今後トップ娘役の空きが出る可能性のある組を考えてみる…2022年の暫定スケジュールを見て

宝塚考察



本日は、
公式からも特にお知らせはない日でした
今週はこれで終わりという感じでしょうかね…

 

昨日は、
月組の次々回本公演が『グレート・ギャツビー』と発表されました
まだお披露目本公演も始まっていませんけど、
れい海コンビでの2作目が決定

 

なんだかんだと時間が動いていくのがわかります

 

あ、そうそう
ここまででスケジュールが出ましたので、
以前指摘したとおり、
2022年の本公演は9公演に戻りますね

 

そのスケジュールと、
今後空きが出そうな組と、
その路線娘役を現段階のことを語っておこうと思います

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

2022年の本公演のスケジュール予想

冒頭でもお伝えしましたけど、
2022年には本公演が9公演に戻してきます
花組・月組の正確な日程は出ていませんけど、
ざっくりと表にしてみます

 

あくまでも、
公演順ば変わらないことが前提ですので、
そこはご理解ください

 

①すでに決定しているスケジュール

1/1-1/312/5-3-143/19-4/184/23-5/30

 

②予想される日程パターンA(31日間公演)

6/4-7/47/9-8/88/13-9/129/17-10/1710/22-11/21

 

③予想される日程パターンB(38日間公演)

6/4-7/117/16-8/228/27-10/310/8-11/1411/19-12/26

 

花組以降、
すべて38日間公演になるとは思えませんので、
31日間と38日間の混合になるでしょう
そうなると、2週間前の12月12日が大劇場ラストにすることが可能

 

2022年はタカスペが復活するとアナウンスがありましたので、
今までタカスペを上演していた日程も確保できます

 

2023年の年明け公演は花組ですね

 

年間9公演にするのが劇団としてもベストなのでしょうから、
2022年に2年ぶりに元の形に戻りそうです

 

スポンサーリンク

仕上げにかかっている若手の路線娘役をチェック

まだまだコロナが完全になくなったわけではないですので、
常に対策との隣り合わせでしょうけど、
景気回復に向けてということを考えても、
通常営業に戻していく必要があります

 

宝塚歌劇でも、
下級生の育成が上手く行えない2年間でした

 

それでも、
次世代を育成していく必要があります

 

今各組の路線娘役を見てみると、
路線の若手娘役の中でも、
すでにバウヒロイン、別箱ヒロインまで務めている娘役さんがおります

・花組:星空美咲(105期・研3)⇒バウヒロイン・別箱ヒロイン済み
・月組:天紫珠李(101期・研7)⇒新公・バウ・別箱ヒロイン済み、きよら羽龍(104期・研4)⇒新公・バウヒロイン済み
・雪組:夢白あや(103期・研5)⇒新公・バウヒロイン済み

 

月組の研7のあましちゃん(天紫珠李さん)は、
娘役転向後から抜擢が続いてましたが、
現在は、それがおはねちゃん(きよら羽龍さん)に移行しています

 

雪組のあやちゃん(夢白あやさん)は、
宙組時代の抜擢続きがありましたが、
別箱ヒロインは未経験

 

そんな中、
やっぱりみさきちゃん(星空美咲さん)の抜擢が目立ちます

研2&研3で新人公演ヒロインに抜擢された娘役…星風まどか・舞空瞳・星空美咲の規格外抜擢

 

みさきちゃんの爆上げの育成ぶりを見ていると、
早急に仕上げる必要があるとしか考えられないです
まだ研3ですからね
そんなに急ぐ必要は本来ないわけですから…

 

今後空きそうなところがあるということで、
急いで育成をする必要性があるということしか考えられないです

 

トップ娘役が空くのではないか、
と予想ができそうな組も上記と一致します

 

花組・月組・雪組です

 

月組はまだお披露目本公演をしていない段階なので、
こういうことを言うのも申し訳ないですけど、
以前から何度も語ってますけど、
宝塚歌劇における人事は常に動いています

 

あくまでも予想という憶測の範囲ですから、
添い遂げということもあり得るでしょうけど、
可能性という意味では、
次にバトンタッチということもあり得るわけです
そこはご理解いただけると幸いです

 

スポンサーリンク

今後の花組…星風まどかの任期を考える

そこで順番に見ていきますけど、
まずは花組の今後

 

本来であれば可能性は高いのが花組です
なにせ1番トップ娘役の在任歴が長いのですから…

 

まどかちゃんは、
2017年にトップ娘役に就任し、本公演もすでに6作目…
次回『巡礼の年~リスト・フェレンツ』で7作目が確定している状態です
正直いつご卒業されてもいいくらい、十分長く本公演を務めています

 

あとは『エリザベート』次第かな(笑)(^_^;)

 

