星組『柳生忍法帖』配役…愛月ひかる&気になる新人公演主演コンビ&今後の星組体制をチラ見

星組



本日、公式HPにて、
星組次回本公演『柳生忍法帖』の全配役発表がありました!
早く相関図が欲しいところですw

 

どういう役どころなのかは、
Wikiでなんとなくはわかったので、
それぞれに当てはめて上演まで楽しみたいです

 

大尊敬のブログ様が、
早速役を当てはめて感想を語られていたので、
ふむふむ…と思って読ませていただきました

 

ということで、
今回は我が愛する星組のことを、
ダラダラ語りたいと思います

 

星組退団者アンケートは、
終了いたしました
ご協力ありがとうございます!

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

愛月ひかるの退団公演となる『柳生忍法帖』

まさかの愛ちゃん(愛月ひかるさん)の退団公演となってしまった、
次回本公演ですけど、
男役・愛月ひかるの怪演を期待したいです

愛月ひかるが退団!星組退団者7名が発表…ルキーニ伝説が破られる時

 

名演ではなく、怪演です

 

愛ちゃんって、
正統派な美しさがあり、
「The宝塚男役」の素晴らしさを表現できますが、
実はトリッキーな役も多く、
その存在感たるや素晴らしいです

 

私的に愛ちゃんの役で、
主演以外で印象に残っているのはこの役です

・『王妃の館』金沢貫一
・『神々の土地』ラスプーチン
・『天は赤い河のほとり』黒太子マッティワザ
・『黒い瞳』プガチョフ
・『ロミオとジュリエット』 死

 

この中で、
特に印象に残っているのは、
ラスプーチンですね…

 

まだ滑舌が怪しい時期ではありましたが、
あのド迫力の存在感と表現力は、凄まじいの一言!
この表現力が、
愛ちゃんの成長と共に、
大きな武器となっていたように感じます
ある意味ターニングポイントだったのでは?

 

それと、金沢かな?
金沢は、今度の雪組『CITY HUNTER』の、
海坊主同様な衝撃でした…(^_^;)
相手となるまどかちゃん(星風まどかさん)もケバい役でしたっけ…
いろいろ凄かったなぁ…

 

愛ちゃんらしい存在感とド迫力で、
きっと、芦名銅伯も、
名演ならぬ怪演になるのではないのかな、
と今から楽しみです

 

ラスプーチンの衝撃を超えてくるのかも
と期待しております

 

スポンサーリンク

気になる新人公演主演コンビ…特に詩ちづる組替え前のヒロイン

そして、
いよいよ星組に新人公演が帰ってくるわけです
前回『眩耀の谷』は2020年2月なので、ずいぶん前ですよね
大劇場では1年8ヵ月ぶりになるのでしょうか

 

当然気になるのは、主演とヒロインです

 

主演は、101期が長の期なので、
最後にもう1作品ということで、
さりおくん(碧海さりおさん)が連投するかもしれません
連投と言っても、
1年8ヵ月ぶりなので、連投という感じは全くしないのですが、
連投は連投です…

 

102期のかのんくん(天飛華音さん)が、
2作目の新人公演主演が出来るのかにも注目ですね

 

『柳生忍法帖』であれば、
かのんくんの方が似合うような気もしますけど、
さりおくんに、
最後のチャンスを与えそうにも思います

 

103期、
あるいは104期からの抜擢も考えられなくはないですが、
まずは上記の2人のどちらかなのかな、という感じがしています
希望としては、
104期のあおねくん(碧音斗和さん)が出て来て欲しいですね
105期のかずとくん(稀惺かずとさん)が上がる前に…

 

主演はまだ絞られますけど、
ヒロインは誰が抜擢されるのでしょうか?
めちゃくちゃ気になります

 

105期の歌姫、
ちづるちゃん(詩ちづるさん)が組替えになる前の、
直前の本公演ですから、
その後のことを考慮すれば、
ここでヒロインに抜擢されておきたいところでしょう

 

いよいよ、
103期のるりはなちゃん(瑠璃花夏さん)かな、
とは思いますが、どうでしょうか?
104期のみらんちゃん(綾音美蘭さん)も控えてますし、
どちらも、
1度は新人公演ヒロインを務めさせておくチャンスです

 

まぁ、普通に考えると、
るりはなちゃんかな、とは思います

 

スポンサーリンク

星組の新体制はどうなるのか

別枠で考察するとは思うのですが、
ざっくりと語っておきます

 

2番手の愛ちゃんが退団となると、
『柳生忍法帖』の次の本公演では、
新しく2番手が誕生します

 

それが正2番手なのか、
2番目的な仮2番手なのかは置いておいて、
誰かが務めることになるでしょう

 

現時点では、
番手をそのまま繰り上げると、
3番手のせおっち(瀬央ゆりあさん)が昇格です

 

・トップスター:礼真琴(95期)
・2番手:瀬央ゆりあ(95期)
・3番手:綺城ひか理(97期)
・4番手:天華えま(98期)
・5番手:極美慎(100期)

 

一応こんな感じでしょうかね

 

しんくん(極美慎さん)の下に、
101期のさりおくん、
102期のかのんくん(天飛華音さん)が続きます

 

せおっちが、
次期トップスターになれる2番手か、というと、
とても難しいとは思っています

 

そのあたりは長くなるので、
また別枠で…

 

しかし、
上記の番手の布陣を見ると、
愛ちゃんの存在感のありがたみが、
じんわりと響いてくるのは、気のせいではないですよね…
なんか弱く感じるんですけど、気のせいですかね?

 

しんくんがもう少し上位に、
そして、
かのんくんが、上記に入れば
また変わってくるのでしょうけど…

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
轟悠主演『婆娑羅の玄孫』…105期の稀惺かずとをあげてきた&極美慎&ヒロイン音波みのり

愛月ひかる主演『マノン』もっと似合う主演作があったと思うのだが…いろいろ思ったこと

 

コメント