タカラジェンヌのスターの宝庫95期の今後を考える【95期・神7 考察】

宝塚考察



本日、公式HPにて、
星組のぴーすけくん(天華えまさん)と、
雪組のあいちゃん(愛すみれさん)のメッセージが、
配信されました!

 

ぴーすけくん、
笑顔が相変わらず可愛くて、
ホッとします
「Always Smile」は伊達じゃない!
あいちゃん!
大好きな95期生のあいちゃんが見れて、
嬉しいです
早く美声の歌声を聞きたいです

 

次回は、
専科のみとさん(梨花ますみさん)です
雪組繋がりですね

 

さて、
今回は95期について語ります
日曜日に、
95期トップ娘役3人の記事と一緒に、
95期特集がありました!
わざわざ新聞を買いに行きましたともw

 

ということで、
サクッと語っておきます

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

絶妙なタイミングでの95期特集

報知新聞での特集でした
ちょうど緊急事態宣言の解除の前日です
Twitterで、
画像も出回っていたので、
目にされた方も多いのではないでしょうか

 

私は、
風ちゃん(妃海風さん)、
ちゃぴちゃん(愛希れいかさん)、
みりおん(実咲凜音さん)のそれぞれのインスタで、
記事が出るということのお知らせを読んでいたので、
絶対に買いに行かねばと思い、
コンビニに行った次第

 

そうしたら、
95期特集になってました!
95期神7が、
独自のキャッチフレーズをつけられて、
紹介されてました

 

本来ならば、
ことちゃん(礼真琴さん)は、
東西でのお披露目本公演を終えて、
全国ツアーへのお稽古に入っているところでしょう
カレーくん(柚香光さん)は、
まさに東京でお披露目本公演中だったはず…

 

しょんぼりしている95期ファンにとっては、
とても嬉しい記事でした

 

このタイミングで、
95期特集を組んだということは、
だいきほ卒業後は、
95期のスターで、
引っ張ってもらうという作戦かなと思った次第です

 

元々人気を集めている95期神7ですから、
戦略としては間違えていないと思います

 

また、
公演中止という自粛があり、
今後の計画の建て直しを図るためにも、
95期生の活躍は必至のことと思われます

 

スポンサーリンク

ことカレーに続く95期トップスター候補は月城かなと

当ブログでは、
ことカレーがトップスターになる以前から、
何度も何度も語っていますけど、
95期からはトップスターは3れいまで
と予想していました

 

3れいは、
ことちゃん、
カレーくん、
れいこさん(月城かなとさん)です

95期はスター候補が多すぎて逆に危険水域に思えてきた

 

1番の理由は、
95期生ばかり優遇できない、という点です

 

現状、
れいこさんがトップスター王手の状態で、
現トップスターである、
たまきちくん(珠城りょうさん)の退団が決定しています
さらに、
どうなるかわかりませんけど、
予定では全国ツアー『ダル・レークの恋』の主演を、
務めることになっています

 

れいこさんは完全にリーチ状態になりました

 

ただし、
トップスターはなるまでは、
本当にわかりませんので、
劇団からの正式発表が出るまでは、
まだまだ安心はできないと思います

 

ですが、私的には、
れいこさんはトップスターになると思っています
たとえ、
たまきちくんの直ではなくても、
いずれはトップスターになるでしょう

 

スポンサーリンク

3れい以外の95期神7の現状

3れい以外の神7は、
マイティー(水美舞斗さん)
あーさちゃん(朝美絢さん)
せおっち(瀬央ゆりあさん)
ずんちゃん(桜木みなとさん)の4人です

 

現状、
番手がついているのは、ずんちゃんとせおっちです
マイティーは『はいからさんが通る』の上演がまだなので、
今のところ確認のしようがありません
あーさちゃんは3.5番手のようなポジションです

 

だいきほも退団が決定していますので、
あーさちゃんの番手が上がるのはわかります
それが2番手なのか、
2.5番手なのか、
W2番手なのかは、まだまだわかりません

 

ずんちゃんとせおっちは、
共に3番手ですけど、
せおっちは昇格したばかり
ずんちゃんは、
公演中止になってしまいましたが、
別箱の『壮麗帝』の主演でした
ずんちゃん方が1歩リードという感じです

