礼真琴&舞空瞳『眩耀の谷』ポスター…愛月ひかる 2番手以下の登場なし!

星組



昨日になりますけど、
公式HPにて、
我が星組の次回本公演、
『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』
『Ray -星の光線-』の、
ポスター画像が更新されました!

 

いよいよ、
ことちゃん(礼真琴さん)と、
ひとみちゃん(舞空瞳さん)の新生星組の、
お披露目本公演が近付いてきたって感じですね♪

 

ポスターは、
先行画像とそんなに変わりない画像で、
ことちゃんはより凛々しく、
ひとみちゃんはより慎ましく愛らしく…

 

こっとん最高!(ワクワク♪)ヽ(*´∀`)ノ

 

スポンサーリンク

愛月ひかるがいよいよ星組生に!

愛ちゃん(愛月ひかるさん)、ようこそ星組へ!!+゚。*(*´∀`*)*。゚+

 

昨日の11月1日付けで、
愛ちゃんが星組生になりました
上級生が少なくなっていっているので、
頼もしい上級生として、
ご活躍されることを楽しみにしております

 

 

星組も、
90期前半の上級生が、
頑張ってくれてますけど、
いずれ少しずつ減っていくのかなぁ、
と思うと寂しい限り…

 

私的には、
みっきーさん(天寿光希さん)や、
はるこさん(音波みのりさん)には、
まだまだ頑張ってもらいたいところ…

 

 

そういえば、
月組なんて、
すっからかんですもんね…

 

いずれは、
どの組もジェンヌさんはご卒業されてしまうので、
多少差はあれど、
上級生のご卒業は免れません…

 

そんな中、
愛ちゃんという力強い上級生が入ってくれたことで、
上級生も、
多少は踏ん張ってくれるのかもしれません…

 

愛ちゃんは、
あんるちゃん(夢妃杏瑠さん)と同期なので、
きっとたくさんことちゃんのことを、
聞いているかもしれませんね♪
あんるちゃんは、
ことちゃんをとっても可愛がってくださっていますから…

 

星組って、
体育会系のちょっと強面なイメージですけど、
外様のジェンヌさんには、
とても優しい組です

 

ひとみちゃんも、
のびのびやってくれるでしょうし、
愛ちゃんも、
きっと早く馴染めると思います

 

スポンサーリンク

『眩耀の谷』ポスターにはこっとんだけ!愛月ひかるは入らず

さて、
発表された『眩耀の谷』のポスターですけど、
こっとんだけの2人写りでしたね!

 

海外ミュージカルでも、
大作のお芝居でもないので、
大人数のポスターである必要はありません
これでいいのではないでしょうか

 

何と言っても、
こっとんのお披露目本公演ですからね♪

 

メインはこの2人であることは間違いありません…

 

まずは、
お祝いムードな感じで、
2人だけにしたのでしょう

 

…と、勝手な憶測です(笑)

 

 

ただ切手写りくらいはあってもよかったのかな、
とは思います…

 

1番新しくトップに就任した、
ゆりかさん(真風涼帆さん)の場合…

 

まかまどのお披露目本公演の、
『天は赤い河のほとり』も、
まかまどツーショットでしたけど、
キキちゃん(芹香斗亜さん)は切手で登場!

 

元々花組の2番手で組替えされたから、
その辺りも考慮されているのかもしれません

 

キキちゃんは、間違いなく2番手なので、
堂々と問題なく出せるわけです

 

スポンサーリンク

愛月ひかるの2番手羽根は間違いなし

では、愛ちゃんは違うのか、
とツッコまれそうですけど、
元々星組の3番手だったわけではありませんが、
このこっとんお披露目公演で、
2番手が明確になります

 

こっとんと合わせて、華々しくって感じでしょうか

 

ショー『Ray -星の光線-』では、
間違いなく2番手羽根を背負って、
フィナーレの階段を降りてくるでしょう

 

星組では、
番手ごまかしはしませんから…

 

愛ちゃんクラスを番手ごまかしするには、
もはやエトワールしかありません

 

それでは、
せっかくのショーが台無しになってしまいます!
エトワールは、
あくまでも歌唱力のある方にお願いしたいからです

 

愛ちゃんの魅力は歌唱力ではありません
むしろ、歌は苦手であることは明確ですから、
最後の大事な場面でのやらかしは勘弁して欲しいです

 

 

正直、
前回の『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』のエトワールが、
ひとみちゃんだったのも、不満ですから…
次期トップ娘役としての、
アピールだったのでしょうけど、
エトワールは歌唱力のある方にお願いしたい、
というのが私の考えなのです

 

そこそこ歌える方の餞別だとしたら、
それはアリですけど…

 

それ以外は、
エトワールは歌うまにお願いしたい!

 

これを話すと長くなるので、
後日語ります!(笑)

 

こっとんはだいきほコース!?

こっとんのイメージ戦略としては、
だいきほに近い気がします

 

だいきほは、
ずーっとだいきほでのポスター写りでした

 

『凱旋門』では理事降臨という、
ある種のアクシデントがありましたが、
プレお披露目の『琥珀色の雨にぬれて』から、
『20世紀号に乗って』まで、
上記の『凱旋門』以外は、ずっとだいきほのみ!

 

ようやく『壬生義士伝』で、
2番手の咲ちゃん(彩風咲奈さん)が登場し、
次回の本公演『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』では、
初めて大人数でのポスターとなりました

 

 

劇団としても、
あくまでもだいきほありきで、
雪組をアピールしたかったということでしょう

 

それだけ、
だいきほには力があるということ
実力で観客を魅了することができる、ということ

 

もっと言えば、
だいもんさん(望海風斗さん)自身に力があるということです

 

だいきほの任期も、
そう長くはないでしょうから、
そのバトンを受け継ぐ実力派のトップコンビは、
こっとんだということなのかもしれません…

 

そして、
その実力のパワーを示すのが、礼真琴なのでしょう

 

スポンサーリンク

愛月ひかるは正2番手なのか…2番目なのか…

愛ちゃんが、
新生星組で2番手になるのは、当然でしょうし、
自然だと思ってます

 

ただ、
それが正2番手なのか、
2番目なのかはわかりません

 

正2番手とした場合、
愛ちゃんはほぼ次期トップスターになるわけです
星組なのか、
他の組なのかはわかりませんけど、
トップスターへと歩んでいくでしょう

 

そうなった場合、
93期からそんなにトップスターを輩出するのか、
という問題が出て来ます

 

咲ちゃんはほぼ大丈夫でしょう
キキちゃんは足止めを食らいましたが、
年齢(スミレコード)から考えても、
十分トップスターになれる位置にいます

 

そして、愛ちゃんがトップになったとしたら、
93期から3人のトップスターを生み出すことになります

 

あの超優秀な89期でも、
3人目のトップスターは出しませんでした出さない、というところがミソ)

 

それを超えるというのが、どうも腑に落ちません……(。´・ω・)?

 

私は以前、
このことを記事にしましたけど、
やはりいまだに疑問が残ってます…

 

一応の保険ではあるのでしょうけど、
本気の正2番手である、という気はしません

 

このことは、
まだまだ熟考できる話なので、
またいろいろ考えて語りたいです

 

続きの話は、せおっちかなぁ…?

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

【関連記事】
宝塚のトリデンテ…最低限1人は歌唱力があってほしいと思う

 

コメント