退団前の望海風斗『NOW! ZOOM ME!!』の東京公演中止!公演日程の見直しは難しいのか問題

雪組



本日、公式HPにて、
だいもんさん(望海風斗さん)のコンサート、
『NOW! ZOOM ME!!』の東京公演中止の発表がありました…

 

公式の発表によりますと、
「東京都文京区より、
新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、
文京シビックホールの施設使用中止の要請があった」とのこと(公式HP

 

4月末までの上演は厳しいとは思ってましたけど、
現実を突きつけられるとショックが大きいです

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

予感はあったが『NOW! ZOOM ME!!』の東京公演中止はショック!

4月末までの上演は厳しいとは思ってましたけど、
現実を突きつけられるとショックが大きいです

 

現状増え続ける一方のコロナ感染者…
特に、
人口が密集している東京では、
これまでの人数が少なすぎただけで、
まだまだ感染者数が増える可能性もあります

 

1日に検査が出来る人数にかなり制限があるので、
実際には検査を受けられない状況を踏まえると、
潜在的にはもっと多くの感染者がいることも想像できます

 

そこで、
文京区が懸念をして、
感染症拡大を防止のために、
会場である文京シビックホールの使用中止を要請した、
というのは仕方がないことです

 

でもでも、
やっぱりショックは大きいです!

 

私は元々チケットが取れなかったので、
ライブビューイング組でしたけど(取れるかどうかは別)、
生鑑賞は出来ずとも、
オンタイムで見れるというのを心待ちにしていましたから…

 

ヅカファンはみんなそうですよね…

 

スポンサーリンク

万が一望海コンの神戸公演も中止になるようであれば無観客での撮影を希望

日本中が大変な思いをしているので、
今回の中止の件は、
心の底から残念ですけど、仕方がないでしょう

 

あとは、
神戸での開催ですけど、
こちらもどうなるのかは現時点では何とも言えません
本当に開催できるほど、
コロナが収束していることを祈るばかりです
もう祈ることと、
個人が自粛をしっかりしていくことしか、
私たちに出来ることはありませんから…

 

大尊敬のブログ様も記事にしてましたけど、
もし、公演出来ないようなことがあれば、
その公演、無観客でも映像に残せないものでしょうか

 

見たいヅカファンは大勢います

 

圧倒的な真の歌唱力を持つだいもんさんからこそ、
今回のコンサートへのヅカファンの期待は大きかったです

 

あくまでも、
全公演が中止になるようであれば、ですけど…
公演ができれば、
神戸国際会館こくさいホールでの撮影はできるでしょうから…
5月の末なので、
きちんと開催できることを願うばかりです…

 

井上芳雄さんとの共演の可能性は残されましたが、
ラミン・カリムルーさんとの共演はなくなってしまいました…
本当に悲しすぎる…

 

スポンサーリンク

宙組『FLYING SAPA』と『壮麗帝』も上演を救って欲しい

志村けんさんの訃報もありましたが、
今週の東京はこれまで以上に、危機感を募らせています
それは、
テレビ局も同様

 

先日語った記事でも、
テレビ関係者からも感染者が出ていました

宝塚歌劇は稽古含めて当面中止でいい

 

それに合わせて、
世間の声の強まりも後押しして、
番組制作の延期も出てきてます
エンターテインメント界全体を巻き込み始めました

 

この状況で、
果たして公演休止中の宙組の公演はできるのでしょうか

 

まかまどの『FLYING SAPA -フライング サパ-』と、
ずんちゃん(桜木みなとさん)の『壮麗帝』です

 

こちらも上演中止になるようであれば、
秋の博多座公演で上演して欲しいです

 

ずんちゃんのは、
別箱ではありませんけど、
バウででもいいので上演してあげて欲しいです

 

無理なのかなぁ…

 

宝塚歌劇団の描いている設計図が狂い始めている

だいきほの退団公演、
『f f f -フォルティッシッシモ-』
『シルクロード~盗賊と宝石~』は、
7月17日から開幕します

 

さすがにそれまでには収束していると信じたいのですが、
未知なる感染症なので、
現状では適当なことは言えません…
ただただコロナが終焉していることを祈るだけです

 

万が一、
ここまで余波があるのであれば、
その前の花組の『はいからさんが通る』が、
丸々公演出来ないという前代未聞の事態となります

 

そして、
だいきほ退団公演前に上演予定の、
月組『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』、
宙組『アナスタシア』も、
もれなく影響が出ているわけです

 

106年の歴史を持ってしても、
こんな先の見えない状況は、
戦争の時以来なのでしょう

 

そのぐらい大きな出来事なわけです

 

こうなってくると、
前回ダラダラ語りましたけど、
公演の後ろ倒しは出来ないものでしょうか…

 

年単位で、
全体を動かす業務計画を立てている宝塚歌劇団としては、
非常に頭が痛いところでしょう

 

だいきほの退団公演の時期をズラすというのも、
容易ではなでしょうから…

 

スポンサーリンク

だいきほの未来予想図は決定しているだろうから本公演の日程はマストなのか?

だいもんさんも、
まあやちゃんも、
宝塚歌劇史上稀に見る、
真の歌唱力の持ち主ですから、
退団後の予想図が描かれ始めていると思っています

 

それが夢組(タカラヅカ・ライブ・ネクスト)とは思えず…(^_^;)

 

だいもんさんを目玉にしたい、
というのであればあり得なくはないでしょうけど…
はたしてそうなのかな?

 

まあやちゃんは、
新妻聖子さんや、
濱田めぐみさんに通じるミュージカル女優として、
確固たる地位を築ける逸材であるので、
夢組ではもったいないような…(^_^;)

 

たぶん、
外部でのご活躍のラインが引かれていると思っています

 

みりおくん(明日海りおさん)のように、
退団後かなり時間が経って、
初仕事が発表されたので、
それぐらいの時間があるのであれば、
公演をズラすことも可能なのかな、と思ったり…

 

ただ、
ヅカファンとしては、
だいもんさんとまあやちゃんを、
気持ちよく送り出してあげたいです

 

もうそれだけ!
ちゃんと休みなく上演されて、
東京で大千秋楽を迎えられる…

 

こんな当たり前の光景が、
今は難しいのが悲しすぎます

 

上演出来なかった演目に、
救いがあればいいなぁ、というのがテーマでしたけど、
私らしく、だいきほで着地です…(^_^;)

 

本日は、
向こうでもう1本記事を更新します
ユキさん(たかね吹々己さん)について語っておきます

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
望海風斗コンサート&『はいからさんが通る』本公演…公演をずらして上演は本当に無理なのだろうか?

 

コメント