宝塚歌劇団におけるスポンサーやお金のこと…問題はそこじゃない

人事



触れたいことはいっぱいあるのですが、
まーったく記事更新が追いついてません(笑)

 

本当は、
向こうにでもサラっと記事にしたかったんですけど、
そんな余力はなく…orz

 

仕事もしていたら、
1日1記事が精一杯なのですです…
しかも語ると長いし…(^_^;)

 

ということで、
なんの話をしたかったのかというと、
ひとみちゃん(舞空瞳さん)が、
オリックスのイメージキャラクターに就任したことです!

 

ひとみちゃん、よかったね♪(*´艸`)

 

ちょっと、今更感が満載ですけど…
よかったと思っているのは本当です

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

オリックスはダンサー大型娘役がお好み!?

オリックスといえば、
ちゃぴちゃん(愛希れいかさん)でしたね♪
当時、よく動画を見てました

 

今度は、
我が星組が誇るトップ娘役の舞空瞳!

 

オリックスさんって、
実力派のダンサー娘役が、
お好みなのでしょうか?(*´ω`*)

 

それとも、
劇団との話し合いで、
ひとみちゃんをオススメしたのかな?

 

いずれにせよ、
タカラジェンヌさんはお金がかかります
しかも、
娘役となれば、
アクセサリー製作を含めて、
自分の持ち出しですから、
よりお金がかかります

 

少しでもジェンヌさんの負担が少なくなる、
という点においてはとても大事

 

スポンサーリンク

スポンサーとお金はとても大事!

さらに、
劇団にとっても、
スポンサーは非常にありがたい存在
製作費が調達できますからね!

 

あの煌びやかな夢の世界は、
湯水の如く溢れるわけではなく、
きっちりと「お金」がかかっているわけです

 

外部の作曲家に楽曲を依頼するのだって、
当然お金がかかります
ネームバリューがあれば、なかなかの金額でしょう

 

海外ミュージカルも版権がかかります

 

原作付きのものも、
当然版権がかかるのです

 

劇団も売り上げをあげなければなりませんから、
湯水のような支出をし続けるわけにはいきません
過去の演目の使い回しは当然ですけど、
新作となると、
大きな製作費がかかります

 

そこでスポンサーが必要となるのです

 

企業のスポンサーはもちろんですけど、
個人のスポンサーも当然あります

 

そういうのを経て、
舞台は成り立っているのです

 

CMじゃないですけど、
「お金は大事」なのです…

 

スポンサーリンク

お金は大事だけどもっと大事なこともある

私は、以前から言ってますけど、
スポンサーは大歓迎ですし、
いわゆるカ○○○もOKです

 

た・だ・し、
そこには条件があります

 

スポンサーが付く(あるいは付いている)ジャンヌさんには、
舞台に立つための、
最低限の実力があること

 

これに尽きます

 

お芝居をすれば棒読み
ダンスを踊ってはチグハグ
歌えばジャイアン

 

( ゚д゚) ・・・

 

(つд⊂)ゴシゴシ

 

( ゚д゚) ・・・

 

(つд⊂)ゴシゴシ

 

(  д ) ゚ ゚ ポカーン

 

 

だいたいそういう舞台を観ると、
こんな感じに陥ります…
これでは、
役をお金で買った、と思われても仕方がありません

 

これが最大の問題なのです

 

カ○○○と言われてしまうのは、
まさに、
この状態に当てはまってしまうからです

 

 

月組さんの『カンパニー』で、
わかばちゃん(早乙女わかばさん)が演じた、
有明紗良は、
有明製薬の超お嬢様でした
紗良は、
「役をお金で買った」と中傷を受けたりしていた、
という背景がありましたが、
紗良には、きちんと実力がありました

 

そうなんです
これが大事なんですよね

 

カ○○○を払拭できる実力があること!
これに尽きます

 

実力が伴わない抜擢は極力控えた方が良い

結局のところ、
実力があれば、舞台のクオリティが保てますし、
観客の満足度も格段にあがります

 

宝塚歌劇団はあくまでも劇団です
舞台で勝負しているのです
舞台でエンターテインメントを提供しているのです

 

当ブログのアンケート結果を見ても、
そのことが、
非常にわかりやすい結果になっています

 

 

路線スターには、
宝塚歌劇団がスポンサーを紹介する、
というのは知られています

 

実力というのは、
その時点ではあまり振るわなくても、
急激に伸びる生徒さんもいるので、
一概には言えませんし、
一括りにはしていけないとは思っています
遅咲きのジェンヌさんもいますからね

 

でも、
やはりそこをきちんと見極めて、
スポンサーを紹介して欲しいかな、
と感じます

 

劇団もプロなんですから、
ある程度は、
生徒さんのポテンシャルもわかるでしょう

 

ただ見栄えがよく、
顔だけがキレイという理由だけで、
オススメするのは、
あまりよろしくない気がします

 

SNSが普及しているこのご時世、
企業側も、
実力ズッコケジェンヌを起用するのも、
リスクが高まりますから…

 

美しいジェンヌさんを起用してもらって、
単なる広報の役割であればいいですけど、
抜擢し続け、
いずれはトップ、トップ娘役に、
というのはちょっと違うかな、と感じます

 

スポンサーリンク

さらに残念なのがやたらと長期になること…

またカ○○○忖度も同じ

 

カ○○○忖度の良くないのは、
やたらと長期になることです…
なかなか辞めないのが、
さらに困りものなのです…

 

実力が伴っていればいいのですが、
それがないから、
ヅカファンは、
本当に困り果てるわけです…

 

せめて、
そういう生徒さんは、
長くても5作でお暇してもらいたいです…

 

劇団もお金が必要だからか、
居たいだけ居続けさせている、
というイメージがすごくします

 

もちろん現在も実践中!

 

昔から続いている、
いわば宝塚歌劇の伝統でしょうね
悪い伝統だと思いますけど…(^_^;)

 

オマケ:花總まり

私の愛してやまない花さん(花總まりさん)も、
もれなくカ○○○忖度組です
有名ですもんね

 

でも、はなさんは実力がありました

 

だからこそ、
いまだに愛され続けており、
舞台でも大人気なのです

 

そうは言っても、
タカハナの6年は長すぎましたけどね…
あれは3年でよかったよ…(´・ω・`)

 

それでも十分長いので、
タカハナじゃなくてもよかったのかも…
もしくは、
1~2作でバトンタッチかな
とはいえ、タカハナは、
いろいろありすぎましたからね…(^_^;)
タカハナじゃないとダメな部分があったのでしょう…ごにょごにょ…

 

SNSがある今、
花さんが存在していたら、
さすがにフルボッコだったとは思いますw(^_^;)

 

これも時代の流れですね…

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

【関連記事】
真風涼帆体制は今後変更あるのか? 宙組トリデンテについて

華優希と潤花…娘役の歌唱力について思うこと

コメント