星風まどかの任期と潤花の今後を考える

宝塚考察



心配されていた、
明日の雪組『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』の大千秋楽ですが、
無事に観客を入れて行うことになりましたね!

 

てっきり無観客で上演するものだとばかり…

 

やはり宝塚歌劇団は、
何よりも退団を意識されてますね
これで、
寂しい退団の階段降りではなくなったので、
すごくよかったと思います

 

…と、今回のテーマは全然違いますw

 

昨日話をしましたが、
前回は雪組の次期トップ娘役について、
語りましたので、
今回は宙組の娘役の話です

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁと、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

星風まどかの私的評価

そもそも、
じゅんはなちゃん(潤花さん)の組替え発表がなければ、
この話題の続きを更新しようと思ってました

トップ娘役の任期を考える…華優希・美園さくらの任期&珠城りょうの3人目の可能性

 

ひっとん(舞空瞳さん)と、
まどかちゃん(星風まどかさん)について、
語る予定でした…(^_^;)

 

ちょうど今週辺りに…と思っていたら、
たまきちくん(珠城りょうさん)の退団発表⇒じゅんはなちゃんの組替え
怒涛の発表ラッシュで、うやむやに…(^_^;)

 

ひっとんについては、
就任後からずっと語りたいと思っているので、
そのうちに…
今回はまどかちゃんを先に語ります

 

私的には、
まどかちゃんは非常に劇団愛が強い娘役さん
という認識があります

 

そして、
その熱い思いに応えられる逸材だったというのが、まどかちゃん

 

劇団愛=実力のある娘役(特に歌唱力)

 

この方程式はなかなか成り立たないのですが(笑)、
まどかちゃんの場合は、見事に合致していました

 

まどかちゃんの素晴らしいところは、
とにかく歌えること!

 

通常、
劇団愛が強くて激推しされる場合、
実力よりも何か別な力を勘繰るようになるのですが、
まどかちゃんの場合は、
そういうのを全く感じさせませんでした

 

いつも言ってますけど、
宝塚歌劇団は、劇団なのに、
歌は二の次三の次という不思議な劇団ですw

 

そのため劇団から激推しされるジェンヌさんは、
歌唱力がないことが多々あります
本当に多い…orz

 

まどかちゃんは、
歌うまで、ダンスも上手いということ
演技力は学年があがるにつれて、
良くなってます
そして、娘役芸もしっかり出来ていること!

 

まどかちゃんのいいところは、
我が我がというガツガツしたところが、
一切ありません!
お慕いしております、
というのが露骨でもなく
それでいて、
しっかり男役さんを持ち上げている感じがします

 

ただ「可愛い」とだけ言われて、
ニコニコしているだけではなく(割とありがち)、
トップスターのゆりかさん(真風涼帆さん)を筆頭に、
しっかり男役さんを立てているのが好感持てるのです

 

そりゃ、
宙組生からも、
宙組ファンからも愛されるわけです

 

出る釘は打たれますが、
まどかちゃんは、
出ていない釘なので打たれません

 

そこも強みです

 

スポンサーリンク

劇団愛同士のトップコンビ 真風涼帆と星風まどか

劇団愛の強さと、
本人の舞台能力の高さから、
私的に思っていたまどかちゃんの任期は、
長期でした

 

しかも、
ゆりかさんを見送って、
2人目のトップスターを迎えると思ってました

 

そう思えるぐらい、
星風まどかへの劇団愛は強かったです

 

宙組の演目を見ても、
通常はトップスターに似合った演目を上演しますが、
基本的にまどかちゃんに配慮した演目ばかり…

 

ゆりかさん本来の持ち味である、
大人な男性というのが、なかなか発揮できずにいました

 

お披露目本公演の『天は赤い河のほとり』も、
ポスターは素敵でしたが、
本編はまどかちゃんが完全に主人公で、
超モテモテの役…
少女漫画が原作なので、仕方がないのですが、
やはりトップスター中心の演目を期待したかった…

 

 

とはいえ、ゆりかさんは、
劇団が期待をする男っぽさを前面に出せる、
貴重なトップスターです

 

その期待は、星組の下級生時代から表れてました
ものすごい抜擢続きでしたし、
台湾公演のためとはいえ、
3番手で大羽根を背負いました
その大羽根は、
当時2番手だったさゆみさん(紅ゆずるさん)と、
なんら変わらない大きさの羽根です

 

まかまどは、
劇団愛同士のトップコンビだったのですが、
それでも、
まどかちゃん>>>ゆりかさん
という印象が拭えませんでした

 

救いは、
ゆりかさんは、
圧倒的な王者のスターオーラ全開だったので、
その目くらましで乗り切っていたというところでしょう
これこそが、真風涼帆の1番の魅力です

 

何度も言いますけど、
『異人たちのルネサンス』のフィナーレの真風涼帆の王者感は、
一生忘れられない名場面でした
本編は「あれれ??」でしたけど(笑)
フィナーレだけで、
料金に見合うと満足できた作品って、そうそうないですから…

 

スポンサーリンク

星風まどかの任期についての考え

上記の項目の冒頭でも話しましたが、
まどかちゃんは長期だと思ってました

 

ゆりかさんを見送って、
次期トップスターと2~4作ほど組んで、退団になる
と思ってました

 

宙組20周年に、
ようやく生え抜きのトップ娘役を誕生させましたし、
それに見合う実力の持ち主なのが、まどかちゃんでした

 

かつて私は、このことを、
いつもお話をする大尊敬のブログ様とのオフ会でも、
話をしています

 

それぐらい強かった…

 

…そう過去形です

 

 

ゆりかさんとまどかちゃんの形成が逆転したのは、
『オーシャンズ11』からです

 

私は忘れもしないです
『オーシャンズ11』 の先行画像が、
ゆりかさん1人写りだったことを…

 

めちゃくちゃまかまどの演目ですけど、
小池先生は、ゆりかさんを前面押してきた、
とその時ものすごく感じたのです

 

その後、
それを決定づけたのが、
ゆりかさんの岩谷産業のイメージキャラクター就任です

 

おそらく、水面下で、
着々とスポンサー探しをしていたのでしょう

 

これで一気に流れが、
まどかちゃん>>>ゆりかさんだったのが、
まどかちゃん=ゆりかさんにまで持ち上げ、
ついには、
まどかちゃん<<<ゆりかさんへと、形勢逆転された印象があります

 

あ!
あくまでも私的な印象論なので、
同意されない方が多数というのは、当たり前だと思います
単なる憶測なので、その点はお許しください

 

 

こうなったら、
元々王者なゆりかさんは強いです!

 

まどかちゃん居残り⇒同時退団⇒星風まどか先退団
という可能性にまで広がりました

 

それが『アナスタシア』で退団か、
ヅカファンが思った要因でしょう

 

それでも、
私は劇団愛の強いまどかちゃんが、
『アナスタシア』で退団するとは思えず…

 

『アナスタシア』の次での退団であれば、
任期的に、
おそらく『アナスタシア』後の1~2作で退団するであろう、
ゆりかさんと添い遂げでいいような気がしていたからです

 

退団公演で稼ぐのが宝塚歌劇団なので、
あり得なくはないのですが、
ゆりかさんが1作でも残ってというのであれば、
次期トップ娘役を育てたいんだなぁ、としか思えませんでした

 

その時は、
あやちゃん(夢白あやさん)だとばかり…(^_^;)

 

潤花の宙組組替えで星風まどかの退団色が強まった

あやちゃんの激推しぶりは、
宙組の公演を見ていたら、非常にわかりやすいです
本公演での扱いの良さは、凄いですから…

 

それでも、
まかまどは同時退団かな、
と半分以上は思っていましたけど、
じゅんはなちゃんの突然の組替えで、
見事に覆りました

 

前回も語りましたけど、
劇団があれだけ猛プッシュで仕上げたじゅんはなちゃん

 

もはや王手でチェックメイト状態で、
四方八方も塞いだはずなのに、
王手飛車取りの如く、かわされた感があります

 

これが私的に、
まどかちゃんの任期を読めなくさせました

 

まかまどの添い遂げ退団ではなく、
まどかちゃんが1作でも先に退団する感じが、
非常に濃厚になってきたからです

 

これだけ強い娘役のじゅんはなちゃんが、
トップ娘役に王手をかけたまま、ステイし続けるとは、
到底思えません…

 

まどかちゃんは、
『アナスタシア』の次で退団なのかな、と感じます

 

スポンサーリンク

芹香斗亜と潤花の相性 それよりせっかくの歌唱力コンビ誕生の期待が…

そして、
まどかちゃんの後がじゅんはなちゃんであれば、
キキちゃん(芹香斗亜さん)の相手役は、
じゅんはなちゃんと考えられます

 

うーむ…
キキちゃんって今の2番手では、
1番歌唱力がある男役さんです
低音の響きが特に素晴らしい…

 

以前にも語りましたけど、
キキちゃんには歌姫がついて欲しい、と切望してましたけど、
じゅんはなちゃんでは、歌姫からは本当に遠い存在です…

 

本人比としては、十分上達していますけど、
歌うまではありません

 

これが大事なのです
キキちゃんには、コメディエンヌとしての才能と、
歌唱力を武器にして欲しかったので、残念すぎる…

 

ただし、
お互いの欠点を埋めるトップコンビにはなるかな
ダンスが苦手なキキちゃん、
歌が苦手なじゅんはなちゃん…
お互いの苦手な部分を補うというのであれば、
いいのかもしれませんけど…

 

とはいえ、
長所を生かした組み合わせの方が、
絶対魅力が爆発するんですよね…(^_^;)

 

キキちゃんの相手役への希望と嘆きについては、
また後日語ります(笑)

 

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
潤花が雪組から宙組!驚きの組替え…星風まどか後継の宙組トップ娘役!?

 

コメント