星組本公演決定『斜陽の国のルスダン』&『JAGUAR BEAT』…タイトルロールがヒロインで暁千星の星組お披露目本公演

星組



本日、公式HPにて、
星組次回本公演の演目が発表されました

 

この公演が、
宝塚大劇場の2022年最後の公演ですね

 

長い冬が明けて、
春になると途端に月日の流れが高速化する感覚がありますw
きっとあれよあれよと気づけば年末になるのだろうな、という気がします
あくまでも私的に、ですけど…
特に夏からは本当に早い…
仕事のせいもあるんですけどね…
毎年めっちゃ暑い時から激務体制に入り、
それが年末から年明けまでかかるという…(^_^;)

 

どーでもいい話をしてしまいました、すみません…

 

ということで、
今回はその星組の本公演作品について、
ファーストインプレッションを語ります

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

星組次回作は原作付きの『斜陽の国のルスダン(仮)』

今度の星組本公演は、
ショー付きの2本立てになりますヽ(*´∀`)ノ

 

ことちゃんはショースターなので、
ショー付きの2本立ては正解!

 

生田大和先生の脚本・演出の『斜陽の国のルスダン(仮)』と、
齋藤吉正先生の作・演出の『JAGUAR BEAT-ジャガービート-』です

 

星組に生田先生の登板ですか…(*゚Д゚*)

 

しかも原作付きなんですね…
ワタクシ、この作品は存じ上げないのですが、
以前、私の愛してやまない花さん(花總まりさん)が、
ラジオドラマだかでご出演されてたような気がする…と思っていたら、
やはりそうでした
これ聴いてないんですけど(花さんファン失格w)、
主人公は女性なんですよね~

 

『斜陽の国のルスダン(仮)』は、
宝塚歌劇ではあるあるの女性主人公原作物のようですね

 

私的には、
宝塚歌劇の原作が女性主人公物はあまり好まないのですが、
上手に演出されれば、
きちんとトップスターが真ん中になるので、
生田先生には頑張ってもらいたいです

 

宝塚歌劇の至宝『エリザベート』も本来は女性が主人公
最近では『アナスタシア』も女性が主人公でした

 

近年の少女マンガ原作物ですと、
『はいからさんが通る』
『花より男子』
『天は赤い河のほとり』などが思う浮かべられますが、
いずれも上手にトップスターを真ん中に持って来てました

 

若干、
天河はまどちんみが強かったですが…(^_^;)

 

この手の主人公とヒロインのスポットを逆転させるには、
ヒロインを観客側に置き換えられるような、
ドキドキな演出がポイントの一つだと思っています

 

それを生田先生がどう演出されるのかが、
とても楽しみです

 

生田先生は人間ドラマを描くことは長けてますけど、
恋愛をどう描かれるのかが興味津々
純愛になるであろう雰囲気が、
作品概要から感じますので、
こっとんの愛らしさ、
慈しみさが溢れた感じのカップルになるといいな、と期待しております

 

『斜陽の国のルスダン(仮)』は仮タイトルになっているので、
タイトルが変わるのでしょうか?
サブタイトルを付け加える形かな?

 

ルスダンのままであれば、
ひっとんは、『ハンナのお花屋さん』以来のタイトルロールですね
さすが劇団愛の強い娘役さんです!(*´艸`)

 

あ、生田先生なので大丈夫かと思いますけど、
先行画像とポスターは頑張ってください(笑)
いや本当に『めぐり会いは再び next generation』のようなホームランでお願いします!(主にことちゃんw)

舞空瞳はどこ?星組『めぐり会いは再び ng』ポスターに驚き!礼真琴は事故らなかったのに…&礼真琴の歴代ポスター評価

 

ダブルプレーで、
スリーアウトチャンジな感じはご勘弁を!(´・ω・`) ボウオウケ

 

スポンサーリンク

名前が明記されたジャラルッディーン役は誰が演じるのか気になる

原作がわからないので、作品概要を読みますと、
気になるのは、
亡国ホラズムの王ジャラルッディーンですね

 

この感じであれば、
芝居上手なせおっち(瀬央ゆりあさん)の方が向いていそうですけど、
ぜひそれで観たいと思いますけど、
ありちゃん(暁千星さん)なのでしょうかね?

 

せおっちは、
ことちゃんの親友役でもいいですけど、
そういう役があるのかどうかも不明…(^_^;)

 

せおっちとありちゃんの番手問題もありますし、
そうなるとせおっちの進退も気になるところ…

 

以前から何度か語っておりますけど、
せおっちには、
長く星組でご活躍して欲しいです…
たとえ路線から外れたとしても…
ただ応援されているファンの方々は複雑ですよね…

 

そのあたりも気になります

 

芝居上手なみっきーさん(天寿光希さん)が退団されますし、
芝居の要となる上級生の一人として、
星組でのご活躍が観たいです

 

とりあえずは、ごましていくのでしょうけど…
それが『モンテ・クリスト伯』でしょうし…
ことちゃんに似合うかどうかよりも、
番手ごまかしを重視したとしたとしか思えない演目ですから…

 

百歩譲って、
ことちゃんが演じたくて仕方がなかったとしても、
そのビジュアルは似合わないよ、と止めて欲しかったくらいです…(´・ω・`)

 

でも、『モンテ・クリスト伯』の作品自体は、
しっかりとしているので、見ごたえはあるんですけどね…
ただ見た目に全く萌えがないという(笑)

 

スポンサーリンク

齋藤吉正ショー『JAGUAR BEAT』

そして、
ショーは齋藤先生の『JAGUAR BEAT-ジャガービート-』です

 

なんか既視感あるなぁと思って、
大尊敬のブログ様を見たら、そっか!
『Cool Beast!!』だ!(笑)(^_^;)

 

私的には、
サイトーショーはスピーディーな展開の上、
組子をたくさん起用してくださるので、
評価は高い方なのですが、
苦手な方も多いのが現実…(^_^;)

 

前回の星組登板だったショー『Killer Rouge』も、
とてもスピーディーで、
星組生がたくさん活躍していました
ただ、ビックリするほど歌が「・・・」だったので、
そこをどうにかして欲しいというのはものすごくありましたが…(^_^;)
特にオープニングの歌い継ぎの場面での衝撃は忘れられませんからw
本当にすごかった…としか言いようがないです
ある意味本当に「伝説」でしょうね…(テーマ曲の歌詞にもあるんですよw)

 

『Killer Rouge』そのものは、楽しい作品だと思います
歌えるトップコンビであれば、相当楽しいショーだったはず…と私的には思いますです…

 

歌唱力抜群なことちゃんに、
素敵なダンスのひっとん、
そこに、歌うまダンサーのありちゃんが加わるんですから、
『Killer Rouge』みたいなショーでも絶対楽しいはず

 

全く別物でしょうけど(笑)

 

とにかく、
今の宝塚で随一の歌唱力を持つことちゃんには、
その魅力を存分に引き出すショーにして欲しいです

 

半人半獣とかどーでもいいよw
どうか危険区域になりませんように…(^_^;)

 

ことちゃんの星組に、
いよいよありちゃんが加わり、
真ん中4人の中のうちの3人がショースターになるわけですから、
とても楽しみにしているヅカファンは多いでしょう

 

月組ファンの方々も、
温かい目で見守ってくださっているでしょうから、
サイトー先生には、
しっかりした作品に仕上げて欲しいです!

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
次回星組は礼真琴全ツ『モンテ・クリスト伯』&極美慎『ベアタ・ベアトリクス』…全ツ演目がなんでこれなのか納得

 

コメント