だいきほ退団後の雪組のことを考える…彩風咲奈と朝月希和の魅力と公演の演目は何?

雪組



本日、公式HPにて、
宙組『アナスタシア』の特別映像がYouTubeにて配信されてました

 

ゆりかたん、カッコいい…(*゚Д゚*)ポッ
キキちゃん、歌うま!Σ(゚∀゚*)
まどかちゃん、カワユス(*´艸`)

 

ということで、
『アナスタシア』が俄然楽しみになっています
どんな感じになるのかな?

 

さて、今回ですけど、
ちょっと時間が経ってしまい、
記事更新をはぐってしまっていたテーマを語ります(笑)

 

それはだいきほ後の雪組さんの歌唱力です
次世代雪組の歌唱力について、
語っておこうと思います

 

いつもの「歌うまは正義」シリーズなお話なので、
その手にうんざりされてらっしゃる方は、ご注意ください
大丈夫な方のみお付き合いください

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

望海風斗が1人奮闘していた『NOW! ZOOM ME!!』

先日にライブ配信された、
だいもんさん(望海風斗さん)のコンサート、
『NOW! ZOOM ME!!』を視聴しました

 

記事も更新していますので、
お分かりいただける方もいらっしゃると思いますが、
視聴したのは、
まあやちゃん(真彩希帆さん)の「Cパターン」です

 

とにかく素晴らしいの一言でした

望海風斗コンサートは至福の時間だった!…『NOW! ZOOM ME!!』だいきほのセットリスト

 

その一方で、
とても気になることもありました
それが雪組生の歌唱力でした

 

まあやちゃんがゲストの日でしたので、
だいもんさん以外では、
だいきほの場面は、
さすがの聴きごたえだったのは言うまでもないですし、
それがだいきほのウリなので、
当然といえば当然なのでしょう

 

ただ、その落差が、
あまりに激しかったというのが、
あらためて感じたことです

 

もちろん、
そのスターに似合った演出や、
舞台構成になっているので、
今回の主人公となる、
トップスター中心になるのは当然ではありますが、
それにしてもなぁ…、と思わずにはいられませんでした

 

ここで心配になるのが、次期雪組の歌唱体制です

 

スポンサーリンク

次期雪組トップコンビ・さききわの売りとは…

だいきほの次は、
咲ちゃん(彩風咲奈さん)と、
ひらめちゃん(朝月希和さん)のトップコンビです

 

そういえば、トップコンビの愛称ってなんなんでしょうね?
さききわ、なのかな?(^_^;)
呼び方はよくわかりませんけど、
当ブログでは、さききわにしておきます
まさか、さきひらではないでしょうから…(^_^;)

 

そのさききわの売りは、
やはりダンスになるのかな?

 

咲ちゃんの売りと言えば、ダンス一択!
王子様なルックス抜群のスタイル付き!

 

歌もお芝居も、
本当の合格点を出すのが難しいタイプなので、
ダンス一択でしょう

 

一方で、ひらめちゃんは、
歌、ダンス、お芝居とどれも穴がない優秀な娘役さんですけど、
実は、これといった売りもないです

 

歌はヅカ歌唱的に合格程度なので、
歌うまではありません
まぁまぁ歌上手クラスというところでしょう
歌えなくはないので、全然いいと思いますが…

 

ダンスはキレイですけど、ダンサーというイメージほどでもなし
お芝居も上手ですけど、演技派というイメージでもないです

 

なので、ダンサーコンビとなるには、
ちょっと物足りない感じがします

 

カレー華のような棲み分けタイプでもないです
カレーくん(柚香光さん)はダンサーで、
華ちゃん(華優希さん)は芝居の人、
そして、2.5次元が素敵なトップコンビ、それがカレー華です

 

雪組の次期となると、
共通の際立った芸がないように感じます
強いて言えば、ダンスなのかなぁ………くらいの感じ

 

こういう場合ですと、
咲ちゃんを崇めるピラミッドにして、
ひらめちゃんは、
ゆきちゃん(仙名彩世さん)のような内助の功に徹する感じにするのかな、
とも思ったりもします

 

まぁだからこその、
ひらめちゃんがトップ娘役なんでしょうけど…(^_^;)

 

ショーでは、
咲ちゃんのしなやかなダンス力を支え、
お芝居では、サポートに徹する感じになりそうです

 

スポンサーリンク

だいきほ後の歌唱力が心配になる

そこで心配になるのが、
冒頭のとおり、今後の雪組の歌唱力の低下です

 

この間のだいもんさんのコンサートを見て、
雪組生がダンスをしながら歌う姿は、
カッコいいことは間違いのですが、
歌唱力においては「・・・」な感じが否めませんでした

 

雪組の歌姫であるひまりちゃん(野々花ひまりさん)でも、
ヅカ歌唱を生かせる歌ではないと厳しいな
と思わざるを得ませんでした
歌謡曲とかJ-POPなどのポップス系は、
タカラジェンヌの鬼門ですけど、
ひまりちゃんでも難しいということ

 

歌える雪組生を上手に活かして欲しいところです

 

ただし、
真ん中らへんの歌唱力の弱さは、
花組と似たり寄ったりになりかねないので、
ひらめちゃんと、
あーさちゃん(朝美絢さん)に踏ん張ってもらいたいところです

 

とはいうものの、
ひらめちゃんも、
あーさちゃんも、特別に歌うまではないので、
もう少し歌える路線スターが上がってきて欲しいな、
というのが正直なところです

 

歌唱力をどう補うのか

すごく歌えるトップコンビの後って、
とにかくやりづらいと思います

 

何度も言ってますけど、
歌の上手さ、歌唱力は、
人の心を動かす力があります

 

セリフに音楽を乗せるわけですから、
歌が上手であれば、
その場面が何倍にも感動させることが可能です

 

そういう贅沢な体験を1度味わってしまうと、
なかなか難しいんですよね…

 

特に、ダンサー系に突出したスターの場合ですと、
ミュージカルを上演するのに、
歌でもお芝居でも魅力を発揮することが難しいので、
非常にマイナスになりがちです

 

前星組のべにきさきがそうでした

 

ただ、
前星組は宝塚史上でもなかなかない、
全くのビジュアルのみの珍しいトップコンビでしたので、
例外といえば例外ですので、
比較対象にはならないでしょう
ここまで、
ダンス・芝居・歌が全く関係なかったトップコンビは、
私のヅカ人生でもありませんでしたので…(^_^;)
特殊中の特殊例です
人柄が良く、話術に長けたトップスターでしたけど、
それは舞台上では発揮できる技術ではありませんでしたから…

 

そういう内輪受けは、
私を含め、星組ファンはたまらなく愛しいですが、
他組や一般のヅカファンには、興味のない部分です

新トップスター礼真琴に1番望むこと…紅ゆずるの下で学べた礼真琴は幸せ者

次期雪組のさききわは、
咲ちゃんがダンスに一芸があり、
ひらめちゃんには芸の技術に穴がないため、
そのタイプではありません

 

歌唱力の低下だけは心配ですけど、
他は大丈夫だと思っています

 

スポンサーリンク

さききわのプレお披露目とお披露目公演が気になる

べにきさきは、
上記のような感じではありましたが、
さゆみさん(紅ゆずるさん)が楽しいおもしろキャラな方でしたので、
コメディに強い、という印象がありました

 

なにか強みのある演目があると、
方向性も出てくるとは思うのですが、
さききわの方向性が今一つピンとこないのが、
正直なところです

 

プレお披露目とか、
お披露目本公演、
あるいは2作目とか、なにか咲ちゃんで観たい
と思わせる演目が来るのかどうかがカギでしょう

 

またそれを成功させるべく、
歌唱力の向上を望みますし、
歌うまジェンヌさんの育成を雪Pにはお願いしたいです

 

残念ながら、
宝塚歌劇団は歌がない
という演目はほぼほぼありませんので、
第二のだいきほとは言いませんけど、
歌姫や歌のスターを生み出して欲しいです

 

しかし、
もう1度言いますけど、
さききわのプレお披露目やお披露目、
あるいは目玉な演目ってなんなんでしょうね?

 

熱心なファンの方でしたら即答なんでしょうけど…

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
潤花からの方向転換を考える…雪組新トップ娘役になった朝月希和

彩風咲奈&潤花の婿殿感…雪組『炎のボレロ』さきじゅんの方向性

 

コメント