月組への手厚さ&テコ入れは続く件…月組『WELCOME TO TAKARAZUKA』

月組



先日、公式HPにて、
月組次回本公演
『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』
『ピガール狂騒曲』の演目が発表されました

 

大事なさゆみさん(紅ゆずるさん)の退団公演がありましたので、
今更ですけど、
チラッと触れておきたいと思います

 

そっかそっか…
和物ショーの時期なんですね…
植田紳爾先生の作・演出になります

 

そういえば、
植田先生といえば、
能で『マリー・アントワネット』やってませんでしたっけ?
ずっと断り続けてきたけど、
ついにやらざるを得ない状況になったとかなんとか、
そんな話を聞いたような…?
うろ覚えなので幻かもw

 

この演目で、
トップコンビがたまきちくん(珠城りょうさん)と、
さくらちゃん(美園さくらさん)なんですね…(^_^;)

 

たまきちくんはいざ知らず、
さくらちゃんは絶対洋物で、
ガンガン踊って、歌った方が似合うのに…orz

 

めちゃくちゃ相性悪そう…
もったいないなぁ…

 

ここから先は、
あくまでも、私のメモになりますので、
いろんな考えがあるんだなぁ…、と、
ご理解いただける方のみ、おつきあいください

 

スポンサーリンク

さすが月組!手厚い!

もう一度お伝えしますけど、
完全に私の勝手な語りなので、
ご注意くださると幸いです

 

いろんな考えがあるんだなぁ、と、
ご理解いただける方のみおつきあいください

 

大丈夫な方のみ、どうぞ…


劇団も危機感があったんでしょうね…(^_^;)

 

ただでさえ当たりハズレの大きい和物ショー
しかも、
洋物の方がはるかにマシであろう月組トップコンビ…

 

事前に着々と準備は進めてました!
…という感じで、
なんと坂東玉三郎さんが監修されます!
水面下で相当前から動いていたでしょう

 

さすが月組!
さすが手厚い!!(笑)

 

たまきちくん(珠城りょうさん)は、
どうしても集客に弱いトップです

 

現状の『I AM FROM AUSTRIA』もですけど、
前回の『ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)』もね…
東京での必死な劇場売りを目撃しちゃったし…
梅芸は、ありちゃんの涙ぐましい魂の叫びが…

 

演目であれだけバックアップされて、
6作、次回7作目になるのに、
いまだに人気は低迷…
いや、本人比では爆増していると思います
月闇であんな目に遭っても、よく頑張ってると思います…が…

 

このチケット難な宝塚歌劇団で、
唯一楽にチケットが取れる貴重な組なので、
そういう意味では大事でしょう
私も恩恵に授かってます…ありがたい

 

でも、これ、
たまきちくんには、
ダイキンというスポンサーがついているからいいですけど、
スポンサーなかったら悲惨ですよね…(^_^;)ワタシモダイキンノカブモッテルヨー

スポンサーリンク

月組ニュース固定の件が1日で解除

先日、
公式HPのニュース一覧が、
「月組固定」になっていたとお話しました

原田諒がオペラ『椿姫』を外部演出&月組ニュース固定の件

 

そうしたら、翌日には、
なんと解除になってましたねw
あれ、何だったんだろう?

 

台風の前の話なので、
台風情報のためではありません

 

噂になっていたんでしょうか?

 

あ、当ブログは、
全く影響力ありませんので…(^_^;)
言ってて恥ずかしいですけど、
これは事実!(笑)

 

いつもアンケートに答えてくださる方々が、固定で、
あとほんの少しくらいの方々がいらしてくださっている、
しょぼいブログです…

 

たぶんもっと影響力のあるブログ様が物申したか、
Twitterなどで指摘されていたのかな?

 

どんな事情かわかりませんけど、
はりきって月組『I AM FROM AUSTRIA』ニュースの一覧ページを、
作成してましたね

 

たった1日で止めるって、「推し活」以来のダサさ…

 

別にいいのに…
今後も宝塚大劇場で上演している演目を、
1番上に載せておけばいいだけですから…

 

結局こうやってなかったことにするから、
やっぱり不人気へのテコ入れだったのかな、
って感じてしまうんですよ…

 

スポンサーリンク

やっぱり上映するライブビューイング!

