宝塚歌劇のスケジュール変更で人事に影響は出るか?芹香斗亜はどうなるのか

つぶやき



コロナの終息っていつなんでしょうね…

 

自粛で引きこもりは全然OKなんですけど(笑)、
それでも、
ほぼ強制的に家の中にいるって、
ストレス溜まりますよね

 

好きで家に籠っているわけではないので…(^_^;)

 

タカラジェンヌさんは、
舞台でご活躍ですから、
本当はのびのびとお稽古やレッスンをして、
自身を高めていきたいところでしょう

 

本当に早く収まって欲しいです…

 

さて、本題ですけど、
今回はまだきちんとまとまってないので、
ダラダラ語ります

 

ゆる~く読んでくださると幸いです

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

公演にタイムラグが生じることの意味

未曾有の事態となったコロナウイルス
いろんな業種で悲鳴をあげているのが現状です

 

私たちが愛してやまない宝塚歌劇団も一緒!

 

公演中止から、
公演のスケージュール変更がされることが、
決定いたしました

 

公演の再開時期は全く不透明です
少なくても、
6月末までは公演中止が決定している以上、
早くても7月からでしょう

 

もっともっと遅れる可能性だってあります

 

どの公演順に公演が再開されるのかは不明ですが、
仮に、
花組が宝塚大劇場、
星組が東京宝塚劇場だとすると、
7月開始で4ヵ月
8月開始で5ヵ月のブランクが生じます

 

半年後になることも考えられます

 

そうすると、
必然的に3~4組の本公演のタイムラグが生じるわけです

 

スポンサーリンク

今後の人事にどのような影響が出るのか

これって、
人事に影響がまったくないわけではないですよね…

 

2月末から公演中止が相次ぎ、
新人公演も中止になってしまっています

 

新人公演は、
主演・ヒロインもですが、
主要な役をどのように演じたのか、
というところまでも見られます

 

それが上演できていない、
というのが本当に気の毒…

 

一応、
舞台上で披露はした
というのをカフェブレイクでみましたけど

 

観客の声はわかりませんが、
先生方や劇団の目には触れているということです
これだけは不幸中の幸い

 

男役の路線は、
劇団が決めているでしょうから、
大きく外すということはないでしょうし、
1年の大きなタイムラグではないので、
そこまでの心配は必要ないかもしれません

 

ただ娘役さんはどうなんでしょうね…

 

娘役さんの花の命は短いので、
影響が全くないとも言えず…

 

咲ちゃんの相手役や、
月組のトップ娘役の人事って、
変更が出たりするものだろうか…
と考えたりします

 

咲ちゃんのトップ就任の発表も、
もう少し先になるのかな…
今はそれどころじゃないですもんね

 

せっかく発表するなら、
落ち着いた時期にして、
みんなから祝福されることが1番大事でしょう

 

スポンサーリンク

芹香斗亜問題

またあらためて記事にしますけど、
1番心配なのが、宙組かなぁ…

 

私自身、
キキちゃん(芹香斗亜さん)は宙組でトップスターに、
と願ってますし、
今でも変わらないのですが、
ゆりかさん(真風涼帆さん)の在任が、
そのまま長くなるということですから、
ここがどうなるのかが気になっています

 

トップスターにはなるでしょうし、
立て直しには、
新陳代謝というテコ入れも必要なので、
キキちゃんがトップスターになることには、
全く不安も何もないです

 

ですが、宙組で待つのかなぁ…
とちょっと思い始めてます

 

コロナ以前までは、
これ以上の組替えはない、と思ってましたし、
言い切ってましたけど、
コロナの影響が計り知れないので、
もしかしたら、ということは出てくるのかもしれません

 

まだ考え中…(^_^;)
いずれまた…

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
宝塚公演スケジュール考察…最優先はだいきほ&たまさくの退団者あり公演から考える

 

コメント