105期は娘役宝庫の期?星空美咲&詩ちづる&音彩唯&山吹ひばり…105期娘役カルテット

宝塚考察



本日は、
アサイチから大尊敬のブログ様と、
私的なLINEをしました…(笑)
と言いつつも、めちゃくちゃヅカ絡みではあるのですが…

 

そのお話は後日出来たらいいなという感じで、
本日のところは進捗なく…(笑)
その後語った時には、
「あの時のことはコレか」と思ってくださるといいなと思います

 

匂わせ度満載ですが(笑)、
たぶんほぼ間違いなく語ると思いますので…(^_^;)
しばしお待ちを…

 

さて本日ですが、
昨日はいろいろワクワクするような発表が、
花組さんからわんさか出ましたね♪

 

今回はその続きではないですけど、
頭角を現しだした105期娘役について、
サラッと語っておこうと思います

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

105期娘役カルテット 星空美咲

昨日は花組の別箱『銀ちゃんの恋』の主な配役が発表されました!
注目のヒロインは、
大方の予想どおり、みさきちゃん(星空美咲さん)が抜擢です

星空美咲が破線上ヒロインに!花組『銀ちゃんの恋』&『哀しみのコルドバ』一部配役発表

 

前回も語りましたけど、
みさきちゃんの劇団推しぶりは、
当初からかなりわかりやすかったですし、
コロナ禍でなければ、
もしかしたら新人公演ヒロインに抜擢されていたかもしれません

 

じゃないと、
別箱ヒロインという大役を、
新人公演ヒロイン、バウヒロインをすっ飛ばして抜擢されるのは、
あまりにも急すぎますので…
わずか研3で別箱ヒロインに抜擢ですから…

 

今回別箱ヒロインに抜擢されたみさきちゃんの抜擢スピードは、
次期花組トップ娘役のまどかちゃん(星風まどかさん)クラスだと感じます

 

■星風まどかの下級生時代
・研2:『王家に捧ぐ歌』新人公演初ヒロイン
・研2:『相続人の肖像』バウ初ヒロイン
・研3:『ヴァンパイア・サクセション』東上別箱初ヒロイン
・研3:『エリザベート』2度目の新人公演ヒロイン

 

こうしてあらためてみると、
まどちんってば、
めっちゃエリートコースまっしぐら! Σ(゚∀゚*)
凄まじい育成スピード感がありますね!

 

まどかちゃんの場合は、
ちゃんと研2時に、新人公演初ヒロインを務め、
続けて同じく研2でバウヒロインを務めます
そして、わずか研3で別箱ヒロインに抜擢!

 

みさきちゃんも本来はこの流れに添いたかったのでしょう
ただ昨年の研2の時には、
全く下級生育成が出来ない状況でしたので、
飛び級ばりの抜擢になってしまったのだと思われます

 

注目すべきは、
今年のあすかくん(聖乃あすかさん)のバウ主演
『PRINCE OF ROSES』では、
正式な破線上ヒロインではありませんでした
これは新人公演ヒロインも務めてない上に、
久しぶりの大きな舞台ですから、
他の路線娘役の配慮もあるでしょうけど、
こういう状況下なので、
今となっては、
みさきちゃんへの負担も少なくした気もします

 

いずれにせよ、
『PRINCE OF ROSES』での仕上がり具合を考慮されたのではないか、
とは思っています
だからこそ、
飛び級の印象となる『銀ちゃんの恋』にも堂々と抜擢できたのでしょう

 

素晴らしい逸材であるのは確かなので、
大事に育成して、トップ娘役への道を切り開いていって欲しいです

 

スポンサーリンク

105期娘役カルテット 山吹ひばり

ひばりちゃんは、
『夢千鳥』で当ブログでは大絶賛の娘役さんでした

山吹ひばりが『夢千鳥』で活躍!105期のトップ娘役候補がだんだんと頭角を表す

 

まだ研3の上、
昨年棒に振った1年ということもあり、
お芝居にはまだ粗さもありますし、
アニメ声というマイナス面の課題もありますけど、
そんなことを吹き飛ばすほどの美貌と、
何と言っても歌えるという強み!
舞台度胸も抜群でした

 

とにかく、宝塚歌劇団の謎の方程式、
美貌≠歌唱力、を払拭できるというのは強いです!

 

私的には、
「待ってました!待ちましたとも」と勝手に喜んでいる状態w

 

あれだけ美しくて、
あれだけ歌えればもう楽しみしかありません!

 

もちろん歌唱力のみであれば、
ちづるちゃん(詩ちづるさん)や、
みさきちゃん(星空美咲さん)の方が歌えますし、
本当の歌上手です

 

でも、いいのです!
あれだけ美しくて、
ガッカリさせない歌唱力であれば、
そこは夢見心地な世界に様変わりしますから…

 

あとは、
アニメ声だけをなんとかしてくれれば、
愛らしい娘から、美女まで演じられます

 

現月組トップ娘役のさくらちゃん(美園さくらさん)や、
元花組トップ娘役のゆきちゃん(仙名彩世さん)も、
アニメ声でしたけど、
さくらちゃんは見事に克服しましたし、
ゆきちゃんは演技力と、
最高の歌唱力でマイナス面をねじ伏せました
やはり技術があるということは、大事!

 

いくつかの声色を出せるようになると、
ひばりちゃんは無敵な娘役になりそうです
めちゃくちゃ期待しています!

 

スポンサーリンク

105期娘役カルテット 詩ちづる

これからトップコンビが誕生する月組に所属するのが、
ちづるちゃん(詩ちづるさん)

 

ちづるちゃんは、
阪急の春のポスターになってますので、
みさきちゃん同様に、
劇団イチオシの娘役さんであるのは間違いないでしょう

 

しかも、
4人の中で1番歌唱力があります!
これが大きな魅力

 

かなり小柄ではありますが、
大柄ではないトップスターさんとはバランスもいいでしょうから、
のびのびと育って欲しい逸材です

 

私的には、
歌のちづるちゃんなので、
4人の中では1番推してます!
ほら、ワタクシ、歌うまは正義なので…(^_^;)

 

れい海時代では、
海ちゃん(海乃美月さん)がめちゃくちゃ実力派なトップ娘役さんなので、
忖度なく起用できることも大きいでしょうから、
そこにも期待したいですね

 

よく考えたら、
月組はちゃぴちゃん(愛希れいかさん)の時代から、
実力派なトップ娘役なので、
そりゃ月娘も育つなぁ、とふと思いました…
その前のまりもちゃん(蒼乃夕妃さん)も素敵でしたけど…

 

さくらちゃんも、
海ちゃんもいろいろあったでしょうけど、
結果トップ娘役になれましたし…
しっかり育成されてよかったです

 

以前にも語ってますけど、
月組は闇は多いのですが、
路線を育成する力はホンモノ!
犠牲がハンパないだけです、ホント…(^_^;)

 

105期娘役カルテット 音彩唯

そして、最後は、
阪急の初詣ポスターに抜擢された、ゆいちゃん(音彩唯さん)

 

これだけで、
劇団の推しぶりがわかるくらいですけど、
105期娘役さんは、
皆さんめちゃくちゃ注目株ですので、
いい感じでバラけているのが、逆にいいのかもしれません

 

注目が分散される分、
プレッシャーも緩和されますから
その間に、要精進で芸に邁進していけます

 

ゆいちゃんは、
お人形さんのような愛らしさと、
スタイルの良さがあります
歌も悪くないですし、
これからの伸びしろに大いに期待したい娘役さんです

 

とにかく舞台映えするのはピカイチ!
ひばりちゃんとはまた違ったビジュアルプリンセスですから、
その個性を大事にして、
新たなヒロイン像を打ち出していってほしいです

 

まずは新人公演ヒロインに抜擢されて、でしょうか

 

その前に、
全国ツアーのライブ配信を楽しみにしたいです

 

スポンサーリンク

105期は95期&96期クラスの娘役大豊作な期になるか?

昨年の『炎のボレロ』でのゆいちゃんの活躍から始まり、
『ダル・レークの恋』でちづるちゃんの歌声に酔いしれ、
『夢千鳥』でひばりちゃんの美貌に目を奪われ、
そして、今度はみさきちゃんを見守るという…

 

見事なまでの105期娘役コンボですね
しかも、
徐々に役も大きくなっていってるところも、
見どころになっています

 

先日、大尊敬のブログ様とも語りましたが、
「みんな違ってみんないい!」の105期娘役の4人!
それが見事に体現されているかのように、
個性も被らず、芸や魅力も被らず…

 

3人のトップ娘役を輩出し、
2人の娘役スターを出した95期
4人のトップ娘役を輩出した96期

 

105期がそれに続く期になるのかどうか…
そこも注目していきたいです

 

ただそうなるには、
はやり前後の期とのバランスが必要になります
95期&96期が大量にトップ娘役やスター格の娘役を出した分、
他の期に影響は出てますので…

 

そこを乗り越えて、
大豊作の期になっていくんだと思っています
いずれにせよ、ワクワクしかないですね

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
104期&105期の娘役をチェック…ようやく動き始めた注目の路線娘役

 

コメント