「月組『カンパニー』について」のコメント返しです♪①Q1-満足度・後編<6/17付>

大変、大変、
お待たせいたしました!

5月7日~16日に実施してました、
第8回アンケート「月組『カンパニー』について」のコメント返しの1回目です!
今回は、
Q1の満足度についていただいた、
コメントとなります!

新しいアンケートを開始いたしました! 日付は変わってしまいましたが、 本日、5月6日に、 月組さんの『カンパニー』『BAD...

ちなみに、
投票結果はこちらです

大変お待たせいたしました! 今回は、 5月7日~16日に実施してました、 当ブログのアンケートの集計結果を発表したいと思い...

まだご覧になってらっしゃらない方は、
ぜひ上記の結果発表をご閲覧ください♪
興味深い内容になっています!

いつもの如く、
お返事は、
当ブログの口調でしてますので、
めちゃくちゃタメ口になってしまってますことを、
あらかじめご理解くださると助かります♪

では、どうぞお楽しみください♪

スポンサーリンク

Q1:月組『カンパニー』の満足度をお聞かせください

【★★★★★(星5):大満足!すごくよかった♪】をご選択された方より

【★★★★★(星5):大満足!すごくよかった♪】は、
投票結果3位でした!

コメントは、
7人の方からいただきました!
ありがとうございます♪

いつもと同様に、
全コメントにちょこっとずつツッコんでいきます♪

「原作と宝塚が上手く融合してして、素敵でした!」
⇒そうなんですね!
私は原作を読んでいないので、原作からの出来を評価することは出来ませんが、私的には上手に落とし込んでいたと思ってます。
バレエが題材というのが評価高いポイントでした。
華やかで夢のある世界の宝塚との親和性は高かったですね♪
現代劇、それもサラリーマンを主人公というのも、意外と合っていたと感じてます。

「現代物は珍しいが、本当にありそうな話ですんなり受け入れられた。」
⇒そうなんです!
非常に現実味を帯びた作品だったと思います。
そこが評価が分かれる一つの要因にもなっているのかな、とも感じました。
物語にも破綻がなく、初見でも理解出来るストーリー性は評価したいです。

「BADDYで★5」
⇒ん?(^_^;)
あれれ??
ショーの『BADDY』で、ということは、お芝居はオマケな感じだと思うのですが、単体での評価はどうだったのでしょうか?
非常に気になりますw
でも、星5と評価されてますので、極端に低いということはなさそうですね♪
星1とか星2ではなさそうw

「二本立てミュージカルを観たようなお得感があります」
⇒わかります!わかります!!
私的には、ミュージカルとバレエの二本立てですね♪
バレエのシーンが嬉しいサプライズな感がたっぷりで、DVD買って何度も見たくなるくらいです
配役も絶妙でしたし、見ていて飽きが来なかったというのがポイントを高くしました

「こういうのもいいなと思いました!」
⇒ですね~
お得感ありますし、宝塚で超現実的な題材…
ある意味挑戦した作品じゃないでしょうか
夢の世界であることを楽しみにされてらした方にはマイナスかもしれませんけど、生徒さんにとっても学ぶのある作品だったと思います

「少し地味な作品でしたがたまきちの好演がひかり、さすが芝居の月組と唸りました。」
⇒そうなんですよね~
たまきちくんは華のあるトップさんではありません
ですが、破綻もないトップさんなので、こういう地味な役を上手に昇華させて、見どころのある作品にしていったのは、おっしゃる通り「芝居の月組」ですね
普通に楽しめました!

「セリフに引っかかる部分はあったけど、好みの作品でした!」
⇒「セリフの引っかかり」を指摘される方、多いですね!
私的には全然気にならなかったです
現代劇なのでむしろ自然かな、くらい(笑)
でも、品格を重んじている宝塚歌劇とそのファンにとっては、ギリギリのラインをもう少し上げるとより馴染みやすかったのかな、と感じました
そこが難しかったのかな

【★★★★(星4):満足!】をご選択された方より

【★★★★(星4):満足!】は、
投票結果2位でした!

コメントは、
8人の方からいただきました!
ありがとうございます♪

「珠様の誠実さ、包容力がよかった。」
⇒そうそう!
真面目で実直なイメージそのもののたまきちくんと、青柳さんはピッタリでしたよね
そして、なんとかしてくれるかも、と思わせてくれるところまでがデフォルト♪
きちんと見せてくれるお芝居を堪能させてもらったので、個人的には大満足です!
バレエのシーンだけでも評価高いです!

