礼真琴は次世代の「歌うまは正義」の継承者…その実力を遺憾なく発揮

星組



昨日21日の話になりますが、
星組『ロミオとジュリエット』、
花組『アウグストゥス-尊厳ある者-』『Cool Beast!!』、
月組『桜嵐記』『Dream Chaser』の、
公演スケジュールが出ましたね!

 

…というか、
いつも見落とすので、
いつ出たのかわかりませんけど、
私が見たのは昨日です

 

いよいよ宝塚歌劇団が動いている感が増しました
『ロミオとジュリエット』は、
本当だったら宝塚大劇場で公演中だったんですよね…(^_^;)

 

ということで、
今回は前回のだいきほに続いて、
次世代の真の歌唱力を誇ることちゃん(礼真琴さん)について、
語っておきます

 

本当は前回のだいきほの記事と一緒だったのですが、
めちゃくちゃ長くなったので分けましたw(^_^;)

だいきほは尊い!歌うまは正義を堪能した望海風斗&真彩希帆…『NOW! ZOOM ME!!』

 

相変わらずの「歌うまは正義」なシリーズなので、
苦手な方はここまででお願いします
大丈夫な方のみ、お付き合いください

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

礼真琴の凄さをあらためて感じた『眩耀の谷』『Ray』

だいきほが退団を決め、
来年春には宝塚歌劇団を卒業されてしまいます

 

その真の歌唱力の意志を継ぐのは、
星組の新トップスター、ことちゃん(礼真琴さん)です

 

今回のお披露目公演は、
まさに、ことちゃんがいなければ、
めちゃくちゃ退屈になる演目だったと思います(笑)
それだけ、
ことちゃんの歌、ダンス、お芝居にかかっていたと言っても、
過言ではありません

 

ことちゃんは、
スタイルがいいわけではないですし、
容姿も可愛いですけど、別に美形ではありません
いわゆるビジュアル系のトップスターではないです
真逆でしょう

 

ことちゃんの魅力は、動いてなんぼ!歌ってなんぼ!
動いて魅力が最大限に発揮できるトップスターです

 

それがつくづく感じられました

 

2番手時代も、
1人で実力面を支えていましたけど、
トップスターとなり、
舞台の中心の人物が実力面での要になっているのが、
非常によくわかりました

 

そして、
実力があるということは、
舞台が安定し、見せ場がたくさん出るということ
これが素晴らしい

 

舞台の感想は別記事で更新しますけど、
そこまで大絶賛な作品ではなくても、
楽しめるような作品まで昇華させることができた、というのは、
やはり真ん中のトップスターが実力があるからです

 

スポンサーリンク

周りも魅力的に見せることにも成功

これは、
真ん中が安定しているが故の求心力に他なりません

 

ひっとん(舞空瞳さん)はもちろんのこと、
愛ちゃん(愛月ひかるさん)、
せおっち(瀬央ゆりあさん)、
くらっち(有沙瞳さん)、
みっきーさん(天寿光希さん)、
はるこさん(音波みのりさん)、
ほのかちゃん(小桜ほのかさん)、
みつるさん(華形ひかるさん)と、
それぞれが役で輝いていたのは、
真ん中が安定しているからこそ、他の役も魅力的に見えるのです

 

遠慮なく、
自らが持つ魅力を思う存分に発揮しても、
舞台のバランスが悪くならない、という好例です

 

今回は、
お芝居でもショーでもオリジナル曲が多いので、
他のジェンヌさんも、
そこまで歌が破綻してはいませんでしたが、
やはり群を抜いて、上手いのはことちゃん

 

お芝居、歌、ダンスと、
それぞれに上手い人はいますけど、
全部が上手いというのは、ことちゃんだけです

 

そのため、
トップスターがどこに絡んでも、
作品のクオリティが全く落ちない
というのが素晴らしいのです

 

あとは、好みの問題でしょう
ヅカファンが全員ことちゃんを好きなわけではないです(笑)
好きな人もいれば、苦手な人もいる
それが普通ですし、当たり前でしょう

 

ただ、
舞台のクオリティが下がらない、というのは、
オリジナルを出していきたいという宝塚歌劇団にとっては、
非常に扱いやすいトップスターだということ

 

これが何気に大きいです

 

スポンサーリンク

礼真琴には真の歌唱力を生かしてもっと歌って欲しい

相手役のひっとん(舞空瞳さん)は、
素晴らしいダンサーなので、
こっとんとしては、
ダンスで魅力を打ち出していけばいいですし、
それがファンが望むことです

 

見た目の相性もバッチリ!

 

もはや『ロミオとジュリエット』が、
楽しみすぎて待ちきれません!

 

歴代最高にビジュアルがぴったりなトップコンビですし、
ジュリエットにおいては、
今までで、
1番歌えるトップ娘役によるジュリエットですから…(あくまでもトップ娘役限定w)

 

私の中では、
ちゃぴちゃんのジュリエットが最高でしたけど、
当時のちゃぴちゃんの歌唱力は「・・・」でしたw
ひっとんは確実に、
その当時のちゃぴちゃんよりは格段に歌えるので、
見た目の愛らしさを含めて、期待しかないです

 

そうそう…
冒頭でもお伝えしましたけど、
本当だったら、
ロミジュリの感想を言いまくっていただろうに…(^_^;)
来週28日が、
コロナ前の『ロミオとジュリエット』の宝塚大劇場の千秋楽でした

 

話がズレました(笑)
戻します

 

その一方で、
だいきほの意志を継げる真の歌唱力のトップスターとしては、
歌の面でも充実させてほしいです

 

お芝居では、
こっとんとのデュエットになるのでしょうけど、
ショーでは、
歌姫とデュエットしてもらいたいですし、
歌上手な男役さんとデュエットをしてもらいたいです

 

ソロではガンガン歌いまくってくださるでしょうけど、
歌うま同士でのデュエットも堪能したいです

 

こっとんが長期のトップコンビなのであれば、
そういう変化球を入れつつ
お芝居とダンスで、
がっつり仲良しトップコンビでいいでしょう

 

だいきほを見ると、
歌うま同士のデュエットの魅力を、
まざまざと見せつけられますし、
それを欲してしまいます

 

ことちゃんの場合であれば、
男役、娘役含めて、
多少のハーレム状態でも許されるキャラクターです

 

「でも1番大事なのは、ひっとん」的な感じがあれば、
萌え全開です…
あくまでも私的には、ですけど…(^_^;)

 

やっぱり歌えるトップスターには、
歌えるジェンヌさんとデュエットを1~2曲してくれたらいいな、
というのがありますので…
これからのショーに期待したいです

 

礼真琴がいつかコンサートをする日を夢見て

ことちゃんは、
コンサートをしてもおかしくないほどの歌唱力があるので、
在団中に1回はするでしょう
むしろしないといけないレベル!

 

その時は、
ショートショートな寸劇があってもいいですけど(笑)、
いっぱい歌って欲しいです

 

特に、
当ブログのアンケートで皆さんがお知らせしてくださった楽曲は、
全部歌って欲しいなぁ…
『エリザベート』多し、ですけど…(^_^;)
相手役の希望がまあやちゃん多し、ですけど…(^_^;)

礼真琴に歌って欲しい曲…ミュージカルからポップスまで!アンケート結果発表!

 

このアンケート結果で知った、
アニメの『鬼滅の刃』の「紅蓮華」は、
ぜひ歌って欲しいです!

 

LiSAさんのあのコスプレして歌って欲しい…(*´艸`)

 

MVには出てないけど、
ひっとんは、禰豆子ちゃんでw

 

タカラジェンヌと相性が悪すぎるJ-POPも、
ことちゃんはめちゃくちゃ上手いので、
どんな曲でもOKというのは強みです

 

そのため、
歌って欲しい曲がめちゃくちゃ分散されがちかも

 

スポンサーリンク

礼真琴に望むのは海外ミュージカルの初演!『エリザベート』でも『1789』でもない

あと何度も当ブログで言ってますけど、
ことちゃんで『エリザベート』はしなくていいですw
『1789』もいりません

 

そのあたりは、
コンサートやCDで十分
特に『エリザベート』は、
ことちゃん1人エリザで歌って欲しいなぁ…

 

やるのであれば、
こっとんで初演の海外ミュージカルを上演して欲しいです
新しい歴史を刻んで欲しいからです

 

イチロさん(一路真輝さん)が『エリザベート』の初演をしたように、
ちえさん(柚希礼音さん)が『ロミオとジュリエット』の初演をしたように、
まさおくん(龍真咲さん)が『1789』の初演をしたように、
海外ミュージカルの初演という、
大事な歴史の1ページを開く立役者になって欲しい、というのが、
私的な願いです

 

まぁなくてもいいですけど…(^_^;)
今後の宝塚歌劇団が元に戻るまでは、
経営面は、当面の間は大変でしょうし…

 

あれば嬉しいということで…

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
礼真琴は正統派御曹司だったのに歴代トップスターの相手役を務めた異色のトップスター

星組で『エリザベート』上演はあるのか…本音は礼真琴にはトートではなくシシィ希望

 

コメント