彩風咲奈&朝月希和の雪組新トップコンビを見て感じたこと…『ヴェネチアの紋章』

雪組



急激な暑さで体がおかしくなりかけてます…(^_^;)
皆様もお気をつけください…
寝冷えするかと思いました…(´・ω・`)

 

さて本日は、
楽しみにしていた雪組新トップコンビ、さききわのプレお披露目が見れました!
全国ツアー真っ最中の咲ちゃん(彩風咲奈さん)&ひらめちゃん(朝月希和さん)の
『ヴェネチアの紋章』『ル・ポァゾン 愛の媚薬 -Again-』のライブ配信およびライブ中継の日でした

 

咲ちゃん、
ひらめちゃん、
雪組トップおめでとうございます!

 

勝手に本日が千秋楽なのかと思ってたんですけど、
千秋楽は15日なんですね
今回の全国ツアーは、
まさかの関西公演なしでしたので、
本拠地である関西方面のファンの方は、
生観劇のチャンスが身近じゃなかったのは残念だったと思います

 

…でも、
関東組も生観劇は無理でしたが…(´・ω・`)
そもそも平日でしたし断念…

 

そんなわけでライブ配信を、
ありがたく視聴させていただきました!

 

ということで、
今回はさききわのファーストインプレッションをメインに、
『ヴェネチアの紋章』『ル・ポァゾン』について、
サラッと語っておこうと思います

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

ようやく雪組トップスター就任の彩風咲奈

本来であれば、
2020年にトップスター就任だった咲ちゃん
半年遅れての就任でしたので、
ファンの方々にとっては、
夢にまで見ていたトップスターの大羽根姿だったのではないでしょうか

 

私が熱烈な咲ちゃんファンであれば、
その姿に大泣きしていたはず!
現にことちゃんの大羽根姿を目にした時には泣きましたから…(^_^;)

 

咲ちゃんのトップスター人生はこれからですけど、
1作品1作品を大事に演じていただき、
充実した日々を歩んで欲しいです

 

舞台に関しては、
抜群のスタイルとダンスは、やはり素敵でした
その姿に「夢見る宝塚歌劇」を具現化しており、
そこに魅力を感じるファンの方々も多いと思います

 

今回は再演ものでありましたので、
割と正統派に近い役を、
しっかり演じていたと思います

 

次回の『CITY HUNTER』では、
ハチャメチャなキャラクターである冴羽リョウを、
どう演じるのかが大きな鍵となる気がしています

 

スポンサーリンク

相性抜群だったさききわ…なんだけど…

元々ひらめちゃんが雪組生だった時には、
ショーで組むことで、
さききわの相性の良さはわかってました

 

王子様系のさきちゃんと、
清楚なひらめちゃんの見た目の相性は、
やっぱり良かったと思います

 

ひらめちゃんは、
芝居、ダンス、歌と穴がなく、
特別にずば抜けた芸というのではありませんが、
大きな欠点がないので、安定しています

 

そして、
男役を立てられる娘役さんでしょう
男役ファンにしたら、ありがたい存在なはず

 

今回も、
トップスターである咲ちゃんに寄り添う感じがありました

 

とはいえ、
少し地味さも感じました
あくまでも私的にですので、そこはご理解ください

 

これは演目にもよるでしょう

 

別箱ヒロインを演じた、
『マスカレード・ホテル』や
『MY HERO』では、しっかりとキャラが立っており、
今でも印象に残っているからです
私的には、『MY HERO』のクロエが大好きでした…

 

もしかしたら、
この手の古き良き的な作品と、
ひらめちゃんの相性が良くないのかもしれません

 

ショーも素晴らしいショーなのですが、
ひらめちゃんとの相性はあまり良くなかったように感じました

 

一歩引いた感じなのが、
咲ちゃんにちょうどいいとするのであれば、
いいコンビだとは思います

 

じゅんはなちゃん(潤花さん)の男役を霞ませるオーラ全開と、
どっちがいいかというと、
ひらめちゃんで良かったとは思いますので…

 

じゅんはなちゃんは、
ゆりかさん(真風涼帆さん)で大正解ですから、
win-winですね

 

スポンサーリンク

2番手役の綾凰華が奮闘

今回さききわの全国ツアー組と、
あーさちゃん(朝美絢さん)主演の東上付きバウ組は、
キレイに番手が分かれて振り分けられました

 

咲ちゃんチームには、あやなちゃん(綾凰華さん)
すわくん(諏訪さきさん)、
あみちゃん(彩海せらさん)が振り分けられてましたので、
2番手がなんとあやなちゃん!

