柚香光がイメージキャラクターのオンワードが700店閉鎖…宝塚歌劇へのスポンサーの影響を考える

宝塚考察



本日は、
ここのところのテーマの延長で語ろうと思ったのですが、
気になるニュースがありましたので、
そちらを取り上げます

 

アパレルのオンワードが、
不採算店を閉店すると発表がありました
その数は700店舗です

 

オンワードといえば、
宝塚歌劇団とも密接な企業ですから、
心穏やかではいられません

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

オンワードといえば柚香光のJOSEPH!

オンワードの業績を見てみると、
ずっと低迷を続けており、
かなり苦しい状況でした
それに加えて、
新型コロナウイルスによる影響
これが経営不振に拍車をかけたというところでしょう

 

正確に言えば、
業績改善が見込める要素が不透明すぎるということ

 

 

オンワードといえば、
花組トップスターのカレーくん(柚香光さん)

 

宙組のまどかちゃん(星風まどかさん)、
ららちゃん(遥羽ららさん)、
じゅりちゃん(天彩峰里さん)の3人娘もお世話になりました!

 

カレーくんは現在も、
オンワードのブランドである、
JOSEPHのイメージキャラクターを務めています

 

こうなると、
気になるのが、今後のオンワード側の姿勢です

 

カレーくんがトップスターである限りは、
イメージキャラクターを務めて欲しいですけど…
JOSEPHとカレーくんのイメージってピッタリですし…

 

ただ、
他までは手が回らなくなりそうではありますね
宙娘とTOCCAのコラボのようなのは、
なくなりそうな感じがします

 

自粛の影響は、
経済を大打撃にします
今後、宝塚歌劇団にも、
影響は必至でしょう

 

スポンサーリンク

宝塚歌劇団のスポンサーや営業にも影響

まずは新型コロナウイルスが終息しないことには、
現状を打破するすべはありません
そこがいつなのかが、世界的に見ても不透明です

 

できるだけ早く終わってくれることを祈るばかりです

 

1ヵ月で終息できるとは到底思えませんが、
このまま永遠に続くとも思いません
ウイルスが解明され、
数年後とはいえワクチンが出来るでしょうし、
その前に、ウイルスを解析できれば、
既存で対応できる薬などもわかってくるでしょう

 

…というようなことを、
昨日の「情熱大陸」で河岡義裕教授が言ってました

 

ただ対応できるようになるまでの時間が、
長くなれば長くなるほど、
経済への打撃はハンパありません

 

宝塚歌劇団だけではなく、
我々だってそうです
路頭に迷うかもしれませんから…いやマジで…

 

オンワードのように、
経営が厳しくなっていく企業もたくさん出てくるでしょう
そして、不況がやってくるという、
負の連鎖が始まるかもしれないわけです

 

そうなった場合、
企業は広告費にお金をかけれなくなるわけで…

 

スポンサーリンク

スポンサーや営業がつかないということ

そうなると、
タカラジェンヌのスポンサーも怪しくなりますし、
もっと言えば、
貸切や営業の団体客というのも見込めなくなります

 

これは非常に大きなこと

 

スポンサーがつけば、
舞台の予算を上げることができます

 

団体客や貸切公演が増えれば、
確実に売り切れるチケットが見込まれます

 

そういうのが厳しくなる時期が、
ある程度の期間続く可能性は出てくるでしょう

 

せっかくの企業努力で、
宝塚歌劇団を常時黒字化にし、
儲けを生み出してきましたが、
一旦リセットになってしまいます

 

とはいえ、
ヅカファンは宝塚歌劇団が大好きですから、
我々ファンはこれまでどおり、
応援していくだけです

 

人事に影響が出てくるのか

1番心配なのは、
宝塚歌劇団といえば、
カ〇〇〇忖度が出て来ますけど、
これも露骨に復活していくのかなぁ…、
という危惧があります

 

芸事で見せてくれるのであればいいのですが、
明らかに、
なんでこの人がなったんだろう系が、
トップスター、トップ娘役になるのは、
できれば避けて欲しいところです

 

その上、
長期で在任されでもしたら、ため息しか出ません…
未だに、OGさんで、
あれこれ言われてしまうのは、
任期と実力が伴っていないからですよね…(ため息)

 

チケットを捌かなければなりませんし、
舞台そのものに予算がかかります
スポンサーが大事なのはよーーくわかります

 

私的にも、
スポンサーやカ〇〇〇が悪いなんて言ってないんです

宝塚歌劇団におけるスポンサーやお金のこと…問題はそこじゃない

 

ただ芸事がちゃんとしていること、
これが大事なだけです

 

見かけだけで、
歌、ダンス、演技と、
どれも合格点を出せないジェンヌさんには、
やはり真ん中には立って欲しくないなぁ、
と思うだけです

 

特に、
トップ娘役は勘弁して欲しいかなぁ…
トップスターは、
それに向かって育成しているので、
ある程度覚悟というか、
刷り込みが出来る期間があるのでいいのですが、
トップ娘役は、まさに時の運の要素も強いですから…

 

スポンサーリンク

各組のスポンサー事情

現状のスポンサーはこんな感じになるのでしょうか

・花組:オンワード(JOSEPH)
・月組:ダイキン
・雪組:(かんぽだったが今はなし?)
・星組:菓匠三全(萩の月)、オリックス、池田泉州銀行
・宙組:岩谷産業、阪急交通社、ヒガシマル

 

雪組のかんぽは、
保険の件でそれどころじゃなくなりましたから、
今でも継続しているのかが不明です

 

じゅんはなちゃん(潤花さん)は、
まだ組替え前ですけど、
組替えは決まっているので、
宙組に入れました

 

オンワード以外を見るとして…
この中で、
阪急交通社は今のところ、
1番台所事情が大変なのがわかります

 

ダイキンは、
業績もいいですし、
企業体力があるでしょうから、
この中では大丈夫なイメージです
ただ、
たまきちくん(珠城りょうさん)ありきのスポンサーであれば、
一代限りで終了となるでしょうけど

 

同じことが、
岩谷産業にも言えるでしょう
ゆりかさん(真風涼帆さん)の任期によるでしょうけど、
これから2~3年在任というのはないと思うので、
せいぜい1年半くらいでしょうか
今回のコロナで任期がズレた可能性もあるので、
そのぐらいかと思っています

 

日本経済が、
1年で復興できれば何よりなんですけど…

 

それまでは、
劇団も限られた予算内で、
踏ん張っていくしかないと思います

 

タカラジェンヌがすべてですからね
そこがちゃんとしていれば、
問題なく乗り切れると思います

 

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
宝塚歌劇団におけるスポンサーやお金のこと…問題はそこじゃない

 

コメント