礼真琴が2度目の達成記念に立ち会う…東京宝塚劇場1万回公演達成記念セレモニー

星組



昨日は、
観劇と本日の観劇があり、
早々に寝ることにしたので、
お休みにしてしまいました…(^_^;)

 

KAAT神奈川芸術劇場は遠い…w

 

昨日は愛する星組、
今日は愛するあーさちゃん(朝美絢さん)を主たる目的として、
観劇してきました!

 

なんか昨日の夜、
『海辺のストルーエンセ』がよっぽど楽しみだったのか、
夢で観劇していて(笑)
一緒にいた2人(知らない人w)に、
持っていた『海辺のストルーエンセ』のチラシを配ったら、
自分の分のチラシがなくてしょんぼりした、というものでした…(^_^;)
起きてなんとなく自分のチラシ、確認しちゃいましたよw
当たり前ですがちゃんとありました!

 

さて今回は、公式HPにて、
1万回上演のニュースがありましたので、
それをまとめておきます

 

余力があれば、
あーさちゃんのことを語っておきたいんですけど、
眠いので今日はこれだけかと思います…

 

明日なにもお知らせがなければ、明日にでも…

 

そういえば、
宙組トップコンビはいつなんですかね?(^_^;)

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

東京宝塚劇場10,000回公演達成記念セレモニー

華やかな感じで、
お祝いカーテンコールがありました

 

記念のチケットと、
ノベルティをもらいました
ノベルティは「1万回記念達成」と明記された、
『ディミトリ』のポスター画像のポストカードです

 

そして、
ことちゃんのご挨拶です
公式HPに記載がありました

礼真琴
「東京宝塚劇場は2001年にオープンして以来、なんと、本日のこの公演で公演回数10,000回を達成いたしました!
この記念すべき回に足を運んでくださいました皆様、ありがとうございます。そして、この舞台に立たせていただけている奇跡、本当に幸せに思います。

これもひとえに、公演を支えてくださる全ての皆様、宝塚歌劇を築かれてきた先輩方、そしてなによりも、1万回分劇場に足をお運びいただき、たくさんの愛をくださったお客様のおかげと、心から感謝申し上げます。

私も受験生時代、ちょうど2階席の上手の角で、星組公演を食い入るように見ていたのを鮮明に覚えています。この劇場が少女たちの新たな夢の第一歩になるきっかけとなり、そして、これからも皆様へたくさんの愛をお届けできますよう、精一杯努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます!」

 

これと全く同じことを言ってました。
間違いないはず…(^_^;)
あくまでも私の記憶なので、確実ではありませんけど…

 

大事なセレモニーでのご挨拶ですからね
行き当たりばったりなのとは違います

 

しかし、
ことちゃんだけじゃないですけど、
ほとんどのタカラジェンヌは一度は観劇して、
その美しい世界に引き込まれて受験を決意されますよね

 

その伝統がこれからも続きますように…
これからもたくさんの魅力的なタカラジェンヌが生み出されますように…

 

そう願わずにはいられませんでした

 

スポンサーリンク

余談 礼真琴のお話

ことちゃんって、
宝塚の初観劇って、
星組の『龍星』なのは有名な話ですよね
そこでちえさん(柚希礼音さん)に惹かれて宝塚の受験を決意したきっかけになりました

 

ちえさんに一生懸命ファンレターを書いたんでしたよね?
ちえさんが以前、
ことちゃんのディナーショーを観に行かれた際のインスタで、
そのことを語っておられました

深夜のつぶやき<2/20付>柚希礼音と柚香光が礼真琴のDSに!【追記あり】

 

宝塚大劇場の初観劇はどの公演だったんでしょう?
聞いたことがあるようなないような?(^_^;)
聞いたことがあるのに忘れているとしたら、
礼真琴ファン失格だなぁ(笑)

 

2005年上演の『龍星』の後なので、
2006年とか2007年なのかもしれません

 

ちなみに、
2006年のお正月公演は星組で、
ベルばらでしたよw(^_^;)
わたとなのフェルマリです

 

95期生は2007年入学なので、
音楽学校の学生になってから、
同期のみんなと一緒に観に行ったという線も考えられますよね
2階の上の方ということですし、
あり得なくはない説です

 

ちえさんのお茶会にも行ったということちゃん
ちゃぴちゃんと一緒かな、という雰囲気もあるので、
退団後明らかになるといいなぁw

 

ことちゃんはものすごいご縁と奇跡が伴って、
レジェンドトップスターの柚希礼音の星組に配属され、
その星組のトップスターですもんね…

 

すごい運命を感じます…

 

スポンサーリンク

礼真琴が2度目の達成記念に立ち会う

宝塚の区切りのアニバーサリーといえば、
近年では宝塚大劇場の来場者3000万人達成と、
東京宝塚劇場の来場者2000万人達成がありました

 

宝塚大劇場の来場者3000万人達成:星組『柳生忍法帖』『モアー・ダンディズム!』(2021年10月15日(金)13時公演)
東京宝塚劇場の来場者2000万人達成:月組『今夜、ロマンス劇場で』『FULL SWING!』(2022年3月16日(水)の13:30公演)
東京宝塚劇場の公演回数10,000回達成:星組『ディミトリ』『JAGUAR BEAT』(2023年2月4日(土)15時30分公演)

 

ことちゃんは、
今回2回目の区切り記念に立ち会ったということになります

 

で、なんですけど、
上記の宝塚大劇場の来場者3000万人達成の時にも語りましたけど、
今回の1万回達成も、
本来であればこの『ディミトリ』ではなかった可能性もあるわけです

 

公演回数なので、
上演数が変わっていないのであれば、
このまま『ディミトリ』でしょうけど、
多少のズレがあれば、1つ前の『蒼穹の昴』だったのかもしれません

 

そのあたりは、
きっちり計算してみないことには何とも言えませんが、
達成日については、
間違いなくもう少し早い段階だったでしょう

 

少なくても4ヵ月ちょっとの遅れはあるわけです
最終的に5ヵ月くらいは差が出てますよね
体感は半年ですけど(笑)

 

だって星組のロミジュリを例にとると、
本来は2020年8月21日からでしたのに、
コロナ禍での変更後は、2021年2021年2月14日ですからね
ほとんどというかほぼ半年後ですもの

 

しかも2021年は1年間で本公演が8作品に減っており、
2022年に9作品に戻りました
ここでも時間差が生じているわけです

 

半年以上は前に達成されていたんでしょうね、きっと…

 

ここ1年でも公演中止はあったものの、
後倒しにはなっていないのだけは幸いです
2023年には5類になるようですから、
ようやく本当の意味での通常運転に戻りそうですね

 

…なんか記念のお話ですのに、
ちょっぴり暗めのお話になってしまったw

 

これはイカン!(^_^;)

 

とにかく、
今年からは今までのようなヅカライフを過ごせて、
来年には110周年記念をみんなで華々しくお祝いしようではありませんか!

 

楽しみにしたいです♪(*´艸`)

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
星組『柳生忍法帖』で宝塚大劇場の来場者3000万人達成…本来はどの公演で達成だったのだろうか

月組『今夜、ロマンス劇場で』大千秋楽…暁千星への餞&姫咲美礼のお花渡し&2000万人達成の件

 

コメント