと<12/21>

大変お待たせいたしました!

10月14日~10月25日に実施してました、
第13回アンケート「花組『MESSIAH』観劇評価を教えてください」 のコメント返しの2回目です!

今回は、
Q2の花組『MESSIAH(メサイア)』の一番心に残ったことについていただいた方へのコメント返しになります

前回のコメント返しはこちらです
花組『MESSIAH』のコメント返しです♪①Q1-『MESSIAH』の満足度<12/16>

アンケート記事がこちらです

恒例の本公演の観劇アンケートです! 10月14日に、 花組さんの『MESSIAH(メサイア)』『BEAUTIFUL GARD...

ちなみに、
投票結果はこちらです

大変お待たせいたしました! 今回は、 10月14日~10月25日に実施してました、 当ブログのアンケートの集計結果を発表し...

まだご覧になってらっしゃらない方は、
ぜひ上記の結果発表をご閲覧ください♪
興味深い内容になっています!

いつもの如く、
お返事は、
当ブログの口調でしてますので、
めちゃくちゃタメ口になってしまってますことを、
あらかじめご理解くださると助かります♪

スポンサーリンク

Q2:『MESSIAH』で、一番心に残ったことをお聞かせください(ジェンヌさん以外で)

【時代背景・人物】をご選択された方より

【時代背景・人物】のコメントは、1名の方からいただきました!
ありがとうございます♪

いつもと同様に、
全コメントにちょこっとずつツッコんでいきます♪

「島原・天草より、江戸での人物描写が総じて良いとこ持って行った感あります。伊豆守はオイシすぎ」
⇒人物描写の対比がよかったですよね
島原の島民側と幕府側の考えがしっかりと描かれていてこそですから
幕府側が悪ではあるのですが、演じる側は大変だったでしょうけど、やりがいがあったと思います
マイティーはオイシイ役でしたよね~
冷徹さの中に計算高さ、ちょっとした人の良心も見え隠れしていて、とても上手に演じられてました
こういう抑えた演技で光るというのは大事でしょう

【楽曲・歌】をご選択された方より

【楽曲・歌】のコメントは、11名の方からいただきました!
ありがとうございます♪

「リノが歌う曲がすごく良かった。」
⇒カレーくん、歌頑張ってましたよね
お芝居もなかなか上手でしたし…
こういう控えめな役の方が演じやすいのかもしれません
なんとか精進して欲しいです
めちゃくちゃ応援してますので…
楽曲そのものというよりも、心情を込めた歌や曲が多く、お芝居に自然に溶け込んでたのもよかったと感じます

「迷いましたが、どの歌も素敵だったので、歌にしました!」
⇒これっという楽曲があるわけでもないのですが、全体を通して、すごくお芝居と合致した曲なんですよね
そして迎えるクライマックス!
あの魂の叫びともなるコーラスが、本当に感動しました
名曲揃いということではないのですが、作品の一部としてはとても効果的で素晴らしかったです!
とても効果的で感動的な楽曲でした

「すべて良かったのですが、歌はとても心に残る名曲だった。舞台装置も素晴らしかった。」
⇒大事な場面で、印象的な楽曲を効果的に使われていたと思います
静と動の対比を如実に表した舞台なので、曲を作り上げるのも大変だったのではないのかな、と思っています
見事にマッチしてましたもんね
そして、すべての集大成がメサイアの場面
あの場面は今年最高だったかも!

