「2018年 宝塚歌劇 観劇の満足度」アンケート結果の数字から見る比較分析

今回は、2018年の1年間に渡る、
当ブログアンケート集計に基づいての分析をしてみたいと思います

各作品で評価アンケートを実施していますが、
トータルで比較するとどうなるのか、ということを、
今回発表したいと思います

非常に興味深い結果になっているので、ぜひみていただきたいです

ちなみに、
当アンケートの「星5」と「星4」満足度の指標は以下の通りです
ご参考になさってください

  • 80%以上で大満足
  • 79%~50%で普通
  • 49%以下は不満足

それぞれの作品については、
これまでの本公演アンケート結果で見ていただけますので、
そちらも併せてご閲覧ください

では比較に参ります!

スポンサーリンク

「本公演のミュージカル満足度」と「一番心に残ったこと」の満足度ランキング

まずはランキング表をご覧ください

ミュージカル 星5と星4の投票率 星2と星1の投票率 一番心に残ったこと
1 雪組 『ひかりふる路』 85.3% 5.2% 楽曲・歌
2 花組 『ポーの一族』 83.5% 4.6% 演出・構成
3 花組 『MESSIAH(メサイア)』 83.4% 4.4% 楽曲・歌
4 星組 『ANOTHER WORLD』 74.5% 16.4% 脚本・ストーリー
5 月組 『エリザベート』 66.7% 13.0% 楽曲・歌
6 宙組 『天は赤い河のほとり』 54.5% 24.5% 楽曲・歌
7 宙組 『異人たちのルネサンス』 48.2% 24.1% 楽曲・歌
8 雪組 『凱旋門』 47.3% 26.3% 楽曲・歌
9 月組 『カンパニー』 44.0% 23.0% 楽曲・歌

満足度の高い順に並べてあります

ここでは、「一番心に残ったこと」に触れます
本公演のアンケートでは、下記の5つの項目を選択してもらっています

・時代背景・人物
・楽曲・歌
・脚本・ストーリー
・演出・構成
・その他

2018年の本公演では、
ほとんどの作品で「楽曲・歌」が1位に選ばれています

『ポーの一族』「演出・構成」
『ANOTHER WORLD』「脚本・ストーリー」が選出されていて、
この2本が異質に思えるほど「楽曲・歌」が選ばれているんですね
確かにこの2作品は、観劇の観点が違うという側面が、
理由の1つだったとも思われます
『ポーの一族』は絶大なる支持のある原作ものですし、
『ANOTHER WORLD』は笑いと宝塚を融合させたというもので、
楽曲が選ばれるよりも自然でしたし、
それが結果に反映されていると感じます

そして、
やはり「楽曲・歌」に感心が高いということにも繋がりました
面白いのが、作品そのものの満足度が高くなくても、
心に残るのは「楽曲・歌」なんだというところ
ヅカファンはこの部分に共感を得られやすいんだと感じました
歌劇団ですから、当然といえば当然なのでしょう

楽曲がよければ、
とりあえず満足はできるということがわかりましたので、
これからもいい楽曲で、我々ファンを喜ばせてほしいです

2018年の本公演作品「星5と星4の投票率」ランキングの分析

「星5と星4の投票率ランキング」

ミュージカル 星5と星4の投票率
1 雪組 『ひかりふる路』 85.3%
2 花組 『ポーの一族』 83.5%
3 花組 『MESSIAH(メサイア)』 83.4%
4 星組 『ANOTHER WORLD』 74.5%
5 月組 『エリザベート』 66.7%
6 宙組 『天は赤い河のほとり』 54.5%
7 宙組 『異人たちのルネサンス』 48.2%
8 雪組 『凱旋門』 47.3%
9 月組 『カンパニー』 44.0%

当ブログの読者様による本公演アンケートの結果を、
「星5と星4の投票率」を基準にして、ランキングを出しました

当ブログのアンケート結果発表の際に、
いつもお伝えしてますが、
それは上記に明記したとおりです。
もう一度明記しますと、
以下の「星5と星4の投票率」の評価となってます

  • 80%以上で大満足
  • 79%~50%で普通
  • 49%以下は不満足

宝塚歌劇の場合、
概ねファンが観劇してますし、
当ブログにアンケートしてくださる方は、
間違いなく宝塚歌劇が大好きな方々がほとんどです
そういう圧倒的にファンが見に行くであろうことを考えると、
満足度が50%を切るというのは、
かなりひどい状況だと思ってます

評価も甘めになるでしょうし、
いいところを見つけてそれで満足ができる、
という業を持っていますので

実際私も、
総合評価の星付けは、いつも甘くなってます
自分の評価を見ると、
「本当は星○だけど、〇○だったので星1つ増やしました」
というコメントの多いこと!(笑)

