花組次回本公演は『元禄バロックロック』…ん?『エリザベート』は?(・ω・`)

花組



だいきほロスが凄まじい本日…
皆様はいかがお過ごしでしょうか…
もはや抜け殻のようでもあり、
胸に穴がポカンと空いた状態です…(´・ω・`)

 

そして、
だいもんさん(望海風斗さん)は、
退団の余韻に浸る暇もなく、
『エリザベートガラコン』へ…(想像ですが…)

 

まあやちゃん(真彩希帆さん)は、
な・ん・と、宝塚ホテルでディナーショーが決定!
あとで記事更新しますw

 

そういえば、
かんぽがスポンサーから撤退したようですね…
それどころじゃないですもんね
察します…
宝塚も新たなスポンサーを見つけないと、ですかね

 

で、本題ですけど、
花組の次回本公演が発表されましたね!
それについてサラッと語っておきます

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

『エリザベート』は何処に?

たぶん本日の本公演発表で、
「あれ?」と思ったヅカファンは私一人ではないはず(笑)

 

めちゃくちゃがあった『エリザベート』ではなかったですねw

 

私的には
本当に『エリザベート』をするのかな、と懐疑的でしたし、
花組で『エリザベート』であれば、
まどかちゃんの退団公演だと思っている派です
さらに、ひとこちゃん(永久輝せあさん)のお披露目では、
とまで考えている派だったりします

 

なので、
次回本公演で花組『エリザベート』は「?」だったのです…

 

ですが…
大尊敬のブログ様が、
ひとこちゃんまで待てないのでは、という憶測を伺い、
「そうなのかな?」とめちゃくちゃ影響を受けました(笑)

 

カレーまどでの『エリザベート』は、
次々回で、あるいはその次という線も無きにしも非ず…

 

カレーくんのトートのビジュアルの良さは、
お墨付きですからね
歌えるまどかちゃんがいれば、
破綻はせずいい作品になりそうでもあります…

 

エリザって、
トートよりもシシィが大事ですから!

 

いずれにせよ、
まどかちゃんでシシィを演じたら、
その時か、その次には退団なのかなとは感じますが…
「おまど様」として、
どのくらい君臨するのかどうかも気になります

 

スポンサーリンク

花組次回本公演『元禄バロックロック』

谷貴矢先生の大劇場デビューですね!
おめでとうございます!

 

モチーフとなるのは、忠臣蔵なんですね
ふむふむ…

 

しかし、
タイトルからして、いかにも貴矢先生って感じですねw
こういう雰囲気のタイトルを付けるのは、
貴矢先生だけでしょう
ある意味、個性があっていいとは思います

 

とは思うんですけど、
別箱やバウの作品としてであれば、全く問題ないでしょうけど、
大劇場の本公演で、貴矢先生の魅力が発揮できるのがどうかが、
とても興味あります
ちょっとラノベ感があるんですよね
それがいいか悪いかは別として、
ちゃんとした忠臣蔵が見たかった、
ならないような作品になることを願っております

 

吉良上野介はキラなのに、
大石内蔵助はクロノスケなんですね
クロノスケがカレーくん(柚香光さん)で、
キラはマイティー(水美舞斗さん)でOK?

今大尊敬のブログ様の記事見て、全然違うことに気づきましたw
キラとコズヅケノスケか…
キラがまどかちゃんなんですね、きっと

 

あと、
まどちんの演じるのが、
クロノスケが惹かれる美女なんでしょうけど、
まどちんが美女というのはちょっとなぁ…
キュートで愛くるしいが正解ですし、
美女になりきれる感じでもないので、
そこをどう乗り切るのかも楽しみにしたいところ(←だからキラなんだってば、ですかね?)
謎の美女ってどなたが演じるのでしょうか?

 

赤穂浪士役も出てきますから、
花組生がたくさん出番があるといいなと思います
せっかくのオリジナルなんですからね

 

バロックロックってなっているのも気になります

 

まどかちゃんも、
カレーくんも、
素直な歌い方(ヅカ歌唱)の方が、
絶対合っていると思うのですが…
楽曲がうまくいくことを願ってます

 

スポンサーリンク

レビューは『The Fascination!』

そして、レビューです!
タイトルはこちらになります
『The Fascination(ザ ファシネイション)!』 -花組誕生100周年 そして未来へ-

 

おお!
サブタイトルに「花組100周年」と付いてますね!Σ(゚∀゚*)

 

これ見て真っ先に思ったのが、
宙組20周年にトップ娘役に就任したまどちんが、
花組100周年でもトップ娘役ということ…Σ(゚∀゚*)
さすがおまど様!
伝説に一歩踏み出す感があります

 

もちろん、
メインとなるのは、
花組生え抜きトップスターのカレーくんです!
歌はまどかちゃんと共にでいいとして、
とにかくダンスに期待したいですね♪

 

作品解説にも、
「“魅力”溢れるダンシング・ステージ」とありますから、
ダンサー・柚香光の魅力溢れるレビューになるのではないかな、
と思います

 

『DANCE OLYMPIA』は本当に素敵だったもんなぁ…
せっかくの素晴らしいダンサーなのですから、
ダンスの花組の伝統を、
ぜひ堪能させていただきたいです

 

中村先生にかかっていますので、
頑張っていただきたいですね

 

2021年はショーが多い年!

宝塚歌劇団は、
ショーあってこそだと思ってますので、
海外ミュージカルもいいですけど、
ショーやレビューもおろそかにせず、
きっちり上演して欲しいもの!

 

ビックリするほどショーがない年もありましたし…(^_^;)

 

今年は、
星組『ロミオとジュリエット』以外は、
全部2本立てのショー付きです
本来あるべき姿な感じもします

 

コロナ禍で、
海外ミュージカルを上演するのを、
控えているのかもしれませんけど…

 

演目は数年単位で決まっているとは思ってますが、
それが変わるほどの状況なのかな、とも感じました

 

でも、
ショー付きは楽しいので、
心待ちにしております…

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
何が何でも花組で『エリザベート』大作戦…柚香光&星風まどかコンビのどのタイミングなのか

星風まどかを手に入れた花組の今後…新生花組の体制と雑感

 

コメント