「メサイア~の歌は、もっと長く聞いていたかったですね~僅差で演出も良かったです」
⇒わかります
余韻が凄かったです…
あの場面で魂を全て持ってかれたというか…
だからこそ、観劇後のなんとも言えない感情で引きずられました
花組生や構成の素晴らしさはもちろんなんですけど、楽曲がよかったですね~

「舞台装置も素晴らしかったですが曲がとても美しい。BGMすら美しかったです」
⇒よかったですね
これが、という名曲揃いというわけではないのですが、すべてがあの作品にピッタリだったという
場面場面で効果的な楽曲が多かったですよね
メサイアの感動シーンは別格ですけど、みりゆきのデュエットは大好きです
ストーリー上のみりゆきには疑問視してますけど、曲はよかったです♪

「メサイアの合唱が良かった。」
⇒いいですねー
あの場面があの作品の全てです
魂が揺さぶられるような素晴らしいコーラスで、観客である私たちをグイグイ惹き込んでくれました♪
非常に重要な楽曲ですが見事でしたね
心に沁みました…

「メサイアの大合唱」
⇒大感動ですよね
あの場面で、魂も心もすべてが持ってかれた感じです
他が全部前振りに思えるくらいの感動を味わいました
最高のコーラスでした!

「花組のコーラスの美しさが心に残りました。」
⇒美しかったですね…
花組さんは歌うまさんがわんさかいらっしゃいますから、コーラスも綺麗にハモりますよね
そして、大事な場面では迫力も増すという
見ごたえ満点でした

「本当に素晴らしい作品でしたがコーラスが聴きたいと思って観劇回数を重ねたので歌」
⇒なるほどです!
楽曲が効果的に使われてましたもんね
宝塚歌劇団はミュージカルで、歌を歌いますから、曲が素晴らしいとその分思い入れも深まります
みりゆきを始めとした花組生は、歌うまさんが多いですから、じっくり聴かせていただくことも可能ですよね
そういう意味では花組ファンの方は恵まれていると感じます(あ、一言多かったwてへ)

「トップ二人を始め、歌える人が多いので聴き堪えがある。」
⇒ですです!
ちょっと上の方へのコメント返しで思わず本音が出ましたが(笑)、そのとーりだと思います
みりゆきって、低音の美声のみりおくんと、女神の歌声のゆきちゃんなので、それはそれはお似合いのデュエットなんですよね…
つい聴き入ってしまって、もっともっと聴きたいって思わせてくれるコンビです♪
花組さんは歌うまさんが多くて、ほんっとーーーーに羨ましいです(^_^;)

「やはり中詰めの歌が迫力ありました」
⇒わかります
大真面目で壮大なドラマなので、終始緊張感が漂ってますけど、ぐいぐい引き込まれていきました
それには、美しい楽曲、メロディ、ハーモニーとの融合が不可欠だったでしょう
オリジナル作品で、ここまでの感動を繰り広げてくれたことは、本当に素晴らしいと思います
観劇後の余韻も忘れられません

【脚本・ストーリー】をご選択された方より

【脚本・ストーリー】のコメントは、8名の方からいただきました!
ありがとうございます♪

「四郎が人々に語りかける台詞は「破吉利支丹」からでしょうか?原田先生のマニアックな探究心に脱帽。」
⇒ほぉ。そうなんですね。
せっかくルサンク買っているので、ちゃんと読んでみようと思います
原田先生は結構拘りがある先生ですよね
それをしっかりと舞台で表現されています
ただ、今まではそれが全く宝塚歌劇とは対極なところに位置していたのがもったいなかったです
恋愛やキラキラにこだわらなければ、素晴らしい先生だと思います

「人物通しの関係性が希薄すぎて不満足でした。割と好評なのが不思議。」
⇒あー、ちょっとそれはわかります
私の場合は、島民との心の交流にもっと場面を割いて欲しかったです
そうすれば、クライマックスのメサイアの場面がもっともっと生かされたはず
それが残念無念でした…
好評だったのは、その部分を観客側で上手に補完できたからではないでしょうか
その余地はありましたので…
私にはその部分が大きくマイナスでしたけど(←そのため星を1つマイナスです)

「迷いましたが、あの脚本が花組生さんたちの演技力を引き出したのかなと思いました」
⇒かもですね~
演じる側には、相当な覚悟が必要な重たい作品でしたけど、見事に昇華させてましたもんね
多少ストーリーには無理やり感も否めなかったですけど、花組生の頑張り、表現力、原田先生の演出力と構成力、楽曲と十分に他で補えました
これが大きかったのではないでしょうか
すべてが愛しいです(ちょっと軽い言い方で申し訳ありませんけど…)

