縣千にピッタリの演目『Sweet Little Rock ‘n’ Roll』&彩海せらへのカーテンコール演出に号泣

雪組



本日は、
ちさとくん(縣千さん)の初バウ主演『Sweet Little Rock ‘n’ Roll』の千秋楽でした
そして、
ライブ配信の日でもありました

 

大尊敬のブログ様から、
時間があればぜひ見て欲しいと太鼓判を押されていましたので、
何が何でも視聴したいという思いが…
幸い時間が取れたので、
無事に視聴することができました!ヽ(*´∀`)ノ

 

そして、
宝塚大劇場では、
月組の『今夜、ロマンス劇場で』新人公演も行われました
無事終わったようでよかったです
主演のぱるくん(礼華はるさん)もホッとしたことでしょう

 

月組の大劇場千秋楽まであと5日8公演、
全力で駆け抜けて欲しいです!
どうか無事に千秋楽の幕が閉じれますように…

 

さて今回は、
雪組のちさとくん主演『Sweet Little Rock ‘n’ Roll』について、
ファーストインプレッションというか、
千秋楽だからこその演出について触れておこうと思います

 

語りたいことは結構あるので、
個別で主要キャストについても後日語ろうと思います

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

縣千の真ん中に立つ力が凄まじい

ちさとくんにとって、
満を持してと言いますか、
ついにと言いますか、
バウ主演となった今作

 

古い作品の再演ではありますけど、
古臭さを感じさせず、
また飽きさせないストーリー展開、
ベタでキュートなアメリカの高校生の恋模様を描かれてました

 

とにかくちさとくんが素晴らしい!

 

オープニングで全員が歌い繋いでいく場面は、
ちょっとした事故くらいの歌のレベルで、
歌上手のあみちゃん(彩海せらさん)ですら、
悪い方に引っ張られており、
すごく心配になりましたが(笑)、
それもそこだけ

 

きっと千秋楽というのと、
カメラが入っていたというのと、
ライブ配信があったのとで、
いろいろ緊張していたのかもしれません
確かに、ちょっと固い感じもしましたし…

 

オープニングの歌はビックリしましたが、
場面としては勢いがあって良い構成でした

 

ちさとくんといえば、
華やかさが売りで、
いわゆるスター性を武器にトップスターロードを歩んでいるタイプです
そこに、
得意のダンスが加わり、
昨年から演技の幅も広がって、
トリッキーな犬や海坊主などの役を経て、
今作の主人公を演じました

 

とにかく真ん中感が凄まじかったです

 

正直歌はもうちょっと頑張って欲しいレベルではありますが、
本人のキーに合わせたオリジナルの作品であれば、
そこまで気にならないだろう、というのも、
今作で感じました

 

お芝居とスター性
そして、溢れ出してきた包容力を武器に、
素敵なトップスターになるのであろう、と確信をした次第

 

あと笑顔が素敵ですよね~

 

あやちゃん(夢白あやさん)も、
その陽のオーラに引き寄せられたのか、
明るい美人さんになってましたし…
とてもお似合いの二人でした

 

ポスターに偽りなしw

 

スポンサーリンク

フィナーレが素敵だった件

お芝居の部分も、
アメリカの映画にでも出てくるような青春劇で、
わかりやすいのと、
明るくてポップなのとで、
とても楽しい作品となってました

 

中村暁先生もこういう作品を書かれていたんですよね…

 

メインとなるビリー&シンディー、
ロバート&メアリーはもちろんですが、
キャストそれぞれに見どころがあって、
若い雪組の才能が爆発していたようにも感じました

 

先生方が世話好きというところも微笑ましいw

 

で、フィナーレです

 

最近はフィナーレ付きのバウや別箱公演が増えてますけど、
純粋にいいですよね~
私的には支持したいです

 

フィナーレの構成は、こうでした

①縣千のK-POP
②彩海せらのソロ(夢白とのダンス付)
③娘役群舞
④男役群舞(黒燕尾)
⑤デュエットダンス

 

宝塚歌劇はK-POP好きですよね~(^_^;)
K-POPじゃないのかな?
それっぽかったですけど…

 

ラップだと多少の音程が取れなくても、
割となんとか行けるという利点がありますが、
言葉をリズムに乗せるので、
それが難しいという面もあります

 

今回のちさとくんのラップは、
特段上手とは言いませんが、
悪くはなかったと思います

 

ダンスがカッコ良かったのでそれが全て!