「大傑作ではなかったですが(笑)宝塚の色々に【配役とか】丁度良い作品だと思いました。」
⇒わかります!
大作ではなくても、マンガ原作の2.5次元ではなくても、こうやってしっかりとしたお芝居を見られることが出来たのが嬉しいです!
ご指摘のとおり、配役も適材適所でしたもんね!
ちょっとすーさんの前へ出たがり感だけは大きなマイナスでしたけど(笑)、月組だから仕方がないかなww

「予想していたよりも良かったです♪満足!」
⇒わかります!
原作を全く知らない上、あのダサいポスターだったので、観劇前は「大丈夫かいな」という印象でしたけど(笑)、そんなの全く関係なかったですね!
思った以上に面白くて、もっと観劇したかったです!
元の原作とも内容が変わっているそうなのですが、上手に仕上げた印象です。
作家先生はどう感じられたのか、本音を聞いてみたいですけど(^_^;)

「みんなすごくしぜんなえんぎでいきづいていた。」
⇒ですね~
現代劇なので、現実を感じさせることが大事ですし、それを自然に思わせなければなりません
通常の宝塚歌劇は夢の世界ですから、ちょっと面食らってしまう方もいらしたようですけど、お芝居と演じ手である生徒さんはよかったです
本当にイキイキしてました!
バレエのシーンがウットリです♪

「ちゃぴのバレエシーンがあまりにも綺麗だったので!」
⇒よかったですよね~
だからこそ、最後にはちゃぴちゃんが踊るシーンが欲しかったかな
成功した、というセリフだけで終わらせてしまったのが、ちょっともったいなかったですよね…
私的には、るりかさん素敵でしたし、ありちゃんのバレエセンスの素晴らしさに釘付けでした♪

「派手ではないけど心温まるお話だった」
⇒わかります
爽やかなエンディングでしたよね
専務に関しても、お仕置き程度な雰囲気でしたし…
現実だったら、もっと悲惨な感じでしょうしw
真面目だけど、腐らずいい方向へと突き進んでいく青柳さんが報われるのが肝なので、その辺りは上手に演出されていたと感じます

「バレエのシーンもちゃんと見せられるのはさすが宝塚!でした。」
⇒そうなんです!
このバレエのシーンがあるだけで、星が1つも2つもアップする感じ(笑)
むしろこれがなかったら、評価はグッと下がったと思います
ダンスが出来る強みが出たいい作品なんじゃないでしょうか

「原作の刊行は比較的最近なのに,ストーリーはベタで古めかしく,かえってそこがよかった」
⇒そうなんですね
原作を全く知らずの観劇でしたので、ああいうものだと勝手に解釈していました
ストーリーってべたな方が安定感ありますよね
王道ともいいますか
どこかにそういうのも求めているところがあって、ちょうどよかったのかもしれません
毎回現実感満載のお芝居だと、ダメだと思いますが、たまにはいいですよね
観劇のいいエッセンスになっていた気がします

【★★★(星3):まぁ満足】をご選択された方より

【★★★(星3):まぁ満足】は、
投票結果1位でした!

コメントは、
11人の方からいただきました!
ありがとうございます♪

「下衆な台詞が目立ったので低評価です。石田先生が苦手なのかも。ただ、わかばちゃんが最高に可愛かった。」
⇒セリフに拒絶感がある方、多かったようですね
私は上記でもお返事してますけど、全然気にならなかったです(笑)
私が品のない人間と言ってしまえばそれまでなんですけど(´・ω・`)
石田先生にしたら、今回は良くまとめてきたんじゃないのかな、って思ってます
あと、バレエが題材というのが、大きなプラスポイントでした!
下世話に感じる現代ものが、その部分で夢を見れますし…
わかばちゃん、素敵でしたよね
本当に華やかで美しくて気高くて…を上手に演じられる素晴らしい娘役さんでした

「不満はないけどBADDYに全ての記憶を持ってかれたので3点」
⇒あー、これはすごくわかるかも!
ただ『BADDY』に関しては、ごちゃごちゃしたところも満載だったので、ストーリーとしてきちんとまとまっていた『カンパニー』との相性はよかったのではないかな、と感じてます
バレエシーンやレッスンシーンが大好きでした(笑)

「さすが芝居の月組さんで安定していましたが、少し物足りず…AFOほどはまれませんでした。歌が物足りない」
⇒あー、歌は確かに「・・・」ですね…
メインテーマはわかりやすくてメロディアスではあるのですが、ちょっと古臭い感は否めなかったです
ものすごい歌うまなトップさんが歌うと、もう少し印象が違うのかもしれませんけど
AFOは、小池先生にしたら、よく頑張ったオリジナルですよね~
あれは本当によかったです

「そこそこ面白かったです。問題の言葉も言われているほど気にならなかったし。」
⇒おお!我が同志!!
私もセリフのダメっぷりは、全然気にならなかった方です(笑)
少数派なのかな?ww
現代劇ですし、お芝居に馴染んだセリフだったので、違和感はなかったからだと思います
確かに上品ではないので、品格を重んじる宝塚歌劇ファンには受け入れ難かったのかな、と感じました
自分が品なしって宣言しているようで恥ずかしいんですけど(^_^;)

「舞台の完成度としては良かった。でも、宝塚でやらなくても。」
⇒たまにはいいんじゃないでしょうか
配役の宛書もよかったですし、ストーリーも破綻してませんでしたし
なによりも、バレエが見れたというのが大きいです!
バレエがあったので、ギリ宝塚での演目として成り立ったのだと思ってます

「初見は、悪くないけど…。な感じでしたが、回を重ねるにつれ穏やかな感動が広がりました。」
⇒あー、なんかわかります
良さがじんわりとあとで広がっていく感じですよね
私はバレエのシーンが好きだったので、それが本当に楽しみでした
2幕の那由多の大事件についてが、私的に一番イラっとくる残念ポイントでしたけど(笑)
まぁ王道なストーリーなので仕方がないのでしょうね

「石田氏の脚本には?が多々あったけど、珠様はじめ月組生は皆さん良かったです!」
⇒月組さんは安定していいものを見せてくれますよね
たまきちくんを真ん中にして、いい感じでまとまっている気がします
石田先生なのか、原作がそうなのかがわからないのですが、私的には那由多の部分がイラっとしましたww
ああいう迷惑ちゃんが振り回すという話は、ちょっとげんなりするので
それ以外は不満ないです

「ホッコリして嫌いではないの」
⇒全編通して、安心して観ていられる感のある作品でしたね
きっと青柳さんが上手くやってくれるはず、という妙な信頼感がずっとありましたし
結果それが爽やかなエンディングに繋がったのかな
たまちゃぴ、可愛かったですしね

「ストーリーは良かったが、すみれコードが気になる部分が度々あった」
⇒セリフの部分ですね!
上記でもご指摘されてらっしゃる方が多かったです
私的には全く気になりませんでしたけど(^_^;)
ストーリーはラスト近くの那由多がリフトしたがる辺りからの事件までが不満ですけど(笑)、ドラマチックな演出には仕方がないですね
あれで、バーバリアンがカッコいいから面倒くさいに変わりましたw
結果オーライなんでしょうけど、現実に置き換えると後味悪いですよね
退団公演を怪我で終えなければならなかった紗良が、とても気の毒でした…

「内容は好きでしたが、演出が…。月組のアンサンブル力をいかした方が面白くなりそう。」
⇒演出、どの部分でしょうか
セリフかな?
それともストーリーの部分かな?
私はバレエシーンで大満足でしたけど(笑)、ストーリーに関してはバーバリアンの後半の面倒くささが鼻につきました
これがちょっと残念だったかな
月組は安定しているので、どんな演目でもちゃんとこなしそうです
『エリザベート』もなんだかんだと仕上げてくるでしょう!

「お話としてはすごくいいけど宝塚に向いているかと言うと…疑問です。」
⇒バレエが題材だったので、ギリ宝塚向きだったんだと思ってます
あのシーンを演じられるのって、宝塚ならではだと感じましたし
バレエシーンがなければ、この作品の醍醐味は半減でした
お話もよくまとまっていましたし、エンディングが爽やかだったのと、終始青柳さんが一生懸命だったのに共感持てたことがよかったのかな、と思ってます

【★★(星2):今ひとつ】をご選択された方より

【★★(星2):今ひとつ】は、
投票結果3位でした!

コメントは、
9人の方からいただきました!
ありがとうございます♪

「ダーイシ節炸裂。突っ込み処満載。誰が主役かわからないし。月組生が気の毒。」
⇒青柳さんが主役でしたし、ちゃんと活躍されてたと思います
ただ、華やかな役ではないので、不満を感じてしまうのはわからないでもないです
地味なサラリーマン役ですし…
華やかな役はるりかさんですしね
原作だと、人物の重点がかなり変わっているそうなので、宛書をするとどうしてもこうなっちゃうのでしょう
そもそも原作では、ちゃぴちゃんの役美波は、目立たない役ですしねw

「もう少し気を使った台詞にしてくれていたら。あとフラッシュモブ。。。」
⇒フラッシュモブ、私も感想記事でブーブー言いましたけど(笑)、あれはないですよね
私たちのイメージするフラッシュモブとは全然違ったような?
もう少しYouTubeでも見て研究して欲しかったです(´・ω・`)
私的には2幕めの後半、バーバリアンの輩ぶりと、那由多の残念さと、フラッシュモブが大減点ポイントでした(笑)

