月組『エリザベート』のコメント返しです♪②Q2-『エリザベート』の一番心に残ったこと<2/4>

大変お待たせいたしました!

11月18日~11月28日に実施してました、
第13回アンケート「月組『エリザベート』観劇評価を教えてください」 のコメント返しの2回目です!

大変、大変、お待たせいたしました!(大事なことなので二度目です…)

今回は、
Q2の月組『エリザベート』の一番心に残ったことについていただいた方へのコメント返しになります

前回のコメント返しはこちらです
月組『エリザベート』のコメント返しです♪①Q1-『エリザベート』の満足度<1/28>

アンケート記事がこちらです

恒例の本公演の観劇アンケートです! 11月18日に、 月組さんの『エリザベート』の大千秋楽を迎えました! とい...

ちなみに、
投票結果はこちらです

大変お待たせいたしました! 今回は、 11月18日~11月28日に実施してました、 当ブログのアンケートの集計結果を発表したいと思いま...

まだご覧になってらっしゃらない方は、
ぜひ上記の結果発表をご閲覧ください♪
興味深い内容になっています!

いつもの如く、
お返事は、
当ブログの口調でしてますので、
めちゃくちゃタメ口になってしまってますことを、
あらかじめご理解くださると助かります♪

スポンサーリンク

Q2:『エリザベート』で、一番心に残ったことをお聞かせください(ジェンヌさん以外で)

【時代背景・人物】をご選択された方より

【時代背景・人物】のコメントは、1名の方からいただきました!
ありがとうございます♪

いつもと同様に、
全コメントにちょこっとずつツッコんでいきます♪

「悩めるフランツ像が斬新に感じました。夫婦二人ではなくフランツが気の毒に思えたのは初めてかも…」
⇒あー、なんかわかります!
意外とみやちゃぴの並びはお似合いで…そこも嬉しい誤算でした
ちゃぴちゃん大きいのにキュートだから、るりかさんとの並びが素敵だったんですよね…
フランツのシシィに対する愛情の深さが、抜群の演技力で表現されてましたね
ロイヤル感はゆりかさんに軍配なのですが、シシィへの深い愛情についてはるりかさんでした♪
特に東京公演では本当に素晴らしかったです!

【楽曲・歌】をご選択された方より

【楽曲・歌】のコメントは、15名の方からいただきました!
ありがとうございます♪

「心配してたトートの歌声も、最終日近くでは癖になってしまいました。ガキ大将系トートも嫌いじゃないです笑」
⇒おお!それはよかったですね!
それこそ嬉しい誤算的な感じでしょうか…
楽しみを見出して観劇するのが一番です
残念ながら、トートに関しては、私は最後まで違和感しかなかったので、歴代でもかなり満足度が低かったです
ガキ大将というよりも単に人間でしたから、ルキーニの親分というか親玉でしたね

「歌唱力はともかく、楽曲は素晴らしいですね。」
⇒『エリザベート』といえば、楽曲ですもんね!
実はストーリーは結構「あれれ?」ですし…(笑)
素晴らしい楽曲があるからこそ、未だに人気が衰えないんだと思います
ヅカファンであれば、つい口づさんでしまうほどの名曲ばかりですもんね
今回はちょっと続いたので、しばらくは間を空けて欲しいですけど、次回も楽しみです
歌うまなトートで!

「やはり歌ですよね。歌でストーリーが進むので。」
⇒そうですね
だからこそ、真ん中がしっかりしてくれるとより感動が深まったように思えます
次回は歌うまのトート閣下に期待したいですね
上記でも言いましたけど、『エリザベート』ってストーリーが格別にいいわけではなく、あくまでも楽曲ありきの演目ですから

「設問とは関係なくて申し訳ないのですが、50文字、ちょっと短いです…」
⇒すみません…
50文字が最大なんですよね…
100文字くらいあれば、もう少し踏み込んだご意見が聞けるのですが…
コメント欄を利用してくださってもいいんですけど、ワタクシ、コメント欄の返信はほとんど返してません
そこまで手が回らないというのが現状なのです
申し訳ございません!
アンケートのコメ返しだけで許してください!!
読ませてはいただいているので、わかるように明記してくだされば、こちらへ返信をまとめることも可能です

「ミュージカルですから曲ですよね。」
⇒ですね♪
日本が誇る、宝塚の至宝のミュージカルですね
本当に楽曲が素晴らしいです
シルヴェスター・リーヴァイさんの楽曲は素晴らしいものが多いですけど、『エリザベート』は特別に名曲ばかりですもんね!
宝塚歌劇団にとっては本当に運命の出会いでしたね
小池先生、グッジョブ!

