星空美咲は誰のトップ娘役構想なのか?一体誰用なのかがすごく気になっている

宝塚考察



本日、
2022年2月22日は「猫の日」でしたが、
その中でもスーパーな「猫の日」だったとか
猫好きなジェンヌさんはたくさんいらっしゃるので、
萌えな1日だったのではないでしょうか…

 

明日は、
我が愛する星組のせおっち(瀬央ゆりあさん)主演、
『ザ・ジェントル・ライアー』のライブ配信の日ですね!
すっごく楽しみです♪
私の観劇はその後なので、明日は予習の日
じっくり見ようと思います

 

さて本日ですけど、
割りとずっと気になっていたことを語ります
現在爆上げ中の花組娘役のみさきちゃん(星空美咲さん)についてです

 

あくまでも現時点で私的に思うことですので、
真に受けずに、
一ヅカファンの戯言だと思ってお付き合いください

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

105期は有望な娘役が豊富な期

みさきちゃんといえば、
105期の娘役の中でも、1番爆上げ中の娘役さんです

 

とはいっても、
以前から当ブログで話題にしているとおり、
105期には素晴らしい逸材の娘役さんがおり、
現時点で、みさきちゃん含めて4人の有望株が揃っています

 

■105期娘役カルテット
・花組:星空美咲
・雪組:音彩唯
・星組:詩ちづる
・宙組:山吹ひばり

 

月組から星組に組替えしたばかりのちづるちゃん(詩ちづるさん)以外は、
新人公演ヒロインを務めたゆいちゃん(音彩唯さん)と、
ひばりちゃん(山吹ひばりさん)がおります
そして、新人公演こそまだですが、
すでに別箱ヒロインを務めたのがみさきちゃん

 

ゆいちゃんも、
ひばりちゃんもそれぞれの組で、
確実にポジションが上がるような抜擢を受け、
それに応えるように奮闘中です

 

この2人は、
いわゆる路線娘役街道を、
しっかりと歩んでいるという印象

 

その一方で、
みさきちゃんといえば、
新人公演ヒロインこそまだですけど、
バウ『PRINCE OF ROSES』では破線上ではありませんでしたが、
実質のヒロイン・イザベル役を演じています

 

そして、
別箱『銀ちゃんの恋』でもヒロイン・小夏に抜擢
こちらも破線上ではありませんが、
歴代の公演を見ても、
原作を見ても間違いなく小夏がヒロインです

 

本公演のショーでも、
目立つ場面を与えられています
『元禄バロックロック』では役も、
2番手のマイティーにがっつり絡む目立つ役

 

扱いが格段に違うんですよね…

 

前にも指摘しましたが、
こういうスゴツヨな娘役さんが
時々出現するのが宝塚歌劇です

 

近年でいえば、
100期の花組トップ娘役のまどかちゃん(星風まどかさん)
102期の星組トップ娘役のひっとん(舞空瞳さん)が挙げられます
この2人も、
みさきちゃん並みの爆上げ状態でした

 

スポンサーリンク

星空美咲は誰用のトップ娘役構想なのか?

劇団が爆上げをしているということは、
間違いなくトップ娘役候補として考えられているのは明白でしょう

 

そこまではわかりますけど、
今の爆上げ状況を見ると、
一体誰用なのか、というのがとても気になっています

 

これもコロナ禍の影響といえば、
もちろんそうなのでしょうけど、
それでも、不自然なほどの爆上げぶり

 

一度も新人公演ヒロインをせずに、
バウと別箱で実質のヒロインを演じ、
次のひとこちゃん(永久輝せあさん)主演の別箱、
『冬霞の巴里』でも正ヒロインではなくとも、
重要な役に抜擢されています
実際に『冬霞の巴里』を観劇し終えたら、
やっぱり実質のヒロインだった、という結果も考えられます

 

105期は2022年は研4ですから、
そこまで焦らずとも、
十分育成できるはずですけど、
とにかく抜擢が凄いです
凄いというより、「凄まじい」勢いを感じます

 

ここまで必死に経験を積ませる必要性がある、
ということなのでしょうか?

