礼真琴 宝塚歌劇の枠を飛び越えた規格外なパフォーマンス『VERDAD!!』&ちょっと思ったこと

星組



本日、公式HPにて、
月組のたまさく退団公演について、
案内が出ましたね

 

多少の時間変更が生じましたけど、
そこは想定の範囲内!
無事に公演が実施されることがわかり
本当に本当によかったです!

 

今回の案内でいいと思います
毎日のように呟いてましたけど…

 

轟悠さんの退団公演もディナーショーも同様ですけど、
ルールを徹底させて、
公演を続けるのが得策だと思っています
とにかく喋らず、そして直帰!
出来れば直行直帰が好ましいですが、
用事がある場合や仕事もありますからね

 

どうかどの公演も無事に千秋楽が迎えられますように…

 

さて本日ですが、
ついに…とうとう…この日が来てしまいました…
ことちゃん(礼真琴さん)のコンサートショー
『VERDAD!!』が千秋楽を迎えました…

 

ううう…
もはやことコンロスです…マジで…(TдT)

 

ということで、
総括的な感想を語っておきます

 

ここから先は、
いつも通りの私のメモなので、
いろんな意見があるんだなぁ、と、
ご理解のいただける方のみ、どうぞ!

 

スポンサーリンク

礼真琴の圧倒的凄さを感じた『VERDAD!!』

幸いなことに、
ことちゃんのコンサートを生で観ることができました

 

今回ライブ配信で視聴された方は、
非常に多くいらっしゃると思いますが、
生のことちゃんの歌声は映像の100倍くらいの迫力の差は否めません

 

それを観れたことに感謝ですし、
ある意味、宝塚歌劇の歴史に残る
パフォーマンスの目撃者の1人となることができたことを、
素直に喜びたいです

 

本当に素晴らしかった!

礼真琴『VERDAD!!』第1部は星組歴代トップスターを歌いまくり!念願の『ノバ・ボサ・ノバ』が最高だった

礼真琴で観たかった曲満載『VERDAD!!』第2部…『オペラ座の怪人』からディズニー「砂の城」まで鳥肌もの!

 

コンサートの感想については、
すでに語っていますので、
ここでは割愛しますが、
宝塚歌劇団でのパフォーマンスとは思えない
凄まじい才能を発揮してました

 

宝塚的パフォーマンスについては、
好みが分かれるところではあるでしょうけど、
ことちゃんの溢れんばかりの才能は、
皆が認めるところではあると思っています

 

今までも、
十分素晴らしい歌唱力とダンス力と表現力を見せてきましたが、
今回の『VERDAD!!』では、
トップスターになり、さらに覚醒された感がありました

 

『ロミオとジュリエット』でも、
歴代最高のパフォーマンスを見せてくれましたが、
それが自信となったのか、
本当に覚醒されたのか、
リミッターが解除されたのかと思うほど、
タカラジェンヌの枠を飛び越えたパフォーマンスでした

 

こんなタカラジェンヌは、
当分出てこないように思うくらいです

 

このような衝撃は、
ずんこさん(姿月あさとさん)の『エリザベート』以来かも…
あくまでも私的な衝撃の話ですけど、
ずんこさんはやはりタカラジェンヌという枠でしたので、
そこを飛び越えたというのは、
今までの私のヅカ人生の中ではありません

 

まあやちゃん(真彩希帆さん)もずば抜けてましたけど、
ショースターとしての総合力では、
ことちゃんは誰も寄せ付けていないでしょう

 

スポンサーリンク

礼真琴という不思議なトップスター

ことちゃんの歌唱力とダンス力は、
宝塚の歴代の素晴らしいトップスターさんたちに並ぶことができる逸材、
というのがハッキリ証明されたわけです

 

歌うまは正義派のワタクシですけど、
ことちゃんはもはや別格のトップスター!

 

別格というのには、
破格でスゴイという意味もありますけど、
タカラジェンヌっぽくないという意味も含めます

 

藤井大介先生がパンプレットで綴られてました

 

男臭くもなく、フェアリーでもない、現代的な新しい男役「礼真琴」

 

本当にその通りだと思います
トップスターに就任する前には、
歴代のトップスターの相手役を務める女役も演じるという、
これまた新しい男役像

礼真琴は正統派御曹司だったのに歴代トップスターの相手役を務めた異色のトップスター

 

歌もダンスも存在も、
全部が規格外なんですよね…
非常に珍しいタイプのトップスターでしょう

 

よくぞ宝塚歌劇団に入ろうと思ってくれましたよ…本当に…
導きとなったちえさん(柚希礼音さん)に感謝してもしきれません
ことちゃん、
ちえさんと出会わなければ、音楽学校を受験しなかったのだろうか…?
ずっと気になってます(笑)

 

スポンサーリンク

礼真琴による礼真琴のためのコンサートとはいえ…

ことちゃんの別世界で規格外な圧倒的パフォーマンスの元、
星組の若手も頑張ってました

 

頑張ってはいましたけど、
ことちゃん1人が凄すぎるため、
星組の若手とのも凄まじかったです…
ゆうなちゃん(都優奈さん)だけが、
歌の面では合格ですが、
差が歴然すぎて、バランスが保てず…

 

ことちゃんとデュエットする場合は、
ことちゃんが合わせくれますけど、
そうではない歌はやはり厳しい…

 

ダンサーをメインに集めた関係もあるでしょうけど、
それでも歌えるメンバーが少なすぎました

 

前回の本公演『ロミオとジュリエット』でも感じましたけど、
歌が弱いのが星組の欠点なので、
もっと強化していって欲しいです

 

ことちゃんもそのうち卒業しますし、
いつまでもいるわけではありません!

 

最高のパフォーマンスを見せてくれるトップスターがいるうちに、
着々と次の世代の育成をして欲しいですし、しなければならないでしょう
その課題は残った気がしました

 

明日の愛ちゃん(愛月ひかるさん)の『マノン』で、
若手の頑張りに注目したいです

 

桃堂純の退団に触れてくれたことが嬉しかった

最後に、
愛ちゃんの『マノン』で退団する、
たおくん(桃堂純さん)について、ことちゃんが触れました

 

「桃ちゃん」のことを語ってくれました

 

ご本人はおりませんでしたが、
星組ファンにはたまらなく嬉しかったです
やはり大階段でのお見送りがしたかったですが、
こうやって触れてくれたことが何よりです

 

たおくんは公演中なので、
ことちゃんの餞の言葉を配信で観ることは出来なかったでしょうけど、
ことちゃんがコメントしてくれたことは、
きっとご本人の耳に届いていることでしょう

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
礼真琴は次世代の「歌うまは正義」の継承者…その実力を遺憾なく発揮

 

コメント