「同じメロディ使い回し なのに心に残る」
⇒それは結構ミュージカルではありますけど、メロディの美しさが群を抜いてますもんね…
曲はあまりにも素晴らしいです
覚えやすくて、耳に残る名曲ばかり
これからも宝塚歌劇団の至宝ミュージカルとして大事にしてもらいたいですね♪

「楽曲自体がすばらしいので勝手に半音下げたりしないで欲しい。」
⇒(^_^;)ww
半音下げて安定するのであれば、それはそれでいいとは思います
それで観客のストレスがなくなるのであれば、全然いいでしょう!
ですが、今回は半音下がるというよりは、音程がいつも不安定だったと感じます
これはいかがなものかと…
ストレスがハンパなかったのが残念ですね

「やっぱりエリザの曲はいいなぁと。観終わってからずっと歌が頭を回っている感じです。」
⇒わかります~
今回私はトートとシシィに感情移入が出来なかったので、いつも大泣きする箇所では意外と冷静に見てました
ですが、シシィの場面やヴィンデュッシュ嬢のデュエット、ミルク、キッチュなどは感動しました
次回は歌うまなトートで観劇したいです!

「キッチュとミルクが大好きです」
⇒わかりますー
すごく感動しますよね
あの群衆の合唱の迫力は凄いです
キッチュはれいこさんが素敵すぎました
ルキーニを熱演されていて、成長ぶりが凄まじかったですよね…

「うまくない人が歌ってもあのナンバーは素晴らしい」
⇒ww(^_^;)
どの方かはわかりませんけど、私は初めてトート閣下に感情移入ができませんでした
同じように歌が上手ではない水さんは受け入れられたんですけどね…
やはり死神だったかどうか、という部分が大きかったのかもしれません
新人公演のありちゃんトートが素敵な歌唱力だったので、ありちゃんの新公が見てみたかったです

「楽曲は素晴らしかった。次は歌うまの組での上演を希望。お願い、歌劇団さん。」
⇒私からもお願いです!
せめて、死神を演じられるトートでお願いしたいかなぁ
私にとっては、トートは歌うまじゃないと、全くつまらなくなるという典型でした
まぁくんのトートもそこまで歌うまではなく、むしろ低音で声が潰れてしまうんじゃないかと心配するくらいでしたけど、存在は死神でした
まぁくんはトート以外では歌上手だったと思うのですが、トートの歌唱は苦労されてましたよね
そのぶん表現力で挽回していたと思いますし、大事なのかもしれません
でも、とにかく次回は演技力が劣ってもいいので(笑)、歌うまなトートで聴きたいですね

「とにかく楽曲のすばらしさは感動しました」
⇒名曲ばかりですもんね
あと独特な退廃的な雰囲気も素晴らしいかと…
何度聴いても素晴らしい曲ばかりだからこそ、次回は歌唱力のあるトップスターさんで見てみたいかな
当分は上演しなくていいですけどね(笑)

「エリザベートの楽曲は、みんな大好きです」
⇒いいですよね~
1人エリザベートができてしまうくらい、歌えます
きっとヅカファンはみんなそうですよね~
こんなに名曲揃いのミュージカルが宝塚歌劇団が版権を持っているというのは、本当に奇跡ですよね…
これからも大事に上演して欲しいです

「何度聞いても素晴らしい心に残る楽曲です。」
⇒『エリザベート』は楽曲が全てですもんね
上記でもコメント返してますけど、ストーリーはそこまで素晴らしいものではないと思ってます
シシィは結構構ってちゃんで、振り回し系の女性ですし…
でも楽曲の素晴らしさで、その辺りがうやむやになるという…
まさに名曲マジックだと思ってます

「今回はお歌に難が多かったかな。(ちゃぴ以外で)」
⇒確かに…
真ん中で歌えてたの、ちゃぴちゃんだけですもんね…
それが痛かった…(^_^;)
次回は歌唱力抜群なトップさんに、トート閣下を演じていただきたいですね♪
『最後のダンス』や『鏡の間』で鳥肌が立つほど感動したいです!