冗談は抜きにして、
私的には
まどかちゃんはまだまだやる気満々だと考えています
そして最後が『エリザベート』のシシィなのでしょう

 

そのタイミングは、
ずっと指摘していますけど、
ひとこちゃん(永久輝せあさん)のお披露目になるのではないか、ということ
ここでまどかちゃんの有終の美となるような気がします

 

もちろんカレーくん(柚香光さん)で『エリザベート』を上演し、
そこでまどかシシィという可能性も考えられます
その場合は、そこでまどかちゃんが退団ということもあり得ます
早ければ、2023年の年明け公演でということもあるでしょうし…

 

ただやっぱりVISAがスポンサーということを考えると、
ひとこちゃんでお披露目がしっくり来ます
歴代VISAガールが、
トートを務めているわけではないですけど、
このご時世に劇団を支えてくているということを考慮しても、
ひとまどかな…

 

いずれにせよ、
2022年の7作目でまどかちゃんが退団することはないので、
早くても2023年になります

 

もしかしたら、
みさきちゃんを見据えて育つまで、
という条件だったとしたら、
2022年の本公演時で退団ということも、
可能性はゼロではないです

 

あと、
花組100周年という大事な節目を、
無事に乗り切りたいという意味もあったと考えれば、
確かにそれでも合点はいきます

 

まどかちゃんが予想以上に早く退団した場合は、
ひとこちゃんの時代の好きな時に(笑)、
『エリザベート』を上演すればいいと思います

 

今後の月組…海乃美月の任期を考える

月組の海ちゃんは、
そもそもまだトップ娘役に就任したばかりですし、
次の本公演2作目で退団ということはないです
昨日も指摘しましたが、
さすがに2作で退団はないと思います

 

可能性が出てくるのが2022年2作目の本公演です
本公演3作目ですから、短期就任であれば十分に予想できる範囲内
海ちゃんはカレンダーも表紙ですので、
退団となっても辻褄は合います

 

ただ海ちゃんの場合は、
ようやくなれたトップ娘役ですから、
そう簡単には辞めないような気もしています
なので、短期のギリギリ4作でバトンタッチ、という気がしています

 

私的には、
れいこさんとの添い遂げはない、と思ってますので、
相手役が変わると予想をしています

 

ここでは、
若手路線娘役ということで、
はねちゃんを推しましたが、
組替えしてきたみちるちゃん(彩みちるさん)や、
あましちゃん(天紫珠李さん)という可能性もあります

 

はねちゃんでいくような気もしてますけど、
何が起こるのかわからないのが月組なので、
あましちゃん、みちるちゃんということも想定しなければならないでしょう

 

スポンサーリンク

今後の雪組…朝月希和の任期を考える

雪組のひらめちゃん(朝月希和さん)は、
就任した学年も研12で、かなり高学年なので、
咲ちゃん(彩風咲奈さん)が2人目を迎えるとなっても、
不思議ではないです
添い遂げの可能性はゼロとは言いませんが、
やはり変わる可能性の方が高い気がしています

 

その可能性の1つ目が、
2022年の雪組本公演2作目の時でしょうか
ひらめちゃんはカレンダー占いでも、
ステージカレンダーが10月でしたので、
学年を考慮しても、あり得なくはないでしょう

 

可能性2つ目以降は、その後の本公演4作目以降になります

 

バトンタッチとなる娘役さんは、
ここであやちゃん(夢白あやさん)が妥当でしょう…
じゅんはなちゃん(潤花さん)がトップ娘役になるのを見越して、
宙組に組替えになるタイミングで雪組に逃がして貰えましたけど、
おそらく咲ちゃんの相手役として考えられた結果とも思えます

 

あやちゃんの場合は、
なかなか別箱ヒロインになれないのがネックなので、
ちさとくん(縣千さん)主演のバウヒロインを経て、
別箱ヒロインを務められれば、
ひらめちゃんの後釜の可能性は十分に見えてきます

 

みちるちゃんが出戻りでトップ娘役、
あるいは、
自組のひまりちゃん(野々花ひまりさん)という可能性もあるでしょうけど、
ここはあやちゃんだと思っています

 

各期から1人はトップ誕生ということ考慮しても、
みさきちゃん、はねちゃん、あやちゃんはトップ娘役になると予想しています
あましちゃんもそうなのですが、
101期のエース・ちさとくんが抜きんでてきたので、
そこまで推さなくても、な感じがあります
でも、もちろんあましちゃんも有力な候補ではあるでしょう

 

それぞれ今いる自組で繰り上がるのかはわかりませんけど、
空きそうな組を考えると、
しっかり後を埋められそうな状況ではありますね
上手くできています

 

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
朝月希和は「?」&鳳月杏は安泰&星組のスター不足…2022年のカレンダー4組をチェック

 

コメント