紅ゆずるの退団としては物足りなさを感じた レビュー『Éclair Brillant』

星組



前回は、
お芝居の『GOD OF STARS-食聖-』の感想をアップしましたので、
今回はレビュー『Eclair Brillant(エクレール ブリアン)』の感想です

HAPPYでなければENDじゃない!紅ゆずるらしさが溢れていた『GOD OF STARS』

さゆみさん(紅ゆずるさん)の宝塚歌劇団最後は、
酒井澄夫先生によるレビューでした

 

いつもお伝えしていますが、
感想は100人いたら、100通りあります
そのことをご理解の上で、
ご閲覧くださると幸いです

 

スポンサーリンク

テーマ曲はまぁまぁよかった

宝塚歌劇団の古き良き、
というコンセプトなのかはわかりませんが、
どこか懐かしさを感じるような、構成と演出だったと思います

 

『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』に、
非常に似た感じのレビューだったように感じました
同じ酒井先生ですから、
似てしまう感、既視感があるのはしょうがないと思います

 

全体的に、
のんびりとした、
ふわっとした夢心地な世界観を、
作り出せていましたが、
インパクトに欠けました

 

でも、
テーマ曲は良かったです
最初は、
そんなに印象に残る感じではなかったのですが、
通ったせいか(笑)、
気がつけば、
「エクレールブリア~ン、エクレールブリア~ン、ジュテーム、ジュテーム、ジュテーーーム♪」と、
口ずさんでいる私がいますw(^_^;)

 

覚えやすくて、
明るいメロディっていいですよね~
系統でいえば、
みっちゃん(北翔海莉さん)の『ロマンス!!(Romance)』みたいなもの
歌唱力云々は言いっこなしでお願いします!
わかってますので…(^_^;)

 

『ロマンス!!』も、
レビューとしてはつまらなかったのですが、
テーマ曲は覚えやすかったです

 

スポンサーリンク

全体的に古き良きすぎた感ありあり

私の宝塚歌劇における「レビュー」って、
まさに『ロマンス!!』や、
ブータカ、
そして、この『エクレール ブリアン』のイメージが強いです

 

いわゆるロマンチックレビューの系統ですね

 

なんていうんでしょうか
本当に、古き時代の、
のんびりとしたパリの街を想像させるような演出
それが私のイメージになります
ラテンの場面も含めてですね

 

今回は、まさにそれ!

 

そのため、
なんだか見たことあるなぁ~、
と感じるような場面多し!

 

決して悪くはないのですが、
特別に思い入れもなく…(^_^;)

 

そう考えると、
『Killer Rouge(キラー ルージュ)』は、
よく出来たショーだったんだなぁ、
とあらためて感じます
『Killer Rouge(キラー ルージュ)』は、
演者がイケてなかっただけで、
ショーの構成は素晴らしかったと評価しています
これで、
歌うまに歌わせ、
ダンス上手に踊らせていれば最高でした…
演者と構成のチグハグ感は、過去最大だったと思いますw
あの衝撃は絶対に忘れない…(^_^;)

 

スポンサーリンク

のんびりとしたレビューのため粗が少なかった

ダンスでガンガン踊るというわけでもなく、
無理した楽曲で歌いまくるわけでもないレビューのため、
非常に粗が無く、とても聴きやすかったですし、
ダンスの場面もよかったと思います

 

割と適材適所で星組生を起用していましたし、
歌の場面でも、
音域を歌える音域に合わせるなどして、
歌唱力が物足りない星組生も、
気持ちよく歌っていたと思います

 

私的記憶に残った場面

私は、大のことちゃん(礼真琴さん)贔屓ですから、
ことちゃん中心での観劇です

そこはご勘弁ください(笑)

 

★オープニングのことせお!

銀橋でことちゃんの美声を堪能した後、
せおっち(瀬央ゆりあさん)とすれ違う箇所
最高の萌えでした♪
ことせおで目が合って、
2人が笑顔でいっぱいになるところはキュン!(*´艸`)
ことせおは最高です!

 

★第6場 パリのこっとん

待望の次期星組トップコンビ・こっとんの、
ある意味お披露目な場面!

 

もう素晴らしいの一言!

 

ひとみちゃん(舞空瞳さん)のダンス能力の高さに、
あらためて脱帽いたしました
あのことちゃんと対等に踊れるって、
本当に凄い逸材でしょう!
来年からのショーでは、踊りまくって欲しいこっとんです!

