まかまど解体…宙組トップコンビが解消されるという事実

宙組



11月16日の華ちゃん(華優希さん)が退団発表をされてから、
毎週のようにドッカンドッカンと宝塚砲が放たれて、
驚きというか、
目が点な状況が続いてますw(^_^;)

 

1番驚いたのは、まかまど解体!

 

変な言い方をすれば、
「離婚」のようなもの…(^_^;)

 

今回はこのことをサラっと語っておこうと思います

 

あと、
今回の宙組人事についてのアンケートを開始しました
よろしければご投票ください
コメントもいただけると助かります

宙組トップ娘役人事アンケート

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

過去のスライドを確認 星風まどかの専科組替えはやはり特殊

現役のトップスターとトップ娘役のどちらも退団せず、
宝塚歌劇団に居続けた状態で、
トップコンビを解消するというのは、
大昔は知りませんけど、
私の記憶のある限りでは、
花さん(花總まりさん)くらいしか思い出せません…(^_^;)

 

花さんもスライドしたのは、
雪組でイチロさん(一路真輝さん)
ユキさん(たかね吹々己さん)と組んだ後、
いしさん(轟悠さん)と組みました
その後、
宙組結成のためコンビ解消で宙組スライドをしています

 

その時は、いしさんとは1作のみです
何作も組んだ上でのスライドではありませんでした

 

花さんの他で、
他組にスライドしてトップ娘役に居続けたのは、
71期以降ではこの3名です(抜けがあったらすみません…)

 

月影瞳:麻路さき(星組)⇒轟悠(雪組)
檀れい:真琴つばさ(月組)⇒湖月わたる(星組)
白羽ゆり:湖月わたる(星組)⇒水夏希(雪組)

 

同じ組で、
トップスターを変えるというケースは多々ありますが、
他組にスライドしたというのは、
花さん含めて上記の4名です

 

しかも、花さんだけは、
いしさんと1作組んでのスライドでしたが、
他の上記の3名はみんな、
前任のトップスターが退団したのちに、スライドしています

 

だんさんだけは、
マミさんの後に一旦専科へ行き、
その後にわたるさんと組むために星組に降臨
それでも、前任のマミさんは退団されたための措置でした

 

このように、
組んでいたトップスターが退団したために、
スライドして他の組でトップ娘役を続けるという例はありました
花さんですら、1作のみでスライドです

 

いかに、
今回のまどかちゃん(星風まどかさん)が特殊なのか、
というのがわかります…
まかまどでがっつり5作ですもんね…
しかも恋愛エンドものばかりです…

 

スポンサーリンク

まかまどラブでも添い遂げ派でもないが…

私的には、
まかまどは嫌いではないですが、
特別にすごく好きというわけではありません
いわゆるコンビ萌えは一切ないです

 

ただまかまどは、
舞台は安定しているので、
すごく楽しんで見れるということを堪能していました

 

そして、
何度も語ってますけど、
添い遂げ派でもありませんw(^_^;)

 

もちろん、
慣れ親しんだコンビではなくなる寂しさはありますが、
「添い遂げ」が正義とは特別には思いませんし、
むしろ他の相手との舞台が見れるということを、
新鮮に捉えるタイプです

 

ただしそれは、
やはりどちらかが退団するからこそ、
どこかで「仕方がないよね」という気持ちが働いているからです

 

あと、長期の場合は、
相手役を変えて欲しいというのもあります
やはりずっと同じ相手は長すぎるという考えがあるからです

トップコンビの添い遂げ退団の是非…長期では辛い

 

スポンサーリンク

『アナスタシア』がまかまど最後の作品

まかまどの場合は、
まどかちゃんが優秀なので、
添い遂げでもいいかも…とは思ってましたけど、
そうではない娘役が相手だと、
後半は結構苦痛だったりするわけです…(^_^;)
あくまでも私的な体験ですけど…(笑)
ここは人それぞれの考えや感覚があるでしょう

 

た・だ・し、
その場合はあくまでも相手が卒業してしまう
ということが前提でした…
上記の、どこかで「仕方がないよね」が発動できるからなんだと思います

 

それが、
今回のまかまどは、
お互いのどちらかが卒業するわけでもないのに、
コンビ解消となったわけです

 

これはなかなか衝撃的だったのではないでしょうか…

 

私の大尊敬のブログ様は、
まかまどが大好きなので、しょんぼりされてました…
本当になんて言葉をかけていいのやら…

 

まさか『アナスタシア』がまかまど最後の演目なるなんて…

 

それも退団ではなく、
現役のまま別れてしまうというのが、
今でもショックです…

 

それぞれの新しいコンビに期待するしかない

とはいえ、
決まったことをどうこう言っても、
元の戻ることはありませんので、
ゆりかさん(真風涼帆さん)が、
新しくじゅんはなちゃん(潤花さん)を相手役に迎えるわけですから、
その化学反応を楽しんだ方が得策です

 

同様に、
まどかちゃんも、
新たな相手役が決まるのでしょうから、
こちらもニューまどかを楽しんだ方がいいわけです

 

今はショックですけど、
『Hotel Svizra House ホテル スヴィッツラ ハウス』でのプレお披露目を経て、
本公演『シャーロック・ホームズ(仮)』『Delicieux(デリシュー)!』では、
きっと慣れも出てくるのではないかなと思っています

 

歌の面では
「まどかちゃんカムバーーック」な気持ちにはなりそうですが(笑)、
まか潤も悪くはなさげな印象があるので、
どんなコンビに仕上がっていくのか、楽しみではあります

 

まどかちゃんは、
ほぼほぼ花組へ組替えでしょう
せめて今度は歌唱力のあるトップスターと組んで
デュエットで魅了させてほしかったですが、
それは叶わず…(^_^;)

 

その分、
カレーくん(柚香光さん)とは、
愛らしいビジュアルでファンを夢心地にしてくれるのでしょう

 

カレーくんではなく、
月組でれいこさん(月城かなとさん)の相手役になる場合は、
歌にも期待が持てます♪

 

私的には、
キキちゃん(芹香斗亜さん)との、
歌うま同士でのデュエットを望んでましたけど、
それは叶わぬ夢ですね…
万が一、キキちゃんが月組トップスターになったとしても、
まどかちゃんが一緒というわけはないでしょうから…
残念無念ですが、仕方がありません…

 

スポンサーリンク

今後スライドするのであれば退団後にして欲しい

スライドが今後も生じるかはわかりませんけど、
自組内であればいいですが、
他組へのスライドなのであれば、
最低限どちらかが退団後の方がいいかな、と感じました

 

なんかコンビ解消ってイメージがマイナスですよね…
冒頭でも言いましたが、「離婚」ですもの…

 

まかまどは決して不仲ではなかったので、
それゆえに寂しい感じもします
とはいえ、
ベタベタなコンビ売りでもなかったですけど…
このくらいでちょうどいいという距離感でした

 

今回のある種の大ナタを振るいましたけど、
宝塚歌劇団はこうやって100年以上も乗り越えてきたので、
また時間が解決するんでしょう…

 

『アナスタシア』の東京公演を堪能したいと思います
はぁ…こんなことなら、
14日の大劇場千秋楽のライブ配信を見たかったです
仕事でどうしても無理なのが悔やまれます…
まぁ働かざる者食うべからず、ですから頑張ります(笑)

 

最後に…
専科って逃げ場じゃないはず
新専科みたいなのは止めて欲しいです…
あれは悪夢でした…

 

とはいえ、
今後も都合よく利用するんでしょうね…

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
星風まどか専科へ&潤花宙組トップ娘役就任…2大スゴツヨ娘役の行く末が決定

真風涼帆の去就の可能性をあらためて考える…華優希の退団から

 

コメント