 

どうしてもこの考えにたどり着いてしまうのです

 

大尊敬のブログ様とも、
「謎だよねー」と話してますし…

 

本当に謎!

 

でも、
劇団はずっと先を見据えているわけですから、
ゴールの予想図はすでに構築済みなのでしょう…

 

スポンサーリンク

5組の娘役状況を再確認 花組の場合

以前にも確認していますが、
2022年の今、ここであらためて確認したいです

 

まずは花組

 

トップ娘役のまどかちゃん(星風まどかさん)は、
今年研9(驚)の100期生です
もう研9なんですね、ビックリですw

 

まどかちゃんは2017年11月にトップ娘役に就任しましたので、
今年で4年以上の在任期間となり、
すでにかなりの長期に入っています

 

ただし、
コロナの影響を受けているので、
次回の本公演『巡礼の年』で7作目になります…
でも7作なので、十分長いと言えば長いです

 

任期だけで考えれば、
まどかちゃんはいつ退団になってもおかしくはない状況ですけど、
私的には、まだまだ健在かなと予想

 

まどかちゃんくらいの劇団愛の強いトップ娘役でしたら、
やはり最後の花道は『エリザベート』じゃないのかなと思うわけです
そうなれば少なくても、
最短で8作目になりそうなんですよね…

 

さらに私的な勝手な憶測としては、
何度も何度も言っていて申し訳ないですが、
まどかちゃんが『エリザベート』を演じるとしたら、
ひとこちゃんのお披露目だと予想しています

 

『エリザベート』はVISAが必ず冠になっていることと、
カレーくん(柚香光さん)主演では、
すでに100周年記念公演の『元禄バロックロック』『The Fascination(ザ ファシネイション)!』で、
すでにVISAが冠についてくれています

 

わずか1・2作品空けただけで、
またカレーくんにVISAが冠につくとも思えず…
カレーくんがVISAガールなのであればアリなのですが…

 

元々ひとこちゃんのお披露目で『エリザベート』派ではありましたが、
これがあったので、
ますますひとこちゃん主演でエリザベートが濃厚になった気がしています

 

VISAのイメージガールであるひとこちゃんが満を持して、と言う方が、
自然なのではないのかな、とずっと予想しているわけですが、
ますますそう考えるようになりました

 

いずれにせよ、
まどかちゃんは『エリザベート』で退団だと思っています

 

『アナスタシア』に『エリザベート』と、
2つのタイトルロールのヒロインを演じた後にご卒業の方が、
まどかちゃんのキャリア的にも良さげですし…

 

なので、
花組については少なくても1年以上、
または2年以上先のお話だと思っています

 

もし、
まどかちゃんが単に100周年記念のためだけに、
花組トップ娘役になってもらったのだとすれば、
1・2作で退団することは十分あり得ます
その場合は、
私的な予想は大ハズレですねw(^_^;)

 

月組と雪組の場合

かなり上級生のトップ娘役が就任しているのが、
97期で研12の月組トップ娘役の海ちゃん(海乃美月さん)と、
96期で研13の雪組トップ娘役のひらめちゃん(朝月希和さん)です

 

この2人については、
いつご卒業されてもおかしくはない学年です

 

それはあくまでも学年だけの話で、
2人とも昨年の2021年にトップ娘役に就任したばかりです
近年では短期でご卒業されるトップ娘役さんは、
最低でも3作は務めていますので、
海ちゃんもひらめちゃんも、
最低ラインの3作は超えると考えています

 

就任はひらめちゃんの方が早いので、
2022年の雪組の2作目がひらめちゃんの3作目にあたります
もしかしたらここでということは考えられるかもしれません

 

海ちゃんの場合は、
3作目は2023年になってからですので、
早ければそこで退団という可能性はあると思われます

 

ひらめちゃんの場合は来年には研14になるので、
次のトップ娘役にバトンタッチは予想の範囲内ででしょう
そのように思っているヅカファンは多いと思っています
一番現実味がありそう

 

海ちゃんについては、
以前から指摘していますけど、
海ちゃんの満足度に寄るのではないかと勝手に憶測しております
3作ではなく、4作はやりたいと思っていればそうなりそうですし、
添い遂げしたいとなれば、そうなるのかもしれません
海ちゃんについてはバックも大きそうですし、
非常に予測がつかない部分があります

 

普通に考えれば、
3~4作でバトンタッチだろうとは思うのですが、
はたしてどうでしょうか?

