歌うまは正義!真彩希帆のミューサロを見てトップ娘役の歌唱力の大事さを知る…

宝塚考察



昨日は、
大好きなまあやちゃん(真彩希帆さん)のミュージックサロン
『La Voile(ラ ヴォアル)』を視聴しました!

 

もう素晴らしすぎて…
いろんな思い出も蘇ってしまい、
ちょっとホロリ…

 

歌では、
鳥肌ものの圧巻の歌唱力を聴かせてくださり、
見せてくださいました…

 

これぞトップ娘役!
宝塚歌劇団が誇れる歌姫なトップ娘役です…

 

ということで、
今回のテーマは、まあやちゃん含めて、
「歌うまは正義」です(笑)

 

ミューサロの感想ではなく、
いつもの「歌うまバンザイ!」「歌唱力最高!」な内容ですので(笑)、
苦手な方はここまででお願いします
大丈夫な方のみお付き合いください

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁと、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

ヅカファンにおいてコロナによる影響の唯一の良かったことはライブ配信

まずは一言…

 

まあやちゃんのミュージックサロンを、
ライブ配信してくださり、
本当にありがとうございました!

 

昨日も向こうでちらっと言いましたが、
この配信をしてくださったことに、
宝塚歌劇団には感謝しかありません!

 

コロナ禍でいいことが全然ありませんけど、
コロナがあったからこそ、
ライブ配信が開始されることになりました
本来であれば、
スカステ放送を待てなくてはならないのに、
オンタイムで見れるという喜びは、
この上ないものでした…

 

ただ、
まあやちゃんをずっと応援されてらしたファンの方々は、
あの場の生で聴きたかったろうなぁ、
と寂しくも感じましたけど…

 

まあやちゃんも寂しかったと思います

 

スポンサーリンク

圧巻のパフォーマンスを繰り広げた真彩希帆

それでも、
無観客を感じさせない、
圧巻のスケールだった歌の数々…

 

まあやちゃんの歌のパフォーマンス、
クオリティの高さが、
いかにスゴイのかを垣間見ることができました

 

退団後は、
本当に将来的には、
新妻聖子さん並みにご活躍して欲しい逸材です

 

これほどまでに、
歌の1曲1曲をドラマチックに演出でき、
表現できる歌姫はそうそういません

 

歌を上手に歌うということはできても、
そこに役や背景を落とし込む表現力というのは、
才能になるからです…

 

まあやちゃんの歌が心に響くのは、まさにコレ!

 

歌の上手さというのは、
歌詞による言葉の表現力と、
曲のメロディによる影響力とで、
人に感動を与えやすいです

 

そこに最上級の歌を引き出す力が加わると、
それだけで極上のエンターテインメントになるのです

 

まあやちゃんは、
宝塚歌劇団において、
それが出来る唯一無二のトップ娘役であり、
タカラジェンヌであります

 

本当に退団してしまうのが惜しまれますけど、
こればかりは仕方がありません

 

どうか退団後も、
OGとして、
素晴らしい舞台を見せて欲しいです

 

スポンサーリンク

5組中1組は歌唱を武器にしたトップコンビであって欲しい

さて、本題ですけど…

 

やはり宝塚歌劇において、
歌唱力というのは絶対的な武器だなぁ
とあらためて感じました

 

トップスターにおいては、
スター性、もしくはカリスマ性が、
1番大事であるのはわかるとして…
芸において、
歌唱力は外せないと思います

 

ただし、
以前から何度も言っていますが、
5組あるので、
いろんなタイプのトップスターがいて当然ですし、
バラエティー豊かで、
個性が出て差別化もできるので、
何かに秀でていれば全然いいと思います

 

5組中1組は、
歌唱力で引っ張ってくれるトップスターがいて欲しい
というだけ…

 

そして、
そのトップスターには歌える歌姫を相手役にして欲しい
というだけです…

 

5組中1組くらいは、
歌唱力で魅せてくれる組があっていいはずなのです

 

で・す・が、
それが全く叶わないというのが、
宝塚あるあるなのです…(^_^;)

 

そもそも、
歌えるトップスターが、
本当に少ないのがネックなのでしょう

 

せめてトップ娘役くらいは歌姫であって欲しい

トップスターに、
合わせた戦略があるのは仕方がないにしても、
歌えないトップ娘役ばかりになるというのは、
ちょっと困ってしまいます

 

ヅカ歌唱的には、
まぁ歌える、合格的な意味では、
ひっとん(舞空瞳さん)や、
次期雪組トップ娘役に選ばれたひらめちゃん(朝月希和さん)がいますが、
2人とも普通には「歌える」だけであって、
歌姫でも、歌唱力があるタイプでもないです

 

まあやちゃんや、
さくらちゃん(美園さくらさん)が退団した後は、
まどかちゃん(星風まどかさん)だけになります

 

そのまどかちゃんも、
ずっと残っているとも思えず…

 

むしろ、残ってもらって、
1作や2作だけでも、
キキちゃん(芹香斗亜さん)と組めれば、
だいきほとは言いませんけど、
ある程度の感動を味わえる、歌唱力トップコンビになったでしょう
元々、見た目も、
キキまどの方がお似合い度が高いですし…

 

ですが、
ゆりかさん(真風涼帆さん)が先に退団するとは到底思えず…

 

せめて、
キキちゃんの時には、
歌える娘役が就任して欲しいですけど…
じゅんはなちゃん(潤花さん)がニコニコと、
最大級の陽のオーラでキキちゃんを包み込んでしまいそうですw

芹香斗亜&潤花の相性は悪くないができれば歌姫希望…歌うまは正義!

 

なんか、
ちょっと前の2018年、2019年あたりは、
歌えないトップ娘役は星組だけという状態だったのが、
もはや夢幻のごとく、
今やそれが嘘のように、
歌えるトップ娘役が宙組だけという逆転状態になろうとしています

 

ひっとんとひらめちゃんは、
まだ歌える方なので、
歌えない組に入れてしまうのはちょっと忍びないですけど、
決して歌唱力のあるタイプではないので、
歌唱力あるトップ娘役の括りには入れられません

 

とにかく、
トップ娘役は娘役の中では、
1番歌う場面を与えられるので、
観客にストレスを与えるような歌唱力ではダメだ
ということです

 

スポンサーリンク

歌えないのなら歌わせないを徹底することも大事

宝塚歌劇団は序列や学年を重んじますけど、
トップスターが組の頂点というのはいいとして、
トップ娘役が娘役の頂点になってしまう構成は、
あまりよろしくないでしょう

 

あくまでも、
ヒロインを演じる娘役という位置づけくらいが、
舵取りしやすいと思います

 

以前から何度も語ってますけど、
1組に70人以上の組子が存在するわけですから、
1人1人に役割をきちんと与えてあげて欲しい、と思っています

 

歌が苦手なトップ娘役に、
無理やり歌わせるのではなく、
歌唱力のある娘役さん、
あるいは男役さんに、
カゲソロなり、
代わりに歌うなりして、
場面を盛り上げるというのも一案でしょう

 

間違えても、
歌えないトップ娘役に無理やり歌わせて
歌姫な娘役を封印
あるいは抹殺するようなやり方は、1番ダメです
前星組のトップ娘役の時は、これが多かった…

 

なぜ、歌えないトップ娘役に歌わせようとするのか…

 

もちろん歌う回数を増やして、
成長させるというのもあるのでしょうけど、
ある程度の学年になれば、
それも難しいでしょう

 

そもそも、
歌えないのをわかっていて抜擢してるのですから、
歌唱力は他の生徒で補うくらいの、
観客への配慮をしてもらいたいです

 

何よりも、
生徒さんのモチベーションに繋がります

 

そういう意味でも、
まあやちゃんとは言わないまでも、
歌唱力のあるトップ娘役さんは、
舞台の安定感が違います

 

宝塚歌劇団は歌劇団ですから、
お芝居にしろ、
ショーにしろ歌う場面が多々ありますので、
もう少し歌唱力を大事にしてもらいたい
とミューサロを見て、あらためて思ったのでした…

 

もちろん歌唱力がすべてではないですけど、
歌唱力は大事だよ、というお話です

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
宝塚歌劇において歌唱力は裏切らない

「歌うまは正義」シリーズ

 

コメント