星組で『エリザベート』上演はあるのか…本音は礼真琴にはトートではなくシシィ希望

星組



今回は、
ちょっと語りたかったテーマがあったんですけど、
全然まとまらなくなったので、
急遽変更します…(^_^;)

 

後日リベンジします…

 

ということで、
本日は、
かる~いお話でもしたいかな、
と語り始めたら、
最後はゆる~くなりすぎました(笑)

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

星組の『エリザベート』については何度か語っているけど…

以前、
星組での『エリザベート』は、
いつか再演することがあるのか、
ということを何度か語ったことがあります

 

その1つがこの辺ですね

いつか星組に『エリザベート』が帰ってくることはあるのだろうか

 

2016年の記事ですけど、
ことちゃんには「モーツァルト」がいいって書いてるw
私ブレないなぁ…(^_^;)

 

 

みちふうの時は切望してましたし、
べにきさきの時は拒絶でした(笑)

 

…すみません…
ワタクシ、歌うまは正義派なもので、
べにきさきのコスプレ力は認めますけど、
それ以外は無理難題でしたので、
『エリザベート』はとんでもない、と思ってました
そのまま正直にお伝えしておきます

 

当ブログの読者様でしたら、
おわかりでしょうけど…(^_^;)

 

そこで、
星組には待望の真の歌唱力の持ち主である、
ことちゃん(礼真琴さん)がトップスターに就任しました

 

歌唱力抜群ですから、
当然『エリザベート』の期待も多少はあるでしょう

 

ここのところ続いているので、
なくてもいいでしょうけど(笑)

 

それを言ってしまうと、
今回話すことがなくなっちゃうので、
サラっと聞き流してくださいw

 

スポンサーリンク

過去の『エリザベート』上演

上記の記事でも書いてますが、
あらためて明記しておきます

 

●過去の『エリザベート』上演

  • 花組:2002年、2014年
  • 月組:2005年、2009年、2018年
  • 雪組:1996年、2007年
  • 星組:1996年
  • 宙組:1998年、2016年

 

以前も語りましたけど、
星組は、1996年のただ1回きりです

 

その後、
ちえさん(柚希礼音さん)で、
待望のトートがあるかと思いきや、
ねね様(夢咲ねねさん)の歌唱力がネックになったのか、
実現しませんでした

 

ちえさんがトートを演じたかったというのは、
事実なので、
劇団や小池修一郎先生のOKが出なかったのでしょう(←憶測

 

蘭はなちゃん(蘭乃はなさん)はシシィを演じてるのに…、
と言われてしまいそうですけど、
ねね様の歌唱力は、
蘭はなちゃんの比ではありませんでしたから…(^_^;)イヤマジデ…スゴカッタヨ…

 

その代わりに『眠らない男』の上演となり、
ちえさんはナポレオンになり、
みりおくん(明日海りおさん)がトート閣下になりました

 

トートは、
トップスターに合わせた演出をされますので、
小池先生がその時のトップスターに似合ったカラーで、
トートを演出します

 

その分、シシィには、
しっかりとした実力が必要になります

 

そのバランスが悪いとダメだということでしょう

 

当時の花組での『エリザベート』は、
最高のキャスティングだったので、
みりおくんのトートで正解!

 

蘭はなちゃんも、
当時の蘭はなちゃんの本人比では、
十分頑張ってました…
もっと歌えた娘役さんだったらよかったですけど、
それは仕方がないでしょう

 

 

スポンサーリンク

歌唱力抜群の礼真琴だがトートは「???」

星組はちえさんでもトートを演じられず、
最高のトートの歌声を聴かせてくれそうだった、
みっちゃん(北翔海莉さん)もダメ
さゆみさん(紅ゆずるさん)はそもそも技術的に難しい

 

こういう状況が続きましたけど、
このたび、ことちゃんがトップスターに就任しました

 

正直、
歌声だけであれば、トートが似合うと思うんですけど、
ことちゃんの持ち味って、
トートではなく、ルドルフなんですよね…

 

そして、
むしろトートではなく、
シシィの方が絶対に似合うと思います

 

この考えは、
ことちゃんを見守ってからずっと変わってませんが、
記事としては、2016年から変わっていません

 

イメージとしてというよりも、
ことちゃんの持ち味でしょう

 

少年っぽさといい、
中性的な感じといい、
若武者魂のところといい…

 

帝王というよりも、王子様

 

そう考えると、
現星組で『エリザベート』を上演する必要性を、
私的には感じません

 

ひとみちゃん(舞空瞳さん)は、
シシィが似合うと思いますけど、
「私だけに」はひとみちゃんではなく、
ことちゃんで聴きたい(笑)

 

95期でトートが似合うのは絶対柚香光!シシィは礼真琴

私的には、
トートが似合う95期生は、
絶対カレーくん(柚香光さん)です

 

歌唱力はヒドイので、
そこは小池先生マジックでどうにかしてもらうとして…(^_^;)
トート独特なカリスマ性、
闇への溶け込み度からの帝王ぶりは、
凄まじいものがあるのではないかな、と思うわけです

 

新人公演は悲惨でしたけど、
今のカレーくんであれば、
より素敵なトートになるはず!

 

 

そして、
シシィはことちゃん希望(笑)
あ、ここ笑うところで大丈夫ですww

 

ことカレーの『エリザベート』は、
ずっと切望しているので、
上演しなければならないのであれば、
ことカレーでお願いしたいです

 

ことちゃん、客演で!(笑)

 

それであれば見たいかな

 

スポンサーリンク

次回の『エリザベート』は当分いい…暁千星でいいのでは?

そんな無理やり95期でやらなくていいですね…(^_^;)

 

ただ、
妄想しているだけだと、
私が楽しい♪

 

95期生での妄想エリザベートのキャスティングを、
ちょっと考えてみようかな(笑)

 

 

本音を言えば、
『エリザベート』は、東宝版が続いてますし、
宝塚では当面必要ないでしょう

 

次に上演するのであれば、
ありちゃん(暁千星さん)がトップになったくらいで、
十分かなと思います
ありちゃんのトートはめちゃくちゃ観てみたい!

 

ことちゃんのように、
ベビーフェイスなんですけど、
新人公演のありちゃんのトートは、
歌唱力抜群の上、
カリスマオーラ全開で素敵だったもんなぁ…
身長なのかな?(^_^;)

 

 

ただ私の夢は、
以前から語ってますように、
ことちゃんのシシィを見ることなので、
そういう意味では、
宝塚歌劇団に在団中、
『エリザベート』を経験する必要があるんですよね…
かなめさん(涼風真世さん)のような抜擢があればいいんですけど…

 

あくまでも、
私の夢なので、放置してください…(^_^;)

 

私的には、
『1789』と『エリザベート』は、
ことちゃん主演ではパスです
(ただし、シシィなら可←しつこいw)

 

それよりも、
ことちゃん初演が観たいです!

 

こっとんで、
素敵なミュージカルを見せてくれれば、
それで十分♪

 

 

そういえば、
私がことちゃんで観たい役のうち、
モーツァルトとロミオが叶いました♪
ことちゃん自身の思い入れである、
ロミオとティリアンも叶っていますね!

 

次は何でしょう♪(*´艸`)

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
礼真琴待望の『ロミオとジュリエット』…こっとんでロミジュリはピッタリ過ぎる!

 

コメント