星組『GOD OF STARS』のコメント返し Q3-『Éclair Brillant』の満足度<11/25>

宝塚観劇アンケート



お待たせいたしました!

 

今回は、
10月13日~10月24日に実施してました、
第25回目(通算)のアンケート「星組『GOD OF STARS-食聖-』『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』観劇評価を教えてください」 のコメント返しの3回目です!

 

今回は、
Q3の「『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』の満足度」についていただいた方へのコメント返しになります

 

アンケート記事がこちらです

アンケート「星組『GOD OF STARS』『Éclair Brillant』観劇評価を教えてください」=10/24に終了しました!=
恒例の本公演の観劇アンケートです! 今回は第25回目(通算)となります 10月13日に、 星組の『GOD OF STARS-食聖-』、 『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』が、 大千秋楽を迎えまし...

 

投票結果はこちらです

 

「星組『GOD OF STARS』の観劇評価」紅ゆずるの奇跡がまた1つ達成!アンケート結果発表
お待たせいたしました! 今回は、 10月13日~10月24日に実施してました、 当ブログのアンケートの集計結果を発表したいと思います! 第25回目(通算)のアンケートです お題は、 星組の『GOD OF ...

 

まだご覧になってらっしゃらない方は、
ぜひ上記の結果発表をご閲覧ください♪
興味深い内容になっています!

 

いつもの如く、
お返事は、
当ブログの口調でしてますので、
めちゃくちゃタメ口になってしまってますことを、
あらかじめご理解くださると助かります♪

 

スポンサーリンク

【★★★★★(星5)】をご選択された方より

【★★★★★(星5)】のコメントは、21名の方からいただきました!

 

ありがとうございます♪

 

いつもと同様に、
全コメントにちょこっとずつツッコんでいきます♪

「千秋楽のデュエットダンスを終え、紅さんがあーちゃんに拍手を送った姿を一生忘れません。」
⇒よかったですよね!
しかも頭ポンポンがありまたよね!
あの愛おしそうに抱きしめるさゆみさんが素敵すぎました
あーちゃんも本当に幸せなトップ娘役人生だったと思います
最高に素敵なエンディングでした♪

 

「三味線の黒燕尾は感動でした。」
⇒素敵でしたよね…
曲も大河の曲で壮大な雰囲気が退団で最後の黒燕尾だという感じが伝わり、ドラマチックな演出でした
その真ん中で踊ったさゆみさんは、とても立派でした…

 

「とても華やかでしたし、ボレロに圧倒されました。特に黒燕尾からデュエットダンスへの流れが大好きです!」
⇒ボレロは皆さん感動されてますね!
独特な一体感を演出するには最適でしたし、上手に演出されていたからだと思います
黒燕尾もデュエットダンスも素敵でした
幸せそうなべにきさきが最高でした

 

「どこを取っても好きだけど、特にボレロは圧巻だった。」
⇒ファンにはたまらない演出だったと思います
適材適所でもありましたし
さゆみさんを上手に演出してくれていたので、さすがは酒井先生だったのではないでしょうか
ボレロは皆さん大絶賛!

 

「星組が揃っていた!!!色々詰め込まれていて凄かった。」
⇒最後のショー(レビュー)でようやくちぐはぐ感が払拭されましたね!
適材適所であれば、十分に見ごたえのあるショーになるということだと思います
このぐらいの緩い感じがべにきさきの星組には合っていたのでしょう
それが物足りなさにも繋がるのですが、無理をしていないという点ではよかったと感じます

 

「とにかく美しかった。ボレロの場面は圧巻でアート作品みたいだった。」
⇒皆さん、ボレロ大絶賛!
全体的な古臭さの流れを変えた点では、大きな役割を果たしていたように思います
その後のフィナーレの流れはとてもよかったので、大事な分岐点であるボレロでした
星組の一体感を感じられましたね♪

 

「風の精とボレロ」
⇒風の精は素晴らしかったですよね…
古さはあるものの、演じ手の実力が如実に出ていたので、つまらなくなりかける演出が見ごたえに変わった好例だと思ってます
ボレロは皆さんに大満足!

 

「ボレロ、黒燕尾はもちラテンの第8場9場が衣装、舞台、曲、ダンス全て良かったろん」
⇒もしかしたら、最後に何か言葉が続いていたのでしょうか?
少し気になります…(^_^;)
適材適所で上手に演出されていたのがよかったんだと思います
やはり場面に見合った抜擢が大事ですね

 

「キラキラしててもう全てが素敵でした。そしてやっぱりデュエットダンスは観ていて本当に幸せでした。」
⇒キラキラはさゆみさん特有のスターオーラですからね♪
本当に素敵です!
べにきさきのデュエットダンス、今まで1番素敵に思えたのは、お互いを思い合っている感がものすごく伝わったからでしょう
見ているこちらもほっこりしました!