 

そうなのはわかってましたけど、
星組時代から見守っていた身としては、
実際に目にすると、いろいろ感動しました…

 

それと、
咲ちゃんの次があやなちゃんで、
すごく若返った感もありました

 

本公演になれば
あーさちゃん(朝美絢さん)が2番手ですが、
それでもグッと若返った感があります
…とは言っても、あーさちゃんは今年研13なので、
決してすごく若返るというわけではないのですが、
彩風・朝美・綾・諏訪・縣・彩海・華世という布陣になります
なんか若々しいイメージ!
あくまでも単なるイメージなんですけど、
フレッシュさがあるのも事実

 

実際のところは、
もっと間が抜ける形になるのでしょうけど、
当面はこうなります

 

しかも番手がキレイなピラミッド!
理想的ですね

 

さて、あやなちゃんですが、
やはりお芝居はいいですね
2番手役でもあり、
かなり台詞も多かったですが、とても良かったです

 

あとはやはり歌かな…
もっと演技力を磨いて、芝居に特化できれば、
そっちの方向でやっていけるとは思います

 

ただあやなちゃんの後ろには、
御曹司のちさとくん(縣千さん)が控えている上、
ダンサーで歌が苦手というところまで一緒のタイプ

 

ちさとくんが演技力を磨いてますので、
あやなちゃんも頑張って欲しいところ

 

とにかく、
もう少し歌えるようになってくれたら、
いうことなしなんですけどね…

 

新生雪組では、
前任のだいきほが真の歌唱力トップコンビだっただけに、
歌唱力については覚悟がありました
でも、わかっていたとはいえ、
真ん中らへんの2番手に、
だいもんさんやことちゃんクラスがいないのは、
やはり厳しいなぁと痛感…

 

前任から切り替わった頃の現花組もそうでしたし、
そのうち慣れるとは思います

 

歌唱力の要だった諏訪さき&有栖妃華のエトワール

ショー『ル・ポァゾン』では、
すわくんの歌唱力が重宝されてました

 

真の歌唱力とは言いませんけど、
あれだけ歌えれば、十分歌うまです!
男役の声で低音を響かせるのは大変ですからね

 

歌えるスターさんが少ないので、
すわくんの歌声が際立ってました

 

あと、
あみちゃんも歌うまなので、
もう少し場面があると良かったのですが、
番手どおりの抜擢でしたから、
これも難しかったですし、残念でした…

 

そして、エトワールのありすちゃん(有栖妃華さん)
全体的に男女とも、
歌のレベルが決して高いとは思わなかったのですが、
ありすちゃんのエトワールで全て解消されました!
透明感のある歌声は、本当に天から降ってくるかのよう…

 

エトワールには、
歌うま起用は大事だと痛感いたしました…(^_^;)
お餞別エトワールはアリですけどねw

 

歌えるスターさんには、
エトワールだけではなく、
歌の場面でしっかりとアピールさせてあげて欲しいですね
ダンサーにはダンスの場面はあるのに、
歌うまには、あまりそういう場面がなく、
いつももどかしいです

 

本当は、
あやちゃん(夢白あやさん)についても語りたかったのですが、
あやちゃんはいっぱい語りたいので(笑)、
別枠で語ります
何もなければ明日にでも!

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
彩風咲奈の全ツ『ヴェネチアの紋章』配役発表…今振り返ると豪華な花組メンバーからチェック!

 

コメント