宙組新トップコンビ真風涼帆&潤花が想像以上に良かった件『ホテル スヴィッツラ ハウス』

宙組



だいきほロスが払拭できない状態ではあるのですが、
宙組の『Hotel Svizra House ホテル スヴィッツラ ハウス』を観劇しました

 

じゅんはなちゃん(潤花さん)が宙組トップ娘役に就任して、
初の舞台となった今作、
もう楽しみで楽しみで仕方がありませんでした!

 

ようやく生で観ることができました!
よかったですよ~!

 

今回はザックリと、
まかじゅんのファーストインプレッションを語ります

 

まかまどファンの方には、
ちょっとしんどいことかもしれませんけど、
大丈夫な方はお付き合いください

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

真風涼帆と潤花の並びが気になって仕方がなかった

以前から語ってますけど、
まかじゅんには期待しかありませんでしたので、
それを自分自身の目で確かめたかったからです

真風涼帆&潤花への期待値が爆上がり中…あまりハードル上げたくないけど止まらない

 

男役どころか、
トップスター並みの華やかなオーラを持つじゅんはなちゃん

 

このスター性は本当に素晴らしいものなのですが、
その一方で、
かなりの男役泣かせといいますか、
じゅんはなちゃんの方に目が行きがちになってしまう、
というあまりよろしくない側面もあります

 

あのオーラを包み込めるのは、
それ以上のスターオーラを持つトップスターではないと、
バランスが非常に難しくなるからです

 

宝塚歌劇においては、
トップスターは絶対ですし、
男役至上主義ですから、
やはり食われてしまいかねないスター性は、
かなり厄介になりがち…

 

そのじゅんはなちゃんの大輪の花のオーラを包み込めるのは、
現トップスターでは、
ゆりかさん(真風涼帆さん)か、
カレーくん(柚香光さん)くらいでしょう

 

さらに、
じゅんはなちゃんは大柄ですから、
意外と華奢なカレーくんとよりも、
大柄なゆりかさんの方が適任であるというのは、
非常にわかりやすかったです

 

ですが、
あくまでも想像上でしかなかったわけで、
実際に組んでみたらどうなのか、
という部分がとても気になっていたのです

 

スポンサーリンク

華やかさが素敵だったまかじゅん

まずは、
植田景子先生の作品なので、
新トップ娘役に就任したてのじゅんはなちゃんに、
残念な感じになると嫌だなと思ってましけど、
景子先生、頑張ってました!w
よくまとまってましたし、面白かったです

 

じゅんはなちゃんの良さを引き出せるような演出で、
ひとまず安心です!(^_^;)

 

しかも、
まかじゅんの2人の場面では、
息を呑むように見つめてしまってました…
スーツのゆりかたんは超絶カッコイイですし、
相手役のじゅんはなちゃんも華やかで麗しいのですよ…

 

やはりこういう大人な感じの演目を、
ゆりかさんに望んでいたファンとしては、
新コンビは、
1つのターニングポイントになったのではないでしょうか

 

そして、
大柄なじゅんはなちゃんが、
ゆりかさんが相手だと、体格差を感じられた
というのも嬉しい誤算的な感じでした

 

バレエダンサーという役も、
じゅんはなちゃんに似合ってましたし、
ダンスは申し分なし!
ダンスが得意なので、仕草も美しいのです

 

じゅんはなちゃん、
宙組でよかったよ…ほんと…
元々宙組配属でもよかったくらい…(^_^;)

 

じゅんはなちゃんの良さを引き出せる、
ゆりかたんもさすがでした!
この包容力が、ゆりかたんの最大の魅力ですから…

 

スポンサーリンク

今後は芝居に期待

歌に関しては、
これまでのじゅんはなちゃんの歌のレベルを知っているので、
そこまで期待はしていませんでしたし、
許容範囲です
本人比では相当頑張っていたのも伝わりましたし…

 

楽曲が、
じゅんはなちゃんに合わせた音域だったのもあるとは思いますが、
オリジナルですし、
無理しない範囲で十分だと思ってます
このくらいの音であれば、
あまり「あれ?」という感じにはならないでしょう
ただ海外ミュージカルとなると、
ちょっと不安ではありますけど…(^_^;)

 

苦手な部分のことより注目したいのは、
芝居がどんどん良くなっている点
じゅんはなちゃんは、
お芝居に力を入れていって欲しいです
芝居上手ってかなりの武器ですし、
ご卒業後には、最大の武器になりますから…

 

じゅんはなちゃんは声と滑舌がいいので、
セリフも聞き取りやすいですし、
大人な雰囲気も醸し出していて良かった…

 

私はこういうのを待っていたのだ
とつくづく感じました

 

まかまどでは、
歌の面で幸せでしたけど、
やはりどうしても、
私的に観たいゆりかさん像とは合っていなかった、
というのがずっと合ったので、
THE男役、という、
ゆりかさんに待ち焦がれていたせいも大きいのかもしれません

 

もうポーっとしてため息が出るカッコよさでしたよ…ゆりかたん
ゆりかさんがじゅんはなちゃんにコートを羽織らせる場面は、
あまりのカッコよさに見とれちゃいました…
押し倒すシーンなんて…ガン見ですよ、ガン見!(笑)
じゅんはなちゃん羨ましい!(←そこ?w)

 

そして、
ゆりかさんのスーツ姿は本当に正義!
あれは正義すぎてズルイです(笑)←褒めてます

 

きっと、
じゅんはなちゃんもキュンとしたのでは…、
というよりも、
そうだといいなという感じでしょうかねw(^_^;)

 

できるだけ、
大袈裟なヅカ芝居ではない方向で、
成長していって欲しいと感じました
就任学年も研6ですもんね
娘役も経験値があがるということは、
大事なことなのだと思いました

 

まぁ落ち着くとこにちゃんと落ち着いたんだな、
とものすごく納得している、まかじゅんでした

 

きっと、
カレーまども素敵だと思います

 

まかまど好きな方にも、
少しずつでも認めて貰えればいいなぁと感じてます
受け入れがたい、
辛いお気持ちもわかりますけどね…
私的にも、そういう経験は何度もありますので…

 

ひとまず、
まかじゅんは思った以上に相性良しでした、
という単なるご報告でした!

 

あと、
大好きなずんちゃん(桜木みなとさん)が、
トップ娘役に横恋慕というのは卒業されちゃってましたw
ちと残念…(笑)
そこはまどちん専用なのかな?w

 

でも、
ずんじゅんの色っぽいダンスが素敵だったなぁ…

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
真風涼帆&潤花への期待値が爆上がり中…あまりハードル上げたくないけど止まらない

 

コメント