『宝塚観劇ベスト作品賞 2019』が決定!当ブログ読者の選ぶ作品はコレ!

宝塚観劇アンケート



今回は、12月18日~28日に実施してました、
当ブログのアンケートの集計結果を発表したいと思います!
通算29回目のアンケートです

 

お題は、「2019年宝塚観劇ベスト作品賞!」です!

 

ズバリ、
当ブログの読者様の選ぶ
『宝塚観劇ベスト作品賞 2019』でございます!

 

昨年『宝塚観劇ベスト作品賞 2018』のアンケート結果です

 

2019年は、どの作品が選ばれるのでしょうか?
では気になる結果に、いってみましょう!!ヽ(*´∀`)ノ

 

スポンサーリンク

アンケートの投票状況

今回のアンケートの質問は、全部で5つでした
2019年の観劇した作品への質問が4つ、
そしてオマケの質問が1つです

今回は、
238人の方にご投票いただけました!

 

昨年よりも多くの方にご投票いただけました!
嬉しいです♪

 

本当に、いつもご協力くださり、感謝でいっぱいでございます!

 

また、新規でご投票くださった方も、
本当にありがとうございます!

 

では、お待たせいたしました
発表に参りたいと思います!

 

 

発表の順番はこのようになります

 

「2019年宝塚ベスト本公演」

「2019年宝塚ベストショー・レビュー」

「2019年宝塚ベスト外箱・バウ作品」

「2019年宝塚ベスト作品」
の順番でお楽しみください!

 

Q1の「2019年宝塚ベスト作品」は、
1番最後に発表いたします♪

なお、このアンケート集計結果は、
あくまでも当ブログ読者様での結果となります
そこはご理解ください!

 

スポンサーリンク

Q2:2019年の宝塚歌劇で一番よかった本公演を教えてください

2019年の宝塚歌劇の本公演は、例年通り9本でした!
東京での公演を軸にしてますので、
雪組さんの『ファントム』から数えてます

 

こちらの投票数は、171名の方にご投票いただいてます!

 

では、結果はこちらです!

上位順に並べ替えると、こうなります!

① ファントム(雪組):(65票/38.0%)
② オーシャンズ11(宙組):(23票/13.5%)
③ CASANOVA(花組):(19票/11.1%)
④ 霧深きエルベのほとり(星組):(18票/10.5%)
⑤ GOD OF STARS-食聖-(星組):(17票/9.9%)
⑥ 壬生義士伝(雪組):(11票/6.4%)
⑥ I AM FROM AUSTRIA(月組):(11票/6.4%)
⑧ A Fairy Tale -青い薔薇の精-(花組):(6票/3.5%)
⑨ 夢現無双(月組):(1票/0.6%)

 

では総評に行きます!

 

スポンサーリンク

Q2の総評と私の投票

本公演でのベスト作品は、
雪組さんの『ファントム』です!

 

これは凄い!
圧勝とはこのことです…
2位の『オーシャンズ11』のWスコアどころか、
ほぼトリプルスコアじゃないですか…!

 

確かに『ファントム』は強いとは思ってました
観劇後のアンケート結果でも、
とんでもない結果を出してましたので、
元々満足が凄まじい作品でした

 

しかし、
ほぼトリプルスコアになるとは、
思いもしなかったです…

 

やはり、
凡作を名作に変えるほどの、
圧倒的な歌唱力というのは、
作品の質を高めますし、
記憶にも鮮明に残ります

 

関西圏の方ですと、
東京のライブ中継をご覧になってらっしゃらなければ、
昨年の話になるわけです
そういう方も絶対いらっしゃると思うんですけど、
この結果はお見事でした!
素晴らしいです

 

2位は、
大好評だった宙組さんの『オーシャンズ11』です
順当でしょうし、
「これぞ今の宙組!」という良さが全面に出てましたので、
2位は納得です

 

続く3位は、
花組さんの『CASANOVA』です
こちらも楽曲の良さが評価されての、
結果なのではないでしょうか
みりゆきのハーモニーの素晴らしさ
みりおくん(明日海りおさん)の新たなカサノヴァ像という、
いい面がたくさんあった作品です