「世界遺産登録でタイムリーでしたし、原田先生の脚本に歴史のロマンを感じました。」
⇒ですねー
狙っていたのかもですね
ま、実際には、原田先生がいくつかのネタを考えた時に、たまたま当たったという感じでしょうけど
先に「世界遺産登録」が念頭にあったとは思えませんし(^_^;)
いい記念になりましたよね~
原田先生の拘りが、ようやく宝塚歌劇でも花開いた感じでした!

「「MESSIAH」の大合唱、一丸となった組子の皆さんの姿に涙が止まりませんでした」
⇒わかりますー
あの場面がこの作品の肝ですからね
そこに至るまでのところは、若干弱く感じましたけど、メサイアの場面で全部吹き飛びました
ものすごい集中力であの場面を見つめていたので、まさに直球で魂に訴えかけてきましたよ♪
素晴らしい場面ですし、今となっては、今年一番の名場面でしょう!(完全に年末なので…w)

「信仰の矛盾と答えをストーリーに上手く組み込んでいたのが良かった。」
⇒そうなんですよね
だからこそ、四郎が島民の先頭に立つには、もう少し島民との交流、理解する場面が必要だったと感じています
この作品はココが勿体なかった!
みりゆきの薄っぺらな恋愛模様は削除してでも、島民との理解の場面を入れるべきだったと思ってます
原田先生的にはみりゆきを頑張ったみたいですけど(笑)、ぶっちゃけ必要性がなかったですからねw
優先順位を間違えてしまったように思いますけど、原田先生としては、なんとしても恋愛部分を克服したかったのでしょう
…と勝手に、結論づけました(^_^;)

「史実とは違うと思ってみてもあり得ないと思う設定があって興ざめ」
⇒あらら…(^_^;)
そういうこともありますよね~
周りの評価が高くても、自分自身の感性を大切にされることがなによりも大事だと思ってます
次回作は、心に響く作品でありますように…
私も12月の観劇は散々でしたよー(笑)
それでも、私と真逆の評価の方もいらっしゃいますから、そんなもんです
100人いたら100通りの思いと感想です

「ラスト大階段での十字架は素晴らしかったです。」
⇒よかったですよね…
素晴らしいラストでした
決していい終わり方ではないのですが、天に召された後のみんなは幸せなのかな、と思わせてくれたのが救いでしたし、あの場面がないとどんよりですからね
非常に効果でした!

【演出・構成】をご選択された方より

【演出・構成】のコメントは、5名の方からいただきました!
ありがとうございます♪

「天草四郎がメサイアとして立ち上がるところの、みんなで取り囲むところが好きです。」
⇒わかります!
そこからちょっとストーリーとしては無理やり感(力業とも言う)はあったのですが、演出力で全てを帳消しにし、感動に持って行ったのが素直に評価したいですね
これ、オリジナル作品なんですよね
しかも、超有名な作曲家に依頼したわけでもなく…
素晴らしかったです!

「大階段を使った殺陣、最期の十字架」
⇒クライマックスの一連の流れに無駄がないんですよね
だから、観客の心のモチベーションが下がらずに、一気に感動にもっていけました
この辺りの構成と演出力は、原田先生、さすがです!
元々、群衆を魅了するような演出に長けた先生ですけど、いいところがてんこ盛りでした♪

「花組では珍しいタイプの作品なのに、組子の力量がしっかり伝わる演出。適材適所の役振りだったと思う。」
⇒確かに!
重厚な作品ってあまり花組っぽくないですよね。
単なるイメージかもしれませんけど…(^_^;)
真面目な作品や大作はあるんですけど、重厚となるとすぐには思い浮かばないです
シリアスものはハズレると打撃が大きいので、よくぞ素晴らしい作品にしてくれたと思います
この作品は、ストーリーをもう少し手直しをすれば、再演にも耐えうる良作だと感じてます

「重めの作品の中に、不動丸と多聞丸が良い塩梅。少し笑いが入るのも観やすくなるので良かったです。」
⇒大事ですよね
オープニングのみりおくんの軽い感じの親方ぶりもよかったですし
重厚な作品のいいスパイスになってました
幕府側には、スパイスが一切ないので終始緊張の場面でしたけど、そこがいい!
そして、クライマックスからの盛り上がりといい、見事でした!

「最後の十字架に人が倒れているのは何だか不思議でした」
⇒おお、言われてみれば確かに…
でも、十字架って死の意味もありますよね?
なので、あの演出で正解だと思いますけど…ちがうかな?
クリスチャンではないので詳しくはわかりませんし、私が勝手にそう解釈しただけなので、あまり真に受けないでください(^_^;)

【その他】をご選択された方より

【その他】のコメントは、5名の方からいただきました!
ありがとうございます♪

「美術さんの舞台装置や小物にはいつも関心します」
⇒本当に!
宝塚歌劇団の美術部さんや凄いですよね
不器用な私には、毎回どの作品でも驚いてしまいます
今回の作品は、セットを凝ってましたから、実現するの大変そうでした

「作品そのものより花組の演技が良い!」
⇒ですです!
ジェンヌさんあっての宝塚歌劇団!
花組さんは元のポテンシャルが高いですし、舞台技術が高いですからね
こういう重厚で真面目な作品で、すごい熱量を感じられるというのは、流石としか言えません!

「みりおがスターシステムに適合する演者とはいえ、邪馬台や本作は役者としての深みが十分発揮できず不憫。」
⇒邪馬台国も本作も、みりおくんのカリスマ性は生かされてました
それがおっしゃる「スターシステム」の適合性でしょう
そして、本来はこういう役柄を演じる役者ではないんですよね
それも理解できます
みりおくんの技術で乗り切ってる感がありました
でも、四郎はみりおくんに似合った役だったなぁ、と今は思ってます
いつも真剣なご意見ありがとうございます!
またご意見、ご提案があればよろしくお願いいたします♪

「舞台装置」
⇒よかったですよねー
今までは舞台セットと言えば、小池先生でしたけど(笑)、原田先生も凝っている!
お金をめちゃくちゃ掛けてますという感じもあまりしないところも、印象いいですw

「舞台美術が荘厳でよかったです」
⇒よかったですね
見せ方をよくわかったセットだと思います
舞台美術を含めて、いい作品でしたね♪
上記でも言いましたけど、美術部さん凄いですよねー
いつも感動しちゃいます

あとがき

もう少し早めに記事アップをしたかったのですが、
結局前回より、
5日ほど空いてしまいました…orz

今週末までには、
最後のコメント返しをします!

もう少しおつきあいください
組替えとか、
大きな発表とかありそうですけど、
お時間のある時にでも、
のんびりお読みくださると嬉しいです

今回の『MESSIAH』は、
演出・構成を評価されている方多いですよね
花組生が一番素晴らしいのは置いておくと、
結構珍しい評価かなと感じます

小池先生や、ウエクミ先生以外では、
なかなかここに評価されづらいところありますし…

演出よりも、
ストーリーに重きがおかれますからね
直で感動しやすいからだと思います

こうやってコメントで、
ご意見を伺うたびに、新たな発見があるので、
本当に楽しいです!
いつもありがとうございます♪


さて、年内に絶対『エリザベート』の、
アンケート集計結果を発表します
これは絶対!

エリザのコメント返しは、
年明けになると思いますけど…(^_^;)

あと、
宙組さんのアンケートは、
12月24日の夜中から開始します

それと、
昨年から開始した、
2018年ベスト作品賞の投票も開始します
こちらは、
タカスぺ終了の12月22日の夜中からです

ぜひぜひ、どちらもご参加ください♪
アンケート自体は作成済みなので、アップするだけです!←

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする