トップ娘役誕生は花組と月組出身が多いことを再確認…100周年以降でチェックしてみた

宝塚考察



本日は、
ついに東京にて、
星組『ロミオとジュリエット』が開幕しました!ヽ(*´∀`)ノ

 

素晴らしかった宝塚大劇場での公演でしたけど、
東京では、
さらにパワーアップしたロミジュリが見れることを、
今から楽しみにしております
私的東京公演の初日が待ち遠しいです!(*´艸`)

 

だいきほロスをことちゃん(礼真琴さん)で埋めないと…
というか、
ことちゃんが本命ですけどねw(アーンド95期!)

 

さて本日ですが、
月組の次期トップコンビが発表された際に、
脱線しかけたことに触れておこうと思います

 

それは、
100周年以降に就任した、
現在までのトップ娘役の各組、
各学年の状況です

 

以前も語ってますけど、
今回は学年並びで見てみます

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

花組のトップ娘役就任状況

宝塚歌劇団の1番伝統があり、
筆頭の組でもある花組ですが、
その誇り高い伝統は、
路線娘役育成にも、輝かしく発揮され続けています

 

みりおん(実咲凛音さん)は100周年前の就任ではありますが、
各学年での就任状況も含めてですので、
加えております

 

■花組の各学年のトップ娘役就任状況
①94期:仙名彩世(花組)
②95期:実咲凛音(宙組)
③96期:朝月希和(雪組)
④97期:不在
⑤98期:真彩希帆(雪組)
⑥99期:不在
⑦100期:華優希(花組)
⑧101期:不在
⑨102期:舞空瞳(星組)

 

・9年間のトップ娘役就任:6名
・就任率:66.7%

 

本当にその結果が出ているというか、
着実に育成をしっかりしているというか…
さらに、
各学年の空白のなさといい、
就任率といい…
お見事です!
さすが過ぎます

 

また、
なかなか自組での繰り上がりがないイメージの花組ですけど、
この9年間では、
2人の花組持ち上がりのトップ娘役が誕生しています

 

注目すべき点は、
ギリギリの駆け込みのように、
96期からも誕生させ、
94期から96期まで3学年連続を達成
その後は、
1学年おきにトップ娘役を誕生させています

 

あくまでも、
結果を見てのお話ではあるとはいえ、
本当に花組はスゴイ、という印象しかありません

 

今後は、
今のところ路線に名乗りをあげていない、
103期がありますが、
104期と105期は、すでに候補が存在します

 

・104期:都姫ここ、美羽愛
・105期:星空美咲

 

ここに103期も入ってくる可能性は、
もちろんあり得ますので、
上記に加わることもあるでしょう

 

各学年の同じ組から2人は出ない、
という法則も現状は見て取れますので、
104期の2人共というよりは、
どちらかになることも考えられます
あくまでも、憶測ですのでご理解ください

 

スポンサーリンク

月組のトップ娘役就任状況

元々は、
海ちゃん(海乃美月さん)がトップ娘役に就任した際に、
語っていたことが発端になります

 

それは、
98期以外の路線娘役が、
月組ではしっかりトップ娘役に就任している、
という点からでした

 

トップ娘役に就任できること自体が、
とても狭き門なわけですけど、
月組って、連続でトップ娘役を輩出していると気づいたからです

 

100周年以降で見た際、
花組では94期のゆきちゃん(仙名彩世さん)が誕生しましたので、
94期から同様に見ていきます

 

ちゃぴちゃん(愛希れいかさん)は、
100周年前に就任ではありますが、
学年からも見ているため、
みりおん同様に加えています

 

■月組の各学年のトップ娘役就任状況
①94期:不在
②95期:愛希れいか
③96期:咲妃みゆさん
④97期:海乃美月
⑤98期:不在
⑥99期:美園さくら
⑦100期:不在
⑧101期:不在
⑨102期:不在

 

・9年間のトップ娘役就任:4名
・就任率:44.4%

 

花組との大きな違いは、
みゆ姫(咲妃みゆさん)以外は、
みんな月組でトップ娘役に就任したこと

 

その一方で、
ちゃぴちゃんの前には、
らんはなちゃん(蘭乃はなさん)、
ねね様(夢咲ねねさん)と他組でトップ娘役となってますので、
ちゃぴちゃんをキッカケに、
自組昇格が多くなった印象です

 

月組は、
3桁台の100期以降のトップ娘役を誕生させていませんが、
有望株は各学年に控えてますので、
増える可能性はあるでしょう

 

・101期:天紫珠李
・103期:白河りり
・104期:きよら羽龍
・105期:詩ちづる

 

ちづるちゃん(詩ちづるさん)は、
まだ新公ヒロインも抜擢されてませんが、
別箱での扱いを見ると、
今後上げる気があるということが伝わる娘役さんです
阪急電鉄のポスターにもなってますもんね

 

また、
就任空白を極力作らない方針を考慮すると、
101期からのトップ娘役誕生が不透明ですが、
候補としては、
あましちゃん(天紫珠李さん)は、
その有力な候補ではあると思っています

 

97期の海ちゃん(海乃美月さん)が、
逆転ホームランのごとくのトップ娘役就任をみても、
可能性はまだまだあるでしょうから…

 

さらに、
りりちゃん、はねちゃん、ちづるちゃんトリオも、
連続でトップ娘役誕生があり得るかもしれません

 

