桜木みなとは拗らせ男子を邁進&夢白あやの美貌…宙組『El Japón』

宙組



宙組さんの本公演、
『El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-』
『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』の感想の続きです

 

今回は、
私の宙組で1番大好きな、
95期のずんちゃん(桜木みなとさん)のことです

 

ついでに、
あやちゃん(夢白あやさん)のことも語っておきます

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

拗らせ男子役街道まっしぐらな桜木みなと

ずんちゃんは、
まどかちゃん(星風まどかさん)に横恋慕するか、
性格がひん曲がった役ばかりですけど、
今回も漏れずに(笑)、
拗らせ男子の役でした

 

ずんちゃんって、
正統派な王子様が似合うジェンヌさんなので、
あまり奇をてらう役ではなく、
ゆりかさん(真風涼帆さん)の弟とか、
キキちゃん(芹香斗亜さん)の相棒とか、
そういう役でもいいはずなんですけど…(^_^;)

 

私の中でのずんちゃんで好きな役は、
へなちょこな戸川くん(ことちゃんのリー・ロンロンと一緒で完全に私の好みw)、
WSSのリフ(アニータは観れてません)、
エリザベートのルドルフ、
王家のメレルカ…
この辺りの役が好きです

 

あと、場面では、
オーシャンズのテスとのキスシーン(笑)

 

 

現在はとにかく、
一方的に拗れて、
勝手に大騒ぎしている拗れ系男子ばかりを演じています(笑)

 

2番手でもないのに、
ライバルとか黒い役が多いですよね
でも、
それだけずんちゃんには、
期待がかかっているという証なんだと思います

 

やはり、
ずんちゃんには、
もっと殻を破って欲しい、
破れるはず、と、
期待を寄せているんだと思います

 

劇団も無難な線でいく路線スターと、
チャレンジさせる路線スターとに分かれますけど、
ずんちゃんは確実に後者

 

演技力も表現力も、
着実につけているので、
頑張って欲しいです

 

スポンサーリンク

桜木みなとは恋愛もので色気が発揮できるタイプ

前回の『オーシャンズ11』を見て思いましたけど、
ずんちゃんのベネディクトは、
歴代のベネディクトと比べて、
「悪者度」は少し薄いように感じました

 

だけど、
その分、人間的な魅力もあったり…
テスが騙された部分があるにせよ、
独特な魅力に魅了されたというのが、
ずんベネディクトには感じました

 

そして、
色っぽいんですよね~
テスとベネディクトの恋の場面が、
赤面してしまうほど色気がありました!(*/∇\*)←

 

 

宝塚歌劇なので、
もちろん「夢」の世界ではあるのですが、
どこかにリアリティがあると思わせる色気なのです
これが非常に魅力的でした

 

この恋愛の色気の部分は、
95期でトップに就任した、
カレーくん(柚香光さん)も、
ことちゃん(礼真琴さん)も、
持ち合わせていない部分です

 

ずんちゃんは、
美しい恋愛ものが、ものすごく合いそう…

 

透明感のある悲恋ものから、
ドロドロした恋愛ものまで、
その手のものだったら、
ずんちゃんならでは、
という持ち味が生かされるように感じています

 

今回は、
そういう役ではなかったので残念でしたけど、
ショーでの娘役さんを美しく見せるデュエットダンスをみると、
ずんちゃんの持ち味が垣間見れたように思います

 

ずんちゃんの強みは、
ただ娘役さんを美しく見せるだけではなく、
ずんちゃん本人の王子様度があがるところかな
黒子になっていないのがいい!
黒子になっちゃう系の男役さんがいますから…

 

 

そろそろ拗らせ男子役も卒業して、
新たな役にチャレンジして欲しいところ
『壮麗帝』が楽しみだなぁ…

 

相手役が芝居上手のららちゃん(遥羽ららさん)だし!

 

スポンサーリンク

夢白あやの美しさが際立ったショー『アクアヴィーテ』

お芝居では奴隷役だっただけに、
さほどでしたけど(笑)、
ショーでのあやちゃんは、
すごく美しかったですね!

 

しかも、
最初から目立つポジションでしたし、
挙句に、
ゆりかさんとも、
デュエットダンスを踊ってましたっけ…(^_^;)
単独ではなく、
キキちゃんやまどかちゃんを交えてですけど…

 

 

あやちゃんは、
いろいろ言われてしまいがちですけど、
とにかく美しい!
舞台上で目を引く美貌であることは間違いありません!

 

ダンスが上手いのはわかるので、
あとは歌唱力をなんとかして欲しいかな

 

前回のキキちゃん語りでも指摘しましたが、
とにかくダンサーばかりで、
歌えない娘役さんばかりが路線に乗ります

 

宝塚劇団なのに、歌えない人ばかり…(^_^;)

 

それを打破して欲しいんですけど、
なかなか難しいですね

 

歌唱力さえ身に付けば夢白あやや白羽ゆりクラス

あやちゃんの美貌は、
大人の魅力に溢れた美貌です

 

だから、
ゆりかさんと踊ると映える映える!
劇団もそれをアピールしたいんでしょうね(笑)

 

美男美女押しにするのであれば、
れいこさん(月城かなとさん)との相性が良さげ
あやちゃんは、
演技力をもっと磨けば、
歌よりはなんとかなるでしょう

 

本当に歌唱力さえあればなぁ…(しつこいw)

 

歌えれば、
となみちゃん(白羽ゆりさん)クラスにはなれると思います
美貌の持ち主で歌えるトップ娘役って、
となみちゃん以降いないですよね…(ため息)

 

宝塚歌劇の中でも、
屈指の美貌の持ち主だったうららちゃん(伶美うららさん)は、
残念歌唱の最たるものだったし…(^_^;)
あーちゃん(綺咲愛里さん)も、
うららちゃんやねね様(夢咲ねねさん)よりはマシ程度…

 

一方ある程度の歌上手な娘役さんは、
美貌を持ち合わせていません

 

ゆきちゃん(仙名彩世さん)は、
キレイなトップ娘役さんでしたし、
抜群の歌唱力でしたけど、
美貌の持ち主ではありません

 

美貌≠歌唱力

 

これはとても難しい永遠なる宝塚歌劇団の課題です…

「美しい娘役には歌唱力がない」…宝塚あるあるの不思議の1つを再検証

 

あやちゃんが、
急激な歌姫になれる要素がないのが、
本当に残念だなぁ…
これで抜群の歌唱力があれば、
文句なしなんですけど…

 

ない物ねだりをしても仕方がないので、
あやちゃんには、
演技力と表現力の向上を望みます
目指せ、華優希!(←『A Fairy Tale』以降、私の中で華ちゃんの演技力には絶大な信頼があります…)

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
芹香斗亜の素晴らしい歌唱力に感動!相手役は絶対歌上手希望!宙組『El Japón』

 

コメント