 

本来であれば、
雪組の次に空きそうではあるのが月組です

 

スポンサーリンク

星組と宙組の場合

安泰の星組と宙組ですけど、
ここは当分辞めないでしょう

 

ただ何が起こるかわからないのが宝塚歌劇ですので、
星組トップ娘役のひっとん(舞空瞳さん)が、
まどかちゃんのようにスライドでどこかに、ということも、
全くあり得なくはないです

 

また、
じゅんはなちゃん(潤花さん)は、
トップ娘役に満足してご卒業、ということもあるかもしれません

 

とはいえ、
ここは当分このままだと思っています

 

ひっとんの卒業はまず当面あり得ないと思っているのと、
仮にスライドと言っても、
スライド先が上記のように見当たりませんし、
無理やりスライドとなるには、
カレーまどのようなしっくり感も大事ですし、
さらに、
それぞれの組の路線娘役を蹴散らして、という悪いイメージを払拭せねばなりません…
まどかちゃんはそれがなかったです
音くりちゃん(音くり寿さん)は可哀想でしたけど…

 

そのままこっとんで添い遂げか、
1作差かのどちらかと思っています
ほぼほぼ添い遂げでしょうけど…

 

ここは動くようであれば、
かなりの大激震のような気がします

 

宙組は、
ゆりかさん(真風涼帆さん)の任期に終わりが来たとしても、
じゅんはなちゃんは残ると予想
そんなに長居をするとは思いませんが、
通常任期は務めるのではないのかな、と考えています
そうなると2024年あたりでしょうか…

 

宙組は一度大きく組替えをしているので、
娘役に関してはそのままという感じがしています

 

星空美咲の入り込む余地はない気がするが…

上記を見ると、
花組でそのままでいいと思うのですが、
みさきちゃんの爆上げぶりを見ていると、
「そんなに急ぐ必要ある?」という疑問がどうしても払拭できません

 

考えられるとしたら、
まどかちゃんの思ったより早い退団しかないように思います
それが一番すんなり行く感じですし…

 

ただ私的には
どうしてもまだまだ健在の絵が浮かびます…(^_^;)

 

月組と雪組に関しては、
すでに控えている路線の娘役さんがおりますので、
そのまま上げるので良い気はしています

 

雪組は、
あやちゃん(夢白あやさん)でいいです

 

月組は、もっと路線が豊富
これまでの実績を考慮すれば、
あましちゃん(天紫珠李さん)、
みちるちゃん(彩みちるさん)
そして、若き路線のおはねちゃん(きよら羽龍さん)です
この中からで良い気がします

 

月組と雪組の候補者を蹴散らして、
みさきちゃんを迎えるというのは、
あり得なくはないでしょうけど、どうなんでしょうね?

 

あやちゃんではなく、
みさきちゃんを迎えるというのもあり得なくはないでしょうけど、
その場合は、ゆいちゃんと交換ということになりますよね

 

宙組もしかり…
じゅんはなちゃんがご卒業となり、
ひばりちゃんではなく、みさきちゃんを迎えるとしたら、
ひばりちゃんは交換になるでしょう

 

いや~本当に謎過ぎますw(^_^;)

 

何か大きな発表の前触れなのかどうか、
今後も注目していきたいです

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
研2&研3で新人公演ヒロインに抜擢された娘役…星風まどか・舞空瞳・星空美咲の規格外抜擢

今後トップ娘役の空きが出る可能性のある組を考えてみる…2022年の暫定スケジュールを見て

 

コメント