 

あみちゃんのソロは、
あみちゃんの歌の能力が活かせる曲でした
こういうじっくり聴かせる歌は、本当に上手

 

あみちゃんに関しては、
個別に語りたいので、ここでは割愛しますけど、
歌唱力にはまだまだ伸びしろがありますから、
もっと上を目指して頑張って欲しいです

 

しかし、あみちゃん、
カッコ良くなってきたなぁ…
男役としてのスター性も出てきてました

 

あみちゃんとのダンスの絡みの後、
あやちゃんが率いて、
娘役群舞の場面に移ります

 

あやちゃんも個別で語りたいので、
やはり割愛しますけど、
本当に仕上がってますよね~
美しさにキュートさも加わって、
また一段と良い娘役に成長していっていると感じます

 

そして、今回のフィナーレのメインともいうべき、
ちさとくん率いる黒燕尾服の男役群舞
ためいきがでる美しさと、
若さ溢れるエネルギッシュさと、
黒燕尾の緊張とが入り雑じって見ごたえがありました

 

いつの日にか本公演の真ん中で、
ちさとくんが率いて黒燕尾の場面があるのでしょうけど、
その未来図がよくわかるような男役群舞でした

 

ラストは、
ちさとくんとあやちゃんのデュエットダンス
素敵でしたね…
幸せなビリーとシンディーの姿を重なり、
微笑ましくも愛らしいカップルがダンスをしていました
おでこコッツンもキュートでした

 

スポンサーリンク

彩海せらの涙に心を打つ…カーテンコールの演出

最後はやはりカーテンコールに触れておきます

 

この公演を最後に、
明日から月組へと組替えされるあみちゃんへの餞の場面がありました

 

それも、
『Sweet Little Rock ‘n’ Roll』のキャストがそれぞれあみちゃんロバートに、
一言ずつ声をかけていくのです

 

これは特別にあみちゃんの大ファンではなくても、
心に響く素敵な演出でした
あみちゃんが大好きで涙もろい私は号泣…

 

舞台上のあみちゃんも、
その前の組替えになるご挨拶の時点で泣いてましたけど、
この場面では涙が溢れていました

 

中村暁先生の粋な演出です

 

雪組生全員と顔を合わせることなく、
明日から月組に行ってしまうあみちゃんを温かく送りだしたかったのでしょう

 

ちさとくんが言ってましたよね
咲ちゃん(彩風咲奈さん)のオデッセイチームが、
全員本日のライブ配信を視聴しているって…

 

雪組生全員から送り出されたのと一緒です

 

本当に幸せな雪組人生だったことでしょう
温かい雪組らしさがあって、もう涙が止まりませんでした

 

そして、
忘れてはならないのが、
我が星組のさんちゃん(咲城けいさん)が雪組に組替えされますが、
ちゃんとさんちゃんが雪組に来ることも伝えてくださってました!
さんちゃん、心強いね♪

 

あみちゃんは明日から月組生になりますけど、
元月組生のあーさちゃん(朝美絢さん)がきっと励ましただろうし、
月組には、
元雪組であり現月組のトップスターのれいこさん(月城かなとさん)と、
みちるちゃん(彩みちるさん)がおりますので、
きっと力になってくれることでしょう

 

月組でますます輝くスター人生であることを、
心より楽しみにしております!

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
縣千がバウ初主演!101期1番乗り…現トップスターも下級生時代にバウ主演抜擢

月組の御曹司・暁千星が星組へ組替え!彩海せら&咲城けいも組替え

 

コメント