第12回アンケート結果発表!「雪組『凱旋門』『Gato Bonito!!』観劇評価を教えてください」

宝塚観劇アンケート



大変お待たせいたしました!

 

今回は、
9月2日~9月18日に実施してました、
当ブログのアンケートの集計結果を発表したいと思います!

 

お題は、雪組さんの、
『凱旋門』『Gato Bonito!!(ガート・ボニート)』の観劇評価です!

 

Page Not Found - 新・宝塚は生きる糧
かなめさん(涼風真世さん)の頃よりゆる~く宝塚を見守ってます。ちえさん(柚希礼音さん)との出会いで宝塚生活に激変!全ての組を鑑賞。星組贔屓、礼真琴さん、ことふうがオアシス!

 

もうすでに2ヵ月前のことなんですね…(^_^;)
気がつけば、
来月は12月…そして年末になってしまいます(◎-◎;)
は、早すぎてついていけません…w

 

そんなわけで、
慌ててアンケートの結果発表記事作成に取り掛かってます(^_^;)
なんでもギリギリにならないとできない悲しい性格…

 

ということで、
雪組ファンは待望の『ファントム』に盛り上がる中での、
前本公演の結果発表に参ります!(^_^;)

 

スポンサーリンク

アンケートの投票状況

今回の公演は、
お芝居とショーの2本立てでしたので、
いつも同様に、アンケートは3つの質問をしました

 

さらに追加の質問を1つ設けました
結果発表をしようかどうしようか迷ってましたけど、
心配するほどでもないと思われる結果でしたので、
公表することにいたします

 

さて、
今回は、95名の方にご投票いただきました
惜しかったですね…
100人の大台には及びませんでした

 

結構日程を延ばしたんですけど、
全く効果はなく(笑)、
さして票は伸びませんでしたので、
100人になる前で締めきりました

 

それでもありがたいことに、
コメントはたっくさんいただきまして、
ご観劇された方の声を聞くことができました!
いつもの如く、時間はかかると思いますけど、
必ずコメント返しいたしますので、
しばらくお待ちください!

 

本当にいつも感謝でいっぱいです
たくさんの方にご投票いただき、ありがとうございました!

 

ちなみに、今回のアンケートも、
重複禁止ですので、
一人1回だけの投票です♪
私は、
いつもの如く、投票出来ない仕様ですので(笑)、
結果と共にお伝えします!

 

スポンサーリンク

Q1:雪組『凱旋門』の満足度をお聞かせください

1問目は『凱旋門』の作品評価の質問です
こちらの投票数は、95名の方にご投票いただいてます!

 

結果はこちらです!

上位順に並べ替えると、こうなります!
あと、いただいたコメント数も併せて記しておきます♪

①★★★★(星4):満足!: (33票/34.7%)  【コメント数】1
②★★★(星3):まぁ満足: (25票/26.3%)  【コメント数】10
③★★(星2):今ひとつ: (15票/15.8%)  【コメント数】12
④★★★★★(星5):大満足!すごくよかった♪:(12票/12.6%) 【コメント数】9
⑤★(星1):自分には合わなかった:(10票/10.5%)  【コメント数】5

 

見事なまでのバラバラっぷりです(笑)
幸い星4が特出してますけど、
他は割と平均的な印象です

 

満足の指標となる星5と星4の割合が、
なんと47.3%という結果でした
半分にも満たないという観劇評価は、
当ブログのアンケートでは初めてです!(←あくまでも当ブログでのお話

 

前回の我が星組のショー『Killer Rouge(キラー ルージュ)』も、
かなりの低評価でしたけど、それを下回ってます

 

星5と星1がそれぞれほぼ1割というのも、
評価が分かれた証拠に思えます

 

スポンサーリンク

「Q1」の総評

では、ここからはいつも通りに、
総評という名の、私の感想です

 

結果をご覧になられた方は、どう感じられたでしょうか?

