礼真琴がモーツァルトなら望海風斗はベートーヴェン!だいきほのフィナーレ!?上田久美子の雪組『f f f』

雪組



本日、公式HPにて、
次々回雪組さんの本公演が発表されました!

 

お芝居は上田久美子先生の作品、
『f f f -フォルティッシッシモ-』~歓喜に歌え!~
レビューは、生田大和先生のショー
『シルクロード~盗賊と宝石~』です

 

ウエクミ信者としては、
だいきほでのウエクミ作品とは、とてつもなく嬉しい♪

 

そして、
生田先生の初ショー!

 

これがだいきほの集大成となる作品なのかどうか…

 

スポンサーリンク

礼真琴がモーツァルトなら望海風斗はベートーヴェン!

だいもんさん(望海風斗さん)がベートーヴェン!?Σ(゚∀゚*)

 

うわーうわーうわー!!!!
めちゃくちゃ似合うんですけど…

 

真の歌唱力の持ち主のだいもんさんには、
ピッタリ過ぎる人物じゃないですか!
しかも楽聖と称され、
未だに愛され続ける音楽家のベートーヴェンとは!

 

これ、
だいもんさんがベートーヴェンっていうだけで、
チケットバカ売れ決定の案件…(^_^;)

 

ことちゃん(礼真琴さん)がモーツァルトってなった時、
あまりにもピッタリでしっくりきましたけど、
だいもんさんのベートーヴェンも、
これまたドンピシャ!ヽ(*゜∀゜*)ノ

 

ことちゃんは、
モーツァルトの生まれ変わりのような素晴らしさなので、
だいもんさんも、
ベートーヴェンの生まれ変わりのようになるんでしょうね…

 

素晴らしい題材です!

 

私が宝塚か関西在住であれば、
毎日通って立ち見でもいいから見続けたい作品かも!
物理的に無理ですけどね…(^_^;)
ご隠居さんなら可能ですけど…

 

そのうち、
誰かがバッハをやれば、
3大音楽家を宝塚歌劇で上演できますね♪
バッハを演じられるほどの歌唱力の持ち主じゃないと、
全くダメでしょうけど…

 

スポンサーリンク

上田久美子先生の名作といえば『翼ある人びと』

私的に、
ウエクミ先生の名作中の名作といえば、
まぁくん(朝夏まなとさん)主演の
『翼ある人びと-ブラームスとクララ・シューマン-』でした
1番大好きな作品です

 

今でも思い出すと、
胸がギュッと締め付けられる感覚が襲い、
涙がじわっとくる作品です

 

場面の1つ1つも美しかったです
まぁくんはもちろんですけど、
うららちゃん(伶美うららさん)がため息が出る美しさ…

 

キタさん(緒月遠麻さん)を交えた三角関係が、
映像のように、絵画のように美しかったです…

 

その時ウエクミ先生は、
ブラームスとシューマンを描かれてました

 

今度はだいもんさんでベートーヴェンなんですね

 

ウエクミ先生は、
重厚な音楽がお好みなのかな?
『翼ある人びと』以上の作品に、
なることを期待したいです

 

なんといっても、
『翼ある人びと』との違いは、
まあやちゃん(真彩希帆さん)は、
最高の歌姫ですからね♪

 

美貌はうららちゃんに軍配ですけど、
歌唱力は比べてはいけませんから…(^_^;)
あ、私はうららちゃんの美貌信者で、
まあやちゃん信者です(笑)

 

基本的に実力派が好きなので、
うららちゃんが珍しいかな?
あれだけの美貌だったら、そりゃひれ伏すよw
歌はビックリでしたけど…(^_^;)

 

スポンサーリンク

気になるのは『f f f』がだいきほの退団公演かどうか…

2020年の雪組2作目に当たるのが、
この『f f f』『シルクロード~盗賊と宝石~』です

 

作品の説明を見ても、
タイトルを見ても、
あまり退団色はないです

 

でも、まぁくんは、
ウエクミ先生の『神々の土地』でご卒業されました…

 

ウエクミ先生が退団公演請負人であれば、
十分にあり得ます

 

主人公がベートーヴェンというのも、
歌唱力を武器にした、
音楽に愛されているだいもんさんにピッタリ!

 

同じく、
音楽に愛されているまあやちゃんにもピッタリ!

 

 

退団公演に駄作(あるいは超超凡作)が多い中、
短期での退団ですと、
良作が多いのです

 

だいもんさんの場合、
ファンにとっては、
1作理事降臨という最大のアクシデントがありましたから、
全体的に、
作品には恵まれていると思います
そして、
最後も駄作にならずに済みそうですね

 

駄作でもいいから6作主演で観たかった、
というのが本音でしょうけど…
もしくは、
『凱旋門』は、
だいもんさん主演でよかった
としか言いようがないです…(^_^;)

 

理事の『凱旋門』の演技は素晴らしかったですけどね…

 

ナポレオンが咲ちゃん(彩風咲奈さん)で、
ゲーテは翔くん(彩凪翔さん)なのか、
あーさちゃん(朝美絢さん)なのか…
配役や登場人物も気になります…

 

 

それにしても、
ウエクミ先生、
宙組のトンチキ風味とは大違い(笑)

真風涼帆主演『FLYING SAPA』はトンチキっぽいけど上田久美子信者なので大丈夫!なはず…

実際は、
練られた作品でしょうけど、
タイトルが意味不明ですもんね…w

 

生田大和先生の初のショー『シルクロード~盗賊と宝石~』

なんか副題の「~盗賊と宝石~」が、
ウエクミ先生の『BADDY』みたいなんですけど…(^_^;)
ショーの説明は、
そんな雰囲気がないので、ホッとします

 

生田先生といえば、
だいきほのお披露目本公演『ひかりふる路』ですよね…

 

だいきほととてもご縁のある先生…

 

そう考えると、
だいきほの集大成となるような、
ショーになるような感じがします

 

『BADDY』みたいなじゃなくていいので(笑)、
だいきほの魅力を、
最大限に引き出す演出でお願いしたいかな

 

どうなるかわかりませんけど、
まずは次回作の『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』をしっかり観劇せねば…
それが大事ですよね
1作品1作品、しっかり見て記憶に焼きつけたいです…

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

【関連記事】
ショック!望海風斗コンサート&真彩希帆のMS開催…退団フラグが立つ…

 

コメント