花組『巡礼の年』新人公演…主演は侑輝大弥&ヒロインは星空美咲で共に初

花組



本日、公式HPにて、
花組次回本公演『巡礼の年~リスト・フェレンツ、魂の彷徨~』の新人公演、
一部配役の発表がありました

 

今回は破線上の3番手までの役が、
この段階での発表です

 

そして、
東京のキャトルレーヴが、
いよいよ日比谷シャンテ地下1階から、
3階へお引越しされましたね

 

名称も変わって、
新店舗になるわけですけど、
私的には、
同じビル内のお引越しというイメージw

 

でも、
売り場面積が広くなるとのことなので、
見やすくなるのかな?

 

雪組公演を観劇する予定なので、
その時についでに覗いてみたいと思います

 

ということで、
今回は花組新人公演のニュースに触れます

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

花組『巡礼の年』新人公演主演は侑輝大弥!102期から5人目の抜擢

冒頭でも触れましたけど、
『巡礼の年』新人公演で発表されたのは、
破線上の4名です

・主演:フランツ・リスト⇒侑輝大弥(102期・研7)
・ヒロイン:マリー・ダグー伯爵夫人⇒星空美咲(105期・研4)
・2番手:フレデリック・ショパン⇒鏡星珠(106期・研3)
・3番手:ジョルジュ・サンド⇒太凰旬(102期・研7)

 

まずは、
主演のだいやくん(侑輝大弥さん)です

 

だいやくん、
新人公演初主演おめでとうございます!

 

ヅカファンの多くが、
だいやくんの新人公演主演を予想されていたでしょうし、
何よりも願っていたことでしょう

 

ワタクシもだいやくんだったらいいなぁ、
と強く願っておりました
何と言っても、102期は長の期ですから、
今回と次回の2023年花組1本目しかチャンスはないので、
どちらかはぜひ主演を務めて欲しい、と思っていました

 

そして、今回の抜擢!
華やかで実力もあるだいやくんなので、
主演のリストをどう演じるのか、今からとても楽しみです

 

しかし、
102期から5人目の新人公演主演経験者が誕生ですね

 

残念ながら、現在のところ、
星組の『めぐり会いは再び next generation』の新人公演は、
公演中止となってしまいましたので、
まだ4人目のさんちゃん(咲城けいさん)は主演を演じてはいません
東京では是が非でも上演して欲しいです

 

同様に、
だいやくんの主演も無事に上演されますように…

 

で、102期から5人の新人公演主演経験者ですよ!

・花組:侑輝大弥
・月組:彩海せら
・雪組:咲城けい(星組から組替え予定)
・星組:天飛華音
・宙組:風色日向

 

さんちゃんはまだ組替え前なので、
今は星組ですけど、
『めぐり会いは再び next generation』の大千秋楽後に、
雪組に組替えされます

 

綺麗に、5組に102期の路線スターがいる状態になりますね

 

ここから誰がトップスターになるのかどうか、
ということは置いておいて…

 

新人公演主演を1度でも経験をするというのは、
その後の抜擢が非常に影響を受けますので、
各組に1人ずつ存在するというのは、
良いことだと思っています

 

それと、
主演という重みを下級生時代に経験する、
というのも、ものすごく学びがあることです

 

1人でも多くの生徒さんに経験をさせるというのは、
生徒さんのモチベーションにも繋がりますので、
いろんな方にチャンスを与えて欲しいと思っています

 

当然、劇団の考えとしては、
誰を主軸にし、トップスターにするのか、というのは、
どの期においても明確に決まっているでしょうけど、
それはそれとして、
主軸以外には、チャンスが多い方が好ましいと考えております

 

スポンサーリンク

ヒロインはついに星空美咲が新人公演ヒロインに!

さて続いては、新人公演ヒロインです

 

これまた、
ヅカファンの予想がドンピシャだったのではないでしょうか

 

とうとうと言いますか、
ついにと言いますか…
105期の超路線の娘役、みさきちゃん(星空美咲さん)が新公ヒロインです
しかも、これがの新公ヒロインという…(^_^;)

 

コロナ禍のせいなのか、
元々の既定どおりなのかは定かではありませんけど、
バウも別箱もヒロインを経験済みというのが、みさきちゃんです
上手に破線上ではない「実質ヒロイン」としているのが、
配慮されている(守られている)感ありありです

 

 ■星空美咲のヒロイン経験
・『PRINCE OF ROSES』⇒イザベル(バウ初ヒロイン)
・『銀ちゃんの恋』⇒小夏(別箱初ヒロイン)
・『冬霞の巴里』⇒アンブル(別箱ヒロイン・2回目)
・『巡礼の年』⇒マリー・ダグー伯爵夫人(新人公演初ヒロイン)

 

通常の路線の娘役さんは、
新公ヒロイン→バウヒロイン→別箱ヒロイン、というステップを歩みます
時々、別箱とバウが逆転することはありますが、
基本的には、新人公演でヒロインを務めた後に、
バウなり別箱なりのヒロインに抜擢されます

 

みさきちゃんの場合は、新公ヒロインが1番最後という…(^_^;)

 

まだ研4ですけど、
抜擢の重責に耐えて、見事に成長されております

 

まあやちゃん(真彩希帆さん)も、
バウヒロイン→新公ヒロイン→バウヒロインという異色タイプでしたけど、
みさきちゃんはそれをさらに上回るという…

 

昔の娘役さんは、
こういう抜擢もありましたけど、近年は非常に稀なケース

 

もはやみさきちゃんの場合は、
誰の相手役を想定されているのか
ということの方が気になるところです…(^_^;)

 

スポンサーリンク

2番手役に106期の鏡星珠&3番手役に102期の太凰旬

最後は、2番手と3番手役です

 

まずは2番手のショパン役には、
106期のかがみくん(鏡星珠さん)です

 

これは大抜擢ですね!
前回の本公演『元禄バロックロック』の新人公演では、
はなこくん(一之瀬航季さん)演じるソウエモン役に抜擢されてました
残念ながら、
東京組なので見ることは叶わず…(´・ω・`)
ライブ配信を期待してましたけど、
まさかの公演中止という…

 

花組『元禄バロックロック』の東京公演も、
コロナでの中止を余儀なくされてしまっており、
新人公演も中止になっちゃったんですよね…
大劇場が上演されたのでよかったですけど…

 

そのため、
かがみくんのご活躍を目にすることは叶わず…

 

そして、3番手のジョルジュ・サンド役には、
たおくん(太凰旬さん)が抜擢!

 

花組の次世代の王子様であるひとこちゃん(永久輝せあさん)が、
女役に挑むわけですが、
たおくんにとっても良い経験となるでしょう

 

たおくんも102期の長の期ですから、
このような目立った役に抜擢されるというのは、
やる気とモチベーションがアップされるはず

 

見どころもたくさんあるでしょうし、
たくさん学んで、
たくさんスポットライトを浴びて欲しいですね

 

さきほどもチラっと触れましたけど、
前回の花組本公演では、
まさかの公演中止がありましたし、
現在も星組と雪組が公演中止中です

 

せっかく新人公演の主要キャストに抜擢されても、
上演されないとどうにもなりません
とにかく無事に上演されることを願っています
上演されるありがたみがとても重たいです…

 

季節的には、
乗り越えた感じになるとは思うので、
大丈夫だと信じています
参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
星空美咲は誰のトップ娘役構想なのか?一体誰用なのかがすごく気になっている

花組『元禄バロックロック』公演中止延長&きよら羽龍の休演『今夜、ロマンス劇場で』

 

コメント