『DANCE OLYMPIA』柚香光&華優希…歌が苦手なトップコンビは歌わないというのも大事

花組



昨日サラっと感想をアップしました、
カレーくん(柚香光さん)のプレお披露目公演、
花組『DANCE OLYMPIA』

 

ダンスパフォーマンスがメインというだけあって、
とにかく最初から最後まで踊りまくりの作品でした!

 

この演目、
カレーくんだからこそ、
今の学年であり、年齢(スミレコード)だからこそ、
乗り切れる公演だと思います

 

あの体力はハンパない!
あれを乗り切れるバケモノクラスの体力持ちって、
カレーくん以外だと、
ことちゃん(礼真琴さん)しか思い浮かびません(笑)

 

今だからこそ披露できる演目というのが、
ま・さ・に、ライブそのものという感じがして、
希少価値を生んでいるという好例でしょう

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

秀でたものがあればその長所を生かすことが1番大事!

今回の『DANCE OLYMPIA』は、
何が素晴らしいかと言えば、
新トップスターとなったカレーくんの1番のウリである、
ダンスに特化したことでしょう

 

とにかく、ダンス・ダンス・ダンス!
ダンス三昧な演目になってます

 

カレーくんには、
カリスマ的なスター性以外に、
2.5次元を再現できるスタイルと美貌があります

 

でも、柚香光はその見た目だけじゃないんだよ
というのを明確に打ち出した公演でした

 

 

ビジュアルが素敵であるということは、
とても大事な要素ではありますが、
見た目だけでは、
舞台を乗り切るのは難しいというのが現状です

 

やはり、
歌、演技、ダンスという舞台の3大芸事のうち、
何か1つでも売りがあることが非常に大切です

 

いくら美しくても、
演技をしたら棒読み、
歌えばジャイアン、
ダンスをすればへなちょこ…
これではせっかくの美貌も台無しになります

 

カレーくんには、
ダンスという武器があるということを明確にし、
それに見事に応えて、
見ごたえにしていたのです

 

スポンサーリンク

歌唱力のないトップコンビの歌攻撃はキツイ

宝塚歌劇の1番ダメなところは、
歌下手なジェンヌさんにも、
これでもかと歌わせることでしょう

 

1曲くらいであれば、
温かく見守ることも可能ですけど、
何曲も歌われると、
温情から苦痛に変わります…

 

それが、
トップスターやトップ娘役となると、
ものすごく顕著です!
舞台上で1番歌うのが、
トップコンビになりますから…
主演なので仕方がないのです

 

その方の熱烈なファンの方は、
楽しいでしょうし、
ありがたいと思うのでしょうけど、
そうではない一般的なヅカファンとなると、
「?」が頭についてしまいます

 

我が愛する星組の前任トップコンビが、
まさにコレに当たりました…
べにきさきが好きでたまらない方には、
嬉しいのでしょうけど、
そうではない側からすると、
勘弁してくれ、と何度思ったことか…

 

 

以前から何度も言いますが、
1曲入魂ならいいんです
1~2曲程度であれば許容範囲ですから…

 

ただこれでもかと歌の攻撃をされると、
もれなく観客は打ちのめされてしまうという…(^_^;)

 

観客の方がストレスを溜めてしまうというのは、
エンターテインメントとしては、
いかがなものかと思うわけなのです

 

もちろん、
タカラジェンヌは生徒ですから、
生徒さん方の成長を見守るというのも大事な要素でしょう

 

とはいえ、
私的には、
最低限お金を取っても大丈夫なレベルというのが、
基準としてあると思うので、
それをクリア出来ないのであれば、
1曲入魂で勘弁していただきたいというのが本音です

 

 

宙組さんの『神々の土地』では、
ヒロインのうららちゃん(伶美うららさん)が1曲も歌わない、というお芝居でした

 

でも、これがとても良かったです
お芝居だけに集中したうららちゃんの最高の美貌と、
演技に浸れたというのは、
上田久美子先生の英断でしょう

 

うららちゃん的には歌いたかったかもしれませんが、
観客側としては、
歌がなくて大正解でした!
ちなみに、
私はうららちゃんの美貌信者ですw(現在も進行形!)

 

これもまさに素晴らしい適材適所の好例だったと思ってます

 

スポンサーリンク

歌が苦手なのであれば歌わないという選択肢も大事!

カレーくんと華ちゃんは、
べにきさき並みの歌唱力難のトップコンビです

 

今後どうしていくのかな、
と思ってましたが、
『DANCE OLYMPIA』で1つの道筋を示したように感じました

 

昨日の感想でも語りましたけど、
カレーくんも華ちゃんも、
ほとんど歌いません

 

2幕でトータルそれぞれ4曲くらいじゃないでしょうか…
カレーくんは1幕目は、全く歌わず、
2幕目に4曲ほど歌っていたと思います
数えていたわけではないので、
正確ではないですけど、
歌いまくっているという印象は皆無でした

 

2曲くらい続けて歌っている時は、
「あれれ…(^_^;)」と感じましたけど、
すぐに素敵なダンスの場面に切り替わるので、
悪印象が残っていません

 

たぶんこれが大事!

 

欠点を払拭出来るほどの長所を、
前面に押し出すことによって、
作品の質をあげたのでしょう

 

トップコンビに極力歌わせない、
という方針が功を奏してました

 

実際本当に、
そういう指針だったのかはわかりませんけど、
結果として、
ビックリするほど歌っていないので、
歌唱力難をダンスで補ったという印象です

 

歌に関しては、
歌える花組生にお任せしていけばいいのです

 

カレーくんにせよ、
華ちゃんにせよ、
ご自身の得意分野で思いっきり活躍した方が、
作品の質もあがり、
観客の満足度があがるので、
win-win状態でした

 

やっぱり適材適所って大事なんです

 

新生花組はみんなで盛り上がる感があって好印象

歌上手の花組生を、
カゲソロではなく、
もっと前面に起用してあげると、
なおよしでしたけど、
それぞれ適材適所で活躍させており、
非常に見ごたえがありました

 

だからといって、
カレーくんが霞むわけでもないのです

 

ダンスが中心ですから、
しっかり真ん中となって、花組を引っ張ってましたし、
ダンスの花組の復活も匂わせており、
とてもいいスタートとなったのではないでしょうか

 

カレーくんも、
上級生、下級生の才能を信じて、
みんなで花組を盛り上げていく、という姿勢があれば、
第2の紅ゆずるのように、
愛されジェンヌにもなっていきそうです

 

カレーくん、性格も可愛らしいですもんね♪
愛されトップさんとして、
花組を引っ張ってくれそう

 

そういうワクワク感もありました

 

 

そして、
華ちゃんには演技で引っ張ってもらえば、
お芝居も安泰でしょう

 

芝居は華優希、
ショーは柚香光、と共に持ちつ持たれつで、
いい関係が築き上げれそうです

 

とにかく歌だけは、
歌唱力のある花組生にお任せしてくれたらいいだけのこと

 

カレー華での歌は、
主題歌含めて、
1~2曲の1曲入魂であれば許容範囲です!

 

花組の2作目は、
オリジナルとショー付きになるでしょうから、
よっぽどの駄作ではない限り、
期待が出来るのではないかと思います

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
柚香光と水美舞斗の相棒感が眩しい!花組『DANCE OLYMPIA』…ほぼ歌わないは大正解

 

コメント