瀬央ゆりあ主演『ザ・ジェントル・ライアー』…詩ちづるの星組お披露目&音波みのりは悔やまれる…

星組



本日は、
せおっち(瀬央ゆりあさん)主演の『ザ・ジェントル・ライアー』を、
ライブ配信で視聴しました
本当にありがたいですし、
公演の幕があがったことに感謝しかありません!

 

思ったよりはすごく楽しめましたし、
面白かったです
物語そのものは真面目なお話かと思いましたが、
最初のせおっちのアナウンスで、
「ミュージカル・コメディ」って言っていて、
「そうなの?」とビックリしたのは内緒です(笑)(^_^;)

 

確かに公演案内にも「ミュージカル・コメディ」って出てるw
見落としはいつもの私らしいです…(^_^;)

 

ということで、
今回は『ザ・ジェントル・ライアー』のファーストインプレッションをサクッと語っておきます

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

瀬央ゆりあの見事な真ん中感と音波みのりの休演

せおっちの東上主演は今回初となりますけど、
見事な真ん中感でしたね
シュッとしていてスマートなイケメンの主人公・アーサーを好演

 

3人の女性とそれぞれに思われていたというモテモテな感じも良かった

 

歌は、
せおっちのキーに合わせていたとはいえ、
もう少し頑張って欲しいかなという気がしますが、
それは星組のトップスターがことちゃん(礼真琴さん)だから、
ちょっと贅沢になっちゃっているだけで、
ヅカ歌唱的には十分合格でしょう

 

芝居の上手さも安定してましたし、言うことなし!

 

ただとにかく残念だったのが、
はるこさん(音波みのりさん)の休演ですね…

礼真琴主演『王家に捧ぐ歌』初日でやはり衣装にネット騒然&瀬央ゆりあ主演上演&宙組延期&音波みのり休演

 

代役のりらちゃん(紫りらさん)は、
芝居上手ですし見事な代役ぶりで、
女の嫌な面を色っぽく演出していたのも良かったです
代役としては、申し分のない素晴らしい出来でした!

 

一点だけ悔やまれるのは、
チーヴリー夫人って美女で色気ダダ漏れの方が、
より舞台映えすると思うのですよ

 

せおっちアーサーがかつて翻弄されるのに、
納得ができる美女であった方が、
より説得力があったように感じます

 

今回見ると、
まさにはるこさんが適任で、
田渕大輔先生の見事なキャスティングだったと思うわけです

 

もう見れないので、
タラレバなんですけどね…

 

その分、
りらちゃんの新境地を見れたのでヨシとします!
95期大好きですから!

 

せおりら、
ドキドキしちゃいましたw(*´艸`)

 

スポンサーリンク

1番好きな場面は綺城ひか理&小桜ほのかの演説シーン

今回のお芝居で、
1番印象に残っていて大好きだったのが、
あかさん(綺城ひか理さん)演じるロバートが、
群衆の前で演説をする場面です

 

そこから群衆のエネルギーが集まり、
大合唱になるのですが、
その前のあかさんと、
ほのかちゃん(小桜ほのかさん)のデュエットでうっとり
その流れで大合唱の迫力という素晴らしい見せ場でした

 

ああいう場面は宝塚歌劇的には、
とてもよくある場面で、
必ず見どころになるのですが、
ミニスカピン(マダムギロチン)のようでワクワクしました

 

歌が弱く、
時々「?」がつくことが多い星組ですけど、
この場面を見たら、
星組も捨てたもんじゃないと誇らしかったです

 

あかさんが星組に来てくれたからこそ
二組に分かれた公演でも、
こうやって歌での見せ場ができるようになりました

 

ほのかちゃんも、
すっかり大人の女性を演じられるようになり、
ますます頼もしい存在に…

 

私的には、
ほのかちゃんには名バイプレイヤーとなっていただき、
少しでも長く星組を支えて欲しいと願っています
これはずっと思っています
路線の娘役さんなので、
こういうことを言うと酷ではあるのですが、
ヒロインも出来て、
脇も出来て、歌うまって貴重な存在ですから…

 

今回、
ちづるちゃんが愛らしいせいか、
ほのかちゃんの娘のようにも見えました
姉妹じゃなかったですw
あかさんとほのかちゃんの娘が、ちづるちゃんって感じでした

 

そう思うと、
ほのかちゃんには本当に『ロミオとジュリエット』では、
役替わりでキャピュレット夫人を演じて欲しかったなぁ…、
とつくづく思った次第です
前にも何度か言ってますけど、あらためて…(^_^;)

 

スポンサーリンク

詩ちづる星組デビュー!稀惺かずととの同期コンビも可愛かった&キャスティングがよかった

私的にものすごく楽しみだったのは、
この公演にちづるちゃん(詩ちづるさん)が振り分けられたということ

 

しかも、
私のあらすじ予想どおりの展開で、
メイベルは実質ヒロインでしたね!

 

月組でちづるちゃんが組替えされた途端に、
106期生のまのんちゃん(花妃舞音さん)が新人公演ヒロインに抜擢
これは気にするなと言っても、気になるでしょう
ましてや後輩ですから…
後輩に新人公演ヒロインの先を越されてしまったのは事実…

 

ちづるちゃんが来る前の星組は、
路線の娘役がいない状態でしたから、
ちづるちゃんを育成するための栄転であるとは思ってましたけど、
やはり目にするまでは何とも言えません…

 

結果はとてもよかったです!

 

主人公と結ばれる役でしたし、
最後のデュエットダンスも3人の1人入り、
リフトをしてもらえたのはちづるちゃんでした

 

何よりも心惹かれたのが、
歌の場面をもらってましたけど、
透き通るような天使の歌声でしたよね…
くらっち(有沙瞳さん)や、
ほのかちゃんと歌える娘役が意外と揃っている星組ですけど、
若手の路線の娘役さんはまだでしたので、
すごく嬉しいです

 

いつかことちゃんとデュエットして欲しいなぁ…
本公演は難しいでしょうから、
また『VERDAD!!』のようなコンサートやショーの別箱でもあれば、
ぜひ実現して欲しいです

 

そして、
未来の星組の王子様候補の筆頭といえば、
かずとくん(稀惺かずとさん)

 

今回も目立つ役だったわけですけど、
同期のちづるちゃんを想う青年役が可愛かったですね

 

田渕先生狙ってのキャスティングだと思うのですが、
こういうところは本当に上手です

 

主演のせおっちアーサーは当然として…

 

はるこさんのチーヴリー夫人、
あかさんのロバート、
ほのかちゃんのガートルード、
ちづるちゃんのメイベル、
かずとくんのトミー、
マイケル(大輝真琴さん)のフィプス、
あかっしー(朱紫令真さん)のアルンハイム男爵
どの役もドンピシャでしたね

 

特に、
あかっしーの男爵ぶりは素晴らしかったです
脇がしっかりしていると、
舞台が引き締まります

 

こんな感じでしょうか
生観劇を控えているので、
今回予習した分を踏まえて、
しっかりと観劇してきます

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
瀬央ゆりあ主演『ザ・ジェントル・ライアー』バウ公演全中止のショック…2022年1月と2月の公演中止をまとめてみた

轟悠主演『婆娑羅の玄孫』…105期の稀惺かずとをあげてきた&極美慎&ヒロイン音波みのり

 

コメント