そして、
やっぱり来ましたね!
宝塚大劇場の『I AM FROM AUSTRIA』千秋楽、
ライブビューイングの上映!

 

体裁のために、絶対やると思ってましたし、
上記の記事でもしっかり語っております

 

不人気だろうか、
人が入っていなかろうが、
とにかく実績だけは着々と積んでいく…
それが今の月組、という印象です

 

もう少し、バランスよくやって欲しいです
もっとチケット難な演目あるでしょうに…(´・ω・`)

 

ギリッギリで発表したので、
劇団も迷ったのでしょうね…

 

だからこその、
ニューストップ固定だったのかもしれません
これで、
少しでもチケットが動いてくれれば、
ライブビューイングにGOサインが出せるとか、
そんな感じだったのかも…(^_^;)

 

月闇は継続中?それとも払拭?

上級生が次々と組替えや退団するという、
異常事態だった月組

 

そしてついに、
人気が凄まじかった
ちゃぴちゃん(愛希れいかさん)と、
るりかさん(美弥るりかさん)がご卒業

 

これで、
目の上のタンコブが全員いなくなり
気持ちよくトップスターとして君臨することになった、
たまきちくん

 

ここからが本番!

 

だったのですが、
たまきちくんだけでは心もとないという劇団の判断なのか、
たまきちくんの要望なのかはわかりませんけど、
花組からちなつくん(鳳月杏さん)を呼び戻します

 

ここまで、
見事なまでに、たまきち仕様となってますよね…
本当に手厚いテコ入れです

 

スポンサーリンク

月組テコ入れ状況の作品

『アーサー王伝説』海外ミュージカル→プレお披露目
『グランドホテル』『カルーセル輪舞曲』海外ミュージカル→お披露目
『All for One』小池先生オリジナル
『カンパニー』『BADDY(バッディ)』原作もの&上田久美子先生渾身のショー
『雨に唄えば』海外ミュージカル
『エリザベート』海外ミュージカル→愛希れいか退団公演
『ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)』海外ミュージカル
『夢現無双』『クルンテープ』→美弥るりか退団公演
『I AM FROM AUSTRIA』海外ミュージカル→2019年の宝塚歌劇団渾身の1作(と小川理事長が言ってた作品)

 

これに、
理事降臨の博多座『長崎しぐれ坂』と、
全ツ『鳳凰伝』が加わります

 

理事降臨は私もすっごく同情しました…
しかも、
災害があったんですよね…
よく頑張ったと思います

 

で、その他というか、
本公演のバックアップぶりが凄まじいです

 

人気スターの退団を絡めたり、
海外ミュージカルだったり…

 

たまきちくんって、
全然歌うまじゃなですよね?
下手とは思わないけど、
音ハズレるし、上手くはないです
普通…?

 

それなのに、
海外ミュージカルのオンパレード

 

トップ在任時に、
これだけの海外ミュージカルを当ててもらえるトップスターって、
今までいました?

 

宙組なんて、可哀想になってくるよ…
あの演目の嵐じゃ…
1つくらい分けてあげてもいいものを…

 

再演ものオンパレードなら、
みりおくん(明日海りおさん)の例がありますけど、
わざわざ版権を取ってまでの海外ミュージカルって、
たまきちくんに、
どれだけ劇団のお金が掛かっているのでしょうか?

 

まぁ比較的安価な作品だった可能性もありますけど、
それでも表立っては、「海外ミュージカル」になります

 

平凡なトップスターであることが実は最大の魅力?

◆たまきちくんの芸の素養はこう評価しています(あくまで私的に、です)

・ダンス:普通(決して下手ではないけど上手くはない)
・歌唱力:普通(決して下手ではないけど上手くはない)
・芝居:普通(決して下手ではないけど上手くはない)

 

◆ビジュアルの評価はこんな感じ(あくまで私的に

・容姿:綺麗(ただ目立たない)
・ビジュアル:スタイルよし(ただ目立たない)
・スター性:普通(ただ目立たない)
・ハッタリ度:普通(ただ目立たない)

 

つまり、
「The 普通」のトップスターなんです(私目線
これが悪いわけではないです
大きくハズレることはないですから…

 

でも、大人気も無理という…

 

良くも悪くも、
無味無臭なんですよね…
面白味がない
舞台上の個性がないとでもいうのかな

 

 

その反面、
周りにいるジェンヌさんが輝いて見えます
これがたまきちくんの1番の魅力でしょう!

 

さくらちゃんも、
れいこさんも、
ありちゃんも、
ゆのくんも、
みんな光り輝いていて、
そちらに目を奪われますから…

 

それは、
ちゃぴちゃんもしかり、
るりかさんもしかり…

 

つまり、
真ん中が平凡であるがゆえに、
他の月組生が輝いて見えるという法則です

 

スポンサーリンク

真のいぶし銀トップとなれ!

私は以前から、
たまきちくんを「いぶし銀」トップと評してました
それは、
縁の下の力持ち的な存在のトップだと、
感じたからです

 

でも、「いぶし銀」って、
何かに秀でてこそ、縁の下を発揮できるので、
それがたまきちくんにとっては、
なんでしょうか…?

 

やはり、どっしりとしたガタイの良さ!
動じない堂々とした風貌
面白味はないかもしれないけど、真面目なところ

 

そして、月組生を輝かせることが出来ること!

 

もうこれに尽きるのではないか、と思うのです

 

人を輝かせることが出来るトップスターって、
なかなかいませんから!
ある意味個性になると思います

 

たまちゃぴ、本当に素敵でしたし、
今でも大好きです

 

たまさくも、
さくらちゃんの芸達者ぶりが、
たまきちくんによって輝いていると思います

 

ただ、
「真のいぶし銀」トップスターになるためには、
自分が自分がという我の強さではなく
もっと月組生想いになっていった方がいいかな

 

熱烈なたまきちファンはわかっていても、
普通のヅカファンには届きません

 

そのバランスも大事でしょう

 

 

劇団にいつまでもテコ入れされていて、
ふんぞり返っているようではダメです

 

もちろんそうではないでしょうけど、
大事な人格形成を、下級生にも伝えていくことが、
トップスターの役目でもある、とつくづく思いました

 

 

優しそうだし、包容力あると思うから、
そういうのを、
もっと上手に出していったらいいんじゃないのかな

 

何度も何度も言いますが、
私のたまきちくんのイメージは、
『カンパニー』の青柳さんです!

 

青柳さん=たまきちくん

 

だから、
不器用なんだけど、思いやりがあって優しい人
見守ってくれる人…

 

そうだと思ってますし、そう信じたいです…

 

石田先生は、
原作に、珠城りょうを見たんだと思うんですよね…間違いなく…

 

オマケ:『ピガール狂騒曲』

そうそう!
『ピガール狂騒曲』のことを語り忘れてましたw

 

原田諒先生か…(^_^;)
たまさくと食い合わせが悪そう…

 

でも、
原田先生はセットや演出は上手なので、
和物でいいところなしになっちゃうだろう、
さくらちゃんには、いいのかも!

 

さくらちゃんの美声が聴きたい!

 

あと、
絶対ハズさないポスターも楽しみです
原田先生のポスターのセンスは、
本当に素晴らしいです
ポスターだけは裏切らない!

 

あ、私は原田先生好きですから…w
ただ宝塚歌劇との相性がね…ごにょごにょ

 

確かにこの組み合わせだと、保険掛けたくなるかなぁw
坂東玉三郎様という保険…

 

でもきっと、
他組だったら、自力で頑張れでしたでしょうね…(笑)
特に、星組とか宙組とか…orz

 

よく考えたら、
この記事の組み合わせも、
原田先生と月組でしたw
予知能力?ww(^_^;)

 

 

コメント