 

この場面のことちゃんを見ると、
やはり『ロミオとジュリエット』が観たくなります
私の目では、
もはやロミオにしか見えなかったよw
歌も透明感のある素に近い歌声で、
低音の魅力なことちゃんとは、
また別の顔を覗かせていました
この場面だけ、永遠にリピートしたい!

 

ことちゃんの感想でも、
また語っちゃうかもしれません…(^_^;)

 

★第7場 ラテン

私の大好きなドSあーちゃん(綺咲愛里さん)!
ボブな髪型も似合ってました

 

あとは、
歌はほのかちゃん(小桜ほのかさん)あたりに歌ってもらえていれば、
完璧でした!
この場面はダンスだけで、
男役を虜にする場面であってほしかったです

 

★第8場 ラテン

この場面は、
べにきさきことのトリデンテで踊る場面なのですが、
私的には、
べにことだけで踊って欲しかったなぁ、
と野暮なこと思いました
最後だからこそ、
べにことの場面で観たかったです…

 

★第10場 ラテン

せおっちのソロ!
せおっちカッコよかったし、
歌もだいぶ歌えるようになってきましたよね
ポップスはズッコケますけど、
この手の曲であれば、全然OK!
次世代の星組での活躍に、
期待しまくります

 

★第11場 ボレロ

悪くはなかったのですが、
曲が「ボレロ」なのがちょっと…
もう少しいい選曲があったように思います

 

ダンスそのものは素敵だっただけに、
「ボレロ」のために、
構成が想像ついてしまうのがもったいなかったです
どうしても、
ああいった演出になりますので…

 

★フィナーレ 黒燕尾

この場面では、
涙が溢れて止まらなかったです
やはり宝塚歌劇の伝統であり、
神聖な場面となる黒燕尾

 

その真ん中で輝いているさゆみさんの姿が、
とても尊くて、
横にいることちゃん含めて、
この並びで見ることは、
もう2度とないんだなぁ、と感じてしまい、
切なさがMAXになりました

 

★フィナーレ デュエットダンス

大階段の前の、
本当に最後の場面は、べにきさきのデュエットダンス

 

宝塚という夢の世界で
さゆみさんも、
あーちゃんも幸せそうに踊っているのが、
非常に印象的でした

 

ファンの方へも、
しっかり心に残るように、
デュエットダンスを1番最後にしたのは大正解!
『ロマンス!!』の構成は最悪だったもんなぁ…、
と思い出したのは内緒w

 

★エトワール 舞空瞳

『GOD OF STARS-食聖-』での、
スーパーアイドルでは、
スッコケ歌唱になってしまったひとみちゃんですけど、
エトワールでは、
なんとか盛り返したかな?(^_^;)

 

そりゃJ-POPにブーイングが出るのは、
仕方がないでしょうね…
ヅカ歌唱と、
J-POPの相性はすこぶる悪いので…
『カンパニー』でも、
としさん(宇月颯さん)だけが、
素晴らしかったし…

 

ヅカ歌唱としては、
まぁまぁ良しとします

 

ただ、次期トップ娘役ですし、
元々星組生ではないので、
仕方がなかったとは思いますが、
エトワールは歌唱力のある方に歌って欲しいかな、
と思います
今回に限らずに…

 

スポンサーリンク

べにことへの想い

現星組は、
ショースターのトップスターではありませんので、
本当の意味でのショーの中心は、
どうしても、
2番手のことちゃんなります

 

たださゆみさんが素晴らしいのは、
それを許してくれたこと!
トップスターは自分が目立ってなんぼですけど、
そういうガツガツしたところがなかったのが、
さゆみさんのお人柄が表れていました
これはトップスター紅ゆずるの時代は、
一貫して変わっていません

 

ことちゃんの溢れんばかりの才能を潰さずに、
惜しげもなくショーで場面を与えてくれたことには、
感謝しかないです

 

最後に

これでお別れするには、
少し物足りなさもありますけど、
悪くはないレビューだったので、
よかったのかなとは思います

 

ただ、
やはりそんなに印象に残らないんですよね…
私がことちゃん好きだからですけど、
こっとんのパリの場面しか、
鮮明に思い出せません

 

せめて、べにことの場面が欲しかったかな
最後に、
べにことを記憶に残したかったです…

 

参加しています!
クリックをしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

HAPPYでなければENDじゃない!紅ゆずるらしさが溢れていた『GOD OF STARS』
星組『GOD OF STARS-食聖-』のMY楽も終え、 紅ゆずるフェアウェルパーティーのごとく、 キャラクターアンケートも発表出来ましたので、 落ち着いて、 観劇感想をアップします! 今回は、 さゆみさん(紅ゆずる...

 

コメント