宝塚公演スケジュール考察…最優先はだいきほ&たまさくの退団者あり公演から考える

宝塚考察



昨日は、
公式HPにて、
宝塚歌劇団の公演の中止期間と、
スケージュール変更の発表がありました

 

当面は、
何も上演がないのが辛いですけど、
今の世界の状況を見ても、
仕方がないです

 

どこも大変ですし、
自分たちだって生活が大変ですから…(^_^;)
みんな一緒!

 

とにかく元気であれば、
いつかは夢の世界に浸れるわけですから、
予防に努めて踏ん張りましょうね
私も踏ん張ります!

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

現在発表されている演目と公演順

さて本題です

 

暇なので(笑)
今後のスケジュールはどうなるのかなぁ~と、
ざっくり考えてみました…

 

現在公演スケジュールが出ているのは、
12月までの年内のスケジュールまでです

 

本公演はこれになります

①星組『眩耀の谷』『Ray』
②花組『はいからさんが通る』
③月組『WELCOME TO TAKARAZUKA』『ピガール狂騒曲』
④宙組『アナスタシア』
⑤雪組『f f f』『シルクロード』
⑥星組『ロミオとジュリエット』
⑦花組『アウグストゥス』『Cool Beast!!』
⑧月組『桜嵐記』『Dream Chaser』

 

別箱はこちら

①宙組『FLYING SAPA』
②宙組『壮麗帝』
③雪組『NOW! ZOOM ME!!』
④星組『炎のボレロ』『Music Revolution!』(全国ツアー)
⑤星組『エル・アルコン』『Ray』(全国ツアー)
⑥星組『シラノ・ド・ベルジュラック』
⑦花組『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』
⑧花組『PRINCE OF ROSES』
⑨月組『幽霊刑事』
⑩月組『ダル・レークの恋』(全国ツアー)

 

現状はこの作品の上演が決定し、
アナウンスされている状態です

 

スポンサーリンク

そのまま後ろ倒しというわけにはいかない

宝塚歌劇団には、
「退団」という美学があります
これがあるからこそ、
新陳代謝を繰り返し、
劇団生命を維持しています

 

2020年も2組のトップコンビの退団が予定されていました

 

それがこの2組です
望海風斗さん&真彩希帆さん
珠城りょうさん&美園さくらさん

 

私は以前から何度も記事でお話していますが、
スケージュール変更が出来るのであれば、
した方がいいと語ってました

 

ただし、
上記のトップコンビの退団日程はズラせないであろう
ともお話しています

 

今回の劇団の発表を見ると、
全体的にスケジュールの組直しをし、
公演を実施していく、という主旨でした

 

ということは、
当然だいきほも、たまさくも、
退団公演の日程がズレて、
公演されるということです

 

そうなれば、
優先的にこの2組は、
早めのスケジュールに組み込まれるということになります

 

たまさくは、
まだ先とはいえ、
公演再開がまだまだ先ということを考えれば、
当初の予定からは大幅にズレることが予想されます
元々の退団予定に戻るだけかもしれませんけど(←あくまでも仮説

 

スポンサーリンク

お稽古が済んでいる&セットも出来上がっている公演

次に、
公演再開をするとなれば、
当然お稽古の状況も出て来ます

 

ブランクがあるとはいえ、
コロナの自粛で公演中止になったのは、
星組『眩耀の谷』『Ray』です

 

すでに宝塚大劇場では千秋楽を迎えており、
東京公演からというところでした
すでに、
作品としては完成しております

 

次に大劇場の初日を控えていたのは、
花組『はいからさんが通る』
ここもお稽古は済んで、セットもバッチリ状態でした

 

すぐに公演が出来る状態だった本公演はこの2作品です

 

別箱では、
宙組『FLYING SAPA』と『壮麗帝』が、
お稽古済みで、セットバッチリ体制
あとは上演するのみのスタンバイ状態でした

 

別箱ですぐに公演ができるのはこの作品です

 

退団者を送り出すことが最重要で最優先!