「ショーとの組み合わせが悪いと思いました。」
⇒なるほど…
正直、ショーのインパクトが絶大だったのは否めないですよねw
でも、バランスとしてはちょうどよかったのかもしれません
割と王道なストーリーもので、オマケにアイドルとバレエが見れるというのがよかったのかなと思ってます
両方ともインパクト絶大だと、きっと観劇後クッタクタですよww
ある意味ちょうどよかったのかも

「夢の世界でリアルな現実はみたくなかったです。リストラとかね。」
⇒確かに、現実社会を目の当たりな設定ですよね
でもバレエを取り入れているところは、少し夢が見れるところだった気がします
宝塚的ではない現実なお芝居でも、月組生がきっちり演じていたので、見応えがありました

「途中で寝た」
⇒あらら(^_^;)
ま、そういう時もありますよw
次は相性のいい舞台作品だといいですね
私も我が愛する星組のスカピンで意識失いかけたので、人それぞれ感想はあると思います
いつも言ってますが、100人いたら100通り!(笑)

「お芝居としてはまぁまぁいいんだけど、タカラヅカとしてはちょっと違う感じ。」
⇒そういう感想多かったです!
ある意味、チャレンジャーだったのかな?
賛否両論な感じですし
私もバレエがなければ、評価下がってますw

「残念な台詞が多くイマイチでした。月組子の演技力でカバーされていましたが…」
⇒セリフの残念さは、本当に多く声が上がってます
このアンケート結果でもたくさんいただいてます
宝塚歌劇は品格を重んじてますし、ファンもそれを求めているということなんですね
私的には、全く問題なかったのですが(^_^;)
月組生は宛書が上手にされていて、適材適所感が満載でした

「野暮ったいのは石田先生のデフォとは言えフラッシュモブ(ってこと自体信じられん)は酷い」
⇒フラッシュモブ…(´・ω・`)
あれ、取り入れるにしても、あんな感じの演出は最悪ですよね…(^_^;)
ダンスが売りの一つである宝塚歌劇団とは思えないダサさw
私も感想記事で声を大にして言いましたが、フラッシュモブとバーバリアンの後半の輩ぶりが引きましたw

「ストーリーはよくまとまっていたが言葉のチョイスに引っかかったり恋愛要素が薄く感じたので」
⇒セリフに手厳しい意見、多いです
もう少し品よくしてくれたら、ここまで言われなかったのかも(^_^;)
恋愛要素は確かに薄いですよね…
たま←←←←ちゃぴな感じですし
私的には、バレエシーンで結構評価が勝手に上がりましたw
バレエバンサイ!(笑)

【★(星1):自分には合わなかった】をご選択された方より

【★(星1):自分には合わなかった】は、
投票結果5位でした!

コメントは、
2人の方からいただきました!
ありがとうございます♪

「役が少なすぎる気がしました。大事な場面を描かない演出も不満。」
⇒ストーリーとしては破綻はしていなかったので、よかったと評価しています
あらすじだけの作品よりは、感情移入出来ましたし(笑)
役は多くても少なくても不満が出るので、難しいところですよね
宝塚歌劇団は一組に70人前後もいるので、役を与えるのも大変です
そう考えると演出家の先生の責任も重大ですよね…
大事な場面ってどの辺りなんでしょうか?
大筋のストーリーはちゃんと出来ていたので、たまちゃぴの部分とかでしょうかね?

「 「一体、この劇のテーマは何なのか?」私の感受性の無さなのか。「接点が無かった」という感想に尽きます。」
⇒そんなことはないですよ
単に合わなかっただけじゃないでしょうか
こればかりは、人それぞれですし、理解出来ないとガッカリされる場合もあると思います
私もそういう時ありますしね
作品のテーマとしては、苦境に合ってもめげずに立ち向かっていけば報われることもあるよ、的な感じかな
次回の観劇では、思い入れが深まる作品だといいですよね
次行きましょう、次!ヽ(*´∀`)ノ

あとがき的なもの…

大変お待たせいたしました…
いつのアンケートだよ
的な遅さのコメント返しになり、
本当に申し訳ございません

あと2つの質問に対してのコメント返しがありますが、
今週中に必ず両方アップします!

で、続けて、
『あかねさす紫の花』の結果発表まで行きたいです

そうしないと、
どんどん溜まってしまうので頑張ります♪
集計とか、コメント読むのは楽しいんですけど、
お返事は貯めると大変(^_^;)

ではでは、引き続きよろしくお願いいたします!

あと、
宙組の『天は赤い河のほとり』のアンケートも開始しますので、
ぜひご投票ください♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする