潤花・夢白あや…組を交換されたトップ娘役候補の現状を再確認

宝塚考察



本日、公式HPにて、
2021年の宝塚カレンダーの発売が発表されました

 

コロナで5ヵ月のロスがある分、
もうそんな時期になってしまったのか、とビックリ!
例年通りにカレンダーは進んでいますので、
今月下旬には、
毎年恒例のカレンダー占いが出来るのかもしれません

 

そうなれば、
例年通りなので安心ではあります

 

さて、今回は、
本当は前回語ろうと思っていたら、
スポンサーの話に大脱線してしまいました…(^_^;)

宝塚歌劇ではスポンサーがついたからといってトップ確約ではない

 

語りたかったのは、
先日、宙組から雪組へ組替えが決定した、
あやちゃん(夢白あやさん)と、
すでに、雪組から宙組に組替えした、
じゅんはなちゃん(潤花さん)のことです

 

結果的に、
交換という形に収まりました2人について、
語っておこうと思います

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

潤花の宙組デビューは『アナスタシア』から…スケジュールがこそっと更新されている

あやちゃんはだいきほ退団公演である、
『f f f-フォルティッシッシモ-』
『シルクロード~盗賊と宝石~』で雪組初お目見えになると、
組替えの時点で発表されてました

 

対して、
じゅんはなちゃんは、
宙組での初お披露目は「未定」となってました

 

で、なんとなく、
『アナスタシア』の出演者を見てみたら、
出演者に潤花ちゃんの名前を発見(笑)

 

ちょ…(^_^;)

 

だったら、
なんで8月21日の組替え発表時に、
『アナスタシア』からと明記しなかったんですかね?w
あやちゃんにせよ、
ひらめちゃん(朝月希和さん)にせよ、
次の舞台作品は組替え時に発表されてました

 

組替え発表の文言は、
3月に使ったものをそのまんな使用したとかかな?(^_^;)
この時点でわかってなかったわけがありませんから…(笑)

 

熱心なファンの方でしたら、
とっくに気がついていたのでしょう…
私が気がついたのは一昨日です
遅いんだか普通なんだかはわかりませんけど、
遅いのかも…(^_^;)

 

きっと、
組替えで宙組生に追加されたときに、
ついでに更新されたのかな、と思うのですが、
もっと前なんでしょうかね?

 

逆に、
間に合うのになんで『アナスタシア』じゃないんだろう
と不思議に思っていたので、
スッキリしました!(*´ω`*)

 

スポンサーリンク

宙組で再スタートとなるじゅんはなちゃん

劇団関係者ではないので、
本当かどうかは謎ですし、
憶測の域を超えませんけど、
じゅんはなちゃんが、
雪組の次期トップ娘役候補であったのは、
間違いないのではないか、と思っています

 

トップ娘役へのカード収集はもちろんですけど、
スポンサーを付けるというダメ押しまでされており、
これでトップ娘役の最有力候補ではない、とは、
とてもじゃないですが、言えない状況でした

 

やはり、
トップ娘役になれば、
衣装代などのバックアップもあるでしょう
じゅんはなちゃんが、
無事トップ娘役に就任できれば、
その恩恵を受けることができるはずです

 

資金面でも有力であるのは確かです

 

そこはいいとして…

 

じゅんはなちゃんが、
『アナスタシア』からの出演ということは、
大作での育成が出来るという点

 

そういえば、
新人公演は当面中止としてましたけど、
宙組の『アナスタシア』も中止なんでしょうか

 

確かに、
花組、月組同様に、
年内は中止にしてしまう、というのもあるかもしれません

 

もし、
『アナスタシア』の新人公演が行われるのであれば、
ヒロインはじゅんはなちゃん以外でお願いしたいところです

 

じゅんはなちゃんは、
雪組時代に、最後の追い込みをかけて、
『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』の新人公演ヒロインを務め、
その後に全ツヒロインというラインを進んでいます
しかも、
新公ヒロインはすでに3回もしてますので、
正直もうヒロインはしなくていいのではないか、と思っています
他の娘役さんにチャンスを与えて欲しい、というのが本音ですから

 

ただ上記のとおり、
『アナスタシア』は大作なので、
雪組でトップ娘役を逃したじゅんはなちゃんに、
労りと、組替え恩恵を含めて、
新人公演ヒロインをさせる
ということはあるかもしれません

 

実力でぐいぐい引っ張る、
まあやちゃん(真彩希帆さん)とは違って、
娘役らしさがあるまどかちゃん(星風まどかさん)から、
学べることはたくさんあるので、
新人公演ヒロインを演じるのであれば、
しっかり学んで欲しいと思います

 

芝居上手なららちゃん(遥羽ららさん)の役を演じて、
しっかり学ぶというのもアリでしょう
歌唱力の欠点を、
演技力で補っている典型のららちゃんからは、
学ぶべきことはいっぱいありますから…

 

それも新人公演が行われれば
ということになりますが、
『アナスタシア』の次の公演では、
新人公演の復活もあると思ってますので、
その時でもいいと思います

 

スポンサーリンク

夢白あやは雪組『fff』から出演

完全交換だったあやちゃんは、
雪組生として出演するのは、
だいきほの退団公演『fff』からです

 

来年の年明け公演ですけど、
新人公演は復活するのでしょうか?

 

もしするのであるとすれば、
まあやちゃんの本役に間に合うことになります
ただ題材が歌が多そうなイメージなので、
あやちゃんに向く役になるのかどうか…

 

上田久美子先生の作品なので、
あやちゃんとしてもやりがいのあるでしょう
むしろ新人公演より、
本公演での扱いの方が気になります

 

だいきほ最後となる『fff』の新人公演があるのであれば、
歌える娘役さんを起用して欲しいです
じゅんはなちゃんの陰に隠れてしまった、
同期102期のありすちゃん(有栖妃華さん)を、
抜擢してくれたらいいのですが…
『炎のボレロ』『Music Revolution!』での歌姫は、
素晴らしかったですから!

 

いずれにせよ、
キレイな交換状態なので、
今後雪組では、
あやちゃんを育成していくのは間違いないはずです

 

潤花の今後

じゅんはなちゃんと、
あやちゃんを比べて面白いのが、
じゅんはなちゃんは、
なぜかいる組での存在感が抜群ということ

 

雪組の時は、
雪組でしかトップ娘役を考えられませんでした

 

今度は宙組に組替えされましたけど、
そうなると、
宙組でしかトップ娘役を考えられない、
という不思議な固定観念を植え付けられます

 

それは、
じゅんはなちゃんの個性でもあり、
キャラクターでもあります
強烈なスターオーラが溢れているので、
とにかく相手役になるトップスターとのバランスが、
非常に悪くなりがちです

 

お似合いと思われていた、
咲ちゃん(彩風咲奈さん)も、
ムコ殿感が凄まじかったですから…

彩風咲奈&潤花の婿殿感…雪組『炎のボレロ』さきじゅんの方向性

 

宙組は、
大人っぽくカリスマ性バリバリのゆりかさん(真風涼帆さん)
娘役を美しく魅せるキキちゃん(芹香斗亜さん)
色気のあるずんちゃん(桜木みなとさん)と、
じゅんはなちゃんの陽のオーラに、
立ち向かえる術がある男役さんが多いです

 

あと全体的に長身でスタイリッシュな組なので、
じゅんはなちゃんのオーラとも合いそう

 

そうなると、
必然的に宙組固定で考えてしまいがちになるわけです

 

なにかの拍子にトップの座が空いて組替えするとしても、
じゅんはなちゃんが頭に浮かぶのが難しいです

 

今のところ、
宙組で上がるとしか考えられない
という固定観念を持たされます

 

スポンサーリンク

夢白あやの今後

一方で、
あやちゃんは誰の相手役でもなれる逸材です

 

とはいえ、
歌唱力の欠点あるので、
だいもんさんや、
ことちゃんのように歌唱力のあるタイプだと、
食い合わせが悪いですけど、
芝居上手なので、
歌唱力の欠点を補うことができます

 

そう考えると、
現在3つのパターンが考えれます

・雪組:ひらめちゃん(朝月希和さん)の後のトップ娘役
・花組:華ちゃん(華優希さん)の後のトップ娘役
・月組:さくらちゃん(美園さくらさん)の後のトップ娘役

 

…といずれも可能となります

 

次期月組のトップ娘役も、
『fff』で最後の仕上げをして、
月組にギリギリ組替えさせる
という荒業ができなくはないです

 

正直、
そのラインであれば、
素直に月組への組替えでよかったわけですから、
実際にはないでしょうけど…

 

いずれにせよ、
誰が相手役でもやっていけるのがあやちゃんなので、
そのためにも、
もっともっと演技力を磨いてほしいですね
歌唱力はいいです(笑)
もう少し伸びてくれれば嬉しいですが…(^_^;) ムリカナw

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
夢白あや 無事宙組から脱出する

潤花の陽のオーラが眩しすぎた!対抗できる男役は限られる件

 

 

コメント