 

3位からは、
ほぼ団子状態な順位となっています

 

月組さんは、
劇団が2019年に1番力を入れ、
プロモーションも一生懸命展開し、
スポンサーもつけて準備万端だった、
『I AM FROM AUSTRIA』は、
6位という残念な結果となりました
投票数も少ないです

 

月組さんは、
『夢現無双』も最下位という結果で、
残念な2019年となりました

 

面白いのが星組で、
『GOD OF STARS-食聖-』は満足度の高い作品でしたけど、
『霧深きエルベのほとり』には負けたという…
この辺りは、
名作を見れてよかったという感じになるようです

 

明日海りおという偉大なトップスターの退団公演である、
『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』も、
選ばれなかった作品となってしまいました
花組ファンであれば、
『CASANOVA』でしょうし…
非常にわかりやすい結果だと思います

 

 

さて、
私が投票するとしたら、
『ファントム(雪組)』です
次点は、
『オーシャンズ11(宙組)』です

 

今回の結果とまるっきり一緒です!

 

Q3:2019年宝塚歌劇の一番よかったショー、あるいはレビューを教えてください

こちらは、本公演でのショー・レビューの投票です

 

こちらの投票数は、166名の方にご投票いただいてます!

 

では、結果はこちらです!

上位順に並べ替えると、こうなります!

① Éclair Brillant(エクレール ブリアン)(星組):(71票/42.8%)
② Music Revolution!(雪組):(36票/21.7%)
③ シャルム!(花組):(31票/18.7%)
④ ESTRELLAS(エストレージャス)(星組):(12票/7.2%)
⑤ クルンテープ(月組):(5票/3.0%)
⑥ 特になし:(11票/6.6%)

 

では総評です!

 

スポンサーリンク

Q3の総評と私の投票

1位は、
星組の『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』です!

 

な・ん・と、
2位の雪組さんの『Music Revolution!』に大差のダブルスコアです!

 

えー、マジで!????

 

…と素直に驚きました(笑)
これ凄いですよね…
我が星組の前体制のショーで圧勝なんて、
考えられないんですけど…

 

スゴイ!
紅ゆずるのHAPPYパワーが、ここでも炸裂しました!
もはやお見事としかいいようがないです

 

2019年は、
珍しく「特になし」に票がたくさん入りました
毎年、ほとんどないのですが、
今年は多かったですね

 

そして、
ショーで強い雪組さんも、
花組さんもそこまでいい構成ではないショーだった
というのもあるでしょう

 

2019年はショーとレビューが不作の年だった
というのは私の観劇総括の記事でもすでに語っておりますけど、
それを物語っているんだと思います
全体的に、小粒感が否めませんでした

 

その証拠に、
ショースターが存在する雪組と花組へのショーに、
票が入らなかったというのは、
1番大きな理由でしょう

 

『Music Revolution!(雪組)』、
『シャルム!』は、
共に歌への満足度が、
足りなかったように思います
ダンスは見ごたえあるのですが、
どちらの組も歌を聴きたい層が多い組なので、
そこが物足りなさを感じたように思います

 

星組が圧勝したのは、
ボレロと黒燕尾に評価が集中していたという理由があります

 

ボレロは私にはピンときませんでしたが、
黒燕尾はわかります
見せ方がとても上手でしたし、
何よりも選曲とアレンジがよかったかな

 

歌もダンスも苦手なトップスターでも、
このように受け入れてくれるショーが出来るというのは、
1つの成功例ではないでしょうか
無理せず身の丈にあった構成を、
少しドラマチックに見せるだけで、
こうも評価が変わるわけですから…

 

これは大事なポイントだと感じました

 

いや~、
星組っ子としては、胸が熱くなります…
2019年の最後にこの結果ですから…

 

ショーの投票は、
毎年結構驚きの結果が出るので、
それが面白いです

 

今年は、
宙組さんが1本物だったので、
東京の本公演ではショーが見れなかったんですよね…
ちょっと寂しかったです

 

 

私の投票は、
『Music Revolution!(雪組)』です
次点は、
『シャルム!(花組)』です

 

正直なところ、
「私的ベスト観劇」の記事でも語りましたが、
「特になし」を選びたいのが本音です…

 

Q4:2019年の宝塚歌劇で一番よかった外箱・バウ作品を教えてください

こちらは、本公演以外の作品の投票です
たくさんある中で、
どのような作品が好まれているのか、
こちらも興味があります!

 

当ブログの観劇アンケートは、
本公演のみの実施ですので、
結果がどうなるのか、
毎年楽しみにしております♪

 

こちらの投票数は、154名の方にご投票いただいてます!

 

では、結果はこちらです!

上位順に並べ替えると、こうなります!

①ロックオペラ モーツァルト(星組):(34票/22.1%)
②龍の宮物語(星組):(30票/19.5%)
③20世紀号に乗って(雪組):(28票/18.2%)
④黒い瞳(宙組):(11票/7.1%)
⑤はばたけ黄金の翼よ(雪組):(9票/5.8%)
⑥Anna Karenina(アンナ・カレーニナ)(月組):(8票/5.2%)
⑦鎌足(星組):(6票/3.9%)
⑦恋スルARENA(花組):(6票/3.9%)
⑦花より男子(花組):(6票/3.9%)
⑩群盗-Die Räuber-(宙組):(3票/1.9%)
⑩追憶のバルセロナ(宙組):(3票/1.9%)
⑫Dream On!(花組):(2票/1.3%)
⑫チェ・ゲバラ(月組):(2票/1.3%)
⑫リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド(宙組):(2票/1.3%)
⑫ハリウッド・ゴシップ(雪組):(2票/1.3%)
⑮ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)(月組):(1票/0.6%)
⑮アルジェの男(星組):(1票/0.6%)
⑰パパ・アイ・ラブ・ユー(専科):(0票/0%)
⑰PR×PRince(雪組):(0票/0%)

 

総評です!

 

スポンサーリンク

Q4の総評と私の投票

1位は星組の『ロックオペラ モーツァルト』です!

 

2位は『龍の宮物語(星組)』で、
星組のワンツーでした♪

 

スゴイ!
新生星組で1位、2位というのは、
なかなかの快挙ではないでしょうか

 

面白いのが、
『龍の宮物語(星組)』に投票されている方は、
『ロックオペラ モーツァルト』をご覧になられている可能性があり、
そのどちらかで、
『龍の宮物語(星組)』をご選択されている方が、
いるかもしれないということです

 

大尊敬のブログ様が
作品がとても素晴らしいという感想を、
おっしゃってましたので、
相当素晴らしい作品だったんだと思います

 

オリジナルで、
きちんと評価を出せたというのは、
主演のせおっち(瀬央ゆりあさん)の熱演はもちろんですが、
指田珠子先生の脚本と演出力もあるんだと思います

 

『ロックオペラ モーツァルト』は、
主演のことちゃん(礼真琴さん)が、
圧巻の演技力、ダンス力、歌唱力で独壇場でした
作品そのものは普通レベルでも、
演じ手によって名作に変わるという、
だいきほの『ファントム』現象と一緒です

 

新生星組が頼もしくて、
ワクワクする結果となりました
2018年は残念な結果だっただけに、
この活躍ぶりが眩しいです

 

3位は、
だいきほ待望のコメディミュージカル、
『20世紀号に乗って』です

 

これは見れない方が大勢いたのと、
大阪での公演がなかったのが悔やまれます
しかもライブビューイングもなしという、
無情さでした

 

もし、
ライブ中継があれば、
大阪公演があれば、
1位の可能性もあったのではないか、と感じています

 

4位以下は団子状態で、
どの作品にもまんべくなく票が入っているのは、
とても嬉しかったです

 

票が入らなかったのは、
『パパ・アイ・ラブ・ユー(専科)』、
『PR×PRince(雪組)』の2作品です

 

 

私の投票は、
『20世紀号に乗って(雪組)』で、
次点は、
『ロックオペラ モーツァルト(星組)』でした

 

Q1:2019年の宝塚歌劇で観劇したベスト作品を教えてください

いよいよ総合結果の発表です!
こちらの投票数は、238名の方にご投票いただいてます!