 

私は予想どおりという感じです
思ったよりは星4評価が多いのはちょっと意外でしたけど、
ストーリーや演出そのものは、
いい作品ですし、余韻もあり、感動もある良作なので、
真っ当な評価の結果だと思います

 

ただ、どんなに素晴らしい作品でも、
当初の負の要素を払拭できるパワーはなかったんですね
それがバラバラの評価に繋がったのではないかと感じます

 

やはり一番の原因は、
いしさん(轟悠さん)の主演になってしまったことへの抵抗感に他ならないと思います

 

もちろん、
普通に作品としての評価をされてらっしゃる方も多いでしょう

 

ですが、
やはりヅカファンとしては、
別にだいもんさん(望海風斗さん)を主演にしても全く構わない、
むしろなんで主演じゃなかったのか、
と感じる作品だったので、
それを拭うまではいかなかったんだと思います

 

ただ一方で、
いしさんが主演することによって、
まあやちゃん(真彩希帆さん)の芝居力が、
格段にアップしたことは否めません

 

私は幸いにも、
宝塚大劇場と東京宝塚劇場の両方を観劇することができました
そこで思うのは、
やはりいしさんと共演した娘役さんは、
上手くなっていくのがわかります
全員がそうではないですけどね(←これ大事!)

 

ポテンシャルの高い娘役さんは吸収率が高いように思うのです
まあやちゃんは、
そのポテンシャルの高い娘役さんなので、
まさに花開くように演技力がアップしてました
宝塚大劇場とは全然違ってましたから
いしさんもめちゃくちゃよくなってましたし
2人の相乗効果だったのでしょう

 

 

それと評価が分かれた原因のもう1つは、
歌唱力にあると考えられます

 

いしさんの演技力、ダンディズムに関しては、
さすがというべきの仕上がりでしたし、
舞台の熱演も素晴らしかったです
ですが、歌唱力に関しては、
今の雪組には残念すぎました…
お芝居と歌唱力の差があまりにありすぎて…

 

いしさん、頑張って歌ってましたけどね
元々歌うまではないのに、
加齢での衰えも加わってしまっているので、
だいきほを楽しみにしていた雪組ファンには辛かったところです

 

これがものすごくマイナスになっていたと感じます

 

だからこそ、
だいもんさんに歌を増やすという演出をされてましたけど、
それであれば、だいもんさんがラヴィックでいいわけですし…
そういうジレンマが結局払拭できなかったことが、
今回のアンケート結果なのだと思います

 

あとは、
話が古いというのもあり、
その辺りに共感を持てなかったという方もいらっしゃいました

 

いずれにせよ、
いろいろと物議をかもした作品でしたね
結果に反映されていたと感じます
今後のいしさんは、
どのように舞台に出演していくのかも注目していきたいです

 

私の投票

さて私の投票です

 

ずばり「★★★(星3)」です!

 

メインブログでも言ってますけど、
マイナス要因がプラス要因を上回れなかったことが、
一番大きな評価点となりました

 

正直、東京宝塚劇場での評価であれば、
作品そのものや、演者の熱演を加味すると、
星4でもいいのですが、
やはり歌の残念さがあり、星をー1にしました

 

それと、
これもメインで言ってますけど、
いしさんが主演することにより、
雪組生の番手が一つずつ下がらなければならなかったことも、
ものすごく大きいです

 

この2つで星ー2となり、星3となります

 

宝塚歌劇団屈指の超絶歌うまコンビを別れさせてまで…、
トップスターを2番手にさせてまで…、
というほどではないのかな、というのが私の正直な感想です

 

スポンサーリンク

Q2:『凱旋門』で、一番心に残ったことをお聞かせください(ジェンヌさん以外で)

2問目は、
『凱旋門』についての付属の質問です

 

ジェンヌさんの熱演以外で、
『凱旋門』のどこを評価するか
ということを明確にしたい、という意図があります
良くも悪くも、どちらでもいいのです!

 

この質問への投票は、84名です
ご投票ありがとうございます!

 

結果はこちらです!

1つの項目以外は、
非常に分かりづらいので並べます!

①楽曲・歌:(49票/58.3%)  【コメント数】19
②時代背景・人物:(14票/16.7%) 【コメント数】2
③演出・構成:(10票/11.9%) 【コメント数】3
④脚本・ストーリー:(8票/9.5%)  【コメント数】5
⑤その他:(3票/3.6%) 【コメント数】3

 

なるほど~!
という印象です

 

群を抜いての1位は、
「楽曲・歌」でした

 

他の3つの項目はさほど変わらない感じですね
その他のコメント率、100%ありがとうございます!
いつも感謝しております…♪

 

「Q2」の総評

「Q2」の総評です
各項目ごとに語っていきます

 

1位は「楽曲・歌」

凄いですね
ほぼ半数の方が「楽曲・歌」を選んでらっしゃいます

 

みなさん、
あの哀愁のあるメロディに惹かれたんですね♪
わかります!
すごく印象深いですし、作品の内容に合ってました

 

そして、名曲「いのち」
いい歌ですし、絶賛されている方も多かったです
古く暗い時代のパリに流れるシャンソンもいいスパイスでした

 

だいもんさん、
美穂さん、
まあやちゃんの歌うまトリオが素敵でしたね

 

私はパララパララパララー、が一番好きでした
まあやちゃんの歌声最高!

 

2位は「時代背景・人物」

人物設定も上手く、
暗い戦争の影を引きずっているパリという時代背景が、
物語全体を引き締めていました

 

この時代背景があるからこそ、
終始緊張感が漂う舞台となり、
観客をも巻き込んで一体感を味わたのかな、
という気がします

 

今でいうメンヘラ気味で、
男性にすがっていないと生きていけないジョアンも、
この作品ではとても活かされてました

 

一人一人の人物もよく描けていたので、
感情移入がしやすかったです

 

個人的には、
まあやちゃんのジョアンと、
咲ちゃんのアンリは、
迷惑な人ですけどね…(^_^;)
ドラマだからいいですけど、
現実にいたらお近づきにはなりたくないです(笑)
綺麗なので、遠目から… |д゚)チラッ

 

アンリって、あのあとどういう風に生きたんでしょうか…
気になります

 

3位は「演出・構成」

パリの薄暗さ、
忍び寄る戦争の影、
そこで暮らす人々の不安、
そういったことが上手に演出されていたと思います

 

この時代に必死で生き抜こうとしている人々の姿も、
至る場面で見ることができました

 

さすがは謝先生ですね
古い時代のパリを上手に表現し、すごく洗練されてました
だからなのか、とにかく品を感じられます…
柴田先生の世界観を最大限に引き出していたと感じます

 

古臭くならないところが一番大きなポイントだったのかな
感情移入がしやすかったです

 

4位は「脚本・ストーリー」

好きだ、愛しているだけではない、
社会性の高さがある宝塚歌劇っぽくない作品です
それが、わかりづらい脚本ではなく、
ちゃんと観客に訴えることができた、というのが、
柴田先生の凄いところだと思います

 

決して一人よがりにならず、
観客をおいてきぼりにしない、というのは、
なかなか難しいことです
いいものを見たという気持ちさせてくれたのを、
素直に評価したいです

 

観劇された方も、
作品そのものを肯定されていたのは、
舞台に引き込まれるほどの脚本の力と、
謝先生の演出の巧みさなんだと思います

 

私の投票

私が投票するとすれば、
「脚本・ストーリー」かな…

 

ちょっと自信なさげで申し訳ないです(^_^;)
実は、
いまだに迷い中だったりするのです

 

迷ったのは、
「脚本・ストーリー」と、
「演出・構成」です
日々どちらかに変わりそうなくらい迷いましたw

 

結果、「脚本・ストーリー」にしたのは、
舞台に引き込まれる力のある作品だったからです
謝先生の演出力も捨てがたいんですけどね
ここは柴田先生に敬意を表します!!