 

「群舞頑張った!黒燕尾最高!紅愛里琴最高!」
⇒頑張りましたよね~
特に振付の先生がGJでした
黒燕尾は美しく壮大な雰囲気の曲に、ゆったりとした振付を上手にされてましたので、粗が見えず素敵でした
べにきさきのデュエットダンスの笑顔が眩しかったです♪

 

「どの場面も素晴らしく、あっと言う間に終わってしまうレビューでした」
⇒それだけ充実されていたということ!
その感激を大事になさってください
適材適所で星組生が頑張ってましたもんね
見どころはたくさんあったと思います

 

「ボレロと、黒燕尾が素晴らしかった」
⇒ボレロ大絶賛!
黒燕尾も大絶賛!
やはり美しく見えるような振付って大事ですよね…
つくづく感じます
星組生の一体感をものすごく感じました
さゆみさんへの想いが募っていたのでしょうね…+゚。*(*´∀`*)*。゚+

 

「昭和」
⇒それがよかったんですね♪
古き良きも大事ですから
でもその「THE 昭和」な感じが実は1番似合っていたということでしょうね

 

「紅さんによく似合った内容だった。音楽と振り付けが良く合っていた。」
⇒無理させてませんでしたもんね
あとあーちゃんも1曲入魂だったので、事故率低かったのも大きかったです
やはり適材適所って大事なんですよね…
上手な演出だったと思います
これでもう少しトップスターへのサヨナラが出来たら、もっとよかったと思ってます

 

「冒頭で古くさッ!と思ったものの、いたずらに奇を衒うでもない、凝った演出がとても格好良く思えました。」
⇒全体的に古かったですよね
だから「ボレロ」が印象に残るんだと思います
凝った演出というよりも、丁寧な演出という方が合っていそうです
あと何度も言いますけど、適材適所かなぁ
星組はこれが出来ない組だったので、1番大きな要因だと思います

 

「今まで見た中で最高のショー作品。」
⇒それは星組に限ってでしょうか?
それともずっと見てきたショーで、でしょうか??
いずれにせよ、大満足であったというのは1番
さゆみさん率いる星組を生で見ることは叶わなくなった今、その気持ちは宝物と一緒ですからね♪
とても尊いと思います…(*´ω`*)

 

「一番好きなショーになりました。美しくて心が震える。」
⇒それはよかったです
ショーは宝塚歌劇の醍醐味ですから、そのお気に入りが退団ショーというのは最高なのではないでしょうか
きっとこういう古き良きな感じがお好きなんですね…(*´ω`*)
伝統も大事です、本当に…
確かに『GOD OF STARS』とは真逆かなw(^_^;)

 

「黒燕尾の群舞が最高に素敵でした」
⇒素敵でしたよね
さゆみさん率いる星組で、黒燕尾に感動できるとは思わなかったです(正直ですみません)
選曲の良さ、しかも三味線でというイレギュラーを持ち合わせた演出と、振付が無理をしていなかったというのが勝因ですね
記憶に残る黒燕尾でした♪

 

「退団者、残る人たちそれぞれの最高の場面も、ボレロの一体感も最高で今の星組の最骨頂でした」
⇒ショーではいい結果を出せずにいた星組ですけど、ようやく良さを発揮できるショーに出会いましたよね
ただちょっとトップスターさゆみさんへの退団ショーとしては、少し薄めだったように感じます
それをボレロと黒燕尾で乗り越えた、というところでしょうか

 

「正統派でぶれないショーは久しぶりだったような。星組さんの燕尾に緊張感を感じたのは久しぶりでした。」
⇒星組のショーはしっちゃかめっちゃかなイメージでしたけど、最後は雰囲気良く終われましたよね
無理をさせないことが大事でしょう
歌える人に歌わせ、踊れる人に踊らせる
この大事なことを星組は出来なかったので、ようやく普通になったということなのではないでしょうか
黒燕尾でも難しい振付はせず、雰囲気だけで上手に演出されてました
こういうことが大事なんだと思ってます

 

「退団オーラ全開の紅さんを上手に生かしていて、選曲が最高」
⇒退団オーラはありましたし、とても美しかったですけど、サヨナラをさせてもらうにはちょっと弱かったかな…
演出は上手だったと思います
やはり無理やりの抜擢ではなく、適材適所を生かしていたのが大きいのではないでしょうか
選曲は特に黒燕尾が最高でしたね♪

 

スポンサーリンク

【★★★★(星4):満足!】をご選択された方より

【★★★★(星4):満足!】のコメントは、11名の方からいただきました!

 

ありがとうございます♪

 

「もうすこし激しさがあってもよかったけど良質なレビあーちゃんの歌が上達しててびっくり」
⇒あーちゃん…(^_^;)
私は最後までズッコケましたけど、それは人それぞれですねw
ただあーちゃんにはマシに聞こえる歌だったので、やはり得意分野で勝負させることが大事でしょう
激しいのは、べにきさきでは無理なので、このぐらいでちょうどいいんだと思いました

 

「大千秋楽のライビュでは皆見せ方や表現の仕方もよくなってて星5つでした。」
⇒良くなってましたよね!
あと良くなりやすい演出や振り付けだったんだと思います
やはり組の実力に見合った抜擢と演出をしなければ、ある程度の満足度は得られると思います
適材適所が大事ですね、ホント…(^_^;)

 

「ボレロの場面が圧巻だった。私が審査員なら団体賞をあげたい」
⇒おお!
ボレロ、そこまで評価が高かったですか…
べにきさき限定であれば、十分素晴らしかったとは思います
星組の一体感は感じましたし…
それだけ感動されたということですから、さゆみさんも酒井先生も嬉しいのではないでしょうか♪

 

「こっとんのダンス綺麗だった!ただボレロの場面で眠くなったのは私でけでしょうか…?」
⇒たぶん私の思考と感性と趣向が似ている方だと思います(笑)
私も全く同意見!
ボレロは悪くなかったですけど、「ボレロ」という安易な選曲がつまらなかったかな
ああいう演出になるのはわかりますし…
ただべにきさきにしたら、十分頑張ってましたし、素敵だったとは思います
終わりよければすべてよし、ですね♪

 

「退団者の場面もあり、ボレロと黒燕尾が好き!」
⇒退団者の場面は温かいですよね
べにきさき以外にも、こういうのがちゃんとあるとホッとします
逆に、べにきさきの退団となるとかなり薄味になってしまってましたね
それが高評価に繋がっているのが面白いです

 

「劇場で観たボレロが素晴らしかったです。」
⇒「ボレロ」は古き良きの雰囲気を一転させるのに、いい効果を出していたと思います
星組では、なかなか一体感を演出することができず、最後にこうやって見せ場をたくさん設けてくれたというのは酒井先生の愛を感じますね
さゆみさんも本当に頑張ってらっしゃいました♪

 

「サヨナラ感よりクラシカルな宝塚感がお芝居との対比的に良かったです。」
⇒なるほどです
でも私はもう少しサヨナラ感が欲しかったかな
全体的にのんびりしているうちに終わった感が強かったので…
ただ適材適所の起用は素晴らしかったと思います
さゆみさんのファンが満足されたのであれば、それが1番ですよね

 

「前回のショーより場面ごとの緩急があり、良かった。ボレロが特に感動した。」
⇒前回のショー『ESTRELLAS(エストレージャス) 』は、ことちゃんありきだったのでしょうね…(^_^;)
全国ツアーで完成形を見たように感じましたから…
そういう意味でも、さゆみさんに似合った演出で、星組生も適材適所でよかったと感じます

 

「ボレロ、プロローグ、フィナーレ、どれも良いけれど、こっとんの風のシーンが出色の出来。」
⇒こっとんのパリの場面は、こっとんだから成功したと思ってます
下手したらただの古臭い場面ですから…(^_^;)
それを見ごたえあるものにしたのが、こっとんの実力でしょう
特にことちゃんの歌とダンスは絶品でした
私にはロミジュリに見えましたよ…(笑)
クラシカルなショーで粗がなかったのが、とてもよかったです

 

「構成がバランス良く、こっとんの場面とボレロが大好き!」
⇒古き良きがさゆみさんに似合っていたということですね
ボレロは皆さん大好きな場面で、ここのコメントも「ボレロ」しかないです(笑)
次に黒燕尾かな?
この手のショーにはよくある構成ですけど、星組として適材適所だったのが1番よかったかな
ちゃんと歌える人に歌わせ、踊れる人に踊らせる
すごく大事なことですから
だからバランス良く感じたんだと思います

 

「重力を感じさせないパリの場面は素晴らしく次期に期待大です。」
⇒期待通りのようですよw
『ロックオペラ モーツァルト』大絶賛の嵐ですから…
私も観劇が楽しみです♪
パリの場面はこっとんだからこそ成功に結び付いた場面ですね
あれだけダンスしてブレずに歌うんですから、さすがことちゃん!

 

スポンサーリンク

【★★★(星3):まぁ満足】をご選択された方より

【★★★(星3):まぁ満足】のコメントは、5名の方からいただきました!

 

ありがとうございます♪

 

「ボレロ、素敵だったのですが、なぜか眠くなりました。(ライブビューイングでも同じ)」
⇒同じくです!
感性が似ているのでしょう(笑)
私は曲が「ボレロ」だったのが敗因だと思ってます
非常に想像どおりの展開なので、まとまってはいるものの、目新しさや圧倒する驚きがなかったのです
たださゆみさんを筆頭と考えたら、あの演出でも十分頑張っていたということでしょうね

 

「もうすこしサヨナラ感があっても良かったかなと。ボレロも少し長かったかな」
⇒私も激しく同意です
さゆみさんへのサヨナラ感が薄かったですよね…(^_^;)
もう少し感動の場面があってもよかったような…
「ボレロ」を大絶賛されている方が多いのが驚きですけど、逆にいえば、星組でああいう見せ場のある場面をこれまでこなすことが出来なかったからでしょう
そういう意味もある気がしています

 

「ボレロ!今年の宝塚のショーの場面で1番!素晴らしかった!」
⇒スゴイ!
ボレロ大絶賛の嵐です
でも、星組でこれだけ一体感のある場面を作れたのって初めてですよね
だからこそ印象が強いんだと思います
感動されたようで何よりです!

 

「中詰、ボレロ、フィナーレはすごくよかったが、パリが冗長。」
⇒パリの場面はそもそも古臭いですもんね
それを乗り切れて絶賛される方が多いのは、こっとんの実力あってこそ
あの実力がなければ、本当に蛇足な場面でしょう
ボレロは全体的にのんびりな雰囲気を一新させ、フィナーレに繋げたという部分では大きな役目を果たしたと思ってます

 

「ボレロのフォーメーション、三味線で黒燕尾は素敵だった。主題歌が耳に残らず残念。」
⇒「エクレービアーンエクレービアーン!ジュテームジュテームジュテーーーム」(私的記憶)
ダメですか?(^_^;)
私はこの部分だけつい歌ってましたけど、確かにテーマ曲としては弱かったです
全体的にのんびりな雰囲気ですし、粗を出さないようにするには適していたように思います
無理やりの連発ではなく、適材適所だったのがよかったと思ってます

 

【★★(星2):今ひとつ】をご選択された方より

【★★(星2):今ひとつ】のコメントは、1名の方からいただきました!

 

ありがとうございます♪

 

「技量不足なトップコンビが出過ぎない構成は歓迎だが、それ故のトップの求心力が弱いショーの薄さを感じた。」
⇒「技量不足なトップコンビが出過ぎない構成」
たぶんこれがこのレビューのいいところでしょうね
適材適所が初めて生かされたショー(レビュー)じゃないでしょうか
もっと早くにこういう抜擢や演出をして欲しかったです
その分、さゆみさんへのお別れにはちょっと物足りなさもありましたけど…

 

スポンサーリンク

あとがき

これで、
星組『GOD OF STARS-食聖-』
『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』のアンケートは、
終了いたしました!

 

たくさんの投票と、
コメントをいただきまして、
本当にありがとうございます!

 

 

大変お待たせいたしましたが、
なんとか次のアンケートの発表前に、
終えることが出来ましたので、
ホッといたしました

 

ショーやレビューには、
全然いい印象のない星組でしたけど、
今回の最後のレビューは、
とても満足度の高い結果となりました

 

正直意外だったかなぁ…
コメント読むと、
「ボレロ」大絶賛です
次いで、「黒燕尾」

 

この2つがズッコケていたら、
いつもの星組のショーになっていた、
ということですね…

 

非常に興味深かったです

 

何よりも、
さゆみさんへのサヨナラ感が薄いことは、
気にならなかったということ

 

さらに、
それが高評価に繋がっているのが面白かったです
そこに不満を持っている人がおらず、
適材適所だった演出に絶賛だったというのが、
本当に興味深かったです…

 

 

では、
次回はみりおくん(明日海りおさん)の、
ラスト公演花組さんの、
『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』
『シャルム!』のアンケートになります

 

こちらも、
ぜひぜひお楽しみに♪

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

コメント