以上を踏まえてご覧ください

では本題です

これで見ていきますと、
大満足の80%以上の合格ラインを超えている作品は、
9作品中3作品です
これですね

雪組『ひかりふる路』
花組『ポーの一族』
花組『MESSIAH(メサイア)』

星組『ANOTHER WORLD』70%台なので、
普通評価ではありますが、
満足度としては悪くないと評価ができます

月組『エリザベート』60%台なので、
本当の意味でも普通な印象
これは全くのオリジナルであれば、
そこまで悪くない評価でしょうけど、
これが『エリザベート』であるということが、
マズイように思います

宙組『天は赤い河のほとり』50%台なので、
普通評価はできますが、
49%以下に近いことを考えると、
もう少しなんとかしないといけないレベルだったのでは、と感じます
これがお披露目本公演だったことを思うと、
真風涼帆さん率いる宙組生は、本当に頑張っていますね
同じお披露目本公演だった雪組『ひかりふる路』との差が歴然!
不憫すぎます
また『エリザベート』と違うのは、
キャスティングやキャラクター設定には全く問題なかったことと、
問題は演出や脚本でした

そして、
「49%以下は不満足」になってしまったワースト3!
一番悪かったのが、月組『カンパニー』でした
続いて、雪組『凱旋門』
宙組『異人たちのルネサンス』です

正直なところ、
月組『カンパニー』がワースト1位とは思わなかったです
私自身評価がそこまで酷くなかったから、意外に感じました
それともう1つ理由があるのですが、
それは「星2」「星1」に、
そこまで多く投票されていなかったように思えたのもあります
ですが、平均を出すと、ワースト1位だったおいう…
「星5と星4」への投票率なので、
大満足という点では評価出来なかった、ということです

むしろ雪組『凱旋門』が健闘してましたね
観劇するとわかりますが、
歌の部分では残念に思える箇所がありますけど、
お芝居自体はすごくよかったので、
そういう点が考慮されているんだと思われます

宙組『異人たちのルネサンス』もワースト3位です
これはね、やはり観劇した方はおわかりでしょうけど、
フィナーレ万歳という作品だったので、
不満足度が高いのは仕方がないと思います
よっぽど贔屓目に見ないと、
星4や星5は付けられませんから

このように導き出しているのは、
各アンケート結果から分析してますので、
それを踏まえてお伝えしました

以上が「星5」と「星4」の投票率から見た、
2018年の満足度でした

次はワーストについて分析します

2018年の本公演作品「星2と星1の投票率」ランキングの分析

「星2と星1の投票率ランキング」

ミュージカル 星2と星1の投票率
1 雪組 『凱旋門』 26.3%
2 宙組 『天は赤い河のほとり』 24.5%
3 宙組 『異人たちのルネサンス』 24.1%
4 月組 『カンパニー』 23.0%
5 星組 『ANOTHER WORLD』 16.4%
6 月組 『エリザベート』 13.0%
7 雪組 『ひかりふる路』 5.2%
8 花組 『ポーの一族』 4.6%
9 花組 『MESSIAH(メサイア)』 4.4%

そして、本当の意味でのワースト3!

雪組『凱旋門』
宙組『天は赤い河のほとり』
宙組『異人たちのルネサンス』

「星5と星4」では、
ワースト1位になってしまった『カンパニー』ですが、
ここでは4位
ただやはり、
2割以上の23.0%の「星2と星1」の投票率であれば、
これはかなり厳しい評価に思えます
「星2と星1」に関しては、20%は切りたいところです

雪組『凱旋門』に関しては、
もう仕方がないと思います
トップコンビで上演できなかったという背景の影響が、
あまりにも大きかったです

ワースト2位と3位には、宙組の本公演が2作品ともランクイン!
誤差のような差なので、
ほぼ変わりないような低評価に思います
この不憫な作品の巡り合わせでも、
乗り越えてきているので、宙組は本当に頑張ってますね!

そして、満足度の高いベスト3の作品、
雪組『ひかりふる路』
花組『ポーの一族』
花組『MESSIAH(メサイア)』は、
どれも優秀!
ほとんど不満足には投票されていません!
お見事です

2018年のショー・レビュー「星5と星4の投票率」ランキングの分析

「星5と星4の投票率ランキング」

ショー&レビュー 星5と星4の投票率 星2と星1の投票率
1 花組 『BEAUTIFUL GARDEN -百花繚乱-』 84.2% 3.3%
2 雪組 『SUPER VOYAGER!』 83.6% 4.8%
3 雪組 『Gato Bonito!!(ガート・ボニート)』 83.1% 4.5%
4 月組 『BADDY(バッディ)』 76.6% 15.9%
5 宙組 『シトラスの風-Sunrise-』 70.7% 10.9%
6 宙組 『白鷺の城』 60.3% 14.8%
7 星組 『Killer Rouge(キラー ルージュ)』 58.5% 21.8%

ランキング表は、
「星5と星4の投票率」と「星2と星1の投票率」を合わせたものを表示させてます

2018年のショーまたはレビューは、7作品ありました
レビューが1作品、和物ショーが1作品です

宝塚歌劇において、ショーやレビューの役割は大きいです
これこそ「宝塚を見た!」と思える満足度がグンとあがるのが、
ショーやレビューだからです
宝塚歌劇団の醍醐味と言っても過言ではありません!