 

「楽曲・歌」も素敵だったんですけど、
やはり歌唱力のある方が歌ってこそその価値が高まる
と今回つくづく思いましたので、
ここでの投票の選択からは漏れました

 

だいきほだったら、
「楽曲・歌」を選んでいた可能性はあると思います
あくまでも可能性ですけどね…

 

やはり脚本と演出の力が凄いです
生徒さんの力も最大限に引き出してくれてましたし…
そこを重視した結果です!

 

スポンサーリンク

Q3:雪組・ショー『Gato Bonito!!(ガート・ボニート)』の満足度をお聞かせください

続いては、
ショー『Gato Bonito!!(ガート・ボニート)』についての満足度でした!

 

「Q3」は、89名の方にご投票いただきました!
ありがとうございます!!

 

では、結果こちらです

久しぶりに、
とても綺麗で見やすい結果となりました!
なので、コメント数だけお知らせいたします

①★★★★★(星5):大満足!すごくよかった♪:コメント数:23
②★★★★(星4):満足!:コメント数:17
③★★★(星3):まぁ満足:コメント数:3
④★★(星2):今ひとつ:コメント数:1
⑤★(星1):自分には合わなかった:コメント数:0

 

星5と星4での満足度は、83.1%でした!
8割を超えてますので、
これは大満足な結果を得ているということですね♪
素晴らしいです♪

 

では総評です!

 

「Q3」の総評

まぁ結果はわかっていた、という感じでしょうか(^_^;)
『凱旋門』では2番手だっただいもんさんが、
トップスターとしてメインを張るわけですから、
おのずと評価は高くなるだろうなぁ、と予想はできました

 

とはいえ、星3の「まぁ満足」まで入れると、
なんと95.5%の投票率です!
これはスゴイ!!
ほとんどの方が満足だったということで、
不満を感じた層がたった4.5%なのです…Σ(゚∀゚*)

 

さすがは歌唱力の帝王、だいもんさん!!
そして最高の歌唱力コンビのだいきほ!!!

 

細かいところでは、
「うーん」と首をひねってしまうようなところもあるのですが、
それよりもプラス要因が大きいということでしょう!
藤井大介先生お得意の女装なんて、
たぶん半分くらいの方はどうでもよかったんじゃないでしょうか(笑)

 

それでも評価が高いのは、
トップコンビに破綻が見えないことです
正直、
だいもんさんもまあやちゃんもダンサーではありません
ですが、踊れるように見せるのです!
これが非常に大事!!

 

私はメインでも良く言ってますけど、
出来ない人でも綺麗に見せることが大事だと思ってます
振付や演出の先生には、そこを頑張って欲しいところなのです

 

出来ないのに、
さらに醜態をさらすというのは、本当はダメなんですよね…(遠い目)
たぶん十分配慮や考慮されているんでしょうけど、
生徒さんの技量が追い付かないのでしょう
それでも、綺麗に見せるにようにしなければならないのです
それが座付き作家ですからね!

 

あと、できるトップコンビだと、
下級生も活躍できます
堂々と起用できるのが頼もしい限り

 

だいきほには、
もっともっと歌って踊って欲しかったくらい、
満足度は高かったように思います

 

だいもんさんはネコというよりは、
豹とかチーターとか獰猛系なオラオラ感がよかったですw
その分、咲ちゃんが上品なネコ王子様だったんじゃないでしょうか

 

黒塗りのラテン系はだいもんさんにピッタリでしたけど、
なぜテーマを猫にしたのかが、いまだにです…(^_^;)
大介先生の趣味なのかな?w
もう一度「歌劇」を読み直してみよっと!

 

個人的には、
95期応援団(笑)として、
あーさちゃんと娘役さんが踊るところが、
高評価でした♪
あーさちゃん、カッコよくって、色っぽくって惚れます♪

 

私の投票

私の投票は、
「★★★★(星4)」です!

 

観劇した時はとても楽しかったので、
この評価です…

 

今だったら、
星3かもしれませんけど(笑)

 

というのも、
テーマ曲はあまり印象に残らなかったのと、
ショーも「コレっ!」というのが今になると少ない気がするのです
でも、それは今の話!

