月城かなと&海乃美月コンビのしっくり感がスゴイがこのまま突っ走るのか?

月組



本日は、
れいこさん(月城かなとさん)主演の別箱、
『ダル・レークの恋』のライブ配信の日でした

 

本来であれば、
昨年9月に全国ツアーだったところを、
5ヵ月の月日を経て別箱へ変更になりました
今回のライブ配信は、
全国のヅカファンに見てもらえるわけですから、
生観劇が出来なかった残念さはあると思いますが、
配信で観れた方も多かったのではないでしょうか
ありがたいですね♪

 

さてワタクシですけど、
先日『ダルレークの恋』を生観劇したので、
ライブ配信はどうしようかなと迷いましたけど、
れいこさん主演なのと、
ありおだという、
大好きな月組生がいるダルレーク組だったので、
やはり視聴することにしました…

 

で…、
月組のトップコンビ発表まだぁ?w(^_^;)

 

今回はそんなことをダラダラ語りたいと思います

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

アンケートを実施中

いつも本公演をお伝えしていますが、
今回は別箱の『ダル・レークの恋』の案内です
初の試みですが、よろしくお願いいたします

 

ご観劇・ご鑑賞いただいた方は、
ぜひご投票くださると嬉しいです

 

コメントは50文字以内でお願いします

①『ダル・レークの恋』の満足度をお聞かせください



 

②『ダル・レークの恋』で、一番心に残ったことをお聞かせください(ジェンヌさん以外で)




このフォームでの受付は、2021年3月6日に締め切ります

 

その後はこちらでご閲覧ください
月組『ダル・レークの恋』観劇・鑑賞評価アンケート

 

どのような結果になるのか、皆様のご投票結果が楽しみです♪

 

 

スポンサーリンク

生観劇でもライブ配信でも月城&海乃コンビはすごくよかった

今回の『ダル・レークの恋』は、
古い演目を新しい演出で見せるというものでした
元々が全国ツアーの演目なので、
新作ではないのはいつものことですけど、
これが本当によかった!

 

95期では、
ことカレーが先陣を切ってます
芝居・ダンス・歌と三拍子揃った実力派のことちゃん(礼真琴さん)
圧倒的なカリスマ性と美しいビジュアルを持つバリバリダンサーなカレーくん(柚香光さん)
この2人とはまた違った魅力なのが、
美貌と大人の魅力と芝居のれいこさん!

 

95期・神7で、
古き良きな演目から始まり、
真の大人な演目を演じられるのは、れいこさんだけでしょう!(次点はおそらくせおっち)

 

美しいのに地味と言われがちなのは、
そういう少しいぶし銀的な要素もあったわけですけど、
作品選びを間違わなければ、
こんなにも華やかで魅力的に演じられるというのが、
久しぶりに証明できたと思っています
『THE LAST PARTY』でも素敵でしたもんね…

 

相手役の海ちゃん(海乃美月さん)は素晴らしいの一言!
娘役の素晴らしさを堪能させていただきました

 

海ちゃんも地味と言われがちですけど、
それは相手役を立てているからこそ!

 

真ん中になりがちな娘役さんもおりますが、
それはそれで魅力的ですし、
舞台も広がりを見せてくれます
例を言えば、ちゃぴちゃん(愛希れいかさん)

 

海ちゃんはその逆の相手役を支えるタイプの娘役さん
それでいて、
しっかりと自身の役柄としても生きていくわけです
海ちゃん、本当に素晴らしい演技力でした
お母さん役を演じたり、
意外な役も演じたりしてきましたが、
その経験が全て血となり肉となった結果だと思います

 

元々お芝居は上手な海ちゃんですけど、
さらに深みが増し、円熟味が出てきた感もあります
まさに、影の芸達者!

 

スポンサーリンク

れい海の魅力が満載だったからこそ思う

れい海は、
元々大人な演目では力を発揮するのは、
前回の『THE LAST PARTY』でも証明済み!
今回も上手くいくのだろうことは想像できましたけど、
本当によかった!

 

普通、
これだけ組むと既視感がスゴイのと、
飽きがくるのが早くなるので、
このままトップコンビになるのは避けることが多いのですが、
れい海はこのままでいいのかもしれません…

 

海乃美月が強く感じる月組別箱『ダル・レークの恋』ポスター

 

しかもれい海は、
二人とも芝居上手であることと、
歌唱力がそこそこあるという点が大きいです

 

たとえば、
かつての咲じゅんのように、
じゅんはなちゃん(潤花さん)の華やかさに、
咲ちゃん(彩風咲奈さん)が負けそう、というか、
婿殿感がスゴイ、というようなこともありません

 

海ちゃんは、現在研10ですけど、
まもなく2021年度は研11という学年です
さすがここまで娘役で努力を重ねただけあり、
男役を立てる術を身につけています

 

それが今回の『ダル・レークの恋』に、
如実に表れていました

 

気になるのは月城かなとのダンス

『ダル・レークの恋』の仕上がりぶりを見ると、
次期月組トップスターは、
もはやれいこさんで揺るがないように感じます

 

待ちに待った、
3れい(礼・柚香・月城)の時代が来そうなので、
ワクワクしてしまいます♪(*´艸`)

 

ただ1点気になるのが、
今回はショー付きの2本立てではなく、
1本物での全国ツアーでした
実際観劇をしていて思ったのが、
れいこさんのダンスの部分…(´・ω・`)

 

やはり2年前の『夢現無双』の公演中の怪我が、
今でも影響してるのかな、とも思ったり…
かなり長い期間休養されてましたが、
完全復活にはまだ時間を要するのかなとも思ったり…

 

そこで活躍するのが、
今回相手役だった海ちゃん!
海ちゃんはダンサーですし、
芝居上手でもあります
歌もまぁまぁ歌えますし、とにかく穴がありません
見た目も大人っぽい美しさを持つタイプ

 

そして、
なんといってもありちゃんでしょう!
芝居巧者のれいこさんとゆのくんは、
共にダンスが得意ではありませんが、
その2人の間にいるのが、ショースターありちゃん!

 

海ちゃんとありちゃんとで、
次世代の月組のショーを引っ張っていく画が、
浮かび上がりました
お芝居では、れいこ海おだのトリオで!

 

なんだかそれを試すかのような演目だったのかな、
と思わざるを得ない絶妙な作品でした

 

ダンスが苦手なトップスターなんて、
今までもたくさんいたわけですから、
そこは補える月組生で補って、
れいこさん中心の月組になっていけばいいのかなと感じます

 

月組は過去にも、
まさちゃぴでは、
まさおくん(龍真咲さん)はダンスよりも歌で魅了させてました
ダンスはちゃぴちゃん担当…
月組の例としても、前例があります

 

スポンサーリンク

コロナ禍で状況が変わったのかそのままなのか

この状況を見て、
昨年の9月辺りでは、
本当にれいこさんをトップスターに、
と考えていたのか、がすごく疑問に感じます

 

宝塚歌劇団は、
今はコロナ禍なので、
余裕を持ったスケジュールを組んでいますが、
本来はかなりぎっちぎちのスケジュールを組んでいます

 

本公演なんて大劇場と東京を合わせると3ヵ月の長丁場!

 

これを耐え抜く体力と精神力が絶対的に必要なわけです

 

その辺りの判断がどうだったのだろうか、
とついつい思ってしまうのでした…(^_^;)

 

コロナ禍もあり、
状況が変わったのかもしれませんね…

 

もちろん変わらなかったのかもしれません…

 

そもそもトップスター人事は、
かなり前から動いていて、
作品も選んでいる状態ですからね
単なる妄想の範囲です

 

れい海の欠点は既視感ありありな点

れい海でいえば、
上記でも指摘しましたが、
月組でのれいこさんの主演の相手役は、
2作とも海ちゃんだという点

 

この全国ツアーが、
プレプレお披露目的な公演だったとすると、
プレお披露目⇒お披露目本公演と続くわけですけど、
もうずっと組んでいる感が出てきてしまうというのが欠点です

 

あと、もう1点は、
私的には、海ちゃんのトップ娘役は歓迎ですけど、
たたずっと月組のヒロインを独占してきた挙句にトップ娘役になるので、
あまり長居をせず次世代の娘役さんにバトンタッチして欲しい、ということです

 

月組ファンやれいこさんファンには、
海ちゃんの支持がかなり高いのは、
当アンケートの結果でも示されています

芹香斗亜&月城かなとの相手役アンケート結果を見て…分析という名の感想

 

現状、
海ちゃん以外に、
トップ娘役に就任できそうな娘役さんといえば、
下級生が育っていないので、
あましちゃん(天紫珠李さん)になりますが、
あましちゃんよりは、海ちゃんの方がいいという層が多いように思います
私的にも、海ちゃん>>>あましちゃんです

 

さらに、
他組からでれいこさんと繋がりがありそうなのは、
くらっち(有沙瞳さん)です
でも、ここでくらっちを呼び寄せる形にすると、
あまりにも海ちゃんが気の毒かなぁ…
「じゃあ海ちゃんでいいのでは?」となるのは、
目に見えてますから…(´・ω・`)

 

消去法で考えても、
海ちゃん一択になったように感じます

 

あとは、このままれい海ですんなりとなるのかどうか…

 

だいたいは、
どちらかが外れるケースがありますけど、
そうでもないケースももちろんあります

 

れい海の場合はどうなのでしょうか?

 

咲ちゃんが、
別箱千秋楽の前日(でしたよね?)に、
次期雪組トップスターとトップ娘役が発表されました
月組も来月中旬から下旬にかけての発表なのでしょうか?

 

本来はとっくに発表済みなわけですから、
もう発表してもいいのに…(笑)
スッキリしたいですよね…(^_^;)

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
海乃美月のこと…なんだかんだ言ってもヅカファンは温かい

月城かなとの相手役には誰がいいのか…アンケート結果が意外だった件

 

コメント