「終わりよければ、すべてよし」じゃありませんけど、
ほとんどの場合、
お芝居のあとにショーをしますので、
ここで満足度があげられれば、
トータルでは良かったと思えるのではないか、
と考えられるからです

またショー(レビュー)の場合は、
生徒さんが大活躍しますので、必然的に、
評価も甘くなりますし、
満足度への評価があがります
そのため、最低でも70%は取得して欲しいところです

そういう目で見ると、ベスト3は優秀です

花組『BEAUTIFUL GARDEN -百花繚乱-』
雪組『SUPER VOYAGER!』
雪組『Gato Bonito!!(ガート・ボニート)』

続く、
月組『BADDY(バッディ)』
宙組『シトラスの風-Sunrise-』70%台なので、
大満足ではなくても、
満足度は高い方であることは理解できます

ワースト2位はこちらでした!

ワースト2位は宙組『白鷺の城』
ワースト1位は星組『Killer Rouge(キラー ルージュ)』

宙組『白鷺の城』の60.3%も、
なかなか評価の悪い数字ですけど、
星組『Killer Rouge(キラー ルージュ)』は、
58.5%です
ショーで50%台って、あり得ます?
怖ろしくダメな数字だと感じます

『白鷺の城』は構成力の悪さと、
宙組生を上手に活かせなかったことが起因しています

『Killer Rouge(キラー ルージュ)』は、
構成はいいにしても、
適材適所が全くされていなかったので、
構成に生徒の力量のバランスが合っていないというところが、
とても残念でした
観劇された方々にもその違和感を感じたからこそ、
大満足な星評価はできなかったんだと感じます

2018年のショー・レビュー「星2と星1の投票率」ランキングの分析

「星2と星1の投票率ランキング」

ショー&レビュー 星2と星1の投票率
1 星組 『Killer Rouge(キラー ルージュ)』 21.8%
2 月組 『BADDY(バッディ)』 15.9%
3 宙組 『白鷺の城』 14.8%
4 宙組 『シトラスの風-Sunrise-』 10.9%
5 雪組 『SUPER VOYAGER!』 4.8%
6 雪組 『Gato Bonito!!(ガート・ボニート)』 4.5%
7 花組 『BEAUTIFUL GARDEN -百花繚乱-』 3.3%

そして、本当の意味でのワースト3!

星組『Killer Rouge(キラー ルージュ)』
月組『BADDY(バッディ)』
宙組『白鷺の城』

星組『Killer Rouge(キラー ルージュ)』は、
「星2と星1の投票率」でもワースト1位になってしまってます
2割以上の21.8%というのは、
ショーとしての評価では、結構厳しいです

その点、
『BADDY(バッディ)』、
『白鷺の城』の2作品は、2割を超えてませんので、
まだ許容範囲だと思います

面白いのが『BADDY(バッディ)』
これは、2018年の当ブログのベストショーの投票で、
見事1位だったのです!
花組の『BEAUTIFUL GARDEN -百花繚乱-』と同率1位でした
『BEAUTIFUL GARDEN』は、賛否の否の部分はかなり少ないですし、
ワーストランキングでは最下位と優秀です
全体的に評価されていたという印象が、
ここでも理解できます
『BADDY(バッディ)』は、
賛否の振り幅がかなり大きいのが特徴です
やはり賛否両論が数字として出ていました

こうやってみると非常に面白いですね

まとめとあとがき

いや~、面白かったです
アンケートを実施していて、途中で、
これをやったら面白そうだし、資料になりそう、
と思っていました
3月の月末までに発表できてよかったです!

年度末にギリギリセーフ!(笑)

とにかく、なんだかんだ言っても、
数字は正直、ということ!

結構脳内の印象づけがあったりしますが、
「実際どうだったっけ?」、
と確認することもできるからです

2018年の上演作品を数字で考えられることを、大きくまとめるとこんな感じでしょうか

①現在の優等生な組と作品は、花組雪組であるということ
②適材適所がバッチリだと凄いが、適材適所が活かされないとまるでダメな星組
③全体的に迷走中な印象の月組
④作品にはさっぱり恵まれていなかった宙組

興味深いです
2019年は満足度のあがる作品が増えるといいかな~、
と思ってます

でも、全部が全部良作で傑作って、本当に難しいです
いろいろ乗り越えての宝塚歌劇!
そう思って観劇していきたいですね

だからといって、評価が甘くなったり、
分析を甘くしたりはしませんが…(^_^;)

最後に、
いつもお伝えしてますが、
このアンケート結果や資料については、
あくまでも当ブログ読者様限定でのお話です
100人いらしたら、100通りの思いや感想や評価があります
そのことを頭の片隅において、
楽しんでいただければ幸いです!

次回のアンケート結果発表は、
2019年1本目の『ファントム』です!
お楽しみに♪

【関連記事 こちらもどうぞ】

今回は、1月1日~12日に実施してました、 当ブログのアンケートの集計結果を発表したいと思います! お題は、「2018年宝塚...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする