小桜ほのかの本領発揮!歌姫集結のキャスト別感想『ロックオペラ モーツァルト』

星組



本日は、ちょっと間が空きましたが、
我が星組の『ロックオペラ モーツァルト』の感想の続きです…

 

前回、前々回の2回に渡り、
ことちゃん(礼真琴さん)と、
作品そのものについて、
ヒロイン、ひとみちゃん(舞空瞳さん)について、
そして前回は、
かちゃさん(凪七瑠海さん)について、
感想を語りました

 

今回こそは、
キャスト別の感想です(笑)

 

いつも通りの私の感想メモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

小桜ほのかの魅力を最大限に生かしたアロイジア

『ロックオペラ モーツァルト』には、
星組生の素晴らしい部分が、
いかんなく発揮された作品です

 

その中でも特に素晴らしかったのが、
星組が誇る歌姫、ほのかちゃん(小桜ほのかさん)のアロイジア

 

モーツァルトが夢中になるアロイジア

 

それだけに、
魅力溢れる演技と表現力が大事でした

 

コンスタンツェの姉であり、
フリードリン家の次女であり、
唯一音楽的才能を持ち合わせていたのがアロイジア

 

その辺りの姉妹の力関係、
音楽の才能があるが故の高慢さ、
女性的な魅力が垣間見れる可愛らしさと妖艶さ…

 

アロイジアは、
ほのかちゃんがこれまで演じた役とは、
かなり勝手が違う役だったので、
とても難しかったのではないかと思います

 

ですが、
可愛いお人形さんポジションのコンスタンツェと、
見事に対比して見せたところが、
とにかく素晴らしかったです!

 

歌も文句なしにお見事!

 

ひとみちゃんとのデュエットでは、
ひとみちゃんに合わせる技量を見せつつ、
自身のソロでは、
歌姫としての才能を遠慮なく発揮して、
その辺りの上手さも感じました

 

本当は、見せ場の1つである、
コンスタンツェvsアロイジアの歌バトルの場面では、
同等クラスの歌うま対決であれば、
もっと聴きごたえがあったでしょう

 

もっと言えば、
コンスタンツェが、
きちんと地に足がついたキャラクターであれば、
もっとバトル感が溢れた傑作な場面になったはずですけど、
そうならなかったのは、演出のせいなので、
とてももったいなかったです

 

それでも、
アロイジアのキャラにはブレがなかったので、
ほのかちゃんがしっかりリードしていたのが頼もしかった
そこが救いでした

 

ほのかちゃんは、
一応、路線ヒロインとして育成されていましたけど、
本来の持ち味と魅力を発揮するには、
もっといろんな役に挑戦して、
バイプレイヤーになって欲しいです

 

これだけ三拍子揃った才能あふれる娘役さんは、
とても貴重
歌唱力のあるはるこさん的な感じに育って欲しいです
…と私は勝手に願っています

 

あれだけの歌唱力の持ち主は、
本当に大事にして欲しいです

 

そして、
お芝居でも、ショーでも、
もっとことちゃんとのデュエットを聴かせて欲しいです

 

スポンサーリンク

綺麗だけどがらっぱちなコンスタンツェの母を好演した音波みのり

はるこさん(音波みのりさん)は、
本当に素晴らしい!

 

華やかさと美貌があり、
あの学年で、いまだに瑞々しさも持ち合わせているという、
とても稀有な娘役さんが、はるこさんです

 

今年の全国ツアー『アルジェの男』では、
ことちゃんの相手役のヒロインを熱演!
ことはるというコンビのしっくりさが凄かったです…
はるこさんの方が学年も年齢も上なのに…
お見事でした

 

今回はコンスタンツェの母親セシリア役でしたけど、
これまた、ものすごい迫力のあるがらっぱちな母ちゃん(笑)

 

旦那様であるフリードリンは完全に尻に敷き、
かかあ天下であるのですが、
そのくせ美しい…
その美貌があるからこそ、
4姉妹ともみな美人という設定

 

はるこさんの演技力と表現力が、
とにかくお見事でした
芝居上手の美形って、本当に貴重

 

どんな役でも出来ますからね

 

前回の本公演『GOD OF STARS-食聖-』では、
ヒロインのアイリーンの母親エレノアを演じてましたけど、
エレノアが母性溢れる役だったのと対照的でした

 

この辺りの演じ分けも素晴らしかったです

 

スポンサーリンク

存在が大きいジュースマイヤ役の極美慎

ジュースマイヤは、
モーツァルトの弟子で、モーツァルトの死後、
コンスタンツェと結婚する人物ですが、
かなり比重が大きい役でした

 

それをしんくん(極美慎さん)が演じていました

 

語り部的な側面もありつつ
出番も多かったですね…
要所要所の場面では、
必ずと言っていいほど登場する、
かなり重要度の高い役になってました

 

モーツァルトとコンスタンツェの出会いの場面で、
すでに登場するくらいです

 