【脚本・ストーリー】をご選択された方より

【脚本・ストーリー】のコメントは、4名の方からいただきました!
ありがとうございます♪

「歌とストーリーで迷いましたが、今回の月組に関してはストーリーと言うことで(笑)」
⇒なるほどです!
ストーリー自体は感動する作品ではないと思ってますけど、演技や表現力が素晴らしかったということでしょうか
前回のコメントでも、初めて『エリザベート』のストーリーが理解できたとおっしゃった方もいらっしゃいましたし…
新たな見方ができたという点では、今回の上演もよかったですね♪

「歌下手さんが集まっても、つい魅せられてしまう歌です。」
⇒あれ?
もしかしたら楽曲に投票されたんでしょうか?
ストーリーと脚本になってますけど…(^_^;)
名曲揃いなので、楽曲が素晴らしいという点は同意です!
でも、できれば次回は歌唱力のあるトートで見てみたいです

「歌があんまり…だった反動かお芝居に力が入っている印象が強かったです」
⇒そういうご指摘の方が多くて驚いてますΣ(゚∀゚*)
いろんな楽しみ方ができるということですもんね
私はお芝居に注目していませんでしたけど、振り返るとシシィやフランツの演技力や表現力に感心したことを思い出しました
そういうことですよね、きっと!
いいところを見つけて楽しむというも、大事なんだと感じました
月組さんはお芝居の組ですからね…
今後は不安ですけど…(^_^;)

「初演からほぼ変わらないこともある意味良いと思います。」
⇒初演で完成されたからでしょうね
ちょこちょこマイナーチェンジはあっても、大幅な変更はありませんし…
やはり初演メンバーの方々の熱演があっての、今なんでしょう
本当に感謝しかないです
そこから伝説が始まったんですから!!

【演出・構成】をご選択された方より

【演出・構成】のコメントは、3名の方からいただきました!
ありがとうございます♪

「初めて各キャラに血が通って観えた。」
⇒おお!そうなんですね
それはよかったです…
お芝居がいいとご指摘されてらっしゃる方が多いのは、そういうことなんですよね
ただ歌唱力は欲しかったかなとは思います

「同じ作品で、台詞や動きはあまり変更がないのに、組や演じ手の個性を生かした演出が見事でした。」
⇒確かに!
今回は歌唱力に問題があるところを、お芝居でぐいぐい引っ張った感がありますもんね
私もシシィとフランツについて、より解釈が深まった感がありました
そういう意味でも面白い『エリザベート』だったのかもしれないですね♪

「役作りに関しては良かったです」
⇒なるほど!
そうであれば、十分楽しまれたのではないでしょうか
私はちょっと物足りなさを感じた方なので、どうしても感情移入ができなかったのが残念です
単に歌唱力のなさだけではなかったと思ってますので
当分は『エリザベート』はお腹がいっぱいなので、4年以上は間を空けて上演して欲しいですね

【その他】をご選択された方より

【その他】のコメントは、12名の方からいただきました!
ありがとうございます♪

「お芝居」
⇒お芝居がいいと評価される方が多数です!
こんなにお芝居を推される『エリザベート』って珍しい気もします
さすがは月組ってところでしょうか

「歌とダンスがよく揃っていて綺麗。歌詞もよく聞き取れた」
⇒群舞は素敵でしたよね~
コーラスになると歌唱力抜群な方々が加わるので、迫力も申し分なかったと思います
ミルクはよかったもんなぁ…
歌詞が聞き取れるって大事ですよね
滑舌の悪い人がほとんどいないということですし…
舞台人としては大事なことなんですけど、滑舌悪い方がいるのが残念です

「全部!今回はお芝居の要素が強かったように思います!!」
⇒絶賛なんですね!
楽しまれたというのは一番の財産ではないでしょうか
素敵なことだと思います
やはりお芝居重視だったという評価なんですね
本当に珍しい『エリザベート』だったんだなぁ、とあらためて感じます

「トートのビジュアルをたまきち君に合ったものにしてあげて欲しかった。」
⇒うーん(^_^;)
たまきちくんに似合うトートのビジュアルってどんなのでしょう?
全く想像できないんですけど…
きっとビジュアルを変えても、人間なトートには変わりなかったように思うのですが…(´・ω・`)
コレジャナイ感は払拭できたのかな?

