『夢千鳥』ヒロインは2役とも天彩峰里で破線上…山吹ひばりは彦乃に大抜擢!

宙組



本日、公式HPにて、
そらくん(和希そらさん)のバウ公演、
『夢千鳥』の全配役が決定いたしました!

 

恒例の主要キャストとも言うべく、
「一部配役」発表時には、
主演のそらくんだけでした…

真風涼帆&潤花ポスターで初お披露目&和希そら『夢千鳥』破線上ヒロインなし

 

今回は、
このヅカ的時事ネタに触れたいと思います

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

ヒロインは天彩峰里で破線上に!2役とも和希そらの相手役

今回の全配役発表で、
ヒロインが破線上に登場しました

 

ヒロインには、
宙組の歌姫・じゅりちゃん(天彩峰里さん)です

 

よかったー!
私的には歓喜乱舞なくらい(笑)、
めちゃくちゃ嬉しいです…ヽ(*´∀`)ノ

 

今回の振り分けメンバーを見ると、
じゅりちゃんの実力は十分ですし、
『天は赤い河のほとり』で新公ヒロイン済み
別箱『群盗』でヒロイン済みという実績も十分でした
ですが、
実はこの『群盗』では、破線上にはなっておらず

 

前回も嘆きましたけど、
バウで実質ヒロインだとしても、
ここで破線上でなければ、
「主力として、上げるつもりはない」のではないか
という不安があったのです

 

別箱ならいざ知らず、
バウの破線上ヒロインになれないのは、
弱いイメージが強くなりますから

 

もちろん、
他の前途ある有望な若手の娘役さんもおりますので、
じゅりちゃんだけではないのですが…

 

でも、
やはりあれだけ歌えて、
愛らしいじゅりちゃんを上手に起用して欲しい、
というのがすごくあるので、
この抜擢には一安心です

 

トップ娘役になるかどうかというのは別にして、
歌姫という実力があり、
華もありますので、
新生宙組の主戦力として、頑張ってもらいたいのです

 

じゃないと、
「なんで星組から出しちゃったの?」と嘆いてしまいますので…(´・ω・`)

 

とにかく、
歌えてヒロインができる娘役さんは貴重ですから、
大事にして欲しいです

 

今回2役ですから、
演じ分けが大変かと思いますけど、
そらじゅりの耳福な場面、期待していいですよね?

 

そらくんが演じる俳優の白澤優二郎の相手である、
赤羽礼奈役もじゅりちゃん!
運命の2人のようなキャスティングが素敵!

 

ライブ配信ぜひ!!

 

スポンサーリンク

彦乃役に山吹ひばりが抜擢!上げてきた印象

竹久夢二のwikiで出てくる夢二の恋のお相手は、3名です

①妻・他万喜⇒天彩峰里(100期)
②夢二ファンの女子学生・彦乃⇒山吹ひばり(105期)
③モデル・お葉⇒水音志保(101期)

 

夢二は恋多き男性でしたので、
他にもお相手多数です
あとは、栗田優香先生が、
どの時代に重きを置くかによって、
活躍する娘役さんの比重は変わってくるものと思います

 

それでも、
作品解説に名前が上がる女性は、
ヒロイン格であることが多いです

 

そこに明記されていたのが、
妻・他万喜と女学生・彦乃でした

 

その大事なヒロイン格の彦乃役には、
105期のひばりちゃん(山吹ひばりさん)が抜擢!

 

ここで上げてきましたね!Σ(゚∀゚*)

 

ひばりちゃんは上げていくだろうというのは、
十分わかってましたけど、
『夢千鳥』では、
新公ヒロイン済みのさらちゃん(花宮沙羅さん)や、
娘役に転向したあられちゃん(愛海ひかるさん)もおります

 

今回はさらちゃんに花を持たせるのでは、とは思いましたが、
新人公演が再開できない事情と、
よくある爆上げに乗っかる形で、
ここでひばりちゃんを上げてきた感があります

 

宙組は、
そういう娘役の育成の仕方をがっちりする組です
100周年前後で見ても如実

・うららちゃん(伶美うららさん)
・かのちゃん(花乃まりあさん)⇒花組トップ娘役
・まどかちゃん(星風まどかさん)⇒宙組&花組トップ娘役
・あやちゃん(夢白あやさん)

 

トップ娘役になれるのは今のところ、
確率50%ですが、
あやちゃんは現役ですし、これからの娘役さん

 

ここに新たに、
ひばりちゃんが入るということですね♪

 

スポンサーリンク

「美は正義」枠の娘役育成をする宙組

まどかちゃんはキュートな歌姫枠ですけど、
他の3人は美貌枠ですなぁ…

 

宝塚歌劇団としては、
美しい娘役さんに実力をつけて育てあげたいのでしょう…

 

そりゃ「美は正義」ですからね
ヅカだけではなく、世間的にも通じる定義…
息の飲むほどの美しさはそれだけでスゴイ価値があるわけです
それを活かさない手はありません

 

ただ宝塚の舞台は、
演じて踊って歌わなければなりませんので、
そのスキルを磨くという点は、非常に重要です

 

私的な勝手な定義で、
「美貌の娘役さんには歌唱力がない説」というのがあり、
歌姫は望んでいませんが、
「美貌&演技力」は最強の武器になりますので、
お芝居で魅了してくれれば、最高だと思っています

宝塚歌劇の最大の謎…「美貌の娘役の歌唱力」美しければ美しいほど…(´・_・`)

 

あやちゃん、お芝居上手いですもんね
期待大!

 

いずれにせよ、
ひばりちゃんは上げられる逸材の娘役さんですので、
遅かれ早かれ、といった感じでした

 

ヒロインはじゅりちゃんですけど、
夢二が1番愛したらしい彦乃役には、
ひばりちゃんということです

 

こういう役ってめちゃくちゃ印象に残ります
いい役がついたという、まさにヒロイン路線にピッタリ!

 

ひばりちゃんはキレイな娘役さんですから、
夢二も惚れちゃうよね的な役づくりに期待が持てます

 

お葉役は水音志保

夢二に愛された3人の女性の1人、
お葉役はひろこちゃん(水音志保さん)に決定

 

どれほどの見せ場があるのかはわかりませんが、
主演のそらくんとがっつり組む場面があれば、
印象に残ることができます
キレイな娘役さんですし、
ここでステップアップできるといいかなと思います

 

私的に他の注目の娘役さんは、
あられちゃん(愛海ひかるさん)と、
上記にも登場したさらちゃん

 

あられちゃん⇒おとら役
さらちゃん⇒菊子役

 

ストーリーにどれだけ絡んでいくのか、楽しみです

 

1本もののお芝居で、
配役もしっかりしているので、
たくさん見せ場があるといいなと思っています

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
真風涼帆&潤花ポスターで初お披露目&和希そら『夢千鳥』破線上ヒロインなし

 

コメント