 

今の段階ではこんな感じになります

  1. 桜木みなと
  2. 瀬央ゆりあ
  3. 水美舞斗・朝美絢

 

今は、
宝塚歌劇団の時間が止まったままなので、
これが今後どのように変わっていくのかは、
全くわかりません

 

今後のトップスター人事がどこまでなのかは不透明だが…

劇団のトっプスター人事は、
とても大事なことです

 

人気が急に出たからといって、
アイドルのセンターのように、
「次はあなたです」という単純なものではありません

 

そもそも、
劇団の方針としては、
出来れば、
各期からトップスターを出したい
という気持ちはあるでしょう
トップスターとトップ娘役は、
最低1人ずつは輩出してあげたい
というのが本音だと思います

 

ですが、
その通りにならないのは、
劇団の思惑と合致しないこともあるということ
それが具体的にどういう場合か、
というのことは、ここでは語りませんけど、
真ん中に立っての求心力があるのかどうか
というのが大事なことだと思っています

 

その目論みがハズれることもあるのは、
ご本人のカラーと成長度が合わなかった
ということなのかな、と感じています

 

95期神7も、
人気に火がつき出したのは、
新人公演時代が終わってからでしょう

 

その代表格のあーさちゃんは、
月組時代はそこそこの人気はありましたけど、
ありちゃん(暁千星さん)の爆上げを、
蹴散らすほどではありませんでした
雪組に組替えして、花開いた感があります

 

遅咲きというほどではありませんけど、
修正がきく範囲なのかは微妙なところです

 

当時のれいこさんとあーさちゃんの組替えは、
明らかに、
れいこさんに分がありましたから

 

スポンサーリンク

スロースタートな95期「どんぐりの背比べ」からスターへ

最初は「どんぐりの背比べ」だったという95期生
個性もそんなになく、
怒られてばかりだった、というのは、
95期生の皆さんがおっしゃいます
私は特にことちゃん贔屓なので、
ことちゃんの言葉で記憶しております

 

そこから、
各々の個性を出し、
実力を発揮してきた95期

 

気がつけば、
近年稀なくらいの大人気で、
95期はスター宝庫の期となりました

 

すでに、
トップ娘役を3人輩出しているだけでも、
十分素晴らしいのですが、
さらに、
トップスターを2人出しました
ものすごく優秀な期になります

 

遅咲きの範囲ではありませんけど、
早熟タイプでもないので、
この段階からのスターの輝きを持てる男役さんが、
トップスター候補になれるのかが、
4人の今後の大きな山となります

 

公演中止期間が長くなるとチャンスが狭くなる

劇団の考えとしては、
たくさんのスターがいる方が活気づきます
グッズ関係も売れるでしょう

 

なので、上手に、
95期の人気に乗じていくんだと思っています

 

だいもんさん(望海風斗さん)が卒業し、
たまきちくん(珠城りょうさん)も卒業したら、
次は、
ゆりかさん(真風涼帆さん)でしょう

 

その後は、
当面トップスターの席は、
空かない状態になります

 

早くてことカレーです

 

今の公演中止状態が、
どのくらい続くのかはわかりませんが、
宝塚歌劇団は、
割ととっとと公演再開すると思っています
それでも、
早くて7月か8月になるでしょう
8月が妥当な気がします
チケットを売っていない状況ですから…

 

3月もほとんど公演せず、
丸々4ヵ月も公演をしていないわけですから、
当然その後の人事に影響は出てくると思うのです

 

ことカレーの任期が、
2~3年の5~6作の通常任期であれば、
2023年になれば、
トップスターの席が空く可能性が出て来ます
その時には、
95期生も研16になってしまいます

 

はたしてどうなるのでしょうか

 

現状95期生は、
他の組へ組替えできる感じでもありませんが、
れいこさんとあーさちゃんのように、
交換での組替えはあるのかどうか…

 

このあたりは、
また別で語りたいですね…

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
礼真琴の任期を考えてみた…柚香光と運命共同体!?

 

コメント