もしくは、
101期から1学年おきという感じもあるかもしれません
101期→103期→105期ですね

 

いずれにせよ、頼もしい限りの候補者です

 

スポンサーリンク

雪組のトップ娘役就任状況

以前も指摘しましたけど、
雪組は100周年以降、
トップ娘役を全然輩出できていない組でした

 

■雪組の各学年のトップ娘役就任状況
①94期:不在
②95期:不在
③96期:不在
④97期:不在
⑤98期:不在
⑥99期:不在
⑦100期:不在
⑧101期:不在
⑨102期:潤花(宙組)

 

・9年間のトップ娘役就任:1名
・就任率:11.1%

 

じゅんはなちゃん(潤花さん)が雪組でよかった…
ようやく9学年目にして、
トップ娘役を誕生させることができたわけですから…

 

雪組(出身)は、
まだ路線の娘役さんがおりますので、
可能性は十分にありますが…

 

・98期:有沙瞳、星南のぞみ
・99期:野々花ひまり、彩みちる
・105期:音彩唯

 

98期は研10、99期は研9になりますので、
現状トップ娘役の枠が当分空かないことを考慮すると、
非常に難しいように思われます

 

103期のあやちゃん(夢白あやさん)は、
元々は宙組なので、
今回の考察では宙組出身扱いになります

 

そうなると、
雪組出身という括りでいえば、
ゆいちゃん(音彩唯さん)に期待がかかるところでしょう

 

本当に、
まめちゃん(桜庭舞さん)の退団が惜しまれます…

 

星組のトップ娘役就任状況

星組も実はここのところは、
パタッと途絶えた状態になっています

 

■星組の各学年のトップ娘役就任状況
①95期:妃海風(星組)
②96期:綺咲愛里(星組)
③97期:不在
④98期:不在
⑤99期:不在
⑥100期:不在
⑦101期:不在
⑧102期:不在

 

・9年間のトップ娘役就任:2名
・就任率:22.2%

 

星組はさらに、
若手の路線の娘役がまだ誕生していない点という、
マイナス面があります

 

・99期:小桜ほのか
・100期:天彩峰里
・102期:水乃ゆり

 

ほのかちゃんは非常に優秀な娘役さんですが、
雪組でお伝えしたことと同様に、
枠が空きそうにないことと、
学年を考えると、難しいように感じます

 

みずのちゃん(水乃ゆりさん)は、
まだチャンスはあるでしょう
ただ102期から3人目になるという、
別なハードルの高さがあります

 

今後は103期から105期までの娘役さんを、
育成していくとは思いますが、
それがトップ娘役に結びつくことができるのかどうかが、
注目していくことになると思います

 

・100期:天彩峰里(宙組)
・103期:瑠璃花夏
・104期:綾音美蘭

 

まずは103期と104期のの2名が、
今後新人公演でヒロインになることからでしょう

 

星組は、97期以降で、
トップ娘役が1人も出ていないので、
なんとか誕生させて欲しいところです

 

100期のじゅりちゃん(天彩峰里さん)、
なんとかならなって欲しいところです

 

スポンサーリンク

宙組のトップ娘役就任状況

宙組も、
星組同様な感じではあるのですが、
ちょっと違う点があります

 

■宙組の各学年のトップ娘役就任状況
①94期:不在
②95期:不在
③96期:花乃まりあ(花組)
④97期:不在
⑤98期:不在
⑥99期:不在
⑦100期:星風まどか(宙組→花組)
⑧101期:不在
⑨102期:不在

 

・9年間のトップ娘役就任:2名
・就任率:22.2%

 

宙組の場合は、
しばらく出ていないというのではなく、
4年後に誕生という感じになっている点と、
まどかちゃん(星風まどかさん)という、
長期ラインに突入しそうな娘役を輩出したことが大きいです

 

残念ながら専科経由で花組へ組替えとなりますが、
1番若い組の宙組から、長期娘役が誕生するかもしれない点が面白いです

 

さらに宙組の路線娘役さんを見てみます

 

・102期:花宮沙羅
・103期:夢白あや(雪組)
・105期:山吹ひばり

 

102期も人材豊富な期ですけど、
星組のみずのちゃん同様に、
さらちゃん(花宮沙羅さん)にチャンスがあるのかどうか、
注目したいです
歌える娘役さんという点も大事です

 

103期のあやちゃん(夢白あやさん)は、
次なるステップとなる別箱ヒロインに抜擢が待たれるところ

 

105期のひばりちゃん(山吹ひばりさん)は、
今後の大注目株ですので、
まずは新人公演ヒロインの抜擢に期待です

 

星組出身よりは、宙組出身の方が、
なんとなくチャンスを掴みやすそうな育成の仕方をしている気がします

 

ただ実績として、
星組同様の2名のみのトップ娘役なので、
この差が出てくるのかどうかにも注目したいです

 

以上となります

 

とにかく、
1番伝統のある花組と、
次に伝統のある月組から、
多くのトップ娘役が誕生していることが、
よくわかりました

 

また、各学年も就任状況も、
あたらめてみると、
同学年の同組からは1人しか出ないということも理解できました

 

今後この組の就任バランスが変わるのか、
さらに配属組での格差が進むのかも含めて、
見ていきたいと考えてます

 

最後までお付き合いいただきまして、
ありがとうございます

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
現在のトップ娘役の出身は東高西低!…次期月組トップ娘役次第では全員東の可能性も

 

コメント