 

だいきほのコパカバーナはよかったですし、
だいもんさんがとにかくパワフルに歌ってくれたのが、
なによりもありがたかったので、
観劇していた当時は、大大大満足でした♪
ダンスも見どころありましたし、
客席降りも楽しかったですからね♪

 

次回は耳に残るテーマ曲がいいなぁ…
SVは今でも思い出に残ってますし…
キラルもテーマ曲はよかったですし…

 

メインテーマって大事だと思います

 

オマケのQ4:専科の轟悠さんの今後の舞台出演についての考えをお聞かせください

発表当時から、
終演まで物議を醸し出していたいしさんのことについての質問を、
特別に追加いたしました!

 

今回わりと建設的な結果になったと感じましたので、
結果を発表いたします

 

では、結果こちらです

特に、並べ替えはしません
綺麗な山型なので見やすいですからね
わかりやすいと思います

 

コメントは、総数だけお伝えします
全部で40件いただきました!
貴重なご意見ありがとうございます!

 

「オマケのQ4」の総評

今回のこのオマケは、
どのような結果になり、
コメントいただくのか、非常にドキドキしました…

 

公表できたのは、
結果がちゃんとばらけて投票されていたからです
大きな山にはなっていますが、
全部の項目に、ちゃんと票が入っているのです!

 

そして、注目していただきたいのは、
いしさんに本公演に出て欲しくない、と言っているわけではない
ということですね

 

本公演主演と、本公演出演で、
43.2%ですから、
勘弁して欲しいという層とほぼ同率なのです

 

実はこういうことが大事なのです
偏った層にだけ支持されるのも、
ブログとしては困りますから…
たとえ自分の意見と違ったとしても、
それは大切なことなのです

 

また気づかされることも多いのです

 

勇気を持ってご投票してくださった方に、
本当に感謝いたします!

 

 

さて、実際のところですけど、
「本公演以外でお願いしたい」が1位でした

 

これはわかります
上記の「Q1」での分析に繋がるのですが、
トップスターの任期って長くないのです
いしさんは特別なので、
今でも主演を繰り返すことができますが、
組のトップスターはそうはいきません

 

あっという間に卒業の時期が来てしまうのです!

 

ましてやいしさんは、
雪組トップスターの時代も、
決して短い任期ではありませんでした
十分主演をされているのです
その上で、
いまだに本公演も主演をされる、というのはいかがなものかな、
という意見が出ても仕方がないのかな、と個人的には思うわけです

 

自分より下の生徒を思いやって、
後輩に道を託すというのも、立派な上級生の在り方だと思うんですね
もし本公演で主演をするなら、
ちえさん(柚希礼音さん)のように、
長期任期のトップさんの元でなら、まだマシでしょう
今ならみりおくんでしょう

 

その辺りのバランスの悪さも負の要因となってしまったんだと思われます

 

 

一方で、
いしさんの演技力の高さ、
男役としての完成された美学をまだ見続けたい、という層の方は、
2位の「本公演特出」を選ばれているのではないでしょうか

 

いしさんの歌唱力の衰えは否めませんので、
歌わずにお芝居のみで、脇役で舞台を支えるというのであれば、
納得する層がいるわけです

 

なにも、全面的に否定しているわけではないんですよね…

 

それであれば、
下級生も学べますし、win-winだと思うのです
あとは、
脇役で出なければならない、
といういしさんのプライドだけの問題だと思います

 

「その他」への言葉も概ね、
本公演主演以外なら許容範囲という方が多かったです

 

 

あと感謝したいのが、
「本公演主演」を選ばれた方の理由です

 

感情的なコメントではなく、
とても丁寧なご意見だったのがすごく嬉しかったです

 

いしさんの存在感や世界観、美しさは、
一つの伝統芸になっていることへの評価でした
確かにそのとおりですね
ただ長い間君臨しているのではなく、
きちんと役に入れるように日々努力をされているんだと思います
姿勢や体型維持というのもその一つです
そういう理事の男役魂は、きちんと評価したいですね

