珠城りょうの任期を考える…このままいけば明日海りお超えの任期!?

宝塚考察



本日は、
月組さんの話を語っておこうと思います

 

テーマはたまきちくん(珠城りょうさん)の任期です

 

月組さんといえば、
手厚さとテコ入れが続く組というイメージが、
近年あります

月組への手厚さ&テコ入れは続く件…月組『WELCOME TO TAKARAZUKA』

 

当ブログでも、
何度も指摘してきております

 

それに付随して、
たまきちくんは当面ずっと在任するであろう
とずっと語り続けています

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

珠城りょうの無茶だった早期就任

たまきちくんは、
かなり早期にトップスターに就任しました…
研9での就任は、
現在絶大なる人気のある女優、
ゆりさん(天海祐希さん)に次ぐ、スピード就任です…

 

これがたまきちくんの悲劇の始まりでした

 

そもそも、
早期就任出来るタイプのスターではありませんでした

 

早期就任するには、
人気か実力のどちらかが突出していなければならないのですが、
どちらもない状態でした(←当時のお話

 

たまきちくんが、
月組の御曹司であるのは、
ヅカファンの誰もが認めるところですけど、
なにせ、人気が全くない上に、
実力も全然ないままでしたから、
なんで早々にトップスターにしてしまったのだろう…
と当時の普通のヅカファンは思ったわけです

 

たまきちくんのようなタイプは、
学年が上がるにつれて、
徐々に人気が出るタイプです

 

何度もいいますけど、
基本的にいぶし銀なタイプですから、
キラキラしたスターオーラ全開ではありません
むしろ、スター性はないタイプです

 

また、
歌、ダンス、芝居のどれも良くも悪くもない
というタイプです
どちからかといえば、当時は良くない方でした

 

 

こういうスターさんは、
2番手時代にいろんな役を演じることで、
少しずつファンを増やすのが得策です

 

たまきちくんの不幸は、
これを飛び越えてしまったことです

 

たまきちくんご本人も相当嫌だったでしょうし、
悩まれたことでしょう

 

ですが、劇団はコレと思えば、
ゴリ押ししてきますので、
たまきちくんの意思云々関係なく、
あっという間に就任させられたのでしょう…(←憶測

 

裏事情には、
月組のトップスターがなかなか決まらず、
「珠城りょう」しかいなかった、
というのもあるかもしれません(←憶測

 

いずれにせよ、
たまきちくん本人にも予期せぬ早期就任だったのかな、
と思っています

 

スポンサーリンク

「月闇」満載の月組人事

月組の闇人事は、
サイコパスと言われるほどの闇人事です

 

もうずっとですよね…orz

 

2番手ごまかし、
謎の準トップ、
2番手切り、
上級生が大量に組替えなど、
「何それ?」と思うような謎すぎる、
闇人事ばかりを発動するのが、月組さん…

 

まさに「月闇」です

 

 

私は、
かつては月組っ子だったので、
ちえさん(柚希礼音さん)に出会わなければ、
どうだったのだろう、と今でも思います

 

しかも、
ことちゃん(礼真琴さん)が月組組替え云々という噂の頃、
それもしょうがないのかな、と思ったこともありますが、
それはそれは恐ろしい…(笑)

 

その辺りは、
また別で語れればと思いますけど…

 

 

その闇人事の中、
たまきちくんはトップスターに就任しました
研9での就任ですから、
それはそれは目一杯の厚遇で、
対応してもらえました

 

その手厚さとテコ入れ加減は、常時続き、
現在も絶賛継続中です

 

たまきちくんは、
毎年、毎公演正念場が続いていますけど、
この「正念場」が外れる日が来るのかどうかが、
もはや怪しいところになっています…

 

退団の頃は取れるのかな…?(・ω・`)

 

スポンサーリンク

歴代月組トップスターの就任時期が怪しい

そんなたまきちくんですけど、
そもそも長期を乗り越えられるタイプのトップスターではありません

 

長期トップの条件は、この2つが欠かせません

  • 絶大な人気があること
  • ダンス、歌、芝居のいずれかに圧倒的な魅力ある芸があること

 

歴代の長期トップスターは、両方当てはまります

 

月組も、
あさこさん(瀬奈じゅんさん)までは、
保てていました
人気は絶大という感じではありませんでしたけど、
しっかり人気がありましたし、
なによりも技術がありました

 

おかしくなったのは、
まさおくん(龍真咲さん)の時代からでしょう
キラキラした華やかなスター性と、
歌唱力という武器がありましたので、
トップスターには相応しかったです

 

ただ、4年の任期は長かったかな…、
と思わざるを得ません
3年5~6作でよかったと思ってます

 

月組の本命は、
みりおくん(明日海りおさん)だったでしょうし…

 

ただ準トップという、
わけのわからない制度を設けてしまったのが、
まさおくんの任期を長くした原因でもありました

 

みりおくんを2番手にしておけばよかっただけ

 

龍真咲→明日海りお→珠城りょう、だと美しかったかなぁ…

 

そうすれば、
たまきちくんもみりおくんの元で、
しっかり2番手を務めれば、
それなりに人気は出たと考えられます

 

 

そもそも、
月組のトップスターの在任が、
あと1公演ずつ前倒しであれば、よかったんじゃないのかな、
という任期なのも気になります
あさこさんを1公演短くして、
きりやん(霧矢大夢さん)にバトンタッチしてもよかったような…?(´・ω・`)
そこから1公演ずつ前倒しすれば、
明日海りおの月組トップスターはあり得たのかもしれません(←憶測

 

劇団には、
いろんな思惑や戦略があるでしょうから、
単純には言えませんけど、
今の状況をみれば、
ボタンの掛け違いがはなはだしく感じます

 

珠城りょうの任期を考察

さて、
現トップスターのたまきちくんですけど、
前任のまさおくんを見て成長されているせいか、
任期に鈍感なのでは、と思っています…

 

少なくても、環境から、
4年は入れるんだという認識があるでしょうし、
劇団からの手厚さから、
自身のトップスターとしての自負もあるように感じます

 

そういう状況ですから、
たまきちくん自身は、
月組100周年を迎えたい
もとい、月組100周年のお手伝いが出来たら
と思っているではないか、と勝手に考えてます

 

そうなると、
2021年が月組100周年ですから、
来年まではしっかりトップスターを務めると思われます

 

その証拠に、カレンダー占いでも、
たまきちくんはスターカレンダー掲載が堂々の12月!
「ご安心ください、珠城りょうは2020年ずっといます!」
という劇団からのメッセージを受けています(笑)

 

2020年から2021年にかけて、月組さんは本公演を行います

 

先日、
私の大尊敬の、
たまきちくんファンのブログ様に、
たまきちくんの任期をお伺いしたところ、
「2020年~2021年にかけてのお正月公演で退団するのでは?」
とおっしゃってました

 

たまきちくんファンの方は、
その時期と覚悟をされてらっしゃるということですね

 

 

ですが、
私的には、月組100周年を迎えてすぐの年明けに、
わざわざ退団するとは思えません

 

しかも、
劇団が腫物を扱うような手厚さで、
余儀なくされているトップスターを、
東京とはいえお正月公演で退団させるとは、
到底思えません

 

そうなってくると、
2021年の夏の大劇場1作目か、
2022年の1作目になります

 

2022年1作目は大劇場のお正月公演ですから、
退団公演にすることは、ありません
なので、
2022年の2作目になります

 

月組100周年の最中にバトンタッチになるのか、
2022年の2作目になるのか…?

 

※すみません…
2022年を「2020年」と間違えて明記してました…

 

スポンサーリンク

珠城りょうが明日海りおや柚希礼音超えするのか問題

たまきちくんは、
卒業の時期までもモヤモヤになっているのが、
これまた可哀想です

 

というのも、
このままでいくと、
ものすごい長期ラインになるからです

 

  • 2021年の夏の大劇場1作目⇒本公演9作目
  • 2022年の2作目⇒本公演11作目

 

◆珠城りょうの本公演
①『グランドホテル』
②『All for One』
③『カンパニー』
④『エリザベート』
⑤『夢現無双』
⑥『I AM FROM AUSTRIA』
⑦『WELCOME TO TAKARAZUKA』
⑧2020年11月~2021年2月(予定)
⑨2021年6月~9月(予定)
⑩2022年1月~3月(予定)
⑪2022年7月~10月(予定)      ※スケジュールが今のままの順番での想定

 

この長さって、
とてつもない数字なのです

 

本公演10作といえば、明日海りお
本公演11作といえば、柚希礼音

 

トップオブトップにふさわしい劇団の顔となる、
人気と実力を兼ね備えたトップスターに、
たまきちくんが任期だけが連なるという…(^_^;)

 

これがあるから、
たまきちくんファンのブロ友さんは、
無理やりお正月公演での退団を明示したのかもしれません

 

違いは、
ちえさん&みりおくん共に台湾公演が付くという…
こうなると、たまきちくんも、
台湾公演行きそうですよねw

 

前回の台湾公演は、
1番人気ではない我が星組が行っています
むしろ人気がない組が行った印象すらあります…(^_^;)
なので、
たまきちくんの月組が行っても、
なんらおかしいことはないでしょう
前例があるので…

 

 

トップオブトップではない人気と実力のたまきちくんが、
あと2年で絶大な人気と、類まれな才能を獲得できるのかどうか

 

劇団はこの賭けに乗ろうとしているのか、
あるいは、
ひっそりどさくさ的に長期退団にさせるのか…

 

ここまでくるとなかなか後戻りはできない状況なので、
月組の闇っぷりの深さを思い知ります

 

たまきちくんには何の罪もないですけど、
現状としては、
トップスターに就任して3年
2020年には4年目を迎えますから、
通常であれば退団していてもおかしくない任期になっています

 

さすがに、
同情だけでは済まない状況になってますけど、
ここから、
明日海りお&柚希礼音並みの絶大な人気を獲得するのか、
そのための売りとなる芸が身に付くのか、
そこが焦点になりそうです

 

 

『I AM FROM AUSTRIA』では、
たまきちくんらしさが詰まったドンピシャな主演でしたけど、
人気獲得に繋がらず、
チケット事情も月組生が大変そうでした…

 

たまきちくんの持ち味である人の良さ、
面倒見の良さ、
優しさと包容力があって、
とても素敵だったんですけど、
爆発的な人気にはなりませんでした…

 

私的には、
珠城りょうの「売り」としては正解だと思ってはいます
優しくて見守ってくれる包容力っていいですし、
他組のトップスターと被っていない魅力でしょう
ちょっと「売り」としては弱いですけど、
魅力があるのは大事!

 

 

それを踏まえて、
今後の月組のテコ入れも気になっています

 

次回本公演は、
坂東玉三郎様が監修してくださるという、
テコ入れがすでにされています

 

 

本当は月組体制の話もしたかったのですが、
ちょっと長くなったので、
一旦区切ります
後日語りたいと思います

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
宝塚トップスターの長期任期の条件を考える…ファンが納得する必要な条件とは

 

コメント