 

では、結果はこちらです!

 

上位順に並べ替えると、こうなります!

①ファントム(雪組):(57票/23.9%)
②ロックオペラ モーツァルト(星組):(33票/13.9%)
③龍の宮物語(星組):(31票/13.0%)
④オーシャンズ11(宙組):(22票/9.2%)
⑤CASANOVA(花組):(17票/7.1%)
⑥20世紀号に乗って(雪組):(16票/6.7%)
⑦霧深きエルベのほとり(星組):(9票/3.8%)
⑧GOD OF STARS-食聖-(星組):(8票/3.4%)
⑨壬生義士伝(雪組):(6票/2.5%)
⑩A Fairy Tale -青い薔薇の精-(花組):(5票/2.1%)
⑩花より男子(花組):(5票/2.1%)
⑫I AM FROM AUSTRIA(月組):(4票/1.7%)
⑫Anna Karenina(アンナ・カレーニナ)(月組):(4票/1.7%)
⑫黒い瞳(宙組):(4票/1.7%)
⑫恋スルARENA(花組):(4票/1.7%)
⑮アルジェの男(星組):(2票/0.8%)
⑮鎌足(星組):(2票/0.8%)
⑮Dream On!(花組):(2票/0.8%)
⑮追憶のバルセロナ(宙組):(2票/0.8%)
⑮ハリウッド・ゴシップ(雪組):(2票/0.8%)
⑳群盗-Die Räuber-(宙組):(1票/0.4%)
⑳チェ・ゲバラ(月組):(1票/0.4%)
⑳はばたけ黄金の翼よ(雪組):(1票/0.4%)
㉓ 夢現無双(月組):(0票/0%)
㉓ ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)(月組):(0票/0%)
㉓ パパ・アイ・ラブ・ユー(専科):(0票/0%)
㉓ PR×PRince(雪組):(0票/0%)
㉓ リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド(宙組):(0票/0%)

 

総評です。

 

スポンサーリンク

Q1の総評と私の投票

第1位は雪組さんの『ファントム』でした!
Q2の本公演のベストでも1位でしたが、全体でも1位!!

 

雪組さん、
雪組ファンの皆さま、
おめでとうございます!

 

Q2ほどの圧勝ではありませんでしたが、
それでも、
2位の『ロックオペラ モーツァルト(星組)』に、
差をつけての1位ですから、貫禄のある1位に感じます

 

1位はだいきほ、
2位は礼真琴、という宝塚歌劇が誇る歌唱力トリオで、
ワンツーを飾りました!
さすが歌うまは正義です!

 

3位『龍の宮物語(星組)』は、
2位にわずか2票差
惜しい!惜しかった!

 

あの圧倒的な礼真琴パワーに、
『龍の宮物語』という良作が肉薄したというのが、
何気にスゴイと思います
そんなに素晴らしい作品なら、
東上して欲しかったです…
この目で、生で観劇したいです

 

4位『オーシャンズ11(宙組)』、
5位『CASANOVA(花組)』、
6位『20世紀号に乗って(雪組)』は、
総合的に見て、
それぞれ納得のいく良作だったと思います

 

2019年も、
1~3位で総投票数の半分以上(50%)でした

 

また、
総合で1票も入らなかった作品は4作品ですが、
2018年は8作品だったので、
半分になりました
これはいい傾向だと思います

 

『20世紀号に乗って(雪組)』が大阪でも上演されていたら、
どんな結果になったのでしょうか
それだけが気になります

 

 

私の投票は、
『20世紀号に乗って(雪組)』で、
次点は、
『ロックオペラ モーツァルト(星組)』でした

 

Q5:ご贔屓の組をお聞かせください

こちらはオマケのアンケートです

毎年恒例のアンケートになってまして、
ご投票くださりありがとうございます!

 

こちらの投票数は、146名の方にご投票いただいてます!

 

では、結果はこちらです!
組カラーに色分けしてあります♪

上位順に並べ替えると、こうなります!