 

私の投票

私の投票は、
凄く迷うのですが、
「正直本公演は勘弁して欲しいので、別箱・バウ公演でお願いしたい」です

 

ブログでも言ってますしね…

 

正直なところ、
「本公演特出はいいが、専科として脇役で華を添えて欲しい」と、
気持ちは半々です

 

でも、いしさんとしては、
脇役は絶対やりたくないと思うんですよね…
山のように高いプライドがありそうですし、
宝塚歌劇団って上級生が絶対ですしね…
ましてや、理事なのに脇役って…ってご本人は思うじゃないのかな?

 

そう考えると、
消去法で「別箱・バウ公演」になるのかな、と…

 

いしさんが専科生として、
脇役を承知するのであれば、本公演特出でも大丈夫です
あとは、歌なしで!

 

あとがき

大変お待たせいたしました!
ようやく雪組『凱旋門』『Gato Bonito!!』の結果発表が出来ました…

 

今回はQ4まであったので、
とてつも長くなって申し訳ございません
長いと疲れますよね(^_^;)

 

 

今回はいつも以上に、皆さまに感謝です!
「オマケのQ4」ですが、
投票中もどんな意見が来るのか非常にドキドキしていました…
誹謗中傷は控えるように、とお願いしましたが、
実際にはどうなるかわからなかったからです…

 

ですが、
皆さん、ちゃんと建設的なご意見をいただいたのが幸いです
心配していた誹謗中傷はなかったのが、
さすがは当ブログのアンケートです

 

厳しい意見はありますけどね

 

誹謗中傷と厳しい意見は全然違いますから!

 

 

あと、アンチではないです(笑)
そういう意図ではなく、
疑問に感じたことをブログで語りますし、
いいものはいい、ダメなものはダメ
と記録に残しているだけです

 

また、
別にディスっているわけでもありません…誤解なきよう…

私のブログをご閲覧いただいている方はご理解いただいてますが、
100人いたら100通りの感じ方、意見があると思ってます
そういうみなさんの意見を直接聞く手段として、
アンケートを実施しているのです

 

こんなアンケートですけど、
実は、記事作成にはめちゃくちゃ時間かかっているのです…(^_^;)
本当に愛がないと出来ません(笑)
愛のないものに何時間も掛けるのは、単なるバカですもん!w

 

もう少し手を抜いた形にすれば、
サクサク行くんでしょうけど、
記事としては薄っぺらくなるのが嫌なのです
せっかく、みなさんから貴重なお時間とお声をいただいているわけですから、
目一杯の愛は込めたいですもんね♪

 

ということで、
無事全発表できたので、ホッといたしました♪

 

ちなみに、
アンケートの質問と連動している私の記事はこちらです!

雪組『凱旋門』…東京で仕上げた真彩希帆&轟悠の芝居と歌唱力のアンバランスが残念

雪組『Gato Bonito!!』…望海風斗の真ん中感&だいきほが尊い!

もしよろしければ、併せてご閲覧ください!!

 

 

コメント返しについては、
いつもより早めに出していきたいです!
来週には、
月組『エリザベート』アンケートを実施しますので(笑)、
早く終わらせないといけないのです…
溜めてしまう自分が悪いんですけどね(^_^;)

 

では、雪組『凱旋門』『Gato Bonito!!』には、
もう少しお付き合いください!

 

 

そういえば、
咲ちゃんが女役でだいもんさんと踊るところで、
だいもんさんの男役としての色気を感じて、
「きぃちゃんは幸せだな」と思ったという話が好きですw
私は地味にさききほも好きだったりします(笑)←まあやちゃん贔屓なので…w

 

と、どーでもいい萌え話で締めます!w(*´艸`)

 

 

最後になりますが、私信です
いつもお力添えをくださるA様
無事アンケートを終了できました!
年末の件も了解ですけど、
私、そのつもりだったような記憶があり、読み返したら…(^_^;) アレ?
ぜひそうさせていただきます!

 

コメント