宙組『NEVER SAY GOODBYE』がいいらしい!…今の宙組メンバーだからこその演目かも

宙組



本日、公式HPにて、
次回の花組本公演『巡礼の年』の先行画像が更新されてましたね

 

カッコいい!
色っぽい!!
さすがカレーくん!ヽ(*´∀`)ノ

 

まどちん(星風まどかさん)も色気がスゴイ!

 

カレーくんのカツラは、
一歩間違えるとちょっと事故りそうな感じではあるのですが、
何でも自分流に染められるのがカレーくんのビジュアルの良さ!

 

カレーくんがリストというだけでワクワクしてますけど、
これはポスターも期待します

 

しかし、
まどちんって横顔多いですよねw
これはポスターじゃないので、
ポスターは違うでしょうけど…

 

あと、
一昨日触れるのを忘れてましたけど、
海ちゃん(海乃美月さん)が、
地元の氷見市で、
「氷見市きときと魚大使」に就任されましたね
こういう地元への貢献は、
タカラジェンヌらしくて誇らしいです

 

さて今回は、
『NEVER SAY GOODBYE』が初演とはだいぶ印象が違う、
というお話なので、
期待値が急に上がっているということを、
サクッと語っていきます

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

私的には期待値が低かった『NEVER SAY GOODBYE』

大尊敬のブロ友さんが『NEVER SAY GOODBYE』をご観劇されました
感想をとても楽しみにしており、
記事も拝読しましたし、
LINEでもやり取りしました

 

すごくよかった、
感動した、
泣けた、といいことづくめのお話を伺いました(´ω`*)♪

 

おお!それは期待が急激に上がります!
何せ、感性が似ているので、
感想がとても気になっておりました

 

もちろん全部が全部一緒ではありません
人にはそれぞれ軸となるものが異なりますから、
意見が合わないことも当然あります
ですが、
感性が似ているので、やっぱり頷くことも多いのも事実

 

ブロ友さんの周りでも、
初演の評判がすこぶるよろしくなかったと言ってました

 

私的にはそのご友人に同意です
そもそも、
『NEVER SAY GOODBYE』再演がウエルカムであれば、
もっと話題になるでしょうけど、あまり聞こえては来ず…

 

タカコさん(和央ようかさん)や、
タカハナが好きだったファンの方々には、
特別な作品ではあったと思います
そこに思い入れが少ないと、
ちょっと消化不良な感じがあったのが、
私的な初演の感想です

 

あくまでも私的な視点ですので、
そこはご理解ください

 

それが今回宙組が再演するとなり、
いろんな作品、
ましてや名作や傑作もたくさんあるだろうに、
なぜこの作品だったのかが、めちゃくちゃ疑問に感じてました

 

たとえば、
同じ小池修一郎先生の作品では、
ゆりかさん(真風涼帆さん)主演では『オーシャンズ11』を上演しましたけど、
この時はウエルカム状態でした

 

この作品に魅力を感じていない人も当然いらしたとは思いますけど、
星組時代からゆりかさんを見守ってきた身としては、
すごく納得のいく演目だったのです

 

『オーシャンズ11』が名作かあるいは傑作かどうかは評価は分かれるでしょうけど、
組子を上手に活かせる作品ではありますので、
見ていて楽しい演目でもありました

 

『NEVER SAY GOODBYE』はワイルドホーンさんの楽曲なので、
曲はいいというのは以前にも語っています
そこを楽しみにはしておりました…

 

ですが、
どうやら私の懸念は払拭されそうな嬉しい予感になりそうなのです!ヽ(*´∀`)ノ

 

スポンサーリンク

真風涼帆の歌唱力向上があっての『NEVER SAY GOODBYE』

今回は演出を特に変えるわけではない、
とのことでしたので、大丈夫かなと余計に不安に思ってました

 

ところが、
上記のように大絶賛の感想をいただいたわけです

 

そして、私的に思ったことは、
演者が変わっているからこその利点があるということ

 

今の宙組は、
そらくん(和希そらさん)というオールマイティな路線スターが、
雪組に組替えになっても、
揺るがないほど盤石であるという点

 

特に、歌唱力に関しては申し分ないでしょう

 

トップスターのゆりかさんは、
歌うまとは言いませんけど、
丁寧な歌唱力で世界観に引き込ませる力があります

 

何度も語ってますけど、
ゆりかさんの歌唱力のターニングポイントになったのは、
『エリザベート』のフランツでしょう
今でも総合的な歴代フランツのNo.1は、私的にはゆりかさんですから
歌唱力だけですと、みっちゃん(北翔海莉さん)ですけど、
ロイヤル感という総合力では、私的には絶対にゆりかさんです

 

それまで決して歌唱力がいいとは言い切れなかったゆりかさん
フランツはエリザの中でも難曲の多い役ですので、
歌唱力への評価の直結がスゴイです
それを見事に乗り越えてきました
ゆりかさんの抜群のロイヤル感がマジックにさせたのかもしれませんが、
丁寧に歌ってらしたので、
すごく場面に引き込まれました
みりおん(実咲凛音さん)との場面が素敵だったなぁ…

 

そこを第一とすれば、
第二は『アナスタシア』のディミトリでしょう
歌が多く苦労もされたでしょうけど、
あそこでより歌唱力が鍛えられたと思います

 

それを経てのネバセイですから、
きっと心に響く「One Heart」を歌ってくださっているのでしょう

 

涙もろい私は、今回はたぶん絶対泣く(笑)

 

スポンサーリンク

演者が変わるという利点が功を奏す!?

そして、
さきほども指摘しましたが、
今の宙組には、歌上手が揃っています

 

トップ娘役のじゅんはなちゃん(潤花さん)のことは、
ここでは置いておきます…

 

2番手のキキちゃん(芹香斗亜さん)
3番手のずんちゃん(桜木みなとさん)
4番手のもえこくん(瑠風輝さん)と、番手スターがみんな歌えるという強み

 

そのため、
どの場面でも歌でのガッカリ感はなくなるのです

 

また、
娘役では、娘2のじゅりちゃん(天彩峰里さん)が、
抜群の歌唱力があります

 

他にも、
宙組には歌える生徒さんが男役にも娘役にも存在します

 

だからこそ、
『NEVER SAY GOODBYE』内でのコーラスが生きてきます

 

たとえば、
ことちゃん(礼真琴さん)が2番手時代の星組では、
ことちゃんや、
ほのかちゃん(小桜ほのかさん)がコーラスにいるのといないのとでは、
コーラスの厚みが全然違ったのですが、
それだけ歌唱力の高い生徒が少ないと、いない場合の薄さの落差がスゴイです

 

それが今の宙組にはないんですよね
元々宙組はコーラスの宙組と言われるくらいではありますけど、
路線スターも全員歌えるという強みは、
今回のネバセイのような作品では、その効果が本当に大きいです

 

ワイルドホーンさんの楽曲の素晴らしさを伝えるには、
今の宙組にしか出来ないのかもしれません

 

これだけ歌える路線スターと、
宙組生がいるというのは、
迫力が変わってきますから…

 

初演は、
タカコさんは歌上手のトップスターでしたし、
花さんも歌上手でした

 

ですが、
路線スターは歌上手ではなかったです
素敵なスターさんでしたけど…
私は、タニさん(大和悠河さん)好きですし…(元月組っ子w)

 

そういうマイナーチェンジの部分が、
大きなエネルギーとなって、
ネバセイとの相性を良くしたのかもしれませんね

 

楽曲の良い作品には、
出来れば、歌えるトップスターで、
歌える路線スターが多いのが1番ですから

 

潤花は演技と華の勝負でいい

じゅんはなちゃんは、
おそらく急激に歌うまになる、ということはないと思ってます

 

もちろん本人比では、
どんどん良くはなっているでしょうけど、
「歌うま」という括りにはまだまだ遠い道のりなのではないかな、
私的には感じています

 

ただそんなことはどーでもいいと思うくらい、
じゅんはなちゃんには魅力があります

 

演技力と表現力に長けているという点

 

トップスターであるゆりかさんとの並びの相性が抜群という点

 

そして、
太陽のような、ひまわりのような笑顔が眩しい

 

この3点がズバ抜けていると思ってます

 

ダンスも素晴らしいですし、
何よりもゆりかさんと並んで負けない華やかなオーラ
これが持ち味でしょう

 

私的には、
じゅんはなちゃんの笑顔が大好きですし、
あの陽のオーラを浴びたいと思っていたりしますw(*´艸`)

 

大人の女性を演じられ、
ヒロインであるという圧倒的な華が魅力のじゅんはなちゃん
ゆりかさんとの相性は抜群だと、
私的には評価をしているので、
この2人のコンビが見れるだけで幸せなのです…

 

特に、
今コロナやウクライナ侵略などで、
沈みがちな心を、
あの笑顔で吹き飛ばしてもらいたい…
そんな気持ちが強いのです

 

長々語りましたが、
とにかく、
ネバセイは俄然楽しみになったよ、というお話です(笑)←一言で終わるw

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
真風涼帆の退団演目になるのか?否か?それとも?…宙組『NEVER SAY GOODBYE』の反響

宙組『NEVER SAY GOODBYE』退団者&全配役発表…107期の奈央麗斗が凪七瑠海役&留依蒔世が和音美桜役

 

コメント