スタイルも容姿も良いので、
とても見栄えがして素敵でした
お芝居も今までよりもずっと良くなってきています

 

後は、歌かな…
ダンスは飛び抜けて上手になれる要素はないので、
歌を頑張って欲しいです

 

ローゼンベルグ役のしどりゅう(紫藤りゅうさん)と、
フィナーレでは、
ニコイチで扱われていたので、
期待をしたいのですが、
後続のかのんくん(天飛華音さん)が芸達者なので、
何か抜きんでたものがないと、
今後が難しくなっていくと思います

 

組替えしてきたあかくん(綺城ひか理さん)は、
歌唱力ありますからね…

 

星の王子様的要素が高いだけに、頑張って欲しいところ

 

フリードリン家4姉妹とナンネール

アロイジアとコンスタンツェ以外のフリードリン家の姉妹は、
ヨーゼファのいつきちゃん(音咲いつきさん)と、
ゾフィーのせーらちゃん(星蘭ひとみさん)でした

 

4姉妹が並ぶと壮観でしたね
華やかで美しい!
そこに、はるこさん演じるママも加われば、
もはや美貌の無敵状態!

 

ほのかちゃんはファニーフェイスだけど、
雰囲気でカバー

 

星組生として最後になったせーらちゃんは、
本当に綺麗!
立っているだけで華やかって、
1つの才能なんですけど…
なにか1つでも秀でた芸があれば、よかったんですけどね…
でも、本当に美しかった…

 

いつきちゃんは歌えるのですが、
ソロはなかったのが残念ですですけど、
コーラスも多いので、その歌唱力は十分発揮でしたでしょう

 

ナンネール役のまめちゃん(桜庭舞さん)は、
ソロもあり大活躍!
歌姫とまではいかないまでも、
十分歌上手で、素晴らしい歌を披露してくださってました

 

これまで、
なかなかいい役に恵まれず、
新人公演のヒロインもさせてもらえず、
不遇な時期を過ごされましたけど、
ようやく本領発揮の場を与えられ
生き生きと演じられてました

 

トップ娘役の技量に合わせた、
新人公演のヒロイン抜擢や、
本公演の役付きは、本当に考えて欲しいです…
大事な時期を棒に振ってしまうわけですからね…

 

これからは、
もっともっとご活躍されることを楽しみにしています

 

スポンサーリンク

さすがの貫禄の悠真倫とヨーゼフ2世のひろ香祐

モーツァルトの父レオポルドを演じたのが、
専科のまりんさん(悠真倫さん)です

 

こういう深みが必要な役は、
やはり演技がしっかりしている、
専科さんならではの味わい深い演技を楽しませていただきました

 

しかも、歌唱力もありますから、
歌の方もバッチリ!

 

モーツァルトが絶対に頭が上がらなかった父親
その存在感が見事でした

 

 

星組95期の芸達者といえば、
ひろくん(ひろ香祐さん)

 

今回はヨーゼフ2世を好演
オーストリアの王様を、
とてもチャーミングに、
なおかつ威厳も持って演じてました

 

しかも、歌もダンスも上手!
バイプレイヤーとして、
また1歩、大きく成長されてました

 

本当に芸達者ですよね
これからも、
ことちゃんを支えて欲しいですし、
星組を影で引っ張っていく存在になって欲しいです

 

歌姫・白妙なつと夢妃杏瑠と新生星組への期待

この項目は、
別途語りたいですけど、
エトワールは、なっちゃん(白妙なつさん)でした!

 

やはり歌える人が歌ってこそのエトワール

 

しかも、
今回は歌唱力を余すことなく発揮した作品ですから、
エトワールでズッコケることはできません
見事に期待に応えてました!

 

そして、
役そのものが歌姫だったあんるちゃん(夢妃杏瑠さん)

 

目立った出番が多いわけではありませんけど、
しっかりと歌を披露してくれる場面があり、
さすがの歌姫だったあんるちゃん

 

星組で埋もれかけていた実力者たちが、
しっかりと芸で陽の目を見れるのが、素直に嬉しいです

 

 

ことちゃん率いる新生星組は、
ことちゃんが、歌でもダンスでもお芝居でも、
なんでも高水準なので、
いろんなタイプの星組生に見どころを与えられるのが大きいです

 

ひとみちゃんも、
ダンスが抜きんでて素晴らしいのと、
容姿の愛らしさが飛び抜けているので、
これまた忖度する必要はありません

 

歌姫が活躍しようが、
演技派が活躍しようが、
ひとみちゃんは負けない魅力を持ち合わせてますから…

 

こういうときに、
いろんな星組生を活躍させて欲しいですね

 

『ロックオペラ モーツァルト』という作品で、
あらためて星組生の素晴らしさと、
ポテンシャルを体感しましたので、
本当に楽しみしかありません

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
礼真琴がモーツァルトそのもの!だけど不満タラタラな『ロックオペラ モーツァルト』

 

コメント