宝塚歌劇でとても大事で、
最優先事項は、上記でも触れているとおり、
なんといっても「退団」!

 

このセレモニーが何よりも大事ですし、
今回のスケージュール変更も、
このことを慮っての最大級の配慮でしょう

 

現在、
退団者を予定していたのは、この4公演です

華形ひかる:星組『眩耀の谷』『Ray』
だいきほ:雪組『f f f』『シルクロード』
たまさく:月組『桜嵐記』『Dream Chaser』
天瀬はつひ:宙組『FLYING SAPA』

 

おそらくこの4公演が、
最優先公演になっていくと思われます
はつひちゃんの『FLYING SAPA』は、
別箱公演なので、
スケジュール組直しの際での調整が必須

 

なので、ここでの語るのが難しいですが、
夏の梅芸か、博多座を抑えているので、
そこに当てていく可能性はあると思います

 

そして、
忘れてはならないのが、
106期生の初舞台!
月組『WELCOME TO TAKARAZUKA』『ピガール狂騒曲』も、
とても大事です

 

スポンサーリンク

現状考えられる本公演の順番

今サクッと考えただけなので、
また考えが変わる可能性があります…(^_^;)

 

とりあえず、
私的に考えた順番はこれ!

●宝塚大劇場版

①月組『WELCOME TO TAKARAZUKA』『ピガール狂騒曲』(106期生初舞台)
②雪組『f f f』『シルクロード』(だいきほ退団)
③花組『はいからさんが通る』
④宙組『アナスタシア』
⑤月組『桜嵐記』『Dream Chaser』(たまさく退団)

 

●東京宝塚劇場版

①星組『眩耀の谷』『Ray』
②月組『WELCOME TO TAKARAZUKA』『ピガール狂騒曲』
③雪組『f f f』『シルクロード』
④花組『はいからさんが通る』
⑤宙組『アナスタシア』
⑥月組『桜嵐記』『Dream Chaser』

 

いつ再開によるかになりますが…

まずは106期生の初舞台で華やかに演出

 

その後に、
だいきほの退団公演という流れがしっくりくるように感じます…

 

その分、
花組『はいからさんが通る』に打撃が出ますけど…
幸か不幸か退団者がいない公演なので、
現状の出ている情報の中では、
優先順位が落ちます

 

あくまでも、
退団者を念頭においているので、
そこはご理解ください

 

 

さらに、
宙組公演で5組終了後に、
月組を最初に持ってきたのは、
やはり退団公演だからです

 

本来はここは星組の順番ですけど、
星組と月組を逆にして
あとは、
雪組→花組→宙組、となるのではないのかな、
と考えました

 

宝塚大劇場ではこの方がしっくりいく感じはします

 

あくまでも考察なので、
間に受けないでくださいね…(^_^;)

 

公演再開は8月ごろか…気になるのは星組生

そもそもですけど、
公演再開はいつかということ

 

まずはお稽古期間が必要になりますので、
6月末まで公演中止であれば、
お稽古もその辺りからになるでしょう

 

ちょうど、
今のスケジュールの雪組の公演時期が、
最初のような気がしています
日程は切りのいい感じにするでしょうけど…

 

本公演は自前なので、
スケージュール変更もしやすいでしょうけど、
別箱が問題になります

 

どこも公演が中止になっていますので、
延期をしているところは押さえているでしょうし…
そこの調整の方が難しそうです

 

あと気になるのが、
退団者が全くおらず、
106期生も入団となれば、
1番の大所帯となる星組…

 

『ロミオとジュリエット』で、
退団者が出ると思いますけど、
ここも気になっています

 

本日は長くなったので、また考えます(笑)

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
望海風斗&真彩希帆の退団日変更!宝塚歌劇の公演が見直しに…たまさくの退団日も変更へ

 

コメント