月組の新体制をあらためて考えてみた…月城かなとがトップの場合とそうでない場合

宝塚考察



昨日は、
『ダル・レークの恋』を視聴した勢いで、
れいこさん(月城かなとさん)と、
海ちゃん(海乃美月さん)について、
サクッと語りました…

 

ある意味、
何も考えずに思ったままのことを語っているので、
正直語りになります

月城かなと&海乃美月コンビのしっくり感がスゴイがこのまま突っ走るのか?

 

今回はそれをさらに深掘りして、
語ろうとと思います

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

れい海の最高傑作だった『ダル・レークの恋』

『ダル・レークの恋』を見ると、
月組のトップコンビは、
「れい海でいいじゃん!」と思うくらい、
非常にお似合いでしたし、
作品のクオリティが格段に上がるのもよくわかったところです

 

れい海は、
『THE LAST PARTY』でも素晴らしかったのですが、
『ダル・レークの恋』は、
さらに距離を縮めたかのような、
絶妙なコンビネーションでした
れい海ではないと、
あそこまでの完成度はならなかったのではないでしょうか…

 

れい海としては、
1番の見どころになるベッドシーンの場面ですが、
海ちゃんの素晴らしいダンスの技術があるからこそ、
色っぽいだけではなく、とても美しくもありました
この場面だけでも、れい海の素晴らしさがよくわかります

 

その相乗効果で、
れいこさんのほとばしる色香も凄まじかった…

 

ここまでの場面では、
ほとんど歌はないのですが、
あの世界観にぐいぐい引き込まれていくとのは、
作品の力はもちろんですが、
それを最大限に生かすことができたれいこさんや、
月組生の力でもあるでしょう

 

本当に良いものを見せていただきました

 

スポンサーリンク

れい海誕生は『ダル・レークの恋』組からそのままになる件

さて本題です!

 

前回も後半で呟きましたけど、
はたして、『ダル・レークの恋』組で、
そのまま新生月組が誕生するのかどうかを、
あたらめて考えてみました

 

『ダル・レークの恋』には、
次期の月組を背負っていく路線が集まる作品でした

■『ダル・レークの恋』に出演の路線
・月城かなと(2番手)
・暁千星(4番手)
・風間柚乃(5番手)
・海乃美月(娘2)

 

さらに、
路線に乗せるべく育成中の3名も出演していました

■月組が育成しようとしている下級生
・礼華はる
・きよら羽龍
・詩ちづる

 

下記の下級生は別として…

 

上記の路線メンバーの中に、
現在3番手のちなつくん(鳳月杏さん)が加われば、
このままであるかどうかは、置いておいて、
とりあえず、たまさく後の月組の布陣となります

 

これだけのメンバーを『ダル・レークの恋』組に集めて、
このままれい海で月組トップコンビになるとしたら、
『ダル・レークの恋』は、
プチ…というより完全なる新生月組のプレプレお披露目だった
ということになります

 

もし、本当にこのまま上がるようであれば、
これだけ人選が偏るのも非常に珍しいです

 

おそらくこのままではないのかもしれません…

 

もちろんこのままの可能性も当然ありますが、
これだけ驚きのない人事は、そうそうないです

 

ヅカファンほぼ全員が予想していた、
まどかちゃんの花組トップ娘役の就任は、
全く驚きはなかったですけど、
その前のまかまど解体⇒専科行きが、何よりの驚きでしたから…
あれは凄かったw

 

宝塚歌劇の人事は、
どこかに驚きが隠されることは多々あります

 

スポンサーリンク

月城かなとが順当にトップスターになった場合

あくまでも私的な憶測であり、
妄想の類になりますが…

 

れいこさんをトップスターにした場合、
トップ娘役は、他の誰かになる可能性が捨てきれません

 

前回も指摘しておりますが、
やはりプレプレのごとく、
お披露目本公演の2作も前からガッツリ組むというのは、
既視感がスゴイですし、飽きも来ます

 

何よりも新鮮さが全くない、というのが最大の欠点です

 

その半面、
れい海であれば、
作品のクオリティが下がることはないので、
作品そのものの良し悪しは置いておいて、
観劇の満足度が低くなることはないでしょう

 

マンネリ化を防ぐ方向なのか、
安定を選ぶ方向なのか…
それが難しいところです

 

また海ちゃんがトップ娘役に就任すれば、
ようやく97期からトップを出すことができます
トップスターには、
ひとこちゃん(永久輝せあさん)がなるにしても、
トップ娘役はいまだに0人

 

1期前の96期からは、
トップ娘役を4人も出す、ということをしておきながら、
97期は、トップスターがわずか1人という可能性があります
94期ですら、
ゆきちゃん(仙名彩世さん)がミラクルで駆け込んだので、
トップを2人出すことができました

 

97期という空白の期に、
まずは1人目を入れることが出来るのかどうかは、
海ちゃんの就任にかかっています

 

海乃美月ではない場合

ただ海ちゃんじゃないとすれば、
れいこさんと相性が良さそうな娘役さんといえば、
くらっち(有沙瞳さん)です
私的には、星組贔屓なので、
くらっちを推したいのですが、
海ちゃんとは学年がたった1期違いの上、
共に2桁の学年になります

 

海ちゃんが研11
くらっちが研10

 

これでくらっちが研7くらいであれば、
れいこさんの相手として、
組替え後に就任という絵が浮かびますが、
自組で上げれる娘役がいるのに
研10でわざわざ組替えさせてまで組ませるのか、
というのがすごく引っ掛かります

 

これを考えると、
くらっちであって欲しいですが、
海ちゃんに対してあまりにもあんまりな感じがしてしまいます

 

花組で、
音くりちゃん(音くり寿さん)の同期の、
まどかちゃん(星風まどかさん)がスライドトップになるというのとは、
比べものにならないほどのショックでしょう
まどかちゃんはすでにトップ娘役なだけ、
まだマシでしょうけど…
それでも、音くりちゃんにとっては、
計り知れないほどの出来事だったのかもしれません

 

月組はがあるだけに、
そういうことを平気でしそうにあるので、
絶対にない、とは言い切れないのが怖いです
でも、さすがにそこはないと信じたいです…
過去の月娘は可哀想な例がたくさんあるので、
払拭することはできませんけど…

 

で、海ちゃんじゃない場合、
くらっちでもないとすれば、
あましちゃん(天紫珠李さん)しかいないという…

 

この3人の中からしか選択がなさげなのが、
現実だと思っています

 

あとは驚きのスーパーミラクルが起きるか、ですかね…

 

なにを持ってして「スーパーミラクル」になるのか、
さっぱりわかりませんけど…(^_^;)

 

スポンサーリンク

月城かなとがトップスターじゃない場合

もはや9割9分、99%の確率で、
れいこさんが月組トップスターという雰囲気が凄まじいです
100%と言い切りたいですけど、
それは劇団のみが知ることなので、
私如きが言うことではありませんw

 

とりあえず、
れいこさんがトップスターではなかった場合は、
トップ娘役は海ちゃんでしょう

 

もしくは、あましちゃんかな…(^_^;)
なんかこの場合ですと、
ものすごくあましちゃんのような気がしてきます…

 

いずれにせよ、
落下傘で、
月組からトップスターが出ない場合は、
月娘がトップ娘役になるでしょう
そうしないと、いくら月闇でも酷過ぎますので…

 

宙組で、ゆひすみの事例があるので、
何とも言えませんけど…(^_^;)

 

とはいえ、
100周年以降は、トップコンビで落下傘はないです

 

近年の流れとしては、
落下傘でトップスターが来る場合は、
自組の娘役とコンビを組んでいます

 

大規模な組替えも考えられる

上手くトップコンビがれい海となった場合、
『ダル・レークの恋』組がそのまま残るとなるのかどうか…

 

いずれにせよ、
いまだに大型組替えが来てませんので、
組替えの発表は出てくるでしょう
そこに、月組が加わるかどうか、になります
無風(蚊帳の外)の時もありますから…

 

そこで組替えのことも少し考えてみます

 

れい海ありおだ
この並びに、ちなつくんが卒業しなければ、
おそらく、ありちゃんの番手が上がるか、
少ししたらバトンタッチするかのどちらかでしょう

 

とはいえ、
ちなつくんは、
たまきちくん(珠城りょうさん)と添い遂げしそうですよね…
勢い的に…

 

仮に残るとした場合、
ありちゃんの番手を上げて、
ちなつくんは別格としてご活躍される方向になるように思います

 

いい加減ありちゃんを上げていかないといけないですから…
そのタイミングは、
まさに新生月組になった時がちょうどいいです

 

ですが、
れい海ありおだは、全員そのままという気もせず…
特に、お芝居で魅力を出すとなると、
ありちゃんが浮きまくるということが出てきます
だからこそ修行という意味でも大事なのですが、
カラーの違いから外に出されやすくもあります

 

スポンサーリンク

暁千星が組替えになると…

ありちゃんの持ち味からすると、
星組や宙組の方が生かされるんですよね…
長身を生かした宙組か、
ダンスと歌を生かせる星組か…

 

ありちゃんが来るとなれば、
当然星組も宙組も体制が大きく変わることになります
98期生もいますので、
交換という形になるのでしょうけど…

 

月組であれば、2番手に上がれるものの、
他組に組替えすると番手はそのまま状態ですから、
月組のままの方が絶対いいのですが、
どこかで2番手就任という技がでるのかどうか…

 

あと何より、
ありちゃんがいないと、
月組には、中心となるショースターがいなくなります
それが痛い…
れいこさんにせよ、
ゆのくん(風間柚乃さん)にせよ、
お芝居は素晴らしいですし、
歌もいいのですが、
とにかくダンスは苦手…

 

番手で踊れるのは、
ありちゃんと、ちなつくんでしょう
特にありちゃんはダンサー系ジェンヌさんなので、
次期体制の月組で、ダンサーありちゃんが抜ける穴はとてつもなく大きいです
ショースターがいなくなりますから…
代わりにショースターが来るのであれば別ですけど…

 

『ダル・レークの恋』組が、
夢のような組み合わせでしたけど、
夢で終わるのが宝塚歌劇…(^_^;)

 

きっと、れい海ありおだの4人のうち、
誰かが外れるような気がしています

 

やっぱり海ちゃんかなぁ…

 

仮に、もし1人もいないとなったとしても、
それも1~3作の1年ちょっとのことなのでしょう
花組を見ても、3作目を最後に新たな体制になりますから…

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
月城かなと&海乃美月コンビのしっくり感がスゴイがこのまま突っ走るのか?

ようやく発表される次期月組トップスター…月城かなとあるいは芹香斗亜と想定して

 

コメント