「最後の群舞」
⇒確かに素敵でしたね~
るりかさん、れいこさん、ありちゃんの誰を見ようかすごく迷った記憶があります(笑)
ダンスといえば、たまちゃぴのデュエットダンスは素敵だったなぁ…
ここだけは、たまちゃぴらしくて好きでした

「セリフが響きました」
⇒演技力と表現力の結果でしょうか
お芝居推しの方が多いので、セリフが心に響くというのは当然なのでしょう
そういう意味でも、今回の月組『エリザベート』は面白い展開だったということですよね
『エリザベート』の歴史の中でも、お芝居重視をここまで推してきた上演はなかったですから!

「皆さんのお芝居。これは演出・構成寄りでしょうか??」
⇒演出・構成寄りではありますが、それが小池先生の指示によるものかどうかで、変わってきますよね…
今回は月組生の皆さんが、ものすごくお芝居に重点をあててきたのが面白く感じました
ムラで観劇した時よりも、比べられないほど完成されてましたし…
こういう『エリザベート』もいいですね

「タイトルロールだけでなく、本当にエリザベートが主役だったと思います。」
⇒ですね!
私も一貫して東宝版『エリザベート』だったと主張しましたし(笑)
でも、それに負けないくらいちゃぴちゃんがシシィを仕上げていて、素晴らしい表現力、歌唱力を見せてくれたので大満足でした
ちゃぴちゃんの退団公演という点では、素晴らしかったと思います!

「同じ演者でも、回を重ねると、ここまで進化するのかと、改めて感じました」
⇒今回の月組生は、ムラから激変しての東京公演でしたよね…
あまりの進化にビックリしたのを思い出します
完全にお芝居にシフトしてからの『エリザベート』は見ごたえも増したと感じました
でも、次回は歌唱力のあるトップさんでトートを見たいですね♪

「黒天使の動き」
⇒黒天使は『エリザベート』の大事な役割ですよね
トートの僕でもあり、トートの鑑でもあり…
それを全てダンスで表現するわけですから、ダンサーな生徒さんの見せ場となっています
素敵でした!

「ちゃぴ引退の話題性に乗った売上(利益)追求に異論はないが、組子の持ち味に合った演目を見たかった。」
⇒なかなか手厳しいご意見をありがとうございます!
でも、おっしゃることはその通りですね
私はちゃぴちゃんファンなので、ちゃぴシシィに大満足でしたけど、やはり最後はショーでお別れしたかったな、というのが本音です
歌って踊るちゃぴちゃんが観たかった…
それが心残りです…『BADDY』が最後だったのが悲しかったです…
もっと最後に相応しいお芝居ものとショーでお別れしたかったです…(´・ω・`)

「それぞれの役の心情表現」
⇒お芝居ですね♪
内面の表現力が素晴らしかったです
特に、フランツはよかったなぁ…
歌が苦手な分、お芝居で魅せてくれたという点がよかったですし、そのおかげでフランツの深い愛を知ることができました
シシィ、ルキーニも文句なしによかったですし、まゆぽんパパも素晴らしかったです!

あとがき

すみません…
また1週間ほど時間をいただいてしまいました…(^_^;)

賛否両論だった月組『エリザベート』ですが、
こうやって皆さんのご意見に触れることができて、
本当にありがたかったです

お芝居に特化した『エリザベート』なんて、
なかなか珍しいですもんね!
おかげで見えてきた心情もありましたし、
決して、ダメなことばかりではなかったと思われます

それでも、言えるのは、
やはり楽曲の素晴らしさを堪能するには、
歌唱力が必要であるということ!
このことを本当に痛感いたしました

次回の『エリザベート』は当面上演されなくて大丈夫ですけど(笑)、
上演される時には、
歌唱力抜群のトップさんの時に上演して欲しいですね

迫力のある『不幸の始まり』『最後のダンス』、
美しい『愛と死の輪舞』を聴きたいです
その時まで、全然待てますので、
ぜひ次回は歌で酔わせてくれる『エリザベート』を観劇したい!

結局ミュージカルって、
歌唱力が大事なんですよね…
とあらためて感じた『エリザベート』でした!

『スカーレットピンパーネル』も、
歌うまトップコンビで見たいですね!
あれもやっちゃった感が凄かったので…(^_^;)

最後になりますが、
これで、『エリザベート』のアンケートは終了となります!
次は、宙組さんのアンケート結果ですね♪
今週中に絶対アップしますので、もう少しお時間をください!

メインでも言いましたが、
今月は少し時間があるので、
週2くらいのペースで記事アップをしていきたいです(ものすごい希望的観測!)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする