宝塚歌劇ではスポンサーがついたからといってトップ確約ではない

宝塚考察



本日は、
先日より語っているじゅんはなちゃん(潤花さん)や、
あやちゃん(夢白あやさん)を含めて、
娘役さんのことを語ろうと思っていたのですが…(^_^;)

 

なぜか、
スポンサーの話に大脱線してしまいました(笑)

 

なので、
急遽テーマをスポンサーにします

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

宝塚歌劇の華やかさの陰にはスポンサーの協力あり

華やかで、
煌びやかで、
ゴージャスな宝塚歌劇団の舞台

 

そこには、
当然予算がありますけど、
その協力をしてくれているのが、
スポンサーです

 

たとえば、
トップ娘役になれば、
衣装代などのバックアップもあるでしょう

 

我が愛する星組ですと、、
あーちゃん(綺咲愛里さん)がトップ娘役だった頃、
衣装だけは素晴らしかったです
これもスポンサーのおかげなのだなぁ、
といつも思っていました
私的には
あーちゃんの舞台技術は、
何一つ評価はできませんでしたが、
可愛らしさだけはよかったと思っています(←あくまでも私的にです)
衣装が映えましたし…(←スポンサー的には大事なところでしょう)

 

劇団にとって、
スポンサーは大事でしょうから、
じゅんはなちゃんがトップ娘役候補ではなくなった
ということはないと考えられます

 

もちろん絶対ではないでしょう

 

池田泉州銀行のように、
トップ娘役が出ない例を更新しそうなこともあるので、
絶対ではないです

 

スポンサーリンク

池田泉州銀行の歴代イメージガールのトップ娘役就任の割合

しかし、
池田泉州銀行は、
トップ娘役にならなくても全然OK、
という契約なんでしょうね
ならない場合は、
スポンサー料を割引してくれるとか、
そういう特典でもない限り、
企業としては落胆してしまう部分でしょう
もしくは、
それを見込んで、
元々高くはない料金設定なのかもしれません

 

同じお金を出すのであれば、
トップ娘役になって欲しいというのは、当然の心理ですから

 

とはいえ、
池田泉州銀行のイメージガールは、
全員がトップ娘役になっているわけでありません
近年連続でトップ娘役になった時期があったので、
そういう思い込みがされがちですけど、
実はそうではありません

 

池田泉州銀行のイメージガールのトップ娘役の就任率は、
45%と、割と低めです

■歴代の池田泉州銀行イメージガール(旧池田銀行含む)
①清月輝(53期)
②有花みゆ紀(55期)
東千晃(56期)
④北原遥子(67期)
神奈美帆(69期)
⑥華陽子(71期)
月影瞳(76期)
陽月華(89期)
野々すみ花(91期)
⑩伶美うらら(95期)
⑪有沙瞳(98期)
※赤色がトップ娘役就任

 

ぐんさん(月影瞳さん)から、
3人連続でトップ娘役に就任しているので、
トップ娘役になると思われがちですけど、
歴代11人のイメージガール中、
トップ娘役に就任しているのは、5人です

 

そう考えると、
池田泉州銀行のイメージガール=トップ娘役
という図式はあまり成り立たないということになります

 

あくまもでも、
可能性が高くなるという意味合いでしょうか…

 

スポンサーリンク

トップスターのスポンサー料は高く路線スターはお得感!?加美乃素の場合

以前にも語りましたけど、
トップスターにスポンサーがつく場合は、
料金が全然違うと言ってました

 

なので、
ゆりかさん(真風涼帆さん)のイワタニや、
だいもんさん(望海風斗さん)のかんぽ生命は、
トップスターになった際、
スポンサーになっているので、
高いスポンサー料になっているということ

 

かんぽは、
まさおくん(龍真咲さん)からですから、
2代続けてですね
あの不祥事のイメージがあるので、
今後も続くのかは不明ですが…

望海風斗とかんぽ生命の繋がりが続いていた件&108期生の入学式&公演再開

 

路線スターだと、
かなりお得な料金体系になるのかもしれません
たぶんそうでしょう

 

その代わり、
必ずトップスターになれるかどうかはわからない
ということを踏まえて、
契約するのだと思います

 

ちなみに、
このお話は加美乃素だったかな?
トップスターだと高すぎたので、
応援の意味も含めて、
みっちゃん(北翔海莉さん)にした、
というようなお話だったはず…
うろ覚えなので、違ったら申し訳ないです…(^_^;)

 

みっちゃんがトップスターになれないかもしれない、
と思っていても、
スポンサーを続けた加美乃素は、
無事トップスターになってくれて、
本当に嬉しかったとおっしゃってました

 

そう考えると、
れいこさん(月城かなとさん)も、
そういう感じで、
スポンサーについてくださったのかもしれません

 

れいこさんは、
現在月組の2番手なので、
みっちゃんの時よりは、
順調になってますけど…

 

ちなみに加美乃素のイメージキャラクターは下記のとおりです

■歴代の加美乃素イメージキャラクター
①寿ひずる(58期)
②四季乃花恵(59期)
大地真央(59期)
貴城けい(78期)
北翔海莉(84期)
⑥月城かなと(95期)
※赤色がトップスター就任

 

初代寿さん、
2代目四季乃さんと、
れいこさん以外はトップスターに就任されてます

 

かしげさん(貴城けいさん)と、
みっちゃんは、
トップスターになれるか危ない状況でしたけど、
結果よければすべてよし!

 

6人中3人のトップスターなので、
就任率は50%です
2人に1人の確率ですけど、
ここのところは連続でトップスターに就任しています

 

れいこさんが無事就任されれば、
6人中4人がトップスターとなり、就任率も66%にあがります

 

歴代就任率が100%のVISAと高い就任率の阪急交通社

あと主なところといえば、
VISAと阪急交通社でしょう

■歴代のVISAイメージキャラクター
愛華みれ(71期)
春野寿美礼(77期)
音月桂(84期)
明日海りお(89期)
⑤永久輝せあ(87期)
※赤色がトップスター就任

 

歴代全員がトップスターとなり、
東西の宝塚の劇場でも、
1番目にする場所に看板が置かれる待遇のスポンサーがVISA

 

しかも、
大事な演目では演目スポンサーもしてくれるという、
すごいスポンサーです

 

現在、
現役生のひとこちゃん(永久輝せあさん)が入ってますので、
就任確率は80%ですが、
いずれ100%になると思われます

 

阪急阪神グループのお膝元企業である、
阪急交通社はこちら

■歴代の阪急交通社イメージキャラクター
①朝吹南(73期)
風花舞(76期)
紺野まひる(82期)
映見くらら(85期)
白羽ゆり(84期)
夢咲ねね(89期)
⑦芹香斗亜(93期)
※赤色がトップ就任

 

初代の朝吹はトップ娘役に就任しませんでしたが、
それ以降は華やかで、
全員トップ娘役に就任しています
7代目で、
初の男役スターであるキキちゃん(芹香斗亜さん)が就任

 

阪急交通社から、
初のトップスターが誕生する可能性は、
高いでしょう

 

現状のトップ就任は、7人中5人
就任率は、71%です

 

スポンサーリンク

スポンサーがついたからといってトップ就任ではない

上記を見ても、
VISAという超大口スポンサーは別格として、
他のスポンサー企業を見ても、
就任率100%はないです

 

阪急交通社が、
VISAに続く感じの雰囲気はありますけど…
初代がトップ就任してませんので、
100%は永遠にあり得ません

 

あらたなスポンサーになってくれた、
ヒガシマル醤油は、
100%になるのかどうか
今後注力する必要があるでしょう
そういう意味でも、
じゅんはなちゃんには目が離せません

 

就任率100%ではないとはいえ、
劇団が推しているタカラジェンヌであることは、
間違いありません

 

「この子はどうでしょうか?」と候補を提示するのは劇団側です

 

稀にスポンサー企業側が、
この子に付きたい、という例もあるのでしょうけど、
その場合は、確約なしというのを明確にしているでしょう

 

確か、
ことちゃん(礼真琴さん)の萩の月は、
萩の月側から、
ことちゃんがいい、
と指名したというを聞いたことがあります

 

萩の月の三全は、
地元出身のかりんちょさん(杜けあきさん)と、
次のコムさん(朝海ひかるさん)はトップスターですけど、
3代目は、地元ジェンヌのはやとくん(海隼人さん)でした
星組を見ていて、
ことちゃんに白羽の矢が立ったのかもしれません
無事にトップスターになれてよかったです

 

このようなことは稀でしょうから、
基本的には、
劇団が推したいジェンヌさんであることは確かだと思います

 

ただし、
トップ就任は100%ではない、ということが大事

 

タカラジェンヌさんの成長や、
他のしがらみや、
状況などにより、ナマモノのように状況が変化します

 

あくまでも、
指標の1つくらいに捉えておいた方がいいということでしょう

 

特に、
池田泉州銀行のイメージガールは、
トップ就任率が50%にも満たないのが、
結構大きいように感じます

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
宝塚歌劇団におけるスポンサーやお金のこと…問題はそこじゃない

 

コメント