凰稀かなめ退団公演で、星を継ぐ者を考えた

いつもながら今さらな感じですが、
先日退団されたりかさんこと、凰稀かなめさんの退団公演を見ました。

お芝居のことは後日語るかもしれませんので、
ここでは触れません。

りかさんのフィナーレを飾るレビューを見て思ったんですが、
宝塚ってレビューの時、銀橋や舞台上で、
トップが真ん中に立つと、
両脇の2番手さんやトップ娘さん、3番手さんに軽く挨拶するじゃないですか。

あれは、宝塚のいいところだと思うですよね。

スポンサーリンク

フィナーレの挨拶の萌え

仲良しこよしを演じてるのではなく、礼儀っていう感じがして、
すごく素敵に思うんですよ。
まぁ、他でもそういうの見れますけどね。
ミュージカルしかり、バレエしかり。

ですが、その中でも宝塚のそれは一番素敵に思えるんです。
たぶん宝塚が特殊な世界だからですよね。
そこで生まれる連帯感というか、ファミリー的というか、
そういう漂う空気がたまらないのです。

りかさんの退団公演では、
りかさんからまぁくん、
キタロウさん、
みりおん、
と信頼し合ってる組子さんたちに、それがありました。

勝手な妄想ではあるけれど挨拶の萌えの極み

それを見ると、「次からも頼むね」という風に感じるんですよ。
もちろん私の勝手な想像ですが。

それは、蘭とむさんの時も、えりさんの時も感じました。
トップ→2番手には特に!

それを思うと、わが愛する星組は、かなり切ないです。
ちえさん→さゆみさん、ゆりかさんのはずが、
さゆみさんは変わらず2番手ですし、
ゆりかさんは宙組ですし…。

星を継ぐ者がその場にいないんだなぁ…って本当に寂しく思います。
ちえみち、観たかったなぁ…
みっちゃん先輩だから、そういう難しいんでしょうけど…(^_^;)

まだ、ちえさんの退団公演は見れてませんから、
何とも言えないんですけど、
現時点ではその空しさは拭えないです…。

てか、ちえさんの東京公演全滅、どうするよ、私←


【関連記事 こちらもどうぞ】

次期星組のトップについては、 前回記事にしましたし、 そこには私の気持ちに偽りはないです ですが、もう一つ、 きちんと向...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする