舞咲りんが退団!雪組がガラリと変わりそう…雪組退団者

雪組



昨日、公式HPにて、
雪組退団者の発表がありました

 

昨日は、
『ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス アポン ア タイム イン アメリカ)』の、
集合日だったんですね…
あれ?
ついこの間全国ツアー
『はばたけ黄金の翼よ』の千秋楽を迎えてませんでしたっけ?
すごい間がない…

 

ジェンヌさん、忙しすぎだよ…
ちゃんと休ませてあげて欲しい…

 

集合日ということは、
退団者が出る確率がかなり高いです
今回も例に漏れず…

 

スポンサーリンク

今回の雪組退団者は3名

今回、
退団が発表されたのは、3名です

  • ヒメさん(舞咲りんさん)
  • きゃびいさん(早花まこさん)
  • もなみちゃん(美華もなみさん)

 

何がショックって、
ヒメさんが、退団されるということです

 

きゃびいさんも悲しいです
歌劇の組レポでは、おなじみのきゃびいさん

 

雪組を支える2人の娘役さんが、退団されるとは…

 

もなみちゃんに至っては、
101期でまだ研5…
きっと次の人生を見つめてなのかもしれません…

 

スポンサーリンク

とうとうこの日が来てしまった舞咲りんの退団

ヒメさんはね…
いつ退団になってもおかしくはないだろうなぁ、
とどこかに覚悟がありました

 

みとさん(梨花ますみさん)が専科に異動となり、
同期のにわさん(奏乃はるとさん)が副組長から組長となり、
90期のカレンさん(千風カレンさん)が副組長になりました

 

この辺りから、
いずれはその日が来るのだろうなぁ、
とある意味覚悟がありました

 

タカラジェンヌはいつか必ずご卒業の日が来ますので…

 

宝塚って、
上級生絶対主義なので、
下級生が組をまとめる副組長以上に就任されると、
いろいろ難しいんだと思います

 

そのねじまがりが許されるのは、
トップスターだけでしょう

 

それでも、
大抵は、
上級生が組長・副組長のケースが多いです
長年務めますから、
そのまま学年があがるためでしょう

 

今は、
ちょうど若返りの時期のため、
組長と副組長の就任が、
若い学年になってしまっている組が生じてます

 

それが月組や雪組でした

 

そう考えると、
我が星組もゆず長さん(万里柚美さん)から、
みきちぐさん(美稀千種さん)に変わる日も、
そう遠くないような気もします…

 

あ、話ズレる…(^_^;)

 

スポンサーリンク

名脇役の舞咲りん

ヒメさんがスゴイのは、
確かな芝居力と表現力です
そして、ダンスも歌唱力もあるという
ものすごくバランスの取れた娘役さんです

 

上級生ですから、
老け役が多いですけど、
真面目な役から敵役、コメディまでこなせる幅広さ
これが素晴らしいのです

 

記憶に新しいのは、
なんといっても『ファントム』のカルロッタ!
憎々しいまでの嫌な敵役を演じてました
歌もお見事!
下手設定なのに、実際歌うと上手いという(笑)

 

近所のおばちゃん風な役も上手いです

 

雪組が芝居でしっかりしているのは、
こういう脇で支える方がいるからこそ!
もう残念でなりません…

 

舞咲りんの後継者は誰になるのか?

そうなった時、
ヒメさんやきゃびいさんのような、
達者な娘役さんは、
誰になっていくのでしょうか

 

ヒロイン力のある方には向かないポジションなので、
あいみちゃん(愛すみれさん)に頑張って欲しいところです

 

私の愛する95期だし…(←超個人的願望w

 

お芝居も上手いし、
なんといっても歌上手!
脇を支えてくれるには、
非常に頼もしい存在です

 

イメージとしては、
我が星組の、
りらちゃん(紫リラさん)のような感じかな
同じ95期だし…

 

そう考えると、
95期ももうそういう学年だということですよね…
来年は研12だし…

 

スポンサーリンク

雪組は変革の時期に来ている

おそらくですけど、
来年にはだいきほがご卒業されるんだと思ってます

 

そうなった時に、
咲ちゃん(彩風咲奈さん)を中心に、
新生雪組が誕生するのでしょう

 

上記のヒメさんの後継者で名前を挙げなかった
あゆみさん(沙月愛奈さん)

 

あゆみさんは、
だいもんさんとご一緒に、
ご卒業されてしまうかもしれませんもんね…
ご卒業されない場合は、
十分にその位置に立てる娘役さんです

 

あゆみさんと、
あいみちゃんの両翼で、
次世代の咲ちゃんの時代を、
支えてくれればいいんだと思います

 

雪組さんは、
みちるちゃん(彩みちるさん)を筆頭に、
演技力のある娘役さんが多いですし、
可愛らしい娘役さんが多いです

 

問題は歌える娘役さんが少ないので、
そこをどう補っていくかでしょうね

 

じゅんはなちゃん(潤花さん)が、
トップ娘役になるんでしょうけど、
とてもじゃないですが、
歌上手ではないです…(^_^;)

 

咲ちゃんも本人比では格段に良くなりましたが、
歌うまではないです…

 

歌唱力トップコンビの後って、
どうしてもロスが凄まじいのに、
真の歌唱力トップコンビですからね…

 

ダンス中心と言っても、
それはショーでの話であって、
お芝居にはあまり関係がありません

 

1本物となれば、
それはそれは大変なことになります…

 

そこをどう乗り切る作戦なのかが、
非常に興味深いです

 

オマケ:潤花はトップスター向きだった

しかし、
じゅんはなちゃんは娘役じゃなく、
男役でトップスターにしたいくらいの逸材だなぁ、
とつくづく感じます

 

身長ありますし…
ことちゃん(礼真琴さん)より高いんじゃないでしょうか…
わかりませんが、
ひとみちゃん(舞空瞳さん)と同等の背の高さでしたから、
たぶんそうじゃないかな…

 

小柄なことちゃんと比べてもダメか…(^_^;)

 

男役だったら、
歌下手でも乗り切れますからね

 

じゅんはなちゃんのあのスター性「俺が俺が」のガツガツ感
本当にもったいないです
おそらく、
咲ちゃんよりもスター性はあると思ってます

 

咲ちゃんの婿殿感は、
払拭されることはあるのかな?
そこも気になってます

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
雪組『ハリウッド・ゴシップ』感想…彩風咲奈と潤花の婿殿感と歌唱力

 

コメント