① 雪組:(44票/30.1%)
② 星組:(37票/25.3%)
③ 花組:(25票/17.1%)
④ 宙組:(17票/11.6%)
④ 特になし::(17票/11.6%)
⑥ 月組:(5票/3.4%)
⑦ 専科:(1票/0.7%)

 

今年は雪組がちょっと多い1位です
花組は昨年と票数が変わらないので、
実際には変化なしという感じでしょうか

 

雪組さんは、
本公演アンケートでもたくさん熱いコメントをいただくので、
すごく納得です♪

 

2位に浮上したのが、我が星組!
昨年は4位という結果でしょんぼりでしたけど、
今年はジャンプアップ!
少しは星組ファンの方にも、
読んでいただけるようになったような…?
気のせいかもしれませんけど、
素直に嬉しいです♪

 

もう急降下なのが、月組さん…
元々当ブログには、
月組ファンが圧倒的に少ないイメージなんですけど、
さらに遠のいたような…(´・ω・`)ショボーン

 

これからの本公演アンケートが、
不安で仕方がありません…
まぁ仕方がないですね

 

「特になし」も昨年より増えてます
月組よりも上位なのは、
本当に悲しいです…

 

専科に入れてくださっている方は、
いつもの方でしょうか
そうでしたら、
いつも本当にありがとうございます!

 

組のファンを知ったからと言って、
当ブログのスタンスは変わりません

 

基本的に、
星組っ子で星組超贔屓のブログですけど、
萌えと感想は区別をして、
これまで通り運営していきます
むしろ星組には厳しいのもご理解ください
愛ゆえですので…(^_^;)

 

2020年も頑張ります!

 

 

スポンサーリンク

当ブログ読者の選ぶ『宝塚観劇ベスト作品賞 2019』決定!

あらためまして、
雪組の皆様、雪組ファンの皆さま、おめでとうございます!

 

当ブログの読者の皆様が選んだ、
『宝塚観劇ベスト作品賞 2019』は、『ファントム(雪組)』です!

 

思えば、
2018年~2019年に東西で上演した『ファントム(雪組)』が、
1年通じて、ヅカファンの心に突き刺さっていた、
というのがスゴイと思います

 

それだけ色褪せない鮮明な記憶となって、
心に刻まれた証拠です

 

次はいつこんな奇跡的な作品に出会えるでしょうか

 

2020年もそういう奇跡に出会いたいですね♪
それを楽しみに劇場に通いたいと思います

 

その雪組さんは、
だいきほ体制がどうなるのか、
という感じがありますが、
悔いのないように観劇したいです
でも、チケットが全然取れないというジレンマが…

 

花組と星組は、
新トップスターになり、
心機一転でのスタート
ことカレーは持ち味が違いますから、
それぞれの良さで組を引っ張っていって欲しいです♪

 

月組さんは、
たまきちくんの体制がまだまだ続きます
作品ブーストがあるのかどうかもありますけど、
たまさくで盛り上げてもらいながら、
れいこありおだに注目して楽しみたいです
たまきちくん、
毎年正念場なので、2020年こそ踏ん張って欲しいところ…

 

宙組さんは、
ようやく、
ゆりかさん(真風涼帆さん)前面押しの体制に入りました
キキちゃんの問題もありますけど、
まかききは相性がいいので、
2020年も楽しい明るい宙組を見せて欲しいです
『アナスタシア』とウエクミ先生の新作に期待大!

 

 

私の2019年作品賞の記事はこちらです!

 

私的「ベストタカラヅカ観劇 2019」
令和元年の2019年も、 残すところあと1日となりました… 平成最後という振り返りからの、 明るい幕開けとなった令和ですけど、 気がつけば、もう終わりという…(^_^;) 毎年この時期、 特に12月に入る...

 

 

最後になりますが、
冒頭でもお話し、
毎回お伝えしておりますが、
アンケート結果はあくまでも、当ブログ読者様限定です!

 

100人いたら100通りの感想、評価があるのは当然!
と思ってますので、
ご参考程度にしていただけると幸いです♪

 

では、
2020年も宝塚歌劇を堪能して、
盛り上がりましょう♪

 

参加しています!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

【関連記事】
第17回アンケート結果発表!お題は「2018年宝塚観劇ベスト作品賞!」

 

コメント