花組『シャルム!』明日海りおの見どころたっぷり!華優希の正しい起用法

花組



偉大な花組のトップスターだった、
みりおくん(明日海りおさん)が、
宝塚歌劇団をご卒業されてしまいました…

 

それなのに、
今更ですけど、
花組レヴュー『シャルム!』の感想です

 

アンケートも開始していますので、
私も感想を綴っておかないと…、
ということで慌てての更新です…

 

毎回、
ショーはバタバタしているなぁ…(^_^;)

 

ここから先は、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

正統派でありつつしっかり明日海りおの退団ショーだった『シャルム!』

今回のレヴュー『シャルム!』は、
非常に正統派なレヴューだったと思います

 

しかも、
ダンスの花組に相応しい構成でしたね
その中心はもちろんみりおくん!

 

ダークで妖しい魅力を引き出したいという、
「黒みりお」をコンセプトにしたという稲葉太地先生でしたけど、
見事に妖しくも美しいみりおくんを引き出してました…

 

テーマ曲もあまりポップな感じではないものの、
1度聞くと非常に印象的でした
湿度を感じるというか、
独特なねっとり感があるというか…
それを品よく歌いあげるみりおくんが素敵でした

 

前半は、
花組生全体にスポットライトを向けて、
後半に一気に明日海りお色を打ち出してました

 

そのため、
より明日海りおとの時間が印象に残る構成、
だったのではないでしょうか

 

満足度が高かったです

 

スポンサーリンク

華優希の起用法とオープニング

オープニングでは、
青年(少年?)たちが妖しい世界に紛れ込む、
という設定で始まります

 

正直、
このオープニングの場面って必要だったかなぁ…、
とこの場面に関しては、
違和感ありまくりでした

 

要所要所で、
この若者たちはちょこちょこ活躍しますけど、
もう少し設定が違った方が良かったように感じました

 

ただ、
この後の地底の世界が繰り広げられて、
圧倒的な華であるみりおくんの登場には、
ため息しか出ないほどウットリしましたので、
そういう意味では、大事な対比だったのかもしれません…

 

 

そして、
ナビゲーターのような不思議な少女フルフルの華ちゃん(華優希さん)

 

稲葉先生の苦心を感じられるフルフルちゃんでしたね

 

私的には、
華ちゃんの正しい起用法だと感じました

 

場面場面で、
ちょこちょこ登場するので、
印象にも残ります

 

ダンスや歌を苦手としている華ちゃんが、
無理やり何曲も歌って踊るよりは、
妖精のような可憐さでフワフワしているのは、
とても愛らしかったので、
この役はとても似合ってました

 

歌も1曲のみでしたし、
愛ある設定だったのではないでしょうか
さすが座付き作家!

 

フルフルちゃんは、
お天気になるように祈ってくれたようで、
そこも大活躍!

 

スポンサーリンク

城妃美伶がカッコよかった!

私は星組っ子なので、
花組に組替えされた後も、
しろきみちゃん(城妃美伶さん)をめちゃくちゃ応援してました!

 

今回、
みりおくんと一緒に退団となりましたけど、
ショーでもひと際目立つ場面もあり、
見守ってきたファンとしては嬉しい限り…

 

特に、
あきらさん(瀬戸かずやさん)と組んだ、
「S3 地底の歓び」の場面は素敵でした
相変わらずの素敵なダンスと、
綺麗な側転!
さすがしろきみちゃん♪

 

スタイルもよし、
綺麗なお姉さま系でしたし、
本当にご卒業されてしまったのが、
残念すぎました…

 

歌も本当に上手かったです
高音が綺麗に伸びる娘役さんでしたから、
低音の魅力がある男役さんとの相性は抜群!

 

大好きなマイティー(水美舞斗さん)との、
銀橋でのデュエットは、耳が幸せでした…

 

個性的な柚香光の独特な雰囲気を上手に演出

ダンス上手なカレーくん(柚香光さん)ですが、
正統派なダンサーというよりは、
個性あふれるダンサーです

 

そのため、
流れるような美しいダンスよりも、
キレを重視したダンスの方が得意です

 

その魅力が出たのが、「S6 地底の恋人」の場面

 

宝塚のショーでは、
ありがちな設定とストーリーではありますが、
カレーくんのスタイリッシュな中にも、
男臭さがあるダンスがカッコよかったです

 

何よりもスターオーラというか、
カリスマ性がスゴイ!
このダンスでそれがものすごく発揮されてました

 

また、
みりおくんと絡むダンスも素敵でしたね
とにかく「耽美」という言葉似合うみりカレー
宝塚歌劇で、
この2人の麗しい場面を見ることは、
もう2度とないのです…

 

スポンサーリンク

明日海りおにはもっと歌って欲しかった…『ケ・サラ』は胸に響きまくる

今回のレヴューは、
ダンスの花組という点と、
明日海りおの妖しい魅力と、
明日海りおへの贐に関しては、
合格ですけど、
1つ欠点があります

 

それは、歌う明日海りおが少なかったこと!
明日海りおにさよならは出来る構成でしたけど、
もっと歌って欲しかった…

 

歌上手なのに、歌が少なくて、
ちょっと残念だったかなぁ…

 

その分、ダンスで魅了してくださいましたけど…

 

 

だからなのかな
1番最後に歌いあげる『ケ・サラ』は、
心に沁みて、涙が止まりませんでした…

 

いろんな方が歌われていますけど、
宝塚歌劇団が生んだ往年の大スター、
越路吹雪様や、
花組の偉大なトップスター、
大浦みずき様が歌ってらっしゃいましたよね…

 

明日海りおも、
この偉大なる花組の先輩方の1人になったのだなぁ、
と感じた瞬間です…

 

ああ…明日海りおよ、フォーエバー…

 

そんな雰囲気でレヴューは、
フィナーレになります

 

 

それを補うかのように、
サヨナラショーでは歌いまくりだったので、
サヨナラショー付として見ると、
バランスは取れてますけど、
ショー単品だとすると、
みりおくんの歌の少なさはマイナスでした…

 

全体としては、
上品で、華やかな宝塚らしいレヴューだったと思います

 

最後の黒燕尾は男役の美学に溢れていた

みりおくんのラストの男役群舞は、
黒燕尾でした…

 

この場面も本当によかったです…

 

なんといっても、
男役スターとみりおくんの絡みですね
ここでもう涙腺がおかしくなって、
制御できなくなります
カレーくんの背中をそっと押すみりおくんが、
とてもとても美しかったです…

 

孤高の美しさでもあったかな

 

明日海りおは、
限りなく人に愛されたトップスターでありましたが、
それゆえに、
計り知れない重圧と重責を感じていたでしょう
その重さは、
現トップスターでは群を抜いて大きかったのではないでしょうか…

 

孤独ではなく、
人よりも高い理想を持ち続け、
それを実現、具現化することに注力した、
という意味での孤高です

 

研ぎ澄まされた美しさが、
黒燕尾の場面にはありました

 

だからこそ、
鮮明にその姿が記憶に残ります…

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【アンケート実施中】(2019年12月5日締め切り予定)
アンケート「花組『A Fairy Tale』『シャルム!』観劇評価を教えてください」

 

【関連記事】
『A Fairy Tale』絶大人気の明日海りお退団公演としては残念無念…